TOPページへ

過去の日記帳
2000年
11月 12月
2001年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2002年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2003年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2004年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2007年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月
2008年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2009年
1月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2010年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2011年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2012年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月
■11月29日(木)
お昼の番組で糸井重里さんが出ていて、テーマはジャガイモでした。
その中で、ジャガバターを食べながら「知らず知らずに好き」と言っていました。
さすがに天才コピーライターです。ちょろっと言う言葉もお見事です。
「あなたの好きな食べ物は何ですか?」って聞かれても、ジャガバターって答える人は
ほとんどいないでしょうが、ジャガバターは好きですかって聞かれたら、多くの人が
「好き」と答えるでしょう。こういう食べ物が「知らず知らず好き」ということです。

僕にとって「知らず知らず好き」な食べ物は、ジャガバターはもちろんのこと、たこ焼きとか
赤飯、焼きトウモロコシ、おでん、コロッケ・・・・・・・。
あるはあるは・・・・・。
一年ぐらい食べていなかったものをたまたま食べたら、「もしかしたら大好物かもしれない」
って思えるものはすごく多いです。

ふと思ったんですが。何年も会っていなくて、会っていなくても特に会いたくてしかたがない
とも思っていない友人に、久しぶりに会ったらすごく気持ちが良くて・・・・。
明日もまた会いたいって思うことがあります。
食べ物と友人を一緒にしてはいけませんが・・・・・。


■11月27日(火)
そろそろお歳暮の時期なので家内と一緒に銀座に行きました。
で、お歳暮の方は家内に任せて、僕は一人で東京駅の駅ナカにある文房具のスコス
に行きました。このお店の本店は本郷にあるんですが、改装中なのでダメ。
プランタンにもあったのですが5月一杯で閉店。
そんなわけで、唯一の店舗がある東京駅に行きました。
僕の知っている限り、ドイツのシュナイダーというメーカーを扱っているのがスコスなので
近くに行ったときには寄るようにしています。
今日も、これまで使ったボールペンで最高レベルの書き味のボールペン(945円)と、
ドイツの子供たちが文字の練習に使う万年筆(1050円)とシャープペンを買いました。
日本の筆記具は世界最高レベルなんですが、どのメーカーも同じ方向で作るので
シュナイダーのような個性と、デザインに魅力を感じてしまうんです。その点で自動車と
同じような気がします。
               
あっ、そうそう。例の宝クジを売っている(ラッキーセンターって言うのかな?)ところは
すごい人でした。今日並んでいた人の中に6億円当たる人がいるのかな?
                 
僕はスコスの買い物を済ませてから、家内とメールで連絡しあって”家内の夢の国”
三越の地下で落ち合ってから、あっちの和菓子屋こっちのケーキ屋、お芋屋、惣菜屋
を見てまわって・・・・・・松屋の地下も見て・・・・・また三越の地下に戻って・・・・・・。
いくつかの袋を持って・・・・。無事に帰ってきました。


■11月23日(金)
最近テレビのCMで中島みゆきのファイトという曲が流れています。
すごく懐かしくてユーチューブで聞こうと思って検索したら、中島みゆきだけでなく
槇原敬之や福山雅治なんかも唄っていて、吉田拓郎のもあったので聞いてみました。
もともとこの曲は拓郎節っていう感じなので、すんなり聞けました。
で、すんなり聞けたそれだけじゃなくて、聞いているうちに涙が出てきたんです。
自分でもビックリしました。なぜだか理由がわかりませんが涙が止まらなくて、消して
しまいました。
涙もろくなったってことじゃないと思うんですが・・・・・。
いい曲です。


■11月22日(木)
今日は「いい夫婦」の日なので穏やかな日を期待したのですが・・・・・逆でした。
開店前に、突然けたたましいサイレンが聞こえたと思ったら消防車がすごい勢いで
走ってきました。それが次から次へと来るんです。しかもわが家から50mも離れていない
ところに止まるじゃありませんか。
これは、大変なことだと思って僕も駆けつけました。(野次馬じゃないですよ)
僕が見ただけでも20台以上。
現場近くに行ったのですが火事の様子はまったくなくて、ニオイもしません。
結局は間違いか悪戯らしいのですが、とにかく大事に至らなくて良かったです。
                  
