2008.12月
2000年 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

TOPページへ

■12月31日(水)
大晦日です。あと1時間ちょっとで2009年です。
この一年間、例年にも増してヨタヨタの日記をご覧下さいましてありがとうございました。来年もさほど進歩の見られないモノになるかと思いますが、一生懸命に書くことだけはお約束できると思います。

それではみなさま、良いお年をお迎え下さいませ。

■12月30日(火)
今年もあと1日ですね。前半はインフレになるんじゃないかと思えるほどで、後半はデフレの様相です。これは別の天体の出来事のようです。
僕は完全について行けません。特に後半は暗いですね。
こんなに緊張しながら迎える新年は初めてです。
あのトヨタが赤字なんて誰が想像したでしょう。
まだ1日残っていますので、来年への助走のつもりで少しでも勢いをつけて新年を迎えたいです。

■12月28日(日)
部屋の話です。
僕は他人の部屋とか書斎とか手帳の中を覗くのが大好きです。覗くと言っても、本の中でですよ。
で、クリエーターの仕事場ばかりが紹介されている本を持っているのですが、寝ながらでも見ています。もちろん人によって違いますが、ほとんどの人の仕事場はシンプルですね。机の上にはパソコン以外何もないというシンプルさです。壁だって1〜2枚の作品がかかっているだけです。
僕もこんな部屋に憧れるのですが、現実はまったく反対です。本は棚に二重三重ですし、壁なんか見えません。もちろん物理的に部屋が小さいということもありますが、根本的な原因は性格のようです。きっと一流のクリエーターだったら、僕の部屋でもきっとかっこよく使うんだろうなと思うんです。
なかなか夢と現実は同じにはなりません。
矢沢永吉や豊川悦司が大好きな家内が結婚したのは僕ですから・・・・・。僕の部屋のギャップどころじゃありません。

■12月27日(土)
久米宏の番組でやっていました。
今の20代の若者は、デートに車が必要だと思っている人は3%もいないんですって。って言うか、車に興味がないんですって。車だけじゃなくて海外旅行やブランド品にも興味がないようです。
ある程度は知っていましたが、ここまでだとは思いませんでした。しかも、居酒屋に行かずにマックで100円のコーヒー。
価格が高いというだけの理由じゃなくて、所有そのものに興味がないみたいです。老後に備えているだけでもないようです。
ビックリしました。腰が抜けました。あまりにもお客さんのことを知らなかったっていうことです。

でも、これはこれで良いことだと思います。自分の意志で購買するというのは、良いことなんじゃないのかな? そりゃ不景気ということになりますが、不景気を頭から毛嫌いするのではなく、不景気とはどういうことなのか自分の生活などにあてはめて考えてみてもいいのかな〜なんて思ったりします。

■12月26日(金)
寒くて寒くて、体も寒くてレジも寒い一日でした。

今まで年賀状の宛名を書いていました。半分以上は、この一年間一度も会わなかった方々ですが、書きながら顔を頭に浮かべて話しているように書きました。いつもは、きれいに書こうとばかり思いながら書くのですが、この歳になって心を込めて書くということに目覚めました。
こうして書いていると、いつものように会っている人にも滅多に会わない人にもほんとうにお世話になっているんだなぁと感じます。人間は一人じゃ生きられないと言いますが、僕は平均よりもみなさんに助けられて生きているのだと思います。月並みですが心から感謝します。
いつもいいかげんに生きているように見える(らしい)僕ですが、これでも人の役に立ちたいと常々思っているんですよ。
思うばっかりですが・・・・・・。

■12月25日(木)
来週は来年なんですね。ビックリです。
僕にとっては大変良い一年だったと思います。まだ数日ありますが、僕だけでなく世の中にも悪いことがなく、希望の持てる新年を迎えられるようになって欲しいです。

話は変わります。
石川遼君がプロスポーツ大賞を受賞しました。おめでとう。
しっかりと努力して結果を残した石川遼君には頭が下がります。一方、賞状を渡す側の首相は、しっかりと努力をしたかどうかはわかりませんが、結果はまったく残さなかったことは確かです。受賞のニュースを見ていて、頭を下げるのが逆なんじゃないかと思いました。

