もともと行動範囲が狭いのですが、最近は特に行動範囲が家の中

ということが多いんです。したがって、たいした話題もありません。

ですから「店長は達者ですよ」というていどで書いております。

ちなみに、この絵は娘に僕を描いもらったら、こういうことらしいです。

TOPページへ

過去の日記帳
 2016年
 1月  2月  3月
     
     
     

2015年
1月 2月  3月 
4月  5月 6月
7月 8月 9月 
10月  11月  12月

2014年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 
 2013年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2012年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2011年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2010年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2009年
1月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2008年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2007年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月
 2006年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2005年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2004年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2003年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 
 2002年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2001年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2000年
11月 12月
■4月22日(金)
只今、武蔵小山は駅を降りてからパルムアーケードに進むと、片側が高い塀で囲まれています。
武蔵小山はこれから15年くらいかけて大規模な再開発です。
この写真は、その第一弾です。ここになんと41階の高層ビルが建ちます。
                       


■4月18日(月)
熊本と大分の地震がおさまりませんね。被害にあって避難所生活をされている方々は、心も体も
疲れ切っていらっしゃるでしょうね。
今では情報がテレビだけじゃなくSNSでも入るので、編集されていない情報も沢山あります。

その中で、許し難い情報があります。
一つは、避難している家に空き巣に入るバカ。東日本大震災の時もありましたが、何を考えているんでしょう?
僕にとっては、さらに許し難いのはガソリンスタンドで割り込んだ関西テレビのクルーです。
会社は謝罪をしましたが・・・・・、謝罪ですむのかな?
僕は、何かというとやたらクレームをつける昨今の風潮には疑問を持っていますが、関西テレビは
日本のというより世界の恥です。今後、報道の一切を辞めるべきです。
テレビ局の許可も返上するくらいの大問題です。
怒っているというより悲しいです。こんな人がまだいるんですね。


■4月16日(土)
まず何よりも、熊本と大分が心配です。
14日に最初の大きな地震が起きて、大きめの余震はあったものの、このまま収束してくれると
思っていたら突然の本震でした。
こんなことは初めてなので、今後のことが不安です。

東日本大震災の時は東京もひどく揺れたのと津波や原発をリアルタイムで見たので恐ろしかった
のですが、今回は別の意味で不安です。

僕は21歳から25歳まで博多の靴の商社で働いていて、担当地域が今回の被害が大きかった
ところでしたので、友人もお世話になった方も多くて心配しています。

こうした自然災害は、それぞれの人が非道を尽くして生きていても、虫も殺さずに優しく生きていても
平等に襲ってきます。
真面目に生きていてもこんなひどい目に会うのですから、せめて人の欲や感情で起こす犯罪はなくしましょうよ。


■4月8日(金)
オリンピックのエンブレム候補の4作品が発表されました。
まあ、いろいろとありましたが、この4作品の中からおとなしく選びたいものです。
くれぐれも「何かに似ている」だとか「前の方が良かった」だとか言わないで、選びたいです。

で、僕の意見は発表されたとき一番左にあった、単色の作品です。
あれが一番好きだなぁ〜。
何よりも、グッズになりやすいし、企業が使うときにも使いやすい気がします。
いろいろで使えばPR効果もあるし。


■4月2日(土)
昨日、中居君のテレビで石原慎太郎の著書「天才」をもとに田中角栄の実績を紹介していました。
知らなかったことが山ほどあって、とても興味深く、早速「天才」を買ってきました。
田中角栄という人は良くも悪くも一つの時代を作った人だという点ではみなさんが一致している
んじゃないでしょうか。

僕は、昔から田中角栄には興味があって何冊か本も読んでいます。
その中で、一番面白かった小室直樹著の「田中角栄の遺言」をもう一度読んでから「天才」を読もうと
思い、本棚から引っ張り出してきました。
この本は22年前の本で、読み返してみるとそのまんま現在を予言しているような本です。

汚職はいけませんよ。でも、汚職もしないけど何もしないというのも、汚職に匹敵するほどいけないと
思うんです。
僕の場合、あまり政治をとやかく言えるほどの知識はありませんが、志を感じる政治家さんが見当たらない
ことぐらいは感覚的にわかります。

まあ、もう一度読んで理解を深めようと思います。