で、一件落着の2時間後、今度は当店から20mのところに消防車と救急車。
こちらは、近くのお店で気分が悪くなった方がいらっしゃったようです。
                  
それにしても、こうして緊急自動車が来てもトラックの駐車とか、上手でない運転手の
車が進行を妨げています。


■11月20日(火)
母と家内と三人でお墓参りに行きました。
二ヶ月ぶりだったので枝切りバサミやノコギリを持って行き、伸びすぎた木を適当な
ところまで整えました。
けっこう力がいるもので、今は筋肉痛です。
昨日は、あんなに寒かったのに、今日は別の国に行ったように暖かくて木を切っている間
汗をかいてしまいました。

で、帰りには恒例になっている玉川高島屋に寄ってお昼を食べた後、母と家内はデパ地下
へ直行。
僕は本屋さんに寄って、前から欲しかった(武蔵小山では売っていない)オルテガ・イ・ガセット
の「大衆の反逆」を買いました。
今月20冊目くらいの本でしょうか。

帰るときに、母は87歳で少し歩くのが大変なのでカートを押しながら歩いている関係で
僕が駐車場に車を取りに行っている間に外に出て待っているということにしました。
そこで、家内に聞いたのですが、外に出るときに数段の階段があってカートを使う
母にとってはこの数段の階段が塀を登るように大変なこととなってしまいます。
家内が母を支えながら階段を登ろうとしたところ、どこからやってきたのか高島屋の
女性が階段に取り付けるスロープを用意してくれようとしたらしいです。
その対応の良さに家内は感激していました。
ごく自然な対応がとっても気持ちが良く、もともと好きだった玉川高島屋をもっと
好きになりました。


■11月18日(日)
夕方から寒くなってきました。
今日は、木枯らし1号が吹いて、夜空を見上げると稲刈りの鎌のような月が出ていて、
近所に沢山のパトカーが来て、盾を持った警察官が走っていって、長い棒を脇に抱えた
警察官も自転車をドリフトして急いで現場に向かう若手のお巡りさんもいて・・・・・。

これで、明るく朗らかに生きろと言われてもちょっと無理です。
おまけに、閉店後のレジを見たら暗い気持ちになり、そこに娘から山手線が止まっているから
迎えに来て欲しいと電話があり・・・・・。

明日は、元気になれる一日になってほしいです。


■11月15日(木)
                
これは手帳です。そっくりです。
右側のがモレスキンと言って、世界中に愛好者がいる有名な手帳です。
クリエイターのひととか、こだわりのある人に愛用者が多く、ピカソやヘミングウエイも
使っていました。
で、左側のはダイソーで売っているモノです。
モレスキンは1890円。ダイソーのは105円です。

当然紙の質や作りなどの差はありますが、ちょっとしたメモには何の支障もありませんし、
表紙が堅くできているので、立って書くときにも便利です。

これが今、文房具好きの間でちょっとしたブームになっていまして、多くの人が買いだめして
いるようです。(僕も1ダース買いました)

この手帳、ダイソーで売っているモレスキンそっくりさんなのでダイスキンと呼ばれています。


■11月13日(火)
昨日のことなんですが、朝のうちまで雨が残っていて昼頃から抜けるように晴れてきて、
さぞかし空気が澄んでいるんだろうと思って外を見たら、こんなことです。
                
スマホの写真なのでハッキリとは見えませんが無数のアブラムシです。数えようとしても
なにしろ無数ですから数え切れません。
これは単なる虫ではなく空気の成分の一つではないかと思えるほどです。
と、言うことは。
今吸っている空気と一緒にアブラムシも吸っているんじゃないかと思うと気持ち悪くなって、
昨日はいつもより2割ほど呼吸を少なくしたように思えます。
北海道で大発生していることは知っていましたが、東京でもこんなにひどかったんですね。


