TOPページへ

過去の日記帳
2000年
11月 12月
2001年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2002年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2003年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2004年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2007年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月
2008年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2009年
1月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2010年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2011年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2012年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
■10月30日(火)
当店は火曜が定休日。六本木東京ミッドタウンにある「21_21」は火曜が閉館日。
そんなわけで、これまで行きたくても行けませんでした。
ところが、今日に限って特別に開館しているという情報を知ったので行ってきました。
しかも、尊敬するグラフィックデザイナーの田中一光展を開催しているということですから
家内と一緒にスキップ気分です。
田中一光さんは何と言っても東京オリンピック、札幌冬季オリンピックのポスターで
ご本人を知らなくても作品はどなたでも目にしている超有名人です。
安藤忠雄の設計による21_21の素晴らしさと田中一光さんの作品の素晴らしさで
夢心地でした。

帰りは家内のリクエストでヒルズの裏側にあるスウィーツのお店に寄って、急な狸坂を
フーフー登って、暗闇坂を横に見て、麻布十番の商店街を見ながら帰りました。
とっても充実した定休日でした。
            


■10月29日(月)
数日前に息子が一ヶ月遅れで誕生日プレゼントにキノコ栽培キットをもらってきました。
息子は喜んでか、それなりの責任感を感じてか、キリフキまで買ってきて一生懸命に
育てていました。
そうしたら、とうとうと言うよりもあっけなく出てきました。
今のところシメジみたいですが、この調子だと明日には立派な椎茸になりそうです。

僕はこの歳までキノコが実際に成長するところを見たことがなかったので、この成長の
速さにビックリしました。一体いくつ出てくるのかは今後の楽しみですが、このスピードは
植物(菌類も植物?)と言うより動物のようです。
               


■10月28日(日)
もう10年以上前からこの時期になるとお客様が手作りのクリスマス飾りをプレゼント
してくれます。
それが、とても素人の仕事ではなくヨーロッパのお店で売っているような暖かみのある
ものばかりなんです。
材料に使っている松ぼっくりや葉っぱは近くの林試の森に落ちているものをきちんと
乾燥させてからニスを塗って・・・・・丁寧に作ってあります。
ほんとうにありがたいことです。
                


■10月27日(土)
苦戦しながら夏目漱石を読んでいます。
三四郎の半分くらい読み終わりました。
どうも、まだ僕には夏目漱石の熱狂的なファンになるという気持ちがわかりません。
ただ、読み進むうちにどこかで読んだような文章があちこちにあるんです。
普通なら「パクリ?」って思うところなのですが、なにしろ僕が読んだものよりも
夏目漱石の方が先ですからね。
それって、夏目漱石の文章とか表現方法が日本の小説の原形の一つになっているんですね。
何かで読んだんですが、日本で週刊誌ができはじめた頃の書き方は夏目漱石の書き方を
参考にしたらしいですからね。

もう少し頑張って読んでみます。
次は「それから」を読みます。


■10月23日(火)
当店は小さなお店ですから商品はほとんど現金で仕入れます。
従って、買掛金は常に0円。
ところが1社だけ配送で送ってくるものですから、短期間ですが買掛金が発生します。
それがどうしても気になってしまいます。
そんなわけで、今日はその1社のある横浜方面に行くことになっていたので、ついでに
支払いを済ませてきました。(これですっきりしました)
単なる、気分の問題なんですが・・・・・。

で、お昼時ということもあったので、早々に取引先を出て中華街に行きました。
去年中華街に行ったときには悲しいほど人が歩いていませんでしたが、今日は
いくらか多くなっていたように感じました。
余計なことかもしれませんが、中華街の方々は日本人に暴力を振るわれることもなく
平和に商売をしていました。
                
順海閣で美味しいランチを食べてから、目的の元町に行きました。
なにしろ荒れた天候だったのでショッピングの人は少なかったのですが、元町は
商店街としては別格ですね。第一に、オリジナルを持っているお店が多いこと。
そして「安いですよ〜〜〜」って売り方をしているお店がないこと。
つまり、お客様が目指して来てくれているんですね。
爆発的にごったがえすことはないですが、地に足がついている気がします。
                
武蔵小山には武蔵小山のやり方があって良いと思っていますが、「武蔵小山らしさ」
っていうものもみんなで考えた方が良いと思うのですが・・・・・。
なかなかわかってもらえません。


■10月20日(土)
向かいの花屋さんにフクロウを連れたおじさんがいました。
フクロウは不苦労と言ってとっても縁起がよいので、当店でもいろいろな置物を
販売しています。

