TOPページへ

過去の日記帳
2000年
11月
12月
2001年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2002年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2002年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2004年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2005年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2006年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2007年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月


2008年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2009年
1月


3月
4月
5月
6月

7月
8月
9月
10月

11月
12月
2010年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月

10月
11月
12月
2011年
1月
2月
3月
4月
5月

6月
7月
                        
■8月30日(火)
当店は8月決算なので本日は定休日を利用して家内と一緒に棚卸しをしました。
なにせ商品が細かくて、おまけに商品ナンバーがないので、単価はすべて僕の頭の中にあります。
ですから、僕がいなかったら当店の棚卸しはできません。
言ってみれば、僕の存在意義は棚卸しだけということになります。
朝から店内の商品と在庫を一つ一つ数えて、棚卸し表を作るまでに8時間ほどかかりました。
その間、単価を入れるので頭を集中していましたから脳みそがヘトヘトです。


■8月28日(日)
世界陸上が始まりました。相変わらず、僕は選手の名前を知らなくて(外国人だけでなく
日本人も)。一番知っているボルト選手はフライングで失格になって、ガッカリしているところです。
僕の仕事の関係で、競技の模様はほとんどビデオを見ることになります。
つまり、ほとんど結果がわかっているビデオを見ています。
これも、ハラハラが苦手な僕には丁度良いのかもしれません。
それにライブだと、織田裕二のコメントとかも聞かないといけないので、ちょっときついです。
別に織田裕二のことが嫌いな訳じゃないんですが、リズムが合わないんです。
リズムが合わないという点では、僕だけじゃないみたいですが・・・。

世界陸上はいつまでやるのかわかりませんが、スポーツニュースで超人ぶりを見させてもらいます。


■8月26日(金)
島田紳助が引退したと思ったら、菅総理が退陣しました。
紳助の後釜はクリームシチューの上田とかロンブーの淳とか千原ジュニアとかが
噂されていてそれなりに話題になっています。
一方、菅の後釜は噂というよりオレがオレがと自分の方から手を挙げています。

世の中が変わるという点では紳助の後釜の方がみなさんの気になる所じゃないですか?
政治の方は誰も期待していないでしょ。
「嘘つきは泥棒のはじまり」と言いますが、マニフェストという約束を守らないのだから
嘘つきが政治をしているということでしょ。
それでも、日本に一大事が起きたら少しは何かをするとささやかな甘い期待があったのですが
現状の超一大事でもこの通りですから・・・・・。
嘘つきは泥棒の始まりというより、泥棒が嘘をついているとしか思えません。
かといって野党もねぇ・・・。

もしかしたら、民主主義とか政党とかって今の時代にふさわしくないんじゃないのかもしれません。

■8月24日(水)
文具が趣味の一つですから当然文具店巡りも楽しみです。
連休最後の今日は吉祥寺に行って来ました。吉祥寺には以前から一度行ってみたかった
「36(サブロと読みます)」という小さなお店があります。
36は、定休日が当店と同じ火曜日なので今まで行けないでいました。
そんなわけで、この連休を利用して行ってみました。
前もって情報を持っていなければ、お店にはたどり着けないほどわかりにくいところにありまして、
ましてや道を歩いていてフラッと寄るというのは、ほぼ無理。
不動産屋の小さな階段を二階に上がると隠れ家のようにあります。
店内は僕の趣味にピッタリの文具が可愛くディスプレイされていて、数百円のメモパッドや
珍しいスタンプ、ボールペンなどをちょこちょこ選んでいるうちに13000円の買い物になって
しまいました。次にいつ来られるかわからないので「迷ったら“買い”」と決めて、まるで海外旅行での
買い物みたいになってしまいました。大満足です。
今まで、買ってきたモノを並べて、ニヤニヤしていたところです。

