TOPページへ

過去の日記帳
2000年
11月 12月
2001年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2002年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2003年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2004年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2007年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月
2008年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2009年
1月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2010年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2011年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2012年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月
■12月29日(土)
お正月の飾りはできた。年賀状は投函した。掃除は徐々に済ませている。
あとはお正月を待つばかり・・・・・。とはいかないんです。
当店は31日まで営業致しますので、あと二日間頑張ります。


■12月24日(月)
クリスマスイブですね。
街中がクリスマス一色で・・・・・・と、言うわけではありません。
なにしろ、僕はあの陽気だったバブルを知っている人間ですから・・・・・。
それでも、クリスマスらしさを演出しようとして、隣の東急ストアのレジには赤い帽子をかぶった
人が流れるように品物を袋に入れています。
袋を背中に背負うのではなく、手渡しです。

で、近所の持ち帰りのお寿司屋さんは、従業員の女性がサンタの格好をして販売していました。
今さらキリスト教なのに・・・・なんて野暮なことを言いたいのではありません。
これが日本的だと思うからです。日本はこのようにいろいろな文化をかみ砕いて受け入れて
きたのですから。

で、ふと思ったのですが、幕末に今のようなクリスマスが日本に入ってきていたら
、おそらく坂本龍馬はきっとサンタの格好をしたんだろうなぁ〜。

メリークリスマス。


■12月21日(金)
予言と預言は違うんですねぇ。
予言というのは前もって言うということなので、当たることもあれば、はずれることもあります。
競馬の予想とか天気予報などと似たようなものですね。
一方、預言というのは預かった言葉です。誰から預かるかというと神様から預かるんですね。
ですから当たるという言葉が正しいかどうかわかりませんが、その通りになるわけです。

で、今日は世界の終末になるというのは、「予言」の方です。
ノストラダムスと同じ予言です。
この予言というのはビジネスになるんでしょうね。きっと今から次の予言を探しているんだと
思いますよ。
考えてみれば今日まで残っている予言というのは「その日」がまだ来ていない予言だけ
ということです。
日本は、この度のマヤの予言では右往左往しませんでした。学習効果というやつです。
でも世界のあちこちではバタバタしたところもあるようです。
何はともあれ、これによって被害にあったり不幸な目にあったりする人がいないことを
祈るばかりです。


■12月18日(火)
今日は年内最後の定休日でした。
この定休日は年内最後の仕入に使いました。細かい補充は別として、今年最後の仕入です。
最後だからと言うわけではないのですが、この一年を振り返りながらいつもより真剣に
仕入をしました。
そうすると、こういう気分は天に届くというのか希望以上の満足できる商品を仕入れることが
できました。ありがたいことです。

ちょっと気になったのは、例年の年末よりも仕入をしている人が少なかったことです。
他の月よりも少なかったですね。
やっぱり不景気と言うことなんでしょうね。

政権も変わって、株価も上がって、宝クジも当たれば4億円で、あとはみんながウソでも
明るく元気に仕事をして勉強して暮らせば、もっと良くなるんですが。

今年、残すは2週間弱。良くなるとまではいかなくても、良くなる方向にはしたいですね。


■12月14日(金)
開店前に家内と一緒に期日前投票に行ってきました。
少し前までは「誰も入れたくないので投票なんか・・・・」という態度でしたが、僕も少しは
大人になりまして、与えられた条件が100%満足できないことでも、その中でやるべきことを
やるという心境になりました。
なぜ期日前投票にするかというと、仕事の都合というのは名目上で、実は2つの理由があります。
一つは、投票所が隣だということ。
もう一つは、当日の投票所が出身小学校であることです。
どうも学校は苦手です。特に悪い子供ではなかったし、むしろ手のかからない子供だったと
思っています。
運転をしていてパトカーを見かけると、特に違反はしていなくても心にざわめきが起きる
ようなのと同じだと思います。

