TOPページへ

過去の日記帳
2000年
11月
12月
2001年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2002年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2002年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2004年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2005年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2006年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2007年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月


2008年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2009年
1月


3月
4月
5月
6月

7月
8月
9月
10月

11月
12月
2010年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月

10月
11月
12月
2011年
1月
2月
3月
4月
                     
■5月31日(火)
昨晩は荏原町で友人達と勉強会をしていました。帰ったのが24時頃だったので、片づけないと
いけない仕事をして寝てしまいました。
今朝は8時頃に母が検査のために病院に送り、その後少しゆっくりしてから家内と一緒に
池上本門寺に行ってきました。
以前から行きたかったとかじゃなくて、ほんとうに思いつきでした。
およそ40年ぶりです。いや、ちゃんと拝んだのは初めてです。
高校生の時に放課後クラブのトレーニングで馬込から本門寺までランニングして、おまけにこの
石段をウサギ跳びで上がったり下がったりしました。今では、ウサギ跳びどころかただ上がるだけでも
ヒーヒー言ってしまいますが、あの頃は若かったんですね。
                       
トレーニング以外でも、お会式で一度行ったことがあります。その時は縁日の屋台や人混みで
本堂がこんなに大きいとは気がつきませんでした。実に立派です。浅草寺なら毎日参拝客や
観光客で大賑わいなのに、ここ本門寺はこの通りです。
                       
わが家から車で20分のところにこんなにもすごいお寺があるなんて、恥ずかしながら忘れて
いました。
忘れていたのに、いろいろとお願いをしてしまいました。

■5月29日(日)
これは店頭のコンクリートのはじっこから顔を出した花です。小さすぎてこの写真ではわかりませんね。
1cmほどの小さな花です。少し前の僕なら気がつかなかったほど小さな花です。
                       
これでも僕は少しだけ優しくなれたんじゃないかと思っているんです。
よく「仏様のような人」と言いますが、仏様のような人を100点とすると、僕は40点くらいだったと
思っているんです。それが50点くらいになったのかと思います。
だからといって何かが変わったということじゃないんですが、しいて言えば自分を中心に考えなく
なったかもしれません。
もしかすると、これが大人になったということなのかなぁ〜。
だったら、大人になるのに60年もかかったっていうこと?

■5月27日(金)
毎年僕の誕生日前後が梅雨入りなのですが、今年は過去2番目に早く今日が梅雨入りです。
季節はずれの強い台風が来たり・・・・。
これも「温暖化」と関係があるのかわかりませんが、僕たちは自然についてもう一度
ちゃんと考えないといけませんね。

話は変わります。
昨日、取引先の社長がひょっこり来まして、近くのコーヒー屋さんで1時間ほど話しました。
はじめは仕事の話だったのですが、いつしか読書の話になりまして。
僕が42才まで本を読んだことがなかったこと。最初に読んだ本は速読の本だったこと。
年間100冊くらい読むこと。などなどを話していたら、頭の中でまだまだ部屋にあふれている
本の山を片づけないといけないことを考え始めてしまいました。
ほんとうに、片づけが苦手です。
「3歩進んで2歩さがる」じゃないですが、100冊捨てても、その後10冊くらい買ったので
なかなか減りません。どうしたらいいのでしょう?

■5月25日(水)
「ジョッター」ってご存知ですか?
簡単に言えば、オシャレなメモパッドです。主にスーツを着てお仕事をする人たちで
少しこだわりのある人が使うメモパッドです。
一般に名刺大の紙を革のホルダー(これがジョッター)に10枚ほどはさんでおいて、さっさっっと
メモを取るのですが、これがかっこいいんです。
文房具好きの僕としては買わなければならないと思っていても、普通は4〜5000円もするし
高いモノは1万円以上しますからまだ買っていませんでした。

100円ショップのダイソーに行くと、あまり期待しないで文具コーナーを見ますが、そこで見つけたんです。
商品名はジョッターではなくメモパッドとなっていましたが、まぎれもなくジョッターです。
しかも革です。需要が少ないことは想像できますが、これを100円で売るとはダイソーもあなどれません。
思わず5つも買ってしまいました。驚きです。
                          