感じの良いご主人に許可を得て、お店の写真を撮らせてもらいました。
                           


■8月22日(月)
大変申し訳ありませんが、本日から24日まで連休させていただいております。

で、娘のリクエストで家内と三人で六本木ヒルズ52階の水族館に行って来ました。
すごく大きな魚がいるわけでもなく、とても珍しい魚がいるわけでもないんですが、
見せ方がすごく上手なんです。作品を見ている感じがしました。
52階というとても高いところにいるというのは、展望台の所にあった水槽から見た景色が
いかにも高いところという感じで、こんな写真を撮りました。
                      
クマノミが空中に浮いているようでしょ。


■8月21日(日)
昨日はホチキスの進化を書きました。
今日は「蚊」です。
蚊の進化は凄まじいですね。
僕の知る限りこんな風です。
1.まず見事なまでの小型化に成功。
2.飛んでいる音がしない。ステルスみたいです。
3.刺すまでの時間短縮に成功。トヨタのカイゼンの上をいきます。
4.時間だけでなく、刺し方が巧妙。ほとんど止まっただけなのに刺されている。
5.殺虫剤をかけようとすると消える。瞬間的に透明になっているのか、もしくは瞬間移動。
6.運良く殺虫剤をかけられても死んだふりをする。つぶそうとすると突然飛び立つ。
7.同情を誘って、弱ったふりをしてよろよろ飛ぶ。昔の悪役レスラーみたい。
みなさんは、まだまだ知っているでしょうが、ざっとこんなところです。

今年は何度刺されたか数えきれません。悔しいです。

■8月20日(土)
すごいホチキスが発売されました。「バイモ11」というホチキスの特徴は一度に40枚も
綴じることが出来ます。
しかも片手でラクラク綴じられる構造になっています。試しに30枚ほど綴じてみたら
あまりにもあっさりと綴じられたので拍子抜けするほどの優れものです。
文具好きとしては、今年の金メダルをあげたいくらいです。
これまでにも、たまに沢山の紙を綴じることがあったので、大きなホチキスは持っていたのですが
卓上用なので大きさだけでなく力もそれなりに必要でした。
構造的には挙げればきりがないほどの革新がされているのですが、使う人にとってはそんなことは
どうでも良いと言われそうなので省略します。
ただ一つだけ挙げておきたいのは「バイモ11」というネーミングの元となった11という針です。
通常みなさんが使っている針はNO.10です。バイモ11は、針の太さは10と同じで、針の足が長いんです。
その為の革新が実はすごく大変なんです。
まあ、とにかくみなさん試してみて下さい。(もちろん、40枚も綴じることがない方には関係ありませんが。)
                        
手前のベージュ色のがバイモ11です。奥の方は、これまで使っていた卓上用です。


■8月19日
(金)
普通ってわけにはいかないものでしょうか?
昨日が36℃で今日が23℃。
猛暑続きだったのでホッとする気温でしたが、これも異常気象ってことなのかな?

異常って言えば、放射線量も異常ですね。
原発事故から徐々に低くなっていた数値が、今日のような大雨になると突然跳ね上がります。
おまけに昼過ぎには大きな地震まで起きて・・・・・。
なかなか安心できませんね。

それなのに、僕たちが出来ることは節電と被災者の方々の応援。
それだけでいいのかな?

■8月17日(水)
僕は結果がわかっているマラソンを最初から2時間以上も喜んで見ていられます。
基本的に、僕はハラハラするのが苦手なんです。

今読んでいる小説「墓場の少年」も、両親を殺された赤ちゃんが優しい幽霊に育てられる
話なのですが、100ページほど読んだところで
「最後はどうなるんだろう?」って思ってしまいまして、最後の所を見てしまいました。
そうしたら、育ての親(幽霊なんだけど)が赤ちゃんに唄ってあげていた歌が出ていました。
こんな歌です。

   ぐっすりおやすみ かわいい坊や
   ぱっちりおめめが覚めるまで
   大きくなったら 広い世界に出ておいき
   愛する人にキスをして
   ダンスを踊って
   自分の名前と埋もれた宝を見つけだす・・・
   
