2009.1月
2000年 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

TOPページへ

■1月29日(木)
ご無沙汰致しておりました。
数人の方に「どうしたの?」「最近更新がないけど・・・」とかメールをいただいたり、直接来ていただいたりして申し訳ないことをしました。ごめんなさい。

実は、ちょっとばかり忙しくて・・・・。
商人が「忙しい」というのは、お店が繁盛して忙しいか、お店が売れなくて金策に忙しいと相場は決まっていますが、そのどちらでもありません。
勉強が忙しいんです。これまた勉強といってもマーケティングとかファッションとかじゃなくて数学なんです。
子どもに数学を教えるために勉強しているんです。数学から随分と離れていたので思い出すのが大変で四苦八苦しています。
もうしばらくの間、こんな調子が続きますので、
2月一杯はこの日記をお休みすることになりそうです。
3月には再スタートできると思います。


■1月20日(火)
家内と一緒に自由ヶ丘に行きました。
僕のジーパンがほとんど破れていて、まともなのが1本しかなくなりました。僕は破れていても平気なんですが、家内がとってもいやがります。
「パパの歳で破れているのはおかしいよ。お願いだから買ってよ。」って言うものですから、お言葉に甘えて買うために自由ヶ丘に行きました。
お店に入ったとたんに僕は、今はいているジーパンのコーナーに行って、同じモノと色違いの2本選んで買ってもらいました。その間10分くらいです。
僕は一度でもいいからジーパンを切らずにはいてみたいのですが、足に長さが足りなくて、もったいないほど切ります。今まで切った分でジーパンが10本以上はできると思います。
裾上げをしている間、お昼ご飯を食べることになり、お気に入りの「バッボ アンジェロ」に行きました。開店15分前だったので店先に5人が並んで待っていましたが、今日は良い方です。
味も値段もスタッフの方々もすべて満足できるお店です。

食べた後に、文房具の「SIX」と雑貨と本のヴィレッジヴァンガード、雑貨のホッチポッチを見て帰りました。
自由ヶ丘も苦戦しているお店は多いようで、何店かが入れ替わっていていました。僕が「家賃も高いだろうからたいへんだね」というと、家内が「うちもね・・・」と言いました。
明日も、がんばります。

■1月19日(月)
別にアメリカびいきって訳じゃないんですが・・・・・。
いよいよオバマさんの就任式ですね。アメリカが変わるような気がするから不思議です。オバマさんがどんなアメリカにするかっていうことは知らないんですが、変わるって言うんですから変わるんだとしか思えないわけです。
それと、変わった結果が日本にとって良いことなのかどうかってことも知らないんです。問題だけは十分すぎるほど山積していますから、変えることには不自由しませんね。
で、日本の方ですが、そういう気になれないのは何故なんでしょうか?僕だけなのかな?


■1月18日(日)
今日から始まったドラマ「本日も晴れ。異常なし。」をビデオに撮りました。まだどんなドラマ化知らないんですが、僕としてはちょっぴりDr.コトーがダブっています。とにかくほのぼのとしたものを期待しています。第一回を見る限り、期待通りで嬉しい限りです。
ドラマとは言え、簡単に人が死んだり、裏切ったりするのは拒否反応なんですよね。
家内は「松下奈緒が出てるからなんでしょ。」と言いますが、少し当たっています。動機はいくつかありますが、見終わってから「見て良かった」と思えればそれでいいんです。


■1月17日(土)
あの阪神淡路大震災から14年ですか。
考えるだけでも怖くなる出来事でした。東京に住んでいる僕には映像でしか情報が伝わってきませんでしたが、あれから14年にもなると実際に被災した本人とも話すことが何度かありました。それはそれは恐ろしかったそうです。
今でも元の生活にもどれない人たちが沢山いらっしゃるようです。でも、マスコミでも何でも、すっかり忘れてしまったように、今では派遣切りにあった人たちのことばかりがクローズアップします。
これは、マスコミだけでなく僕にも同じ傾向があります。
白状すると、ニュースで見るまでセンター試験のことばかり頭にあって今日が被災から14年だということを忘れていました。
本当に申し訳ないと思います。


■1月16日(金)
今年二度目のビックリでした。
一度目は箱根駅伝東洋大学の柏原君の驚異的な走り。
そして今日は「ハドソン川の奇蹟」です。状況は詳しく知りませんが、ニュースで見る限り機長をはじめ、クルーの対応もすばらしかったようです。場所が場所だけに一つ間違えれば歴史に残るような大惨事になるところでした。まさに奇蹟ですね。ほんとうに良かったと思います。
ただ、原因が鳥だと聞いて「それじゃ、どの飛行機にもあり得ることじゃん」と思い、飛行機が怖くなりました。