■12月24日(水)
ペットを飼っている人は沢山います。飼ってるなんて言うと怒られそうです。飼い主からすると家族なんでしょうね。ですから、当店の隣の東急ストアにも連れてきて、近くにある柱とか手すりとか、自転車に結わえ付けてお買物をします。中には、ご主人が帰ってくるまで鳴き続ける犬なんかがいて、そんな時は飼い主は可愛くてしかたないんでしょうね。
僕は、ペットが好きじゃないと言うより、習慣として飼ったことがないので興味がないんです。そんな僕がこれまでに一度だけ飼ったことがあるのが金魚です。ちゃんと名前も付けて「おじさん」でした。
当時、仕事で出張が多かった僕は、家(会社の寮に住んでいました)をでる時は、金魚鉢にいつもより沢山エサを入れてからでかけました。
帰ってくると、気のせいか「お帰り〜」みたいにこっちを見ているように感じて、ちょっとした癒しになっていたように思い出します。

今日はクリスマスイブ。きっと、ペットにプレゼントをした人もいるんでしょうね。

■12月23日(火)
近所の宅配ピザ屋さんがサンタさんの格好で配達していました。白い髭までつけて。その青年は(サンタさんに変装しているから、簡単に青年とわからないようになっているんですが・・・)サンタさんになっていることを忘れちゃっているのか、いつものように3輪バイクを走らせていました。
きっと、届け先に行ったら「お待たせしました〜」「3500円になりま〜す」とか言ってから「ハイ、お釣りのほうは1500円になりまーす」とか言うんでしょうね。
とってもクリスマスです。

以前のように、子供たちが欲しがるプレゼントが大きな箱に入るようなモノじゃなくなっているから、いかにもプレゼントというモノを持って歩いているお父さんも見かけなくなりました。それに、クリスマスじゃなくても買ってもらえちゃうから、子供たちも欲しいモノもなくなっているのかな?
そのうち商品券とかになっちゃうのかな?

明日とあさってがクリスマス本番です。当店も、2000円くらいまでのモノでしたらかなり良い物が揃いますよ。・・・・・・ちょっとだけ宣伝。

■12月22日(月)
一日でいくつもの季節がやってきた感じでした。上着なんかなくてもいいくらいに暖かいと思ったら、夕方からは冷たい雨。昨日の夜中は台風みたいな風でした。そんなわけで、お店ではサンダルとブーツが売れました。
天気は変わるんですが、日記に書くような変わったことは特になくて・・・。こうして変わったことのないことが、幸せなんでしょうね。そう思っています。

■12月20日(土)
来年度の予算案がまとまりましたね。
88兆5480億円です。
金利が0.1%になったとはいえ、利子だけでも900億円になるんですから凄い金額です。
で、この予算の覚え方をお教えします。
「末広がりでも、雇用はゼロ」
どうですか、覚えやすいでしょ。

■12月19日(金)
急に少し骨のある本を読みたくなりました。
で、わざわざ買いに行くというのもどうかと思ったので、以前少し読んで挫折してしまった「古事記」を読みました。
以前読んだところから読み始めたのですが、すっかり忘れていて実に新鮮でした。特に神様の名前はほとんど忘れていて(今回読んでも、覚えられません)赤い鉛筆で線を引きながら読み進めています。ちょうど大国主命のところまで読んだのですが、物語としては最高に面白くて、誰かに話したくなるほどです。それと、もう一つ、いつも手を合わせている神様のことを知るということは興味以上に、これまでよく知らなかったことを恥ずかしいくも思いました。
今回は、どこまで読めるかわかりませんが、全部読み終わることが出来れば日本書紀も持っているので、ちゃんと読んでみようと思います。

■12月18日(木)
この時期は毎年そうなんですが、夜中まで酔っぱらいが大声を出したり暴れたりで困ります。
まあ、どの街にでもある光景なんですが、僕は迷惑と言うよりも悲しくなるんですよね。将来ある若い人たちが寒空に我を忘れるほど酔っぱらって・・・・。日頃のいやなことを忘れたいのか知りませんが、お酒はそういうふうに飲んじゃいけません。体にも良くないし、家族も心配するし、良いことなんかありません。
僕もお酒は飲みましたので、飲みながら友人と話すのは大好きでしたが、我を忘れたことは一度もありません。
お酒は節度を持って飲みたいものです。

■12月17日(水)

