TOPページへ

過去の日記帳
2000年
11月
12月
2001年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2002年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2002年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2004年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2005年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2006年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2007年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月


2008年
1月

2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2009年
1月


3月
4月
5月
6月

7月
8月
9月
10月

11月
12月
2010年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
■7月31日(土)
毎年この時期になると品川区全体で打ち水をします。午後3時に品川区のいたるところで
お風呂の残り水やクーラーから出た水を集めて打ち水です。
当商店街も当然参加します。打ち水をしたからと言って気温が劇的に下がるわけじゃありませんが
これは数字じゃなくて気持ちなんです。
この夏は猛暑日が続いていたので、期待も含めて楽しみにしていました。
で、今日は暑かったですが猛暑と言うほどでもなくて・・・・・。
でも、通りかかったお客様のお子さんなんかがちょっとしたイベントのように楽しそうに参加
してくれました。
                


■7月29日(木)
今晩は家の前で工事です。ガス管の取り替え工事の仕上げとかで、朝の6時までです。
明日の夜も21時から翌朝6時まで。
公共工事なのでうるさいとか小言を言いたくありませんが、これで3度目なんですよ。
同じ所を3回も掘っているんです。こんなに技術が進んでいるのに、掘った穴をちゃんと
埋めるのに、日を改めて3度も工事するというのはどうかと思うんですよ。
その度にお金がかかるんでしょ。補助金とかも出て・・・・・。
住んでいる人だって元気な人ばかりでなく、病人もいるのにそんなことの配慮なんか
まったくないですから。
工事をしている人たちは、夜遅くまでたいへんな仕事をしているのでご苦労様だと思います。
泥にもまみれないでお金だけ手に入れている人がいるんですよね。
そりゃ、1回よりも3回工事した方が良いはずです。


■7月27日(火)
客注(おわかりでしょうが、お客様の注文)があったので家内と一緒に仕入に行きました。
すぐに済んだので、前から一度行ってみたかった元祖カレーパンのお店に行きました。
両国の近くで、この不景気なのに大繁盛でした。
                     
やはりオリジナルを持って良心的に商売をしていれば、どんな世の中になっても商売は繁盛
するんですね。カレーパンはまだ食べていませんが楽しみです。
で、ついでと言っちゃ何ですが、その後浅草まで足をのばしました。
雷門の前で、あのスカイツリーが見えたので・・・・・。
                     
この景色は何とも言えないですね。正面にスカイツリーとアサヒビール、右下には通称?ウンコビル。
手前左には外国人が大喜びで人力車を撮っていました。
                     
浅草寺は7割くらいが外国人で、これまた大にぎわい。仲見世は売上の8割くらいは外国人なんじゃ
ないかな?西洋人はすぐにわかるのですが、日本人に見えても話すところを聞くと中国語。
でも、本堂に向かって真剣に手を合わせているのを見ると、とても気持ちが良くて日本人も外国人も
ないのにな〜って感じます。
とっても良い休日です。

■7月25日(日)
昼間は暑いので涼しくなってから買い物をしましょう。というのは、涼しくなることが
わかっている場合に成り立つ話です。
実際には、ずっと暑いので買い物をする時間がないというわけです。
お客様だけではありません。販売をしている僕たち、お店の人間も暑いのです。
でも、お客様は買うのをやめることができますが、お店は売るのをやめるわけにはいきません。

で、元気だけは出してお客様をお待ちするのです。
「海馬」という本に書いてあったのですが、人間のやる気というのを司っているのが側座核という
ところだそうです。その側座核というところがやっかいなところで、やる気を作ってくれるわけじゃ
ないんだそうです。やり始めないとやる気を起こしてくれないんだそうです。
つまり、やる気が出てからやり始めようと思うと、永遠にやる気は起きてこない。
たまに、やる気を待っているんだろうと思われる人に会うことがあります。
だから、無理してでも空元気でもいいからやり始めると、これが案外当たっているんです。
なるほどやる気が出てくる。暑さまでが涼しくなるということはありませんが、暑いから
やる気を出しちゃいけないということもないので、やるわけです。
禅問答のようですが、このところの暑さはこれを試すのに絶好の機会かと思います。

■7月24日(土)
読書が好きというわりには読んでいるジャンルが一般の人とは違っているので、
普通大人になるまでに通り過ぎてくる本を読まずに来ました。
夏目漱石とか志賀直哉とかまったく読んでいませんし、ベストセラーもほとんど
読んでいません。南方熊楠全集は読んだのに・・・・・。