作りもなかなか良くて、これを定番化できたら、僕はダイソーの見方が変わります。

■5月24日(火)
電気料金を見ましたら、使用量が通常よりも23%少なくなっていました。
あっ、家庭用の方です。
この夏の節電目標が企業、家庭ともに15%ということですから、とりあえず合格ですね。
どこのお宅でも実施しているでしょうが、使っていない部屋の電気を消したり、使っている部屋でも
電気を減らしてつけたりしています。
先日まで暑い日が何日か続きましたが、今のところ一度もクーラーは使っていません。
最も電力を使うと言われている冷蔵庫は、テレビの情報によると冷蔵庫は品物を少なく、冷凍庫は
品物を多く入れるのが節電になるのだそうですが、わが家はまさに優等生です。
やればけっこうできるものなんですね。
あんまり節電競争みたいになるのは良くありませんが、無駄を見直す良い機会として
チャックするのには良い機会です。

■5月20日(金)
息子の粉砕骨折から3ヶ月がたちました。全治3ヶ月ですから今日で完治というわけにも
いきませんが、3ヶ月前に比べたらずっと良くなりました。僕の目には奇跡という表現をしても
良いくらいです。
5時間におよぶ難しい手術をして下さった先生をはじめ、適切なリハビリを指導して下さった先生、
そして気分を和ませて下さった友だちなど多くの方々のおかげだと感謝しています。
息子が退院して3日後に起きた大震災の時は、僕の精神は底辺にあったと思います。
息子の骨折と同様に、震災の復旧や復興にはそれこそ日本中の方々のおかげで日々進んでいます。
いつかは必ずみんなで笑える日がくることを信じて頑張りたいです。

■5月19日(木)
朝から仕入に行ってきました。お客様から頼まれていたパーツや、修理に必要なあれこれを
探すことが主な目的でした。
もちろん、その他のアクセサリーも買ってきました。
いつもは車で行くのですが、今回はアクササリーなどの小さなモノが多かったので電車で
行きました。
節電節電で、ついつい電気を消すことばかり夢中になってしまいますが、ガソリンだって節約して
被災地で使っていただきたいですから、僕ができることはやらないと・・・・。

僕は常に心がけている言葉は「初心忘るべからず」です。すぐに忘れてしまうので、常に
意識していなければなりませんが、またすぐに忘れてしまいます。
でも今回の大震災についてだけは80点ぐらいで意識できていると思っています。
まだ2ヶ月ちょっとですから当然なんですが、これまでの最長記録更新中です。

■5月17日(火)
“氷山の一角”と言いましょうか、“焼け石に水”と言いましょうか、まあこんなことです。
                       
今まで本の片づけをしていました。この程度捨てたところで部屋が整理できるわけではないのですが
とにかくこれで座る場所だけは確保できました。
1冊ずつ見ながら捨てるものを選んでいてはいつになっても終わらないので、おそらく今後読まないだろう
と思える著者を「えい!やー!」って感じで捨てることにしました。
これらの本は、BOOK OFFにでも持って行けば良いのでしょうが、僕の本は読みながら赤いラインや
囲みや書き込みをしてあるのでとても引き取ってもらえません。
そんなわけで明朝資源ゴミとして捨てることにしました。
若干の思い出もありますが、いつかは思い切らないといけないので今日を最初のステップとして
蔵書を半分くらいにするつもりです。

■5月15日(日)
昨日BOOK OFFで単行本がオール500円のセールでした。数日前に散歩の途中で
知ったのでセール前に数冊目星をつけておきました。
まあ、買いに行った時に売れていたら縁がなかったと諦めることにして、昨日買いに行きました。
目星を付けていた本は1冊だけ売れていましたがその他はありました。
○「天皇家の“ふるさと”日向をゆく」梅原猛
○「帝国ホテル感動のサービス」
○「江戸の醍醐味」荒俣宏
○「志高く 孫正義正伝」
○「成功のコンセプト」三木谷浩史
以上5冊です。
いつもはもっと支離滅裂な本を選ぶのですが、今回はまあまあまともです。
今月は、この5冊を含めて20冊ほど買い、6冊読みました。
従って、読んでいない本がまた貯まり、座るスペースを侵略しています。