   人生にむきあい
   その苦しみも 喜びも味わいなさい
   通らぬままの道を残さぬように

最後の一行が胸に響きました。
「通らぬ道を残さぬように」・・・・・・・・・かぁ・・・・・。
ほんとだよな〜。


■8月16日(火)
友人のパン屋さん「モンレーブ」のリニューアルに伴って、ロゴなどのグラフィックのお手伝いを
していることは何度も書きました。
いよいよ来月の中旬にオープンすることになりました。

オープンまでのお手伝いは引き受けましたが、その後いつまでもやることはできないので
今後の作業を引き継いでもらうために、簡単なやり方を教えることになりました。
昨晩は、その第一回目でした。
プライスカードのフォーマットを作っておいて、その後新製品が出来たりプライスが古くなった時に
書き換えたりする時に対応できるようにすることが目的です。
考えてみれば、僕なんかが教えるのですから乱暴と言えば乱暴なんですが、まあこれも何かの
縁だと思って友人には仏の心を持って取り組んでもらうことにしています。

今月中にまだ4〜5回教えれば、うまく引き継げるんじゃないかと思っています。
責任を感じますが、楽しみです。


■8月14日(日)
暑い日が続きますね。初めのうちは「今日の気温は何度だろう?」なんて気にしていましたが
もう気にするのもやめました。
何度だってわかっても暑いことに変わりはありませんから・・・。

そう言えば、多重債務者は自分の借金の金額を知らないことが多いそうです。
同じく、肥満体の人は自分の体重を知らないことが多いそうです。
ちょっと、たとえが悪かったかな?

話は変わります。
バチカンの機密文書館が来年400周年になるので、過去の裁判記録を公開するらしいです。
これはすごい決断です。
あの、ガリレオ裁判の記録も公開されるんですよね。
ガリレオ一人が地球が回っているんだと言って、その他の地球上の誰もが天の方が回っていると
信じていた・・・・、あの時代の裁判記録ですから見てみたいです。
もちろん、そのままでは読めませんから、翻訳したしたものを見てみたいです。

民主主義って、何でもかんでも多数決だと勘違いしている人が多いですが、それでいくと
ガリレオが間違っていることになってしまいますよね。
まともな議論もしないで猿山のように数のことばかりに右往左往している日本の国会は
沢山のガリレオを生んでしまっているんだろうな。


■8月11日(木)
35.2℃ですか。暑かったですね。
でも僕はもっと暑かったと思いますよ。絶対に40℃近くはあったと思います。
いや、間違いなく40℃でした。武蔵小山は40℃でした。誰が何と言っても40℃でした。

と、つい熱くなってしまうほど暑かったです。

こういう日は、どんなことが起きるかと言えば・・・・・相場は決まっています。
3階のクーラーが壊れました。
キャンプをしようとしたらライターがつかなくてバーベキューができなくなる。
懐中電灯をつけようとしたら電池がきれている。
国が一大事の時に国会は票取り合戦をしている。(あっ、これはいつも)

クーラーの方は、おかげさまで修理の人が来てくれて直りました。
明日も暑いらしいです。

■8月9日(火)
定休日だったのでゆっくりと寝て疲れもとれたので家内と一緒に出かけました。

家内が以前から行ってみたいと言っていた中目黒のケーキ屋さんに行ったのですが
残念ながら夏休みでした。家内が言うには、ここのご主人はフランス人だからフランスに
帰っているんじゃないの? とのことです。
                          
僕は僕で、同じ中目黒の前から行ったみたかった文房具と雑貨のお店「コミュニケーションマニア」
に寄って、さんざん見せてもらってスタンプを一つ買いました。

それにしても暑かったです。
随分早く梅雨明けして、すぐに猛暑になったと思ったら、台風6号で涼しいくらいの天候になって
ホッとしたと思ったらこの熱さです。
砂漠で倒れそうになっているところに突然コップを差し出されて、飲もうとしたら水は少ししか
入ってなくて、また砂漠に放り出されたみたいな感じです。