■11月8日(木)
ドラマの「ドクターX」を楽しみに見ています。
ちょっと「ハケンの品格」っぽいですが大好きです。

結局僕はスーパーマンが大好きなんです。例えば本家スーパーマンが空を飛んだり
透視ができたりするような非現実的なのでもいいんです。
困っていることを見事に解決してしまうのが好きなんです。
本当のことを言うと、自分もスーパーマンになりたいんです。
・・・・・・子どもの頃は本気で思っていました。

今は、それなりに年齢も重ねたので、自分がスーパーマンとは対極にいることは
知っていますが。


■11月6日(火)
昨日の新聞に「立花隆の本棚」の写真の展示があるというので新宿に行きました。
今日は家内は一緒じゃありません。
展示会場は新宿御苑のすぐそばで、どしゃ降りの中頑張って歩いて行きました。
小さな部屋の2フロアを使っての展示でした。
これまでの情報で、立花隆がスゴイ量の本を読んでいることは知っていましたが
実際にこうして見てみると、これは図書館です。
ジャンルも、政治経済、数学科学、宇宙、サル学、オカルトその他多岐にわたっています。

僕は、比べるまでもありませんが、それでもこれまでに2000冊くらいは読んだと
おもいます。ところが、写真の中に立花隆の著作以外に同じ本がありません。
僕は「もしも、立花隆と対談でもしたら、きっと話が合わなかったんだろうな〜」なんて
つまらない妄想をしてしまいました。
              
帰り道、話題のビックロの前を通りましたが、ひどい雨ということもあってガラガラでした。
               


■11月4日(日)
冬を感じるとき。
こういう商売をしていますから、ブーツが売れ出すと「冬だな〜」って感じるのですが、
そういうのじゃなくて日常の生活の中で自分なりに冬を感じるのが鏡です。
お風呂から出て、脱衣所の鏡がみるみる曇ってくると「あ〜冬なんだな〜」って思うんです。
この数日、わが家の鏡が冬を教えてくれます。

それと、最近ではユニクロのウルトラライトダウンですね。
今日なんか視界の中にダウンが見られないことがないくらいでした。
よく、人と同じ服を着るのがイヤだということを聞きますがユニクロのウルトラライトダウンは
ユニフォームみたいにみんなが着ています。
僕は、そういうことにあまり気にしないのですが、僕が着ていることで気にする人がいたら
申し訳ないです。


■11月2日(金)
わが家の椎茸が初収穫です。すごいです。
対象物がないので大きさがわかりずらいですが、7〜8cmもあります。
僕はまだ食べていませんが、娘は先に食べて「うん、美味しかったよ。」と言っていました。
ちなみに、娘はこの椎茸を見て「かわいい」と言います。僕にはそのかわいさはわかりません。
               
聞いたところによると、まだ2〜3回は収穫できるようです。
その証拠に、すでに次がこんなに出てきています。
                 


■11月1日(木)
11月になりました。今年もあと2ヶ月です。
ほんとうに一年が速いです。うっかりすると、今年が西暦何年なのかわからなくなりそうです。
もともと細かいことに頓着しない性格なので、せめて約束事は絶対に忘れないようにと
習慣づけて始めたのが「メモ」です。
おかげさまでメモの習慣は定着したので約束を忘れることは絶対にありませんが
副作用としてそこら中にメモを置くようになりました。
バッグ、ポケット、机まわり、ベッド、そこら中です。
で、またメモを買いました。ちょっとした病気です。面白いメモがあると欲しくなってしまうんです。
               
これは、見ての通りロール紙なので書いてはクルクル、書いてはクルクルなので
エンドレスっぽく使えます。今はブロックメモの前に置いてあるので、ブロックメモが
なくなってから使おうかと思います。
正直なところ、実用というよりこれがあることが嬉しいんですが・・・・。