TOPページへ

過去の日記帳
2000年
11月 12月
2001年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2002年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2003年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2004年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2006年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2007年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月
2008年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2009年
1月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2010年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2011年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2012年
1月 2月
■3月30日(金)
昼休みに久しぶりの散歩に出かけました。ご機嫌良く30分ほど歩いてから、ちょうど
通りかかった古書店を覗きました。
以前からお店の前は通るのですが、ちゃんと見たことがなかったので中に入ってみました。
そうしたら思わぬ収穫でビックリ。
                      
大好きな南方熊楠の大正時代に発行された随筆がありました。僕は全集を持っているので
内容は全集に入っていると思うのですが、僕の記憶ではこの随筆が熊楠が出した最初の
本だと思います。

もう一冊。勝海舟語録です。
明治維新については話し始めると結構盛り上がる話題です。
僕は、これまでに知った知識を総合するとこの時代の前夜に登場した吉田松陰、坂本龍馬、
そして立役者として勝海舟と西郷隆盛が好きです。

ちなみに3冊で1500円でした。

■3月29日(木)
出かけると、あっちこっちからスカイツリーが見えますね。
僕は特に仕事の関係でスカイツリーが大きく見える地域に行くことが多いので
余計に感じるのかもしれません。
本格営業まで2ヶ月を切りました。

関連グッズって沢山出ているんでしょうね。
形からしていかにも筆記具になりやすいです。昔、野球のバットの形をしたボールペンを
持っている奴が教室に一人はいましたが、スカイツリーもバット以来ボールペンに適した
形ですね。その点では東京タワーよりも上です。

ところで、5月以降はスカイツリー派と東京タワー派に分かれるんでしょうね。
東京タワーが出来た時(僕は小学2年生だったと思います)も東京タワー派と
エッフェル塔派に分かれたと記憶しています。

■3月28日(水)
今日から再開です。
ちょっと入院していました。今は、もう元気です。

僕は普段から一日二食でお昼はうどんと決めています。そんな僕が病院で一日三食
規則正しく食べていたので、太って退院してきました。
それと、身長を測ったら低くなっていたんです。
よく、お年寄りなんかが若い時よりも身長が低くなるというのを聞きますが、まさか僕が
そうなるとは夢にも思いませんでした。
169.5cmだったので、いつもはちょっとだけ見栄をはって170cmと言っていましたが
今回測ったら168.5cmになったいたので、これからは170cm弱って言うことにします。

■3月14日(水)
サッカーのことは詳しくありませんが、オリンピックに行けるようになって良かったですね。
先日は、マラソンの選手が決まって、これからどんどん本番に近づいてくるにしたがって
盛り上がってくるのでしょうね。
ロンドンですから、夜中の試合が多くなるのかな?

ちょっとお知らせです。
訳あって、2週間ほど更新をお休みします。
エイプリルフールの頃までには更新できると思います。

■3月11日(日)
東日本大震災から一年になりますね。
2011年3月11日14時46分は、忘れようとしても忘れられない一日です。
日本中で同じことを言っているんでしょう。

日本では、ずっと長い間「戦争の前と後」という分け方がありました。
そして、バブルを経験しているかどうかという区別もありました。

東日本大震災の前と後という点では、日本人のほとんどの人が経験しています。
僕などは、この一年はまったく違う自分になったと言ってもいいくらい違います。
それが良いことなのか悪いことなのか自分ではわかりません。
心の底からの安心は、なくなったように思います。
家族やまわりの人に感謝する気持ちは強くなりました。
生きることに、とってもあせっているような気がします。
許せることが増えました。

今日は、各地で震災関連のいろいろな企画がありましたが、どれも涙なくして見ていられない
ものでした。ぜったいに忘れてはいけません。

■3月10日(土)
○○派というのがありますね。
例えば、野球派対サッカー派とか、目玉焼きの醤油派対ソース派みたいなことです。
52対48・・・・・これは“あんこ”のつぶあん派対こしあん派です。
あんこが大好きな僕は、どちらも好きなのですが、強いて言えばつぶあん派です。