で、暑かったんですが中目黒だけではせっかくの休みがもったいないので池上線沿線の街にも
足を伸ばしました。
目的はケーキ屋さんと文房具屋さんです。(街の名前を書くと特定されてしまうので・・・・)
ケーキ屋さんは表から見て家内が考えていたようなケーキではなかったので買いませんでした。
文房具屋さんの方は、ドアの所に「見学の方、子どもの入店はお断りします」的なことが書いてあったので
もちろん入りませんでした。この文房具屋さんは雑誌に載っていたので見てみようとしたのですが
この文房具屋さんのページは切り取って捨てることにします。

■8月6日(土)
何十年も前。そう、僕が小学生の頃、勝手に決めたことがあります。
“夏休みは8月5日で前半終了”
誰に言われたわけでもなく、夏休みの日数を割り算したわけでもなく、ただ勝手にそう感じて
勝手に決めた僕のルールです。
従って、今日は後半の初日です。
前半は、夏休みになって何日目みたいに数えて、後半は、あと何日で夏休みが終わるって
数えていました。最後の2〜3日は宿題で頭がパニックになっていたので夏休みには含まれません。

そうなんです、僕はどちらかというとマイナス思考でした。
その後、数々の修行を積んで(ウソです)かなりのプラス思考になりました。
きっと少年期のマイナス思考を穴埋めするように、過剰なプラス思考になったのでしょう。

で、プラス思考になった僕なんですが、やはり8月6日からはちょっと淋しさを感じるんです。

■8月5日(金)
年に二日の納涼市です。当店がある商店街じゃなくて、隣接しているアーケードがある方の
パルムです。
お店の人たちが汗だくになってやる模擬店は子供たちに大ウケです。
いつもならお店で売っていても欲しがらないようなモノでも、この時ばかりは宝物になるようです。
いや、子供たちだけでなく僕なんかでも妙にウキウキしてきます。
                          

■8月4日(木)
「今年はセミが鳴かないなぁ〜」って思っていたら、火曜日に有明に行った時うるさいほど
鳴いていました。
じゃ、武蔵小山はどうしたの?って思っていたところです。

10年近くも土の中にいて、地上に出ても1週間ほどで死んでしまうので、セミにとっては
鳴き時くらいは慎重に選びたいのでしょう。
こんなに地震が多くちゃ・・・・・とか、放射能が多すぎじゃないの?・・・とか、政治がダメすぎだから
政治家こそ土の中に入ったら・・・・とか考えていたんでしょう。

でも、昨日から沢山のセミが鳴いてくれるようになりました。
で、今朝は大サービスで、隣のお店の郵便箱に飛んできて「ちゃんと来ましたよ。」ってポーズまで
とってくれました。もちろんありがたく写真におさめさせてもらいました。
写真を撮った後、「じゃあネ」って飛んで行きました。
                             

■8月2日(火)
あの日以来、余震は各地でずっと続いていたのですが、東京ではあまり恐怖を感じる揺れが
なかったので気持ちとしては若干緊張が薄れていたように思います。
ここ数日は、また東京でも大きな揺れが何度もあって「ああ、まだ続いているんだなぁ」って
思い知らされています。
被災地のことは友人が月に何度も現地に行って復興の先頭に立ってやっているので、一日たりとも
忘れるということはありません。
仮設住宅に入ったはいいけど、家具などを買おうにも売ってるところまで行けないことや、意外にも
蠅たたきが必需品であること。震災前には山には入る入口だったところが、今では一等地になっていること。
テレビではわからないことを友人から聞いて、ただただ驚くばかりです。
台風だったら予測もつくし、去ってしまえばひと安心ということになるのですが、地震と放射能は
終わりがどこにあるのかわからないので不安ですね。