今日は訳あって臨時休業でした。今年最後の休みです。ほとんど外に出ないで体を休めましたから、元気です。
リビングにいて、ずっとテレビを見ていました。新年の福袋ネタが結構ありました。あれってなんなんですかねぇ? 一ヶ月も前から福袋に入れる商品が決まっているって変ですよね。しかも中身がわかる福袋って、お客様には親切ですが福袋じゃないですよね。
しかも、福袋ネタになると必ず出てくるのは銀座のプランタンをはじめとする百貨店です。バイヤーと言われる人がいかにも商品を吟味しているような風景が映りますが、結局「福袋」っていうタイトルのバーゲンセールですよね。
で、福袋前にはクリスマスセール、その前は円高還元セール。ずっとセールですから名前だけが変わるバーゲンセールってことです。
なんか変な気分です。

■12月16日(火)
ニュースを見ていてもあまり良いことのなかった一年のようですが、実は十代の若い人たちの活躍も見逃せません。
浅田真央、石川遼、錦織圭など期待以上の活躍と、それにも増して人々に夢や元気を与えてくれたと思います。
やっぱり人の気持ちを動かせるのは、自らが夢と目標を持って、そのための努力を重ねた人なんです。ニュースからは彼らの華やかな部分ばかりが目立ちますが、本当は心身共にその何万倍もつらい時間を過ごしていたんだろうと思います。こんなことを書いている僕自身も「おまえの夢は何だ?」と聞かれると、即答できないことも恥ずかしいです。

変なことを書きますが、世の中ってみんなが同じには見ていないし・・・・・って言うか、客観的な世の中なんてないんじゃないかと思えるんです。見ている人の世の中が60億の人口の数だけあるんだと思います。見る人が、世の中をどう見るかってことで決まるのなら、できるだけ良い世の中だって見ていたいです。
僕は、そう心がけていたいです。


■12月14日(日)
知らず知らずに手帳がブームになっていたみたいですね。空前の手帳ブームと言ってもいいくらいです。1億冊も売れているらしいです。
人口から考えると一人1冊よりも多い計算になります。もっとも、僕も2冊買いましたが・・・。
2冊買ったので、この12月は今年の分と合わせて3冊分書いています。
1億冊の手帳がどのような使われ方をしているかわかりませんが、僕の場合はスケジュールのほか、日記みたいな使い方や雑記帳としても使っています。
バリバリのビジネスマンの人たちは、惚れ惚れとするような使い方なんでしょうが、どんな使い方にしても一年間使い続ける手帳は、ちょっとした宝物です。

一度バッグを置き忘れた夢を見た時に、一番困ったのが手帳でした。夢なのに・・・・。


■12月13日(土)
今日は忘年会のピークみたいです。当店の向かいがカラオケと居酒屋なので、7時頃から団体さんがぞくぞくと入って行きました。
すでにできあがって、真っ赤な顔をしたお年寄りや、男女比が8:2くらいの体育系がマドンナのそばに座るために入店前から必死に話しかけていたり、PTAらしい奥様方が家では見せないほど笑いながら入って行きます。中には同級生らしい中間管理職くらいの男性達の先頭で「ダッシュ ダッシュ」と口から泡をふいて声をかけている小太りの幹事さん。この手の幹事さんは在学中から真面目で、成績は平均よりちょっとだけ上で、学級委員も一度は経験していることになっています。
まあ、みなさん今日ばかりは世の中のイヤなことを忘れて、楽しく過ごして下さい。


■12月12日(金)
「変」ですか。変化の変。今年の漢字は「変」
いつだって変化しているのに、今年は特に変ですか。そして、これからの激変を覚悟しておけというなのかな? 

話は変わります。って言うか、昨日の続きみたいなコトです。
突然解雇を言い渡される派遣社員はほんとうにお気の毒です。僕は子供たちにも自分自身にも、「人の役に立つように・・・・」と言いきかせています。この度、解雇される派遣社員の中には、努力して真面目に仕事に取り組んでいた人も沢山いると思うんです。正社員よりも貢献している人だって沢山いると思うんですよ。それを派遣社員というだけの分類で解雇されたんじゃ、努力したことはどこで評価されるんでしょうね。解雇された人と、その家族や周辺の人はその企業の商品は買いたくないでしょうね。
なんだか間違っていると思います。