■1月14日(水)
実は3週間ほど前から・・・・・・。
あっ、お食事中の方は後で読んで下さい。
急に、おしっこをすると痛くなるようになりました。それが1週間ほど前から激痛に変わり、ここ数日の痛みは書けば書くほど現実から遠ざかってしまうほどのものでした。激痛よりも痛いという言葉はないのでしょうか?
おまけに、トイレが近くなって、しかも我慢ができない。

それが、今朝になってトイレに行った時に、尿道に何かとげとげしたものが入った気がしました。
「これが、あの結石ってやつか?」と思っていました。家内は、前から病院に行くように勧めてくれたんですが、怖いので拒んでいました。
で、13時15分。お昼休みが終わってトイレに行ったところ激痛と一緒に出てきました。
大きさは8mmくらいで、見た感じは黄鉄鉱のように細かい結晶が積み重なったみたいなものです。おかげさまで痛みはなくなりましたが、見れば見るほど(便器からピンセットで取って、洗ってから透明の袋に入れてあります。)怖くなります。
今から逆に入れるなんて言われたら、聞いただけで失神するでしょう。
とっても痛くて、そして良かった一日でした。

つまらない話で時間をつかわせてしまいごめんなさい。


■1月13日(火)
お正月は地元の氏神様から始まって、お墓参り、お不動様にお参りしました。そして今日は大宮の氷川神社にお参りしました。これで例年のお参りがすべて終わり、僕にとってのお正月は終わったことになります。
        

去年一年のお礼と、今年一年のお願いをたっぷりとしました。お賽銭の割に頼みすぎの感もありますが、とにかく心からお願いしました。
氷川神社は大宮の駅から1kmくらいの所に鎮座して、参道もまた1kmくらいあるでしょうか。途中所々の大木を見ると、随分と長い間武蔵の国を治めて下さっていたことを感じます。境内には沢山の末社がありますが、僕の場合は本殿にお参りさせて頂くだけです。
西洋の教会と比べると華やかさはほとんどなく、いかにも「鎮座」という言葉がピッタリの静かさが、僕にとって「ありがたさ」を感じるわけです。
今年は、家内と一緒にお参りをしました。家内が何をお祈りしたのか聞きませんでしたが、おそらく僕と大差ないと思います。
とても良い一日でした。


■1月12日(月)
近くに写真館があるので、きれいな着物姿の女性が店の前を沢山通りました。とても腕の良い写真館なので、普通の写真館よりも大勢来たのだと思います。今日の着物は、まず20歳です。女性はわかりやすいです。男性の場合は、いかにもという装いは少ないので多かったのか少なかったのかわかりません。ジャニーズのコントのような着物姿の男性が二人いましたが、ケータイをかけながら隣の男性の頭をはたきながら歩いていたので、成人ぽくありませんでした。
何はともあれ、今日は成人の日だったので主役は新成人でした。一年の内で今日ほど、「大人」とか「子ども」という単語を沢山使う日はないでしょう。
僕なんかは、「今どきの・・・・」というほど、ものを知っているわけではありませんので新成人のみなさんが今のような経済情勢の中で悔いなく生きられればいいなと思うだけです。


■1月11日(日)
渋谷や自由が丘、銀座なんかを歩いていると、ついつい同業の店を見てしまいます。別に勉強熱心とかじゃなくて、ただ好きなだけです。
「さすがに、イイものがあるなぁ。」とか「こんなモノが売れるんだ・・・・。」とか感心して見ます。きっと高い家賃を払ってお店をだしているんだろうから、沢山売らないと採算がとれないだろうな〜なんて心配もします。
友人が言いました。
「銀座は売れなくていいんだよ。銀座○○って名前がつけられればいいんだよ。」と言っていました。
でも、よく考えてみると、武蔵小山にも銀座○○っていうお店はあるけど、銀座ってついている分、余計に売れているようには見えないんだけど。
それに、ユニクロも銀座にあるけど銀座ユニクロって改名してないですよね。むしろおかしなことになってしまいます。

実は、話がそれています。戻ります。
本当に言いたかったのは、自分の店が渋谷や銀座に出てやっていけるんだろうか?ってことなんです。もったいつけずに結論を言いますと、今のままでは無理でしょうね。でも、このままでいいとは思っていないんですよ。ちょっとひいき目ですが40%位は何とか勝負できると思うんです。この残りの60%で、いつでも頭を悩ましているんです。60%というのは、残念ながら同じ土俵に乗っていないということなんですね。
今日も、ああだこうだと考えています。