今、テレビ東京のソロモン流で「断捨離」をやっています。
なんという皮肉でしょうか。

■5月13日(金)
天気予報では、もしかしたら真夏日になると言うので覚悟していたんです。
これからやってくる暑い暑い夏に、どの程度クーラーを使っていいのか、ちょっとした
シミュレーションになるはずでした。
ところが、お昼になっても1時を過ぎても、2時を過ぎて3時になっても真夏日どころか
夏日にもなっていないんじゃないかと思えるほど過ごしやすい気温で、とうとう夜になりました。
とても過ごしやすかったので感謝しなければいけないのですが、心の準備をしていただけに
拍子抜けでした。
まあ、いやでも真夏はやってきますから・・・・。
ただ今日程度でも東京電力管内の使用量は一時90%になったそうです。
まだまだ節電を心がけないといけません。

先日、二子玉川のRISEに行った時、ばっちりクーラーが効いていて少し寒く感じました。
こういうことって、みんなが自分のこととして考えないといけませんよ。

■5月11日(水)
昔の映画やドラマで、デートの待ち合わせで男性がタバコを吸いながら彼女を待っています。
少し遅れて彼女がやってきて「ごめんなさい。待った?」と言うと、男性が
「いや、僕も今来たところだから・・・・」言うのですが、足元にタバコの吸い殻がいくつもある。
という光景を何度も見ました。
今では、公共の場でタバコを吸うなどというのはイエローカードで、ましてや吸い殻をポイポイ捨て
などはレッドカードで一発退場です。
このように、時代とともにマナーやライフスタイルは変わってきます。

震災から2ヶ月がたち「節電」は今や常識となりました。東日本を中心に日本中で節電に取り組んでいます。
「エコ」というキーワードでは、なかなか実現できなかった現象が、こんな短期間にみんなが取り組むように
なりました。
当店も、スポットの消灯は続けています。まわりのお店も割合はまちまちですがほとんどのお店が
一部消灯を実施しています。
ただ、このまま続けるというのでは工夫がない気がしてきました。
目的は節電であって、お店を暗くすることではないので、節電でも最大の効率で明るくすることを
考える時期になっていると思います。
LED電球という選択などがありますが、コストの面などまだすぐに変更できないでいるお店やご家庭
はあります。
夏に向けて、当店でもいろいろと考えているところです。

■5月10日(火)
定休日だったので家内と一緒に二子玉川ライズに行ってきました。
友人にお子さんが生まれたのでお祝いを探すのと、大好きな文具屋さんが数店入っているので
楽しみに行ってきました。もともと二子玉川には玉川高島屋があって、中には伊東屋をはじめ
魅力的な文具屋さんがあったのですが、246をはさんでできたライズはさらに面白さが増して
ヘトヘトになるまで見て回りました。玉川高島屋よりもターゲットが少し若く、雑貨の充実が目立ち
ました。今日一日では、その良さが全部はわかりませんので、機会を見てまた行きます。
今日は車ではなく電車で行ったのですが、あっという間に着いたのでビックリ。
                        
神戸の有名文具店ノイエが初めて東京に進出しました。楽しいお店です。
                       
あっちこっちで消しゴムやスタンプ、メモ用紙など細々としたモノを買いました。まだまだ欲しいモノは
あったのですが、次に行く楽しみを残しておきました。

■5月8日(日)
母の日でした。向かいの花屋さんは、お父さんと一緒に花を買うお子さん達を沢山見ました。
わが家でも、昨日娘が「明日、自由ヶ丘のモンサンクレールに行ってママにケーキを買うんだ。」と
言いました。もちろん僕だけに言って家内には内緒です。
ですから、僕は今朝から口を滑らさないようにするのがたいへんでした。

で、仕事が終わってリビングに行くと、娘が家内にケーキをスッと出して(ちょっとドヤ顔)
「母の日。ありがとう。」
おまけに、「パパの分もあるよ。父の日はちょっと買いに行けないから。」

こうしたことが、親としては嬉しいんですよ。もらったからっていうんじゃなくて、こうしたことが
嬉しいんです。
疲れも吹き飛びます。

■5月6日(金)
本日は連休の代休として臨時休業でした。
家内と一緒に浅草に行きました。ちょうど40年前に浅草神社の隣にある会社に就職して
2ヶ月ほど浅草に住んでいました。その後は4年間九州に赴任していて、本社に戻ってから
数ヶ月間本社の最上階に住んでいたので、部屋の窓から見ると真下に浅草神社の屋根が見えました。
先輩から「神社を上から見ちゃだめだよ。」叱られたのを思い出します。
(その会社はもうありません。)