自転車に枝まで取り付けて、おじさんのフクロウに対する並々ならぬ愛情が感じ
られます。
僕が見たときはフクロウのご機嫌が良くなかったみたいで、自転車が倒れるくらい
バタバタと羽ばたいて、おじさんを困らせていました。
動物好きの娘に見せてあげようと思い、恐る恐る近づいておじさんに「撮ってもいいですか?」
とことわってからスマホを向けた途端に・・・・・。
フクロウがピッとポーズをきめたんです。さっきまでやたらに羽ばたいていたのが嘘のようです。
どうですか? 苦労が吹き飛ぶフクロウです。
                 


■10月19日(金)
空が真っ青でした。空を見るのが大好きな僕が大喜びで見ていたときのことです。
時間は14時43分。
何棟の空に針の穴ぐらいの小さな白いモノ?が飛んでいました。
よく見ると一つではなくて、いるはいるは、その数は数十です。
直感として「UFOだ!!」と思い、大急ぎで一眼レフを取ってきて夢中で10枚くらい
撮りました。
パソコンで見てもあまりに小さすぎて映っていないように思いましたが、フォトショップで
加工したら見えてきました。
しかも目で見たときよりもはるかに沢山です。飛行機よりもずっと高いことは経験的に
わかりましたが「まさかほんとにUFO?」
家族に話しても、あんまり興味なさそうで・・・・。

で、さっきネットにオリオン座流星群が見える状態にあったことを知りました。
空の状態とか、見ていた角度とか、偶然が重なって見えたのですが、判明するまでは
この写真をどこに連絡するべきか悩んでいました。
              

この写真じゃ見えませんが・・・・・。


■10月18日(木)
雨が続いているので持病の頭痛がひどいんです。じっとしていても痛みで顔がゆがむ
ほどでした。ですから気分転換に昼休みに近くを散歩しようと出かけ、雨も降っていること
なので駅の本屋さんをのぞきに行きました。

そこで日経のAssocieが手帳術の特集だったので買いました。この手の特集の内容は
だいたいわかるのですが、それでも欲しいんです。これも持病です。
不思議なことに、文房具関係の本を読んでいるときは頭痛の痛みが若干減るんです。
そんなわけで、明日発売される「すごい文房具デラックス」も注文しました。

もしかすると文房具の方が頭痛よりも重症かもしれません。


■10月16日(火)
定休日だったので、先日アド街でもやったこともあって「かっぱ橋」に行ってきました。
あっちは仕事柄しょっちゅうすぐそばまで行くので何度も歩いたことがありますが
かっぱの像をじっくり見たのは初めてなので写真に撮ってみました。
よく見ると、昔話に出てくるようなんじゃなくて、顔以外は人間でした。
家に帰ってから背中がどうなっていたのか見るのを忘れていたことに気がつきました。
                
何を買うわけでもなくぐるりと見て回りましたが、素人相手のお店やプロの要望に応える
専門的なお店まで、ほんとうに楽しく見てきました。
帰りに浅草の今半の前にある「豚八」という昔ながらの洋食屋さんでランチを食べました。
地元の人で満席になっているだけあって、とっても美味しくいただきました。
                

話は変わります。
ついでといってはなんですが、アメリカでiPS細胞で手術をしたという嘘つきが
話題ですがテレビ画面を見た殆どの人は、あの人がどういう人かわかったと
思いますよ。むしろわからない人って何を見ているんだろう?って思いますよ。

また、話は変わります。
オスプレイに抗議して風船や気球をあげている人はどういう人なのかな?
危険ですよね。そういう抗議はだめですよ。万が一堕ちて住民に被害が
あったらどうするんですかね?


■10月14日(日)
この写真は昨日の16時ころに撮りました。
上空の風の悪戯なんでしょうが、ここまでくるとアートですよね。僕の他に小さなお子さんを
連れたお母さんも気がついて、やっぱりスマホで撮っていました。
10分ほどでくずれてしまいましたが、日頃から空を見る習慣のない人は見逃したと
思いますよ。
                 


■10月13日(土)
遅まきながら夏目漱石デビューです。
本は沢山読む方ですが夏目漱石は一度も読んだことがありません。ですから、ちょくちょく
出る”夏目漱石ネタ”には突いてゆけませんでした。
歳をとると、一番怖いのが仲間はずれで・・・・・・。
そんなわけで読み始めました。
あっ、その前になんでこれまで読まなかったかというと・・・・・。

僕は、パトカーを見るとなぜか逃げたくなる衝動にかられます。理由はわかりません。
もちろん捕まるような悪いことはしていませんよ。これはおそらくDNAの問題だと思います。
それと同じように、教科書に出てきた小説はダメなんです。体が受け付けないんです。
これもDNAとしか言いようがありません。

とりあえず「草枕」から読み始めています。この他に「それから」と「三四郎」を
買いました。
どうなることやら。


■10月12日(金)
こんなことわざわざ書くことでもないんですが・・・・・。今朝から頭から離れないものですから
ここで書いてしまわないと、いつまでも頭の中をクルクルと回りそうなので。