で、今日は今さらながら「星の王子さま」を読みました。以前から読んでみようとは
思っていたのですが、ついつい今日になりました。
1時間ほどで読みましたが、正直言って思っていたのと内容が違うので驚きました。
もっとお子様的なものだと思っていたのですが、けっこう哲学で・・・・。
でも、読んで良かったです。

■7月23日(金)
毎日暑いですね。お店にいても頭がクラクラするほどです。
それでも、こう毎日続くと少しづつ暑さに慣れてくるような気がするのが不思議です。
東京よりもさらに暑い熊谷とか多治見ではさぞかしまいっていると思ったら、なんと
“暑さ日本一”を競っているようです。
ニュースで見たんですが、多治見なんて近県から”暑さ体験”みたいに沢山の人が
来ているみたいです。
人間って面白いです。こんな暑さまで楽しんじゃうんですから・・・・。

小石川植物園ではショクダイオオコンニャクという、とっても臭い植物を見に長蛇の
行列です。珍しいけど臭いんでしょ。臭さも楽しんじゃうんですね。

そう言えば、昔友人がスキーで足の骨を折って松葉杖になってしまいました。数日は
あれこれ弱音を吐きながら歩いていましたが、すぐに松葉杖生活を楽しみはじめて
「これでやると離れていてもテレビのチャンネルが変えられるんだよ」と松葉杖で
ガチャガチャってチャンネルを回していました。

僕は、こういうのが大好きです。


■7月21日(水)
商店街の会議に出席しました。なにしろ2年半以上もお休みしていたので、アイデアを
出すとかよりも流れをつかむのがやっとで“おみそっかす”状態でした。
しかも疲れた。暑さも手伝って頭がガンガンしています。
今は体を休めてビデオにとっておいた水戸黄門を見ているところです。
会議というのは、10月末に行われるワゴンセールの件なんですが、僕がお休みを
していた間に状況が随分と変わっているので、今後いくつかの壁を越えなければ
ならないでしょう。
まあ、できるところまでやってみようと思っています。


■7月19日(月)
早くも散歩中断・・・、でもないんですが、散歩してないので中断かな?
少しだけ体調が良くないので、散歩で具合が悪くなったら家族に申し訳ないので
中断ということです。
もっとも、体調が良いということは滅多にないので、あまり悪い悪いと言っていると
それこそまわりの人にも良くないので、ちょうど波が上に行ったり下に行ったりする程度の
感覚で言っているだけなんです。前に進んでいることに変わりはありません。

最近は銀座あたりに行くと、中国から来た観光客があふれています。観光客というより
買い物客と言った方が正しいかな?
彼らは口々に「日本の製品は優秀だから」「安全だから」「デザインが良いから」と言います。
いくら中国の景気が良いからと言っても、やはり高いお金を払って来ているわけです。
僕は思うんですが、日本って良いところを沢山持った国なんですが、そのことに意識が向かない
んじゃないのかな? そういう僕も同様です。
特に民間の力は世界に誇れる国なんだと思います。
僕は、日本の良さを中国の観光客に教えてもらいました。

で、はじめの話ですが、具合が悪いからと言って具合が悪いことばかり気にしていると
体調以外の良さがわからなくなっちゃうんですよ。これでもけっこう良いところがあるんですよ。

■7月17日(土)
三日坊主になるんじゃないかと思うのですが、今日も早起きで散歩しました。
これまたちょっとした写真も撮りました。
                

普通の家なんですが、奥の方に料亭みたいな入口があるんです。手前にはちゃんと
玄関があるんです。とても立派だったので撮ってしまいました。

                 
お店に愛着があるのでしょう。いたるところガムテープで補修されています。ずいぶん前から
白や赤のガムテープを貼っているようです。で、今日も新規で貼っているところを運良く
見させてもらいました。

                  
自宅の車庫に無断で駐車されないように立ててあるコーンです。あらゆる書体でお経のように
びっしり書いてありました。しかも達筆です。
ここに無断で駐車したらバチがあたりそうです。きっと、手入れの行き届いた車が止まっていることでしょう。


■7月16日(金)
今朝は、早く起きてしまって・・・・。早いといっても並の早さではなく4時半に
起きてしまいました。
寝たのが2時過ぎなので、あまり寝ていません。
開店まで時間があるので、8時まで待って久しぶりに散歩に出かけました。
隣町の西小山周辺を歩きました。
そこで見つけた写真です。
              