まあ、無事に投票ができて良かったと思います。
ちなみに、家内と一緒に投票に行っても、お互いに誰に投票したかは言わないんですよ。


■12月13日(木)
ニュースでは、だんだんと「年末恒例の・・・」という言葉を耳にするようになりました。
今日もどこかですす払いをしたようですね。
大忙しで破魔矢を作っている光景とか、ダルマとか。
今日は、どこかでお店を経営されていらっしゃる方がフクロウの小物をお買いになって
「日本は変よね。年末にも挨拶。お正月にも挨拶。その前にクリスマスでしょ。」
なるほどその通りです。
僕も昔はこうしたしきたりのようなことはなくても良いと思っていましたが、今は
「これも日本だからなぁ」って思うようになりました。命令のように強制してはいけないけど
生活の中に溶けていれば、それはそれで立派な文化だと思います。
文化って、もともとなんとなく不合理なところがあるものですから。
これを「○○を守る運動」みたいにしたらダメですけど。

話は変わります。
本屋さんに行ったらMonoMaxという雑誌を売っていて、コーチの万年筆がおまけで
付いていたので買いました。
790円ですから、書き味は期待していなくても、今しか手に入らないので買いました。
             
書いてみたら、まあまあの書き味で、デザインはとっても良かったです。
最近では、100円ショップでも使い捨ての万年筆を売っているし、1000円も出せば
十分な書き味のモノがありますが、ボディの重量感や出来はこの手のオマケは群を
抜いています。つけペンとして使うと何の不満もなく使えます。


■12月8日(土)
お笑いの鉄拳のアニメ?「振り子」って見ましたか。以前から何となく知っていましたが
ちゃんと見たのは初めてです。
ユーチューブで検索して、どうせお笑いの描くマンガだから・・・・と期待もしていませんでした。
で、見たら・・・・泣きました。特に珍しいことではないストーリーですが、珍しくないから
身の回りにあるわけで。自分にもあるわけで。自分にもあって欲しいもので。
自分も振り子の中に入りそうで・・・・。
また見たら、もっと泣くので・・・・しばらく見ません。


■12月7日(金)
しばらく大きな地震がなかったので驚きました。
「まだまだ注意を怠るなよ!!」と言われているような地震でした。
東京に住んでいる僕ですらこれだけ驚くのですから、東北の方々の不安たるや
想像を超えるのだろうと思います。
小さな地震は、地下に貯まっているエネルギーを放出する意味で必要なのかも
しれませんが、やっぱり地震は恐いです。
この地震で20人弱の方が怪我をされたようですが、どなたも軽傷ということなので
大事に至らなくてホッとしています。

昨年の大震災の余震ということで、まだまだ注意が必要です。
あまりビクビクしながら生きてはつまらないので、心のどこかに緊張感を持ちながら
明るく生きたいと思います。


■12月5日(水)
普段はさほど忙しくすることのない僕ですが、これも12月ということなのでしょうか
何となくやることが多いです。
昨日も、定休日でしたが用事が多くてあっちに行ったりこっちに行ったりでした。
渋谷のヒカリエにも行って、お年賀の準備をしました。
その帰りにヒカリエの隣にある画材屋さんの店頭にハガキ大の紙が束にして売って
いたので、しゃがんで選びました。
             
一束100枚くらいで100円でした。5束買いました。

■12月1日(土)
12月ですね。あちこちのお店がクリスマスの飾りをして、準備OK!という感じですが
ムードということで言えば、もう少ししないと盛り上がらないようです。

話は変わります。
昼休みにBOOK OFFに行きました。最近はこれが僕の散歩になっています。
約1時間あっちこっち見ますので、案外歩くんですよ。
しかも、よくしゃがむのでスクワットもやっています。
で、今日は「文房具の極」と「まんがと図解でわかるドラッカー」を買いました。
ちなみに、2冊で505円。

ドラッカーの本は数冊持っているし、一応読んだのですが人に話せるほど理解して
いません。もしドラももちろん読みましたよ。
そんな僕でも、今日買った本はわかります。若干の事前知識があったのも手伝って
エッセンスだけはわかった気がします。
この本を10回くらい読めば、もう少しわかるのかな?