「陽水」と言えば、誰だって頭に浮かぶのは井上陽水ですよね。
なにしろ珍しい名前ですからこうなるのは当たり前です。
イチローもヤンキーズのイチローですね。イチローの場合は、頭の中に浮かぶのは
カタカナのイチローです。

で、「たけし」と言ったらどうですか?
殆どの人の頭の中に浮かぶのは「ビートたけし」じゃありませんか。
僕なんか、親戚に「たけし」という名前の人がいるのに、その人じゃなくて
「ビートたけし」です。
どこにでもいる「たけし」という名前なのに、特定の人をイメージできるビートたけしって
すごいですね。

ただこれだけのことなんです。
あっ、「ミスター」も。

■10月9日(火)
まずは山中教授のiPS細胞でのノーベル賞は快挙でした。僕の声なんか聞こえないでしょうが
「おめでとうございます!!」
まあ、よく考えてみればiPS細胞の発見の時点で快挙なんでしょうが、それが世界に
認められて、人類の未来に大きな光を輝かせたことことは日本人の誇りです。
実際に人に効果を示せるのはまだ先ですが、治らないとされた病気の人に夢と勇気を
くれました。ほんとうにすごいことです。

話は変わります。
今日は定休日で、丁度そっちに行く用事があったので43年ぶりに高田馬場を歩きました。
予備校に行っていましたので・・・・。
あのころ通っていたイタリアンのお店を探したんですが、街自体が大きく変わってしまい
見つけることができませんでした。
スマホで検索したんですが、検索にひっかかりませんでした。
お店の名前は「キャラット」というんですが・・・・。

何はともあれ、懐かしかったです。
お昼時だったので、沢山の若者であふれていましたが、誰が早稲田大学の学生で
誰が予備校生なのかわかりませんでした。
・・・・・・、って言うことは・・・・・顔だけじゃ勉強が出来るか出来ないかわからないと
いうことですね。


■10月7日(日)
初めて長袖を着ました。ついこの間までクーラーだったのに、季節はちゃんと巡って
来るんですね。
よく、たとえ話で「春の来ない冬はない」なんてことを言いますが、わかっているんです。
わかっているんだけど、9月みたいにいつまでも真夏日だと秋も冬も来ないんじゃないかと
思ってしまうんです。
ちょっとだけ疑ってしまうんです。
でも、この調子だといつまで「日本には美しい四季がある」って言っていられるんでしょうか?

■10月4日(木)
段ボール37個。
今日、当店に入荷した靴です。宅急便のお兄さんもビックリしていました。
当店は小さいので、店頭に山積みになった段ボールで店内は暗くなりました。
で、運び込んだリビングも靴の箱ですごい圧迫感です。

午後、ほんの一部をお店に出しましたがおかげさまですぐに何人ものお客様に
履いていただきまずは良いすべりだしです。
まあ、売れてくれないとわが家のリビングは圧迫されたままですから・・・。


■10月3日(水)
今日は当店の開店記念日でした。28周年です。

先月までやっていたドラマ「リッチマン プアウーマン」の中で、石坂浩二が小栗旬に
「30年続く会社は1%もない。」ということを言う場面がありました。
もちろん、ここで言っている会社というのは大きな会社のことだということは承知して
います。

当店は、あと2年で30年です。
これって、恐竜は絶滅したのに昆虫や小動物が生き残っていることによく似ています。
当店は、言ってみればダンゴムシ?

何はともあれ、こうしてお店が継続できているのはお客様のおかげです。
ほんとうにありがたいことです。
どうもありがとうございます。


■10月2日(火)
定休日でした。朝から家内と一緒に仕入に行きました。
けっこう沢山の取引先をまわり、久々に満足のいく仕入が出来ました。
季節の変わり目で新商品が揃い始めているので、見るモノ見るモノ楽しくて、仕入というより
ただ欲しくて買ったという感じです。
もともと自分が好きなモノを集めたお店なので、当然こういうことになってしまいます。
明日は楽しみながら品出しをします。

おまけに、明日とあさっては数百足の靴が入荷する予定で、おそらく段ボールが30個
くらいだろうと思います。
さすがに、これだけ入荷すると在庫室には入りきれないのでリビングにも積み上げる
ことになります。
これが、案外”いやでイイ”んです。


■10月1日(月)
今日から10月です。
で、今日は都民の日。
僕が知らないだけだったら恥ずかしい話ですが、都民の日らしいことってあったのかな?
たとえば、東京でオリンピックを開催したいのなら都民の日を利用して盛り上げるとか・・・。
せっかくオープンした東京駅とコラボするとか・・・・。
ただ、学校が休みというだけだと、ちょっとインパクトがないのかな?

昔は、河童のバッジがあって、それを着けていると都バスや上野動物園がタダだった
という記憶があるんですが・・・・・勘違いかな?