もともと行動範囲が狭いのですが、最近は特に行動範囲が家の中

ということが多いんです。したがって、たいした話題もありません。

ですから「店長は達者ですよ」というていどで書いております。

ちなみに、この絵は娘に僕を描いもらったら、こういうことらしいです。

TOPページへ

過去の日記帳
2014年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月
 
 2013年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2012年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2011年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2010年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2009年
1月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2008年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2007年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月
 2006年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2005年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2004年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2003年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 
 2002年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2001年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
 2000年
11月 12月
■12月31日(水)
大晦日です。あと半日で新年です。
みなさまには今年一年本当にありがとうございました。
最近では、めっきり更新の頻度が減ってしまったこの日記ですが、来年もこんな調子で継続だけは
していこうと思っております。
みなさま、どうしてもやらなければいけない仕事とか用事とかがない時に、ついでにご覧になっていただければ
この上ない喜びです。

また、僕のことをよく知っているお友達や先生方には、この日記で「おお、とにかく元気でやっているようだな」
って思っていただければそれでありがたいです。

また、来年はどんな年になるかわかりませんが、64年も生きてきた経験から言えることは、どんな年になるか
ということは、どんな生き方をするかということと同じように思います。
だったら、明るく元気に生きたいですね。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えくださいませ。


■12月29日(月)
今年も残すところ2日になりました。今日はどうしても必要な商品があって午前中は仕入に行って
きました。幸い取引先は今日が仕事納めで営業していましたが、その他の問屋さんは半分以上が閉店
していました。ですから、いつもはなんとなくザワザワしている問屋街がシーンとしていて、寂しい感じでした。

話は変わります。
僕も自分なりに今年の10大ニュースを考えてみました。
自分で作っておきながら、あらためて見てみて自分でもびっくりしたのですが、今年は良いことも悪いことも
極端でした。それぞれがいつもの年ならNO.1になるようなことばかりで、あらためて激動の一年だったことを
思い浮かべました。

天候も、暑いにしても寒いにしても極端になってきましたが、それに比例するように身の回りの出来事が
極端になってきました。
来年は、喜びだけが極端というのは虫がいいので、せめて平穏な毎日が送れればいいのですが。


■12月24日(水)
クリスマスイブです。
恋する青年たちや、お子さんのいる家庭では大好きな人と過ごしたり、ケーキを食べながらプレゼントに
目を輝かせている子供たちの日ですね。

ただ、昔のように大きなケーキを持って歩いている人は見かけませんでした。まあ、昔のようにケーキが
特別な日に食べるものじゃなくなったし、特にホールケーキは食べなくなりました。
それぞれが、好きなカットケーキを食べるようになったのかな?

話は変わります。
ときどき創作意欲がわいてきて・・・・。
こんなの、作りました。三角のペンダントは以前から作っていて、人気なんですが今度は三角形に
さらに小さな三角をモザイクのようにしてみました。
結構時間がかかるし細かい作業なので沢山は作れませんが、評判が良ければ気が向いたときに
こつこつと作ろうと思っています。
                 


■12月20日(土)
先日、この日記に書いた「ど素人寄席」に行ってきました。
12月なので、お店を抜けて寄席に行くというのは気が引けるんですが、冷たい雨ということで
思いきって行きました。それに、名人の噺も聞きたいですし。

で、期待通りの噺を堪能させていただきました。第7回ということもあって、いつもより大きな会場でも満員で
盛り上がり、しかも他の演者さんも芸達者で楽しい時間を過ごさせていただきました。

近頃は、密かな落語ブームで、企業などでは落語のテクニックをプレゼンに役にたてようなんていう
動きもあるようです。
            


■12月16日(火)
今日は家内と娘と3人で銀座に行きました。娘の服を買ったり、美味しいイタリアンを食べたり
あちこち見て回ってから帰るときに、駐車場に行ったらこんなに可愛いベンツが停まっていました。
                    
このピンク色も可愛いんですが・・・・・・・ライトが
                      
まつ毛付き。

■12月13日(土)
アド街で神田をやっていたのでDVDに撮って見ていました。最近は何度も神保町に通ったので
そういえば今後も行くこともあるだろうと思って食べ物屋さんを一生懸命に見ていました。

でも、考えてみたら僕っていつも同じものばかり食べているなぁ〜って。
僕にとって食べ物は美味しいか美味しくないかの2種類で、当然美味しいものを食べます。
それが普通の人と違うのは、最高級のステーキとかお寿司とかとおにぎりが同じ位置にいるんです。
ですから、いつかはあんなものを食べてみたいとかっていう気持ちがとっても少ないんです。
第一、お昼は90%以上がうどんです。うどんじゃないときは、そばです。

そんなわけで、せっかく神田の美味しいお店が紹介されたのに、「きっと行かないんだろうな〜」って
思うんですよ。
そんな僕のことを、きっと家内は不満なんだと思いますから、出かけたときはできるだけ家内が好きな
ものを食べるようにしています。もちろん僕は美味しければそれでご機嫌ですから・・・・。

考えてみたら、食べ物に関しては僕は”雑貨的”じゃないですね。

話は変わりますがwebで見たんですが、あの文化屋雑貨店が来年の1月に閉店するらしいです。
涙が出るほど残念です。

■12月12日(金)
お昼休みに期日前投票に行ってきました。お店をやっているので日曜日に投票に行くのが大変である
こともありますが、本当のことを言えば期日前だと隣で投票ができるので・・・・。
とても応援がしたいとか、信頼しているという候補者はいませんが”こいつだけは当選させたくない”
という候補者の対極にいる人に投票するわけです。

