TOPページへ

過去の日記帳
2000年
11月
12月
2001年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2002年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2002年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2004年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2005年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2006年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2007年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月


2008年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2009年
1月


3月
4月
5月
6月

7月
8月
9月
10月

11月
12月
2010年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月

10月
11月
12月
2011年
1月
2月
3月
4月
5月

6月
7月
8月
9月
                        
■10月29日(土)
家内が言うにはハリーポッターシリーズは翻訳者が上手なので、とっても読みやすいんだ
そうです。(わが家では、僕だけがハリーポッターを読んでいないので仲間はずれです。)

先日亡くなったスティーブジョブズさんの本が発売されたので買いました。
別にマック派ではないのですが、なんとなくすごい人らしいのでちょっとミーハー的に読み始め
ました。
100ページほど読んだところで、家内の言っていたことがわかりました。文章としては下手。
火曜日にはNO.2も出るので買うつもりでしたが、ちょっと考えています。
せっかく買ったので最後までは読むつもりですが、文章が悪いことも手伝ったのか、
100ページまでに登場するジョブズさんはイヤな奴ですね。友達にはなりたくない。
平和でハッピーエンド好きな僕としてはマリファナはやるはLSDはやるは、ひどいね。

もう少し読んでいくとイメージ通りの人になるのかな?
NO.2は、全部読んでから考えることにします。


■10月28日(金)
歳のせいか朝早く起きてしまいます。何時に寝ても早く起きてしまいます。
でも、完全な年寄りになっていないのか、起きてもまた眠くなってしまいます。
ですから起きているのか寝ているのかわからない時間が数時間あります。
もともと頭がハッキリしている方ではないので、それを加算すると一日のほとんどが
ハッキリしていない時間ということになります。
毎晩、明日こそもう少し緊張感のある過ごし方をしようと思って寝るのですがなかなか
うまくいきません。どうしたものでしょうか?

話は変わります。
昨日のドラフト会議で原監督の甥っこさんが、ジャイアンツのみの指名かと思ったら
日本ハムが指名してしまい、おまけに交渉権が日本ハムになってしまいました。
普通の就職なら努力次第で入れる会社でも、プロ野球だと決めるのがクジですからね。
納得いかないでしょうね。
見ているファンのみなさんは、こういう決め方で良いと思っているのかな?
それとも、どうでも良いことなのかな?
なにしろ一人の人生が変わってしまうんですからね。しかもクジで。


■10月27日(木)
できることなら好きなことだけやっていられたらどんなに楽しいだろうと思うんです。
でも、思った3秒後には「やっぱり、いいや」と思い直すんです。
61年間生きてきて、記憶に残っている楽しかったことや嬉しかったことって、好きなことだけ
やった時じゃないんですよね。
適度に我慢したり、待っていたり時には辛い思いまでして、その後に来る楽しさが残っているんです。
マラソンでハーハー走ってゴールしたときや、何年も欲しかったモノがやっと手に入った時なんかです。

そして、それよりも嬉しいのは「喜んでもらえた時」かな。

まあ、僕の場合は比較的喜ぶ頻度が多い人生なので、何の不服もないんですが。
で、そんな僕が今苦しんでいます。
あるお店のポスターに使うコピーがなかなかピッタリしたのが思いつかないんです。
さっきからねじり鉢巻きでやっているのに進むどころか、むしろ後退しているようです。
出来る時は原稿用紙1枚なら5.6分でできるのに、今回のは一週間以上かかっています。
もしかすると永遠にできないんじゃないかとさえ思えてきました。
有能な人ならこれをスランプというのでしょうが、僕の場合はただ「できない」ということです。
自分のことなら逃げ出したいところですが、そうもいかず・・・・。

ですから、これができた時はさぞかし嬉しいんだろうなと思うんです。
今までの僕の法則では、そうなることになっていますから。


■10月23日(日)
毎年今ぐらいになると、お客様であり友人(小学校の同級生)が手作りのクリスマス飾りを
持ってきてくれます。
今日もこんなに素敵なモノを沢山届けてくれました。
「これね、この間の台風で落ちたスズカケの木で作ったの。」と言った後に
「台風で落ちたままで腐るより、もう一度こうやって役に立った方がいいでしょ。」と言っていました。
もちろんその通りです。ほんとうに優しい心の持ち主です。
それと、自分のデザインに合わせて材料を揃えるんじゃなくて、自然に落ちた木を使って
自然に合わせてデザインするというのは、これこそエコですよね。
                           
僕が「スズカケの木って、名前は知っているけどどんな木か知らないんだ。」と言うと
「プラタナスよ」ですって。
初めて知りました。プラタナスなら知っています。


■10月21日(金)
手帳ブームです。まあ、この傾向は数年前からありましたが、それでも年々ヒートアップして
しています。
最近では本屋さんで手帳を特集した雑誌を見ない日がなくなりました。
はじめはほとんど買っていたのですが、近頃は内容を選んで買うようになりました。
それでも、結構沢山買っています。
みなさん、今日本で手帳は何冊くらい発売されているかご存知ですか?
1億冊ですよ、1億冊。
これはブームというより、手帳時代といってもいいくらいです。