もう一つ。アメリカ自動車会社のビッグ3と言われる会社への融資が上院で否決されました。その理由の一つに、賃金を日本の会社並みに下げたらどうかという提案を労働組合が受け入れなかったというのがあるそうです。会社が大きくなると「賃金は貢献度に支払われる」という基本的なことがわからなくなるのかな?
なんだか間違っていると思います。
なんだか「変」です。


■12月11日(木)
武蔵小山の空は昨日も今日も晴天でした。うっかりすると12月であることを忘れてしまいそうな暖かさです。商売的には、もう少し寒くなってくれた方がありがたいのですが、世の中のことを考えるとそうそう身勝手なことも言えないようです。

まずは、解雇問題です。仕事がなくなるばかりか住むところまでなくなるなんて、想像もしていなかったでしょうね。よりによって年末にこれでは、夢も希望も持てなくなってしまいます。ほんとうにお気の毒です。
そして、内定取り消し問題です。たしかに内定は決定でないので取り消しもあり得ますが、あまりにも一方的すぎるように思います。企業の哲学の問題でしょう。この内定取り消しをした企業を、これから将来にわたって就職する人たちは、決して忘れないことです。
資本主義というのは、人間にとって厳しいシステムなんだということが、実感できる昨今です。


■12月10日(水)
いよいよノーベル賞の表彰式ですね。相変わらず益川さんは報道陣に沢山のネタを提供しています。案外、益川さんが一番緊張しているのかもしれませんね。そして、いつでも冷静沈着に見える小林さん、さすがの貫禄の下村さん。みなさん、決して若くはないのに現地に着いてからもスケジュールで一杯のようで、本当にお疲れでしょうが、幸か不幸かノーベル賞なんて何度もあるわけではないので頑張って欲しいと思います。それにしても、マスコミの人たちももう少し気を遣って休ませてあげればいいのに。

■12月9日(火)
毎月行っている、お墓参りに行ってきました。もう、ずっと続けているのですが、最近になってお墓に手を合わせる時は、以前に比べてお願いすることも、とっても多くなりました。きっとお願いすると言うよりも守らなければならないと実感することが多くなったんだと思います。そうなんです。もともと守らなければいけないことは多かったのに、のんびりしていて自覚がなかったんでしょう。

そして、帰りには必ず玉川高島屋に寄ります。さすがに12月ということで、いつもよりも駐車場が混んでいました。
僕は、これまたいつからか自分の店だけでなく、こうしたショッピングセンターやデパートでも混んでいると、嬉しい気分になるんですよね。やっぱり、活気があるっていいことですよ。
で、これまたいつものように伊東屋に寄ってあれこれと見てから、以前から欲しかったロットリングの0.7mmシャープペン(2100円)を買いました。ついでにシャープペンの芯と合わせて2600円を、メルシー券を使って2000円で買いました。ロットリングのシャープペンはグラフィックデザイナーの佐藤卓さんが使っていたのを真似て使い始めたのですが、とっても書きやすくてちょっとしたデザインを描いたり、アイデアを出したりする時には手放せなくなりました。
今日買った0.7mmを含めて0.5mm・0.35mmの3種類が揃いました。
          
普段は0.5mmを使って、絵を描いたりする時は0.35mm。やたらに書き殴る時には折れにくい0.7mmを使います。すべて2Bの芯が入っています。


■12月7日(日)
今、昼休みです。
福岡マラソンを見ているところです。30年以上前に福岡に住んでおりましたのでコースはすべて知っている景色ですから、ちょっとした地元気分で見ています。今回は日本人最高タイムの選手が世界選手権の代表に内定されるということです。しかもいつものように2時間10分以内とかの制限タイムがないので、せっかくペースメーカーが4人もいるのに、日本人にしてみたらタイムより順位ということで駆け引きの方が優先されるのかな?
まだ始まったばかりですが、どうなるのか楽しみです。
もちろん、いつものようにビデオに撮っています。そして、仕事が終わったらビデオを最初から全部見ます。結果がわかっていても、早回しにしないでちゃんと見るんです。

ところで、世界選手権内定って、まさか内定取り消しみたいなことはないんでしょうね。柔道みたいに、国内で優勝しても代表になれないなんてことがないことを祈りますね。
今、5kmを15分08秒で通過したところです。なつかしい福岡の空は曇りです。