■1月10日(土)
「ねえ、何か気がつかない?」
「何が?・・あっ!口紅変えたでしょ。」
「はずれ。」
「じゃぁ、ダイヤのかたまりがついたペンダント。」
「そんなの持ってないでしょ。・・・前髪よ。少し切ったの。」
「あっそう、そうね。すごくいいね。」
って言うくらい、ほんの少しだけ違うメガネに変えました。
         
上が今までので、下が今日からのです。
誰も気がつきません。

僕は高校2年生の時に、黒板の字は読めたのですが、ちょっとした憧れからメガネをかけるようになりました。最初のメガネは大橋巨泉のようなやつでした。
それ以来40年以上メガネをかけています。途中コンタクトにしたらどうかという勧めもありましたが、目薬すらも一滴が目に近づくまでに目をつぶるほどの臆病なので、コンタクトは選択肢にありませんでした。
それともう一つ、僕は目つきが悪いらしくて、よく誤解されることがありました。決定的だったのは会社に入ったその日に部長に呼ばれまして「柴田君、目が悪くなくてもメガネをかけていなさい。」と言われたことです。きっと、お得意様の前に出せる目つきではなかったのでしょう。
そんなこんなで、メガネと一緒にいる時間は家族よりも長く、脳みそを使っている時間の1000倍くらいでしょう。
不思議なもので、夢を見る時もメガネバージョンと裸眼バージョンがあるんですよ。ですから、夢の中でメガネを探すなんてこともあります。

新しいメガネになって嬉しかったので、ついこんなに長く書いてしまいました。

誰も気がつきません。


■1月9日(金)
夜中のうちに初雪が降っただけのことはある、寒い一日でした。店頭が開けっ放しの当店では、まるで刃物のような寒さが身にしみました。そんな今日に限って、エアコンのガスメーターが止まってしまいました。原因は、地震の時なんかに安全のために止まる装置が勝手に落ちたようで、2〜30分いじっている間に復旧しました。復旧だって、雨と風の中を外でやるわけですから、ほとんどチルド状態になりました。
何が温暖化だ・・・・・。

■1月7日(水)
「派遣切り」が流行語のようになっています。
切られた派遣の方々はたまったもんじゃありません。各地でもめています。企業の内部事情はわかりませんが、企業としても生き残りの手段として行った「派遣切り」なんだと思います。つまり、切った分だけ人件費が少なくなるわけです。ただ、これって日本全国で考えると、総所得が減るということですよね。と、言うことはGNPが減ることと同じですよね。つまり、企業からしてみると、出ていくお金が少なくなって、入ってくるお金も少なくなる・・・・・。個々のケースは違うでしょうが、全体的にはそういうことです。まさに、悪循環です。

じゃ、今何をすれば良いのかというと、新しい産業を生むか、食糧自給率を上げる産業を強くするか・・・とかじゃないのかな?
そんな話は、どこにもでていませんね。
僕が、間違っているのかな?
きっと僕が間違っているのでしょう。
だって、専門家の先生達は給付金のことばかり言っていますから・・・。

■1月6日(火)
ショックです。何がショックかというとウエッジウッドが破綻したことです。僕がウエッジウッドの器を使っているとかじゃないし、もちろん縁もゆかりもないのですが・・・・。リーマンが破綻しても何とも思わなかったのですが、世界のブランドがこんなに簡単に破綻してしまうことがショックです。
250年もかけて築き上げたブランドが中国の安い製品に負けたということらしいですが、これは今後起きる出来事の入口になったような気がします。
考えるだけでもゾッとします。
ニュースによると、受け継いでくれる企業が数社、名乗りを上げているので技術は継承されるのでしょうが、今後も同じようなことが沢山起きることでしょう。
僕には、上手く言えませんが「安さ」ばかりが生き残ってもいいのかな?今の僕ではわからない、失ってはいけないモノが、じわじわとなくなってきているように思うのですが・・・・。

■1月5日(月)
今年は世界天文年だそうですね。
ガリレオが手製の望遠鏡をのぞいてから400年になるんですって。そして「地球の方が回っている」って言ったんですよね。
僕も学校で習ったので、地球の方が回っているんだと思っています。いくつかの証拠も習ったので知っていますが、本当のことを言うと詳しいことはわかりません。どこかの偉い科学者が「回っているのは天の方だ」と言えば「そうなのかな」と思ってしまいます。それくらいいいかげんに信じているわけです。
今更疑ってみて「本当に地球が回っているんだろうか?」なんていっても、なおさらわからなくなるのでやめておきます。

でも、一度くらいは疑ってみてもいいかな?なんて思うこともあります。たとえば、政権交代をすれば本当に日本は良くなるんだろうか? 1ドルが80円や70円になると、日本の企業はみんなつぶれてしまうんだろうか? 塩分をひかえめにしなければ早く死んでしまうのだろうか? 温暖化は本当に人間に、いや生物にとって良くないことなのだろうか? これらは全部、誰かが言ったことを信じていることなんですが、本当に信じていいんだろうか?