1000円カットというお店は定着してきましたが、なんとこのお店は690円です。
1000円でも安いのに690円というのは、牛丼が200円になるような話です。
期間限定になっていましたが3ヶ月も続いているようだし、さらに延長の予感もしました。
企業努力というのはゴールというのがないんですね。


■7月15日(木)
ちょっと出かけまして。
地下鉄に乗ろうと思って階段を下りて行ったらこんなマークが・・・・・。
                   
げっ、一方通行? これじゃ地下鉄に乗れないじゃん。
珍百景に載せられる光景だと思いませんか? もちろん、その後無事に地下鉄に乗って
帰りました。


■7月14日(水)
今年の梅雨は西と東で大違いです。東京は雨が降ると言っても日中よりも夜に降るという
印象が強いのですが、西の方は連日の大雨です。
僕は靴のセールスとして九州に4年間住んでいたので、実際に住んでいたところとか
セールスの担当地区がニュースに出るたびに心が痛くなります。
雨というのは、今日降ったから明日は降らないなんて都合の良いことにはならないので
毎日不安な日が続いていることと思います。

長い間に築きあげてきた資産が目の前で流されていくのを見るのは、自分の命が削られるような
痛みがあるのだと思います。
参議院選挙が終わったばかりですが、選挙中に「みなさまのために・・・・・」と声を張り上げていた
人たちは現場を見に行っているんですかねぇ?


■7月11日(日)
すいません、また松岡正剛ネタです。
さもないと日本のいないワールドカップか選挙か相撲ネタになってしまうので・・・。
松岡正剛さんは「本はノート」と言って、新しい本に赤や黒のペンでどんどんと
書き込みをしてしまいます。他人が見たら人によっては「きたない」って言うかもしれません。
実は、僕も読み始めの頃は同じように書き込みをしていました。
だんだんと蔵書が増えるに従って、赤い線も定規を使って丁寧に引くようにしていました。
書き込みもしないで、専用のノートに書き写していました。ノートも随分とたまりました。

でも、松岡正剛方式も考えようによっては、いかにも“自分の本”とも言えて・・・・。
で、思い切ってまた自分なりに書き込みをしながら読んでみました。
そうしたら、すごくスムーズに読めるようになって一日一冊ペースになり、しかもよく覚えています。
どうも、このところはかっこつけて読んでいたようです。
もっとも、僕はあまり小説を読まないからこれが良いのでしょうが・・・・。


■7月9日(金)
青森の美人すぎる市議にはじまり、可愛すぎる海女、北京の可愛すぎる屋台の女性。
今度はロシアの美人すぎるスパイ。たしかにみんな美人だし可愛い。
で、当店にもあるんです。POPには「可愛すぎるビーサン」と書いてあります。
            
これも売れているんです。少しずつデザインを変えて、今年で4年目の売れ筋商品です。
こうして売れない時代でもちゃんと売れる商品はあるんです。毎年梅雨が明ける頃には
完売してしまうので、少しは多めに仕入れるんですがやはり完売ペースです。

ビーサンを売っていて、こんなことを言うのもどうかと思うのですが、年々いかにも海に
行きましたという人が少なくなりました。海に行っていないんじゃなくて、日焼けしなくなったんですね。
昔は健康そうな小麦色の肌とか言ったんですが、最近は健康そうというよりも将来のシミが
気になるんでしょう。これは流行と言うよりも、紫外線の害が問題なので今後もこの調子なのでしょう。


■7月7日(水)
「ゲリラ豪雨」とは、すごいネーミングです。この名前が出来てからだんだんと多く
なってきました。全国で突然のゲリラ豪雨の被害が毎日放映されています。
40年ほど前に九州に住んでいた時に、これによく似た夕立にビックリしたことがあります。
「さすがに九州は暑い土地だから雨も熱帯みたいだ」と思ったものです。
あれから40年。東京どころか日本全国が熱帯になったということでしょうか。
天気が悪い日は地下街や地下鉄には行きたくないですね。

ここ武蔵小山は比較的土地が高いところにあるので、大雨になってもわりとすぐに水が
引いてくれるのですが、すぐ近くの戸越や五反田は低いので大変です。
有人もお世話になっている人も沢山住んでいるので、大雨のたびに心配しています。
梅雨明けまでは、まだ2週間ほどありますので気を許せません。