先日、お客様であり友人でもある方から延岡の「破れ饅頭」をいただきました。
もともと、美味しいモノをよく知っている方なので、きっと美味しいんだろうと思いながら
口に入れたら、脳天に雷が落ちたと思うほどビックリしました。
一口サイズでつぶあんの破れ饅頭は、僕の知る限り日本一美味しいつぶあんでした。
別に宣伝する訳じゃありませんが、延岡の虎屋(あの虎屋じゃないと思います)と書いてありました。

つぶあん日本一は虎屋の破れ饅頭。
こしあんは唐津の松露饅頭。    だと思います。
両方とも九州というのが不思議ですね。

■3月7日(水)
昨日今日と少し暖かくなって僕としては大喜びといきたいところなのですが、そうでもないんです。
わが家では、僕以外は花粉症で、見たところ重傷な方かと思います。
ですから、三人が昨日からくしゃみをしたり、呼吸が苦しそうだったり、鼻水に悩まされたりで
見ていても可哀想になります。月並みですが、代われるものなら代わりたいです。

家内に聞いてみました。
「寒いのと暖かいのはどっちがいい?」
そうしたら
「そりゃ、暖かい方がいいけど、花粉が飛ぶから寒い方がいいわ。」とのことです。

最近では、日本の気候が温帯から亜熱帯に変わってきたなんていうことを聞きます。
そうすると、冬の次は春を飛ばして夏になるのかな?
それなら、もうしばらく待てば花粉は飛ばなくなるのかな?

■3月6日(火)
昨日から今朝にかけての冷たい雨があがって、定休日の今日は一転して暖かな晴れでした。
家内と娘と一緒に湯島天神に行って来ました。
ちょうど「梅まつり」の最中で、大変賑わっていました。珍しく猿まわしなんかも出ていて
最前列で見させてもらいました。(ご祝儀に1000円奮発しました)
梅は満開とは言えませんでした?(実は、梅の満開がどういうものかわからない)
なんとなく、見ていて「もう少し花があってもいいんじゃないか?」と思ったので、こう書きました。
                       
湯島天神は学問の神様なので、ついつい梅も思慮深いような気になって見てしまいます。
頭にネクタイを巻いたおじさんが、お酒を飲んでいる姿は似合いません。

せっかく、風雅の世界に触れたので、帰りに銀座のグラフィックギャラリーを見て、ついでに
画材屋さんの月光荘にも寄りました。
とっても、充実した一日でした。

■3月3日(土)
昼休みに、ちょっとBOOK OFFを覗きに行きました。特に探している本があるわけじゃ
なかったのですが、なんとなく本が沢山あるところにいたかったというところです。
で、30分以上あちこち見ていたらこんな本がありました。
                           
初めの数ページを見ただけで素晴らしい本であることがわかりました。
400ページですから、かなり分厚い本ですが手を抜いていないことがわかります。
しかも、105円。
缶コーヒーよりも安い値段でこの本が買えるって・・・・・・。ものの値段ってどうなっているんだ?
今日ばかりは、当店で売っている天然石のブレスレットの780円が、なんだか高いように勘違い
しそうでした。

■3月1日(木)
昨日のビックリ積雪から一転して暖かくなるとのことでしたが僕には、やはり寒い一日でした。
日が差さなかったことと、さらに3月という響きに期待しすぎたからかもしれません。
3月というのは、気分として春なのでちょっと元気な子どもはシャツ一枚で歩くくらいの
暖かさでないといけません。

3月は卒業とかがあって、別れがあるんです。ですから、せめて暖かくないといけないんです。
暖かいと、希望も持てますし、光までも優しいし、作文を書いても楽しいことしか書けないと思いませんか?

すいません。僕がただ寒いのが嫌いなので、変な理屈を並べてしまいました。