で、今日も買いました。いろんな人の手帳の中身が見られて、スマホのアプリなんかも情報満載で
それだけでも買ったのに、コクヨの0.9mm芯のシャープペンまでおまけに付いていました。
これが案外書きやすい。
記事も良くて、おまけも最高。今日は良い一日でした。
     


■10月18日(火)
先月末にようやくリニューアルオープンした久が原のパン屋さん「モンレーブ」は
オープン以来大盛況で、社長ともなかなか顔を合わせることもできませんでした。
ようやく少し時間ができたようで社長がお土産まで持ってお礼がてら来ました。
モンレーブで売っているマスタード、ワインビネガー、ワインジュレをきれいな箱に入れて
持ってきてくれました。
で、ワインジュレには二人で一生懸命に作ったシールが貼ってあり、ショップカードも添えて
・・・・・・。
何とも言えない気分で、とっても嬉しくなりました。
手伝ってきて良かったと思います。デザインだけを考えれば、プロの人がやった方がきっと
スマートなものができたのでしょうが、デザインに思いを込めた分だけプロのデザイナーには
ない効果があったのだと確信しています。
遠慮がちに、そう思います。
                       


■10月17日(月)
昨日も今日も暖かかったですね。でも、もうすぐ冬なんですよね。
ですから半袖の人もダウンを着た人もいました。
当店でも、サンダルもブーツも売れました。

で、隣の東急ストアの店頭には3本ののぼりが出ました。
おせち料理の予約。クリスマスケーキの予約。そして年賀ハガキの予約です。
一応、そういう季節なんですよね。

■10月15日(土)
スマートフォンを持つようになってから、新聞やテレビを見ていてわからない言葉があると
その場で調べることが多くなりました。
おかげで以前のように、わからない言葉はわからないままということがなくなりました。
じゃ、わからないことが少なくなったのかと言えば、そうでもありません。
むしろ増えたかな?

たとえば、最近多いアルファベット3文字のヤツ。
AKBはわかります。GDPもなんとかわかります。
TPPは、わかった気になっています。
FTAはほとんどわかりません。
EPAは、存在すら知りませんでした。
歌手なのか、協定なのか、科学用語なのかすら知りませんでした。
みなさんはわかっているのでしょうか?

この調子だと、来年あたりはほとんど暗号を解読するようになってしまうのでしょうか?

ついでに、僕は4月にスマートフォンを持ちましたが、いまだに説明書を読みながら、知らない
用語に四苦八苦しているのに、3日前にスマートフォンに替えた息子はもう使いこなしています。
そういえば、15年ほど前まではAV機器はほとんど全ての機能を使いこなしていましたが、今では
テレビのリモコンですら、押したことのないボタンが80%くらいあります。

EPAも、この調子でわからないのかな?


■10月14日(金)
レジが壊れてしまいました。突然ピーって鳴ったと思ったらそのままエラー表示になって
すべてのキーが動かなくなりました。
ものすごい繁盛店でレジが鳴りやまないお店ならともかく、当店で・・・・・・・ネェ・・・・。
壊れるなら、もっと別のお店があるでしょう。
最近のレジは昔のモノに比べて、どこが壊れているのかわからないんですよ。
きっとどこかの基盤を取り替えれば直るんでしょうが・・・・。

しかたがないので買いに行きました。
今回は、今までのよりも少し小さめで、簡単なモノにしました。

■10月11日(火)
定休日だし天気も良かったし、特に差し迫ってやらなければならないこともなかったので、
以前から行ってみたかった松陰神社に家内と一緒に行きました。
僕は心から尊敬する人を10人挙げるなら、間違いなく吉田松陰を挙げます。
もしも日本の歴史の中に吉田松陰がいなかったら、今日の日本はなかっただろうと思っています。
また昨今の教育問題で最も足りないのは“吉田松陰の教育”だと確信しています。
つまり教わる側よりも、教える側の問題が大きいのだと思っています。

それほど尊敬しているなら、なぜ今日まで行かなかったか?・・・・・・・・
自分でもよくわかりません。
なにはともあれ、きっちりとお参りが出来てほんとうに良かった。
境内の中には松下村塾(移築ではなくレプリカかな?)もあって、思っていたよりも小さく
明治維新の前夜、この小さな私塾の中で維新の立役者の多くが学んでいた姿を思い浮かべると
胸にこみ上げるものがありました。

歴史というのは時として大きな間違いをすることがあります。吉田松陰の処刑もその一つです。
安政の大獄の井伊直弼の墓も近くの豪徳寺にありましたので、やはりお参りしてきました。
   