■12月5日(金)
お花畑で仰向けに寝ころんで「ほら、見てごらんよ。吸い込まれそうな青空だよ」とか言ったことは一度もありません。今後もないと思います。
どういうわけか、こうしたシチュエーションが似合うような生き方をしないで今日まできてしまいました。

「美味しかったね。また来ようね」とか「気にいったんなら、また買ってあげるよ。」ぐらいなら、ギリギリあります。
ちょっと、詩などを読んでいたら、とっても感動したのですが、あまりにも僕と感性が違っていたので、こんなことを突然思ってしまいました。
話を変えましょう。
訳あって400日以上も歌をうたっていません。当然、カラオケにも行っていません。家からほとんど出ませんので歌番組は見ているので、歌は沢山聴いていますし、店でもJ−WAVEで聴いています。
最近になって、ちょっと唄ってみたいなぁ〜なんてことを思うようになって、頭の中で選曲したら、なんと歌謡曲ばかりになってしまったんです。
これって、僕だけなのかな? 
僕の勘ですが、もしかしたら今年の紅白は案外視聴率が上がるかも・・・・。


■12月4日(木)
僕はつくずくいい加減な人間だなと思います。
実は、一年近くも肩が痛くて困っていました。四十肩だか、五十肩だか知りませんが、とにかく腕が肩よりも上にあがらなくて、不自由でしたし何より痛みがひどくて・・・・。いつか必ず痛くない日が来ることはわかっていましたが、早く治らないかといつも願っていました。
ところが、いつも願っていたというのはどうやらウソのようです。と、言うのは、気がついたら治っていたんです。今日気がつきました。いつから痛くないのかわからないんです。あれほど望んでいたのに、治ったのが気がつかないなんて、まったくいい加減で罰当たりですね。


■12月3日(水)
たとえば、運動会が終わった後に
「俺、ころんで足をすりむいちゃったよ」
「僕なんか、捻挫して足が腫れてちゃんと歩けないよ」
「みんなはまだましよ。私は骨折っちゃったんだから・・・」
この度の世界金融大混乱は、日本は足をすりむいちゃった人。捻挫したのがヨーロッパ。骨折したのはアメリカと韓国。黙っているからわからないのが、中国とドバイ。そんなことじゃないのかな。
日本は怪我しているんですが、走ろうと思えば走れると思うんですよ。

昨日、仕入に行った取引先はみなさん輸入業者なので喜んでいましたよ。自動車などの輸出業者のことばかり報道して不安をあおるマスコミって、馬鹿みたい。たしか銀座にH&Mが出店した時に、マスコミはユニクロは厳しい厳しいと言っていましたが、ユニクロは過去最高の業績でした。

最近の報道では、当店のような弱小商店はたちどころにつぶれてしまいそうですが、そうはいかないところを見せなくちゃ。って、小さな声で言っています。


■12月2日(火)
仕入に行きました。意外にも・・・・・ほんとうに意外にも混んでいました。このところの“不景気報道”のあおりを受けて、みなさん仕入を控えているのかと思ったら、そんなことありませんでした。
取引先で「11月は前半が良くて後半は悪かったよ」と言うと「それは良い方ですよ。みなさん11月は3割や4割落としたところが多いみたいですよ」という返事。当店は、元々が沢山売れているわけではないのでデータにはならないでしょうが、落とさなかったのはお客様のおかげがほとんどで、それとほんの少しの幸運と、もっと少しの努力かなぁなんて思います。12月も始まったばかりですが、できるだけのことはしたいと思います。
         
毎月読んでいる「PEN」と「ブレーン」にも目を通していますし、それなりの勉強もしています。
そうそう、今日の仕入も満足できる商品を沢山仕入れることができました。ほんの少しですが、春物も仕入れてイイ感じになると思います。


■12月1日(月)
「いらっしゃいませ」が聞こえない。

お客様が入ってこられると、当然「いらっしゃいませ」って言います。でも、ヘッドホンをつけている人には聞こえない。意外と多いんですよ。僕の「いらっしゃいませ」よりも聞きたいことがあるのだからしかたがありません。しかも、ヘッドホンの人はお店の人が見えていないのか、たいていこちらに目を向けません。
ですから、うっかり顔が合おうものならお互いに目のやり場に困って、まるでお見合いをしているようにもじもじとしてしまいます。