ニュースで仲見世から観光客がいなくなって閑散としている光景を見ましたが、今日は客足も
もどって、けっこうな賑わいでした。
ただ外国人の比率は少なかったかもしれません。その分、修学旅行の生徒さんが沢山いて
あっちこっちでソフトクリーム片手にケータイで写真を撮っている姿が目立ちました。
                           
本堂では、いつもよりお賽銭を奮発してこの度の震災に伴う不安の解消や復旧を念入りに
お願いをしました。

定休日が火曜日なので、火曜定休のお店には行けなくて家内が諦めていた大学芋の
「千葉屋」さんにも行って、夢に見た大学芋を買ってきました。観光客がほとんど来ない
言問通りぞいなのですが、大学芋一本で勝負している千葉屋さんは専門店の底力を感じました。
                           

■5月5日(木)
連休が終わり明日から仕事という人が多いと思います。中には日曜日まで引き続き
お休みという人もいらっしゃるようですね。
この連休でも各地で震災の影響が出まして、国内だけでなく海外に行った人も激減したようです。
もうすぐ震災から2ヶ月になりますが、状況はさほど変わっていなくて、未だに避難場所から
移ることも出来ないで辛い毎日を送っている方々が沢山いらっしゃいます。
テレビでは、芸能界をはじめ各界の方々が現地に行って被災された方々を励ましている映像を
毎日のように流しています。
そして、テレビにはまったく映らないところで、同じく多くの方々が復旧の作業を必死にされています。

日を追うごとに、政府に対する批判や東電に対する批判の声が大きくなっています。
もちろん批判は批判として声を出すことは大事なことです。
そこで「じゃ、僕は何をしているんだろう?」って考えることがあります。
とんでもないことを言いますが「もしも、僕が首相だったら・・・・」「もしも、僕が東電の社長だったら・・・」
いったい何をしたんだろう?みたいなことも考えます。
原発の近くの土地をだうすればいいんだろう?
それよりも、今後原発はどうすればいいんだろう?
少しも良いアイデアが出ません。

■5月3日(火)
朝の番組で、今話題になっている本「心を整える」を紹介していました。
著者はサッカーの長谷部選手です。正直なところサッカーはよくわからないので
長谷部選手は名前だけ知っている程度ですが、紹介された内容に興味がわいたことと
印税の全てを寄付するということだったので早速買いました。
いつもならこの手の本はBOOK OFFで買うのですが、BOOK OFFだと寄付に
貢献できないので買ったというわけです。
最近は、買い物で「寄付」とか「義援金」というのが一つの動機になることがあります。
2つ買ったスマートフォンの一つをdocomoからソフトバンクのiphoneにしたのも寄付が動機ですし
ユニクロで買うのも同様です。楽天と石川遼君は応援だけで申し訳ないのですが、できるだけ
見て応援しています。
                       
話がそれました。
「心を整える」はまだ営業時間中なので今晩読みますが、目次だけ見ても興味深いことが
書いてありそうで楽しみです。

ちょっと、余談ですが・・・・。
死者を出した焼肉店の社長は、どうしちゃったのかな?
みんなが優しい心で行動しようとしている今の日本の中で、対極にいますね。

■5月2日(月)
明日は定休日ですが祝日なので臨時営業です。そのかわりと言ってはなんですが
6日の金曜日は臨時休業とさせていただきます。

■5月1日(日)
ゴールデンウィークは、各地の観光地では明暗がハッキリ分かれているようです。
まだまだ東日本を中心に不安が残っていますから、遠くに行くことは避けて近場に人が
集中しているようです。
テレビなどでは、このように観光地の情報を中心に流していますが、僕たちのように街の
小さなお店も震災以来厳しい状況が続いています。
当店は節電に伴う割引セールを継続しているので売上だけは落とさずにいますが、手を打ってない
ところは大苦戦をしていると思います。
このように、震災以来全ての産業やライフスタイルが大きく変化しています。
ただ、僕だけが感じているのかもしれませんが、みんなが下を向くんじゃなくて、しっかり前を向いて
いるような気がするんですよね。