■7月6日(火)
先月の22日に行ったばかりなのですが、色々な都合で今日お墓参りに行きました。
帰りは恒例の玉川高島屋。
玉川高島屋では、いつもはお昼ご飯を食べるくらいが僕の予定ですが、今日は違います。
買いたいモノがありまして。
まずは、4日に書いた松岡正剛さんの本です。
             
「NARASIA」「日本力」「松岡正剛の書棚」そしてアートディレクター佐藤可士和さんの
「佐藤可士和のクリエイティブシンキング」以上4冊です。
どれから読もうか今からわくわくしています。そして、あふれかえっている本棚のどこに
積もうかドキドキしています。

それと、鉛筆を買いました。
              
最近は若干、手がしびれたようになっているのでシャープペンよりも鉛筆を使うことが
多くなっています。
一番使うのが伊東屋オリジナル鉛筆です。奇跡的に書きやすいし60円だし、センスが良いし
一度使うと手放せません。1ダース買いました。
そして、アイデア出しに使う8Bと9Bの鉛筆です。
今、ちょっとしたデザインを頼まれているので、この鉛筆でああでもないこうでもないと
いろいろと書くわけですよ。
何が出来るわけでもないんですが、こういうことが好きなんですよ。それだけです。


■7月4日(日)
今までTBSの情熱大陸を見ていました。僕が尊敬している松岡正剛さんでした。
正剛さんは編集工学というジャンルを作り、宇宙のことや命のことや歴史や風俗までを
編集という視点で著書に書いたり講演をしたりしています。
「生き字引」のことをウォーキングディクショナリと言いますが、まさに正剛さんのことです。
僕も著書の7〜8割は買って、その本の7〜8割を読みました。
まだ読んでいない本は、本棚で熟成中です。

正剛さんの著書を、僕は物事の入門書であり専門書として読んでいます。
“知る”ということが、人間が本来持っている本能であることを教えてくれます。
とても難しいんだけど、とても楽しい。
子どもの頃に、もしも空を飛べたらなんて叶わぬ夢を見たものですが、最近では
“松岡正剛のようになりたい”と夢見たりします。
おそらく松岡正剛のようになるのは、空を飛ぶよりも可能性が低いでしょう。

■7月3日(土)
夜、仕事が終わってから暇があると、たまにGyaOの“うたブロ”を聞きます。
今も聞いていました。
ときどきビックリするほど上手な人がいるんです。今日は女性で「maso」という人が
抜群の歌唱力でハマりました。
歌手の中に入ってもかなり上位になると思いますよ。
娘にも聞かせたら「こんなに上手い人とカラオケに行ったら楽しいよ〜」って言ってました。

僕は、この2年半でカラオケには一度だけ行って2.3曲唄っただけなので、まったく
唄えなくなりましたが、歌は大好きです。
「maso」の歌を聞いているとカラオケに行きたくなります。
とにかく上手いんですから・・・・・。


■7月2日(金)
パク・ヨンハさんの自殺は衝撃ですね。僕はヨン様くらいしかわかりませんが、
僕のまわりには韓流ファンは沢山います。
自殺するには理由があるのでしょうが、パク・ヨンハさんだけでなく韓国の芸能人は
随分と沢山の人が自殺しています。
自殺はダメですよ。自分は死んでしまうから、その後のことはわからないけど、
残された人やファンのみなさんや関係者や沢山の人が悲しみます。
第一、生きたいと思っても生きられない人がいることを考えなくちゃダメですよ。

もちろん、韓国ではwebでの中傷がひどいと聞きますから、有名人も辛いでしょうが
死んではいけません。同時に無責任な中傷をしている人もいいかげんにしないとだめですよ。

韓国に限らず日本も、もう少し幸せな生き方をしましょうね。


■7月1日(木)
一年の半分が終わりました。速いのなんの。
冗談のようですが、ついこの間お正月だったのに・・・というのが正直なところです。
これでまた、あっという間にお正月。
歳をとるにしたがって月日の流れが速くなるというのを実感しているところです。

これもある意味では時間の流れというのかもしれませんが、ユニクロに続いて
楽天も社内の公用語を英語にするそうです。
僕にはとてもじゃないですがついて行けません。英語の塾に7年間も通ったのですが
まったくだめです。
考えてみれば、日本語を60年も話してきたのに未だにわからない言葉があるんですから・・・。

今年から大学生になった息子は、英語しか話さない経済のゼミをとっているようですが
いつの間にかすごいことができるものだと感心しているところです。

たしかに、外国に行けばたいてい英語を話せばコミュニケーションはとれますからね。