もともと行動範囲が狭いのですが、最近は特に行動範囲が家の中

ということが多いんです。したがって、たいした話題もありません。

ですから「店長は達者ですよ」というていどで書いております。

ちなみに、この絵は娘に僕を描いもらったら、こういうことらしいです。

TOPページへ

過去の日記帳
2014年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 
 2013年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2012年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2011年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2010年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2009年
1月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2008年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2007年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月
 2006年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2005年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2004年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2003年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 
 2002年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2001年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2000年
11月 12月
■1月27日(火)
しばらく更新ができませんでした。これでも生きているのですから毎日何かしらのことはあるのですが
今日は天気がいいとか、仕事が大変だったとかっていうのはどなたも同じようなことだから、書くまでも
ないと思って・・・・。

そうなると、何も書くことが無くなってしまって、こんなことになります。

で、今日は定休日。娘も春休みで家にいるのでどこかにランチでも食べに行こうと思っていたら、娘が
イタリアンがいいと言うので、以前から一度行ってみたいと思っていた中目黒のピザ屋さんに」行ってみる
ことにしました。
オープン直後に行ったにもかかわらず満席で人気のほどがわかりました。
家内と娘と3人だったのでピザを3種類食べてみました。どれもとっても美味しくて大満足。
        
帰りに、せっかく中目黒まで来ているので近くの代官山の蔦屋に行きました。
娘は初めてだったのでデザインの本などを目を輝かせて見ていました。
僕も本屋さんは大好きなのであちこち見て回って2冊だけ買いました。
                     
暖かかったので、代官山を散歩するのもいいなあなんて思いながら帰ってきました。


■1月16日(金)
あの文化屋雑貨店が昨日をもって閉店しました。
何とも言えない気分です。寂しいという一言では言い表せない・・・・〇〇ロスみたいなことなのかな?
今から半世紀ほど前に「雑貨屋」というと鍋とかホウキとかの家庭雑貨のお店だったんですよ。

今の雑貨屋というニュアンスにしたのが文化屋雑貨店でした。まさに日本の文化まで変えてしまったのが
オーナーの長谷川義太郎さんと、その弟の高(こう)さんです。
僕は弟の高さんと親しくさせていただいて、本当に雑貨屋の一から十まで教えてもらいました。
お兄さんの義太郎さんには、お店に伺ったときとか仕入先でお会いした時にいつも的確なアドバイスを
いただいていました。

僕はあまり過去を振り返らない人間なんですが、今回の文化屋雑貨店の閉店に際しては、楽しかったこと
辛かったことなどが次々と頭を巡って、胸も頭もポカンとなってしまいました。

テレビのインタビューに答えた義太郎さんが
「原宿が平均化してきてしまった。」「変わったモノ、面白いモノを欲しがらなくなった。」と言っていたのが
消費者に対して言いたいことをグッとこらえていたように感じました。

とても、残念です。
                          


■1月13日(火)
「ジョネサン・アイブ」やっと買えました。
定休日なので、家内と一緒に渋谷のジュンク堂に行きました。その前に、大好きなラーメン屋さん
神座で食べてからウキウキした気分でジュンク堂です。
あの本屋さんはいけませんよ。一日中いても飽きないくらいで、ご機嫌よく見ていたら何冊買ってしまうか
わかりません。

で、今日のところは3冊だけにしました。
                
先日かった「楽しい古事記」も神武天皇まで読んでいますから、数日後には読み終えるでしょうから
その後、ジュナサン・アイブ、川崎和男、佐藤可士和の順で読みたいと思います。
昔は、3冊くらいなら1日で読んでしまうことがありましたが、最近は目が悪くなったことと、何より
脳みそが機能しなくなったので、とっても時間がかかります。
それと、読んでいてもすぐに忘れてしまうんです。いや、忘れるというよりもちゃんと理解しないで
読んでいるのかもしれません。
もしかすると、昔もわかったつもりで読んでいただけかもしれませんが。

まあ、楽しみに読みたいと思います。


■1月10日(土)
僕は以前からアップル社の製品デザインには興味がありました。興味があるというより、新製品が
出るたびにそのデザインのすばらしさに驚かされていました。
いったいどんなデザイナーが作っているんだろう?って思っていたところに、とうとう本が出ました。
ジョネサン・アイブという人らしいです。この人の才能が並はずれていることは製品を見ればよくわかる
のですが、スティーブ・ジョブズによって才能に拍車がかかったことも想像できます。