僕は、いつの間にか自分で考えることを省略していたように思います。


■1月4日(日)
仕事始めでした。三が日が例年通りだからと言って、まさか売上まで・・・。去年の仕事始めはあまり売れなかったのですが、今日も550円しか違いませんでした。それでも多かっただけ良かったと言わなくちゃいけないのかな?

気がついたらアクセスカウンターが10万になっていました。どこのどなたかわかりませんが、こんなHPをご覧になって下さってありがとうございます。

■1月3日(土)
今日も例年通りに家族でお墓参りに行きました。お正月は工場などが休みだったり、トラックなども少ないので空気がきれいですから、いつも富士山がよく見えます。霊園のお墓がある場所は富士見通りという名前がついているほどですから、今日も富士山がよく見えました。
この三日間は何をするにしても、一年の初めですから、この一年を占うように感じてしまい(都合の良いことだけですが)、天気も景色も素晴らしい一年を予感させるものでした。
          
明日からはほぼ平常の営業となります。暮れの疲れも取れて、はりきっております。頑張るぞ〜。

■1月2日(金)
今日は家内の実家でご馳走になりました。年に一度、全員が集まるので、とってもにぎやかで楽しいひとときです。

それと、これまた毎年行っている目黒不動にお参りに行き、昨年のお礼と今年のお願いをしました。少し人が少なかったのかな?
そしてちょっとビックリしたのは、屋台で買っている人がほとんどいないんです。
「えっ? いつもはたこ焼きとかソースせんべいに人が群がっているでしょ。どうしちゃったの?」
娘に何か買ってあげようとしたんですが、高いからいらないんですって。
これは不景気と言うよりも「欲しくないモノはいらない。ipodは高くても欲しい」ということです。
当店は4日から営業しますが、肝に銘じてスタートしなければなりません。

■1月1日(木)
例年のごとく氏神様の三谷八幡神社に初詣に行ってから娘のリクエストで渋谷に行きました。
年々正月らしさのなくなる街を見ていて、こんなことを感じました。
正月とかお祭りって、ある程度貧しい方が“らしさ”がありますね。
僕が子どもの頃は、今に比べて我が家もまわりの人たちもずっと貧しくて、新しい洋服を買ってもらったり、ご馳走なんかはお正月くらいしか食べられませんでした。だからこそお正月が楽しみでした。
お年玉ももらって、一年で一番お金持ちになって、いざ買おうとすると目ばかりが欲しくて買うところまでいかない。
結局、いろんなお店や屋台を見て回ることがとってもワクワクしたものです。今は、それがいつでも叶ってしまうものだから・・・・・。
想い出はいつでも美しくなってしまうものですが、あのころは“心が豊”なんて考えたこともなかったし、そんな表現はなかったような気もします。将来の不安というより、希望ばかりがあったように思います。みんな貧しかったけど、今多くの人が忘れちゃった何かを持っていたんだと思います。
そう、忘れただけだから思い出せばいいんだと思います。

でも、お正月はお正月です。
一年の初めとして、沢山の方々にあらためて感謝したり、いろいろを考えたり誓ったりするのにはとっても良い機会だと思います。

■2009年1月元旦
あけましておめでとうございます。
みなさまにとって本年が最良の年となりますよう
お祈り申し上げます

僕は毎年お正月に一年のキーワードのようなことを決めます。ピッタリそのようにはなりませんが、出来るだけ心がけるようにしています。
で、今年は。
「こころに遊び」です。
遊びと言っても「遊びほうける」の遊びではなく、「ハンドルの遊び」の方です。
ちょっと僕とキャラが違いすぎますがDr.コトーみたいに、どんなに厳しい状況でも心にゆとりを持って、ニコニコしながら問題を解決していく。
憧れなんです。
何でも受け入れることができるというのは、一見ただの優しい人みたいですが、実は強さと優しさを持つということなんだと思うんです。
僕なんかじゃ、すぐに断念するかもしれませんが、努力してみたいと思うんです。