■10月6日(木)
今日は一日中小沢一郎の裁判のことばかりでしたが、僕にとってはスティーブジョブズさんが
亡くなったことの方が重大です。
僕のようなパソコンオンチでもスティーブジョブズさん、ビルゲイツさんはわかります。
先日CEOを辞めて会長になったばかりなのに・・・・。本当に残念ですし、世界的な損失です。
僕だけかもしれませんが、ノーベル賞を取った人よりも、アメリカの大統領が亡くなるよりも
その影響は大きいと思うんですよ。
スティーブジョブズさんがいなかったら、パソコンもケータイもこんなに楽しいモノにならなかった
んじゃないかな?
きっと将来は、ごく当たり前に教科書の中で見られるんでしょうね。

■10月4日(火)
今日は定休日でしたが大活躍でした。
朝から多磨霊園までお墓参りに行って、昼過ぎに帰ってきてからそのまま仕入れに行きました。
仕入れと言ってもいつもの取引先でなく新規取引です。
4社と取引したのですが、すべてアクセサリーのパーツ屋さんです。
この不景気の中で、アクセサリーの修理だけは増えていて、増えるに従ってパーツの要望も
多くなり、今までの取引先では応えることが出来なくなりました。
そんなわけで一気にパーツ屋さんを何社も回って取引をしたというわけです。
結果は、僕が思っていた通りの仕入が出来まして、疲れも一気に吹き飛びました。

修理で一番多いのがネックレスやブレスレットの糸替えやパーツの接着です。
で、近頃多くなってきたのは、奥様達が若い頃にプレゼントされたり記念に買ったアクセサリーが
修理不可能になったモノのパーツだけを活かしてイヤリングやピアスにするというものです。
たいていの場合は、デザインを僕が提案して承諾を得てから制作します。
手前味噌ですがそれがとても喜んでいただけて、同じ方が次から次へとどこかにしまってあった
アクセサリーを持ってこられます。
ほとんどは500〜1000円程度ですからお客様にもご負担をかけずに蘇ります。
最近はこうして再生したアクセサリーを手にして喜んでいただくことが、僕の元気の元になって
きています。
                    

■10月2日(日)
数日前にお店ではクーラーをつけていたことが嘘のように涼しいと言うよりも寒い一日でした。
今朝は、ユニクロに行ってテレビCMで山崎まさよしが「軽い〜」って言っているダウンを買って
もらいました。買った時は、さすがに着るのはもっと後になると思っていたらとんでもない。
今日着ても違和感がないほどでした。

話は変わります。
テレビ東京のソロモン流で戦場カメラマンの渡部陽一さんが出ていました。本当に危険な地域の
最も危険な所まで行って現状をカメラに納めているのを見て、家内が言いました。
「私は戦場カメラマンの奥さんにはなれないわ・・・・」
で、僕は「大丈夫。僕は戦場カメラマンにはなれないから・・・」
わりと、普段通りの会話でした。

話は変わります。
お店の前で、おばあちゃんが何年も会っていなかったらしい人にばったり会って立ち話をしています。
けっこう大きな声なので聞き耳をたてなくても話が聞こえてきてしまいます。
20分ほど話して別れ際におばあちゃんがとても大きくて元気な声で
「あたしはもう85才だから次に会うことはないわよ。そりゃ10年やそこらは大丈夫だけど
去って行く後ろ姿は、これまで生きてきた力強さや自信に満ちあふれていました。
・・・・・とても元気なおばあちゃんでした。


■10月1日(土)
10月になってクーラーの使用もだいぶ減ったということで、これまで30%くらいしか点灯して
いなかった商店街の街路灯の全てが点灯されました。
夕方は、なるほど明るいと思いましたが数時間したらすっかり慣れてしまい「これだったら
半分くらい点灯すればいいかな?」なんて感じているところです。
もっとも、今は当店は商店街を脱会しているのであれこれ言う立場にはありませんが・・・・。

話は変わります。
今日から暴力団排除条例が施行されました。これは島田伸介が象徴とされていますね。
そしてレース用の自転車「ピスト」の件はチュートリアルの福田が象徴になりました。
この二つは今後沢山の話題を提供することになるでしょうね。
暴排条例は、厳密に判断すれば芸能界やスポーツ、政治など日常的にマスコミに登場する人が
100人以上該当することになるでしょうね。
で、一番かわいそうなのは「見た目が怖い顔の人」と「洋服のセンスがそれっぽい人」ですね。

「ピスト」の件は、ピストにばかり話題が集まっていますが、本当は自転車に乗る人のマナーや
歩行者のマナーに注目するべきでしょう。
ついでに、街の商店が道路に商品を山積みしているのもきちんと罰則を持って対処するべきです。

なにはともあれ10月になりました。うっかり過ごすとすぐにクリスマスで、すぐにお正月。
ちゃんと生きたいと思います。