で、本を買に行きました。武蔵小山ではまずないだろうと思いつつ探しましたが、案の定なし。
すぐに目黒の有隣堂に行ってみましたが、ここでもなし。また帰ってきて、旗の台のTSUTAYAに行きましたが
ここにもなし。世間の人にはこの本は興味がないのかな?
結局、今日のところは手に入らなかったので、今度渋谷か銀座あたりで探そうと思います。

僕にとって、自分の欲しい本が売っていない街というのは二流なんですよ。残念ながら。
                          


■1月7日(水)
昨日の定休日は大宮の氷川神社にお参りに行きました。毎年お正月には必ずお参りに行くと言っても
年に一度のお参りのわりにはお願いしすぎだろ! という感じです。
それでも、いただいてきたお札に向かって毎朝晩必ず手を合わせてお願いとお礼を欠かしません。

で、お参りした帰りに駅ビルの本屋さんで阿刀田高の「楽しい古事記」を買いました。
古事記は簡単なものから、かなり難しいものまで6〜7冊買って持っていますが、いつも半ばくらいで
挫折してしまうので瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)や神武天皇あたりまではやたら詳しいのに、その先は
からっきしダメでした。今度はタイトルに「楽しい」と書いてあるので楽しく読んでいったらなんとかなるのでは
ないかと思っています。

ちなみに、氷川神社は起源を二千数百年前に持ち、スサノウとイナダヒメとオオナムチの三柱をお祀り
しています。古事記を読んでいても、ここらへんのところが大好きです。
そして、古事記の数年後にできた日本書紀にはあまり触れられていない箇所です。

まあ、「楽しい古事記」を今度こそ最後まで読めば、もっといろいろとわかることもあるでしょう。


■1月4日(日)
今日が仕事始めでした。何年お店をやっていても、仕事始めは緊張します。
なんだか今年一年を象徴するような気がして・・・。きっとお客様の目には僕がぎごちなく映っていたと
思います。
少し寒かったですが、天気も良くてとても良いスタートだったと思います。

で、今日から新春初売りセールとして店内の半分以上の靴をオール1000円としました。
7900円〜3800円の靴ですから、滅多にないお買い得です。ぜひご覧になって見て下さい。

明日も頑張ります。


■1月2日(金)
去年も一昨年も1月2日には渋谷のヒカリエに行っているので、僕にとってはお正月の行事みたいに
なりはじめています。
今日は家内と一緒に行きました。いつもは宮下公園の下にある駐車場を使うのですが、家内が言うには
「来ている人は若い人ばかりだから、こんな時は車は使わないんじゃないの?」とのこと。
思い切ってヒカリエの駐車場に入ったら、ガラガラ。家内の勘が的中です。
駐車場からヒカリエに入ったらビックリです。すごい人で、お店によっては大行列でした。
いつも福袋を買う文房具のsmithの福袋は完売。その他のお店も完売のお店がいくつもありました。

そのまま少し見て帰ろうとしたら、4階に和紙の便箋やらノートなどのセットが2160円という.福袋が
ありましたので買ってみました。中身が分かっていたのでスリルはありませんでしたが、大満足です。
まあ、これもしまい込んで使わないかもしれませんが、時々眺めてニヤニヤしようと思います。
                       


■1月元旦
あけまして おめでとう ございます
みなさまの新年はいかがでしょうか?
元旦も一年365日の一日なんですが、やはり気分としては特別な一日ですね。
特に、新年ということで今年の抱負を日記に書いたり、あらためて家族の有難さを考えたり
僕だけかもしれませんが、いつもよりは「いい人」になります。できることなら、こんな自分で一年を過ごしたい
と思うのですが、まだまだ人間ができていないので時には怒ったり、恨んだりすることがあります。
これは死ぬまで変わらないかもしれませんね。

それでも、新年の抱負は「明るく、元気に生きる」にしました。

新年早々、自分のことばかりですいません。

今年一年が、みなさまにとってより良い年になりますことをお祈り申し上げます。