ところで、今年の漢字が発表されましたが「税」でしたね。まあ、妥当なところでしょう。
消費税で上がった分がそのまま国民のために使われないことは百も承知の国民としては「税」という
一つの漢字の中に「絶望感」とか「不信感」とか「恨み」とか「憎しみ」とかが練りこまれていて、
間違っても「希望」とか「安心」などと思う人はいないだろうし、そこらへんを共有したうえでの「税」
なんでしょう。

で、僕にとっての今年の漢字は・・・って、考えてみました。

「波」でした。

■12月9日(火)
この一カ月に10回近く神保町に行きました。本を買うというよりも紙を買うことが中心です。
今日も、行ったのですが、ちょうどお昼ご飯の時間だったので車を止めてある目の前のお蕎麦屋さんに
入りました。そこそこ昔からあるようなお蕎麦屋さんだったので、さぞかし色の濃いつゆだと思ったら
関西風に近い出汁のきいた美味しいお蕎麦でした。

で、ふと店内の品書きを見たら、僕が今までに見たことのないフレーズが書いてあって驚きました。
大盛りは150円増し。・・・・これはよくあることです。
その横に、おかわり300円。・・・・これは見たことがありません。
ライスのおかわり自由というのもよくありますが、おかわり300円はどなたか見たことがありますか?
                    
美味しかったから、きっと大盛りではなくおかわりをする人も多いんでしょう。
それにしても300円はお得です。

■12月4日(木)
桑田投手と清原内野手という野球史に残る名選手がPLで同級生だったという偶然。古くは夏目漱石と
正岡子規、南方熊楠、秋山真之という歴史に名を刻んだ天才たちが同級生だったというのは、きっと神様が
そのように仕組んだんだとしか思えません。

僕が高校ですぐに入った落語研究会にも2年先輩に南風亭落橋(なんぷうていらっきょう)、南風亭落葉
(らっぱ)という天才がいらっしゃいました。当然当時は高校3年生でしたから18歳くらい。二人ともうまいの
うまくないの・・・うまいんですよ。すごくうまい。もって生まれた才能に努力を重ね、おまけに落語が好き。
これはもう、大谷投手が新幹線に乗って投げ込んでくるくらいすごい。
当時すでに、今テレビに出て悪ふざけしている落語家?とはレベルが違ってた。いや比べることが失礼に
あたるくらい上手くて腰を抜かしたものです。
この二人の先輩より上手な落語家の名前を挙げても指が余ってしまいます。それくらいうまい。

話だけじゃわからない???
そうでしょう。ここで昔話をしても誰もわからない。わからないんじゃしょうがないので、本当はあまり広く
教えて自分の席が取れなくなるのが心配ですが、特別に教えましょう。

あれから半世紀。あの先輩たちがどれくらい上手さに磨きをかけたか想像してみて下さい。
親の名前だけで師匠と呼ばれている人とか、心太のように押し出されて真打になった人たちは
おそらく何かにつかまっていないと立ってられないと思いますよ。
では、もったいぶらないで教えます。

                    第七回 ど素人寄席
                 12月20日(土)午後1時会場 1時30分開演
                 場所は品川区立東大井区民集会所
                 入場無料です。

立ち見になってもかまわない・・・・という方はお友達やお知り合いに教えていただいても結構です。

■12月2日(火)
今日は定休日。
家内とあちこち行きました。遊びというよりなんとなく用事があったので、それを済ませに行ったんですが。
まずは、神保町にある竹尾という紙の会社に頼んであった紙を受け取りに行ったついでに、以前から一度
行ってみたかった「キッチン南海」でお昼ご飯を食べました。回転10分前に行ったらもう行列ができていて
、それでもなんとか入ることができて「キッチン南海といえばカツカレー」という評判の通りカツカレーを食べました。
初めて食べる味で、ちと口目はスパイシーな味でその後はとっても美味しいく食べやすいので、こんなに
山盛りでも残さず食べてしまいました。行列の意味がよくわかります。
                        これで700円。

その後、銀座に出まして家内が三越で用事を済ませている間に僕はブックファーストで文化屋雑貨店の
オーナー長谷川義太郎さんが出した本と松岡正剛さんが出した「にほんとニッポン」を買いました。
長谷川さんは僕のような雑貨屋さんにとっては神様みたいな人で、僕も何度か教えてもらったことが
ありますが、いつでも自然体でとってもいい人です。雑貨屋さんたちは「たろさん」って呼んでいます。
                        

それと、大阪で話題になっていたフライングタイガーがプランタンの地下に出店したのをwebで見たことが
あったのでのぞいてみました。
大阪のように大行列にはなっていませんでしたが、なるほどプライスは安くて、しかも100円ショップとは
一線を画しているおしゃれな店で、なかなか気に入りました。
                        
これで1000円。僕の場合、どうしても文具になってしまいます。A4版のハードカバーノート300円、
A5版の手帳300円(ほぼ日手帳の補助に使います)A6番の無地ノート200円、ミニ色鉛筆セット100円、
ボールペン2本セット100円。(1本は家内に取られました。)
また、機会があったら行きたいと思います。