TOPページへ

過去の日記帳
2000年
11月 12月
2001年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2002年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2003年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2004年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2007年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月
2008年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2009年
1月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2010年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2011年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2012年
1月 2月 3月
4月 5月
■6月30日(土)
今日から上野動物園のパンダ「シンシン」が妊娠の兆候があるということで公開が中止に
なりました。子供たちのために、せめて日曜日まで待ってあげればと思うのですが・・・。

今日でレバ刺しを食べたい人は日本では食べられなくなります。(僕は元々食べません)
業者は違反すると2年以下の懲役か200万円以下の罰金という、かなり厳しい罰則が
あります。
マニフェストを違反しても何の罰則もないのに・・・・・。

パンダが大好きで、レバ刺しが大好きで、民主党に投票した人にとって今日は地獄の
ような日ですね。

民主主義が機能しない日本は、民主党のやりたい放題で、その点で民主国家だね。


■6月29日(金)
地井武男さんが亡くなってしまいましたね。地井さんはドラマとかではあまりよく
知りませんでしたが「ちい散歩」で見る人柄の良さですっかりファンになりました。
最近では体調をくずされたとかで加山雄三さんに代わっていましたが、僕の勝手な
想像で半年もしたらまた地井さんが戻ってくるのだと確信していました。
(加山雄三さんのも好きですよ)

よく、人が亡くなると「あんなに元気だったのに」という言葉を聞きますが、まさに
地井さんはこれにピッタリでした。
歩くのも速いし、時々走ったりして、年齢よりもずっと体は若いように見えたのですが
まさか亡くなるとは思いませんでした。
ご冥福をお祈りします。


■6月26日(火)
昨晩は久しぶりに、ほんとうに久しぶりに気の合う仲間とカラオケに行きました。
カラオケと言っても20時半から24時までは、あれこれと雑談でずっと話していて
歌を唄ったのは1時間ぐらいでした。
だいたいいつもこんな調子ですが、とっても楽しい時間で、今回は1年以上ぶりでしたが
またすぐにでもこんな機会を作りたいと思っているのは全員同じ考えだろうと思います。

こんな楽しい時間を過ごして、一夜明けてついさっき消費税増税が可決しました。
僕はもう投票というバカバカしい行為はしないでしょう。
国会の中には国民はいないのでしょう。

■6月22日(金)
今やパソコンが有ればたいていのことはわかりますし、なにより特に調べようと
しないでもパソコンがある安心感というのはとても大きいのだと思います。
それがスマホの登場によって安心感がポケットの中に入ったわけです。

安心感によって、考えるということをしないでも、いつでもスマホを覗けばその場を
乗り越えることができます。
考える代わりにスマホがあります。
これは、「脳が外に出た」ということです。しかも僕の場合は、自分が元々持っていた
脳の億万倍の機能が外に出たということです。

ただ困ったことに「脳+スマホ」になったのではなく、スマホが外にある分、本来の
脳が削られたんじゃないかと思えることです。
自分で考えたり記憶したりすることが激減したために僕の脳はネアンデルタールより
機能として劣っているように感じます。
これは、僕だけなのかな?


■6月20日(水)
台風4号は各地で大きな被害を残して太平洋に抜けて行きました。
被害を受けた方々には誤解されそうですが・・・・・・。
台風は1日か2日で去って行きます。
国会は永遠と思えるエンドレスなインチキがまかり通っています。
解散したってインチキに変わりがないことを国民は知っています。

「多数決」というのは、日本においては無責任な議員の逃れ道にしかならないです。
「赤信号みんなで渡れば怖くない」的ですね。

僕は、それでも人が良いのか、国会議員が生まれながらの悪人だと思いたく
ないんです。
初めは志のようなものを持っていた人もいるんだと思うんです。
いつの間にか忘れた・・・・というより、目的が再選されることのみになって
国民よりも地元だけを見て権限と現金のみに興味がある人種になってしまうんですね。
家族はどう思っているのかな?
お子さん達はどんな気持ちで毎日を暮らしているんだろう?


■6月19日(火)
思いもかけない台風の上陸で各地の被害が心配です。
今、23時20分ですが、家が揺れるんじゃないかと思えるほど強い風が
吹いています。
明日にかけて東北を縦断するそうですが大きな被害が出ないことを祈ります。

昔だったら、台風情報も今のようではなく、台風に備えて補強をしたり避難したり
することも出来なくて、今とは比べものにならない被害になったんでしょう。

話は変わります。
今日は家内の家のお墓参りに行きました。雨が降ってくることはわかっていたので
午前中にお参りをすませました。
帰りに甲州街道沿いの「くら寿司」に初めて入りました。
席に案内される前に回転しているお皿の取り方を教えてもらって、次は注文の
タッチパネルの使い方を教えてもらって・・・・・・・。
食べに来たのか勉強しにきたのか・・・・・。

で、食べてみたら思ったよりも美味しくて、レジに行ってあまりの安さにビックリでした。
近頃の回転寿司、恐るべし。
こんなことになっていたんですねぇ〜。


■6月17日(日)
メガネを変えました。

高校2年生の時に目が悪いわけでもないのに、ちょっとした憧れのような気分で
メガネをかけました。少しは頭がよさそうに見えると思ったのですが・・・・・。

なぜって、僕が高校生の頃はクラスに一人の割合で「博士君」みたいなニックネーム
の秀才がいました。もちろんメガネをかけていました。
僕はメガネをかけても博士君にはなれずにバカなままでした。

で、もともと目が悪くなかったので就職したときにはメガネをかけていませんでした。
研修期間に部長に呼び出されまして「柴田君、メガネをかけなさい。」と言われました。
「柴田君は目がキツイからメガネをかけた方がいいよ。」とのことです。
それ以来40年間メガネをかけ続けています。

で、最近自分のメガネ姿を見て「ちょっとキツイかな?」と思ったので変えました。
                   
このメガネは特にキツイわけじゃないんですが、僕がかけると少しキツイかな?
                   
で、これにしました。ほとんど誰も気がつきませんが・・・・・。
考えてみたら、僕の顔なんか誰も気にしていないってことだろうと気がつきました。

「目がキツイ」で思い出しました。
僕は、過去に福岡空港、フィレンツェのウフィッツ美術館、ヴァチカンのシスティーナ
礼拝堂でガードマンにチェックされました。
何も悪いことはしていないのですが・・・・・。


■6月14日(木)
閉店間際、店の前に立っていたらランドセルの少年がまわりに聞こえるほど
大きな声で何やら言いながら歩いてきます。初めは聞き取れなかったのですが
近づいてくると・・・・・

「冷し中華はシチューかぁ?   冷し中華はシチューかぁ?・・・・・・・」
とリズムをつけて言っていました。たしかに韻はふんでいます。


■6月12日(火)
民主党と自民党が消費税を余分に取ることで合意したみたいです。
民主とか自民とかでは嘘っぽいので、仮に熊さんチームとリスさんチーム・・・

いや、もっとわかりにくくなってしまったので、泥棒チームと強盗チームとして
考えてみましょう。
泥棒と強盗が話し合えば「取る」ということではすぐに合意するのはあたりまえ。
ただ、「分け前」ということではもめるでしょうね。
それと、お互いに約束を守るという属性はもともとないですから・・・・・・。

話は変わります。
僕は吉田拓郎と井上陽水が大好きです。昔は下手くそなギターを弾きながら
迷惑顔の友人の前で唄ったものです。
で、最近思うのですが、30年以上前の歌が今の時代にピッタリなんです。
拓郎の「アジアの片隅で」「ひらひら」
陽水の「傘がない」「最後のニュース」
まだまだ沢山ありますが、これらの曲はユーチューブで聴けますから聴いて
みて下さい。


■6月9日(土)
今日、めでたく62歳になりました。またここに自覚のない62歳が生まれました。
数日前から沢山の人に祝ってもらったりプレゼントをいただいたり、ほんとうに
幸せ者です。
人は一人じゃ生きられないとはよく言ったもので、こんな時に強く実感します。
年齢とともに人に対する感謝の気持ちが増してきて、いや人だけじゃなく天気にも
自然にも場合によっては道具にも感謝の気持ちが芽生えてきます。

で、ひるがえって自分を見つめたときに、自分は誰かに何かをしてきたんだろうか?
などと考えたりします。
少し前は照れくさくて口に出すことはありませんでしたが
「なんのために生きているのか?」っていう質問には、躊躇なく
「人の役に立つため。」って言えるようになりました。正直なところ、まったく区別なく
誰にでも役に立つためとまで言えるようになるのにはもう少し時間が必要かもしれません。
この調子ならいつかはその心境になれるような根拠のない自信はあります。

今は、こうして62歳になれたことに感謝をしています。


■6月6日(水)
サッカーのFIFAランキングが23位になったとのことです。
今日発表されたAKB48総選挙で言えば23位は島崎遥香さんですね。
サッカーのことは詳しくありませんが、島崎遥香という子のことは何も知りません。
でも、FIFAランキング1位から3位まではまったくわかりませんが、AKB48総選挙の
1位から3位まではわかります。

世界の人たちは、日本のサッカーのことをどう思っているんだろう?
ヨーロッパで活躍している日本選手がけっこういるから、僕が島崎遥香さんを
知らないというよりは、日本のことを知っているんだろうな。

23位って、微妙ですね。


■6月5日(火)
普通、商品名を考えるときにとても大事な要素として「わかりやすさ」というのが
あります。
                   
                   
                   
これ、「インジェニュイティ」といいます。
ほとんど名前を覚えて欲しくないというネーミングです。名前は覚えにくいですが
書きやすい。
ボールペンでもシャープペンでも万年筆でもマーカーでもない、第5の筆記具です。
何と言ってもその書き味はこれまでになかったスムーズさで感動します。
発売当初から欲しかったのですが、筆記具はもう沢山持っているし、買い始めると
きりがないので我慢していました。
でも、家内と一緒に文具屋さんなどを見ているときの僕の「物欲しげな顔」を家内は
見逃さなかったんでしょう。
今日、出かけた先で誕生日プレゼントで買ってくれました。
嬉しくて、ランチを食べていた焼き肉屋さんで取り出して書き始めたら、家内から
叱られました。  ここらへんは、自分自身まだまだ子どもだなと思います。

それと、自由ヶ丘の雑貨屋さんで初めて見るBICのボールペンを買いました。
BICって昔から有るので特に注目されませんが、すごく書きやすいしデザインも
無理のない機能的なものが多くて優れたメーカーだと思います。
                    


■6月4日(月)
内閣改造だって?
誰になったって、去年の大震災の時に何もしなかった人たちでしょ。
どうせ!

目的は消費税を上げること。
健康のためなら死んでもイイ。って、いうのと同じ。

あの人達は、日本のことが嫌いなんだろうな。
僕はあの人達が嫌いです。


■6月3日(日)
お店の前をお母さんの自転車に乗った3歳くらいの女の子が通りました。
女の子が大きな声で
「わたし、好きなのはぁ〜・・・・・・・。ママとなめことチューリップ!」
そこらの脚本家ではとても思いつかないセリフに思わず笑ってしまいました。
女の子はコピーライターの素質十分です。

話は変わります。
やはりお店の前でのことです。
これまた3歳くらいの・・・・今度は男の子。
お母さんよりも5mくらい先をはしゃぎながらピョンピョンしています。
で、急にお母さんの方を振り向いて「変顔」しました。
あきれ顔のお母さんに向かって一言。
「ねぇ、ママ。    ひく?」
テレビのお笑いで「引く」って言葉は頻繁に出てきますが、こんな小さな子にまで
浸透しているんですね。


■6月1日(金)
梅雨がすぐそこまで来ているのでしょう。突然の雨が降ったからではなくて
持病の頭痛が教えてくれるんです。
お年寄りなんかの、神経痛と同じかと思います。
実は困ったことに、こうして頭痛なのに訳あって鎮痛剤を飲めないんです。
今晩はけっこうな我慢が必要です。まあ、痛みには強いので大丈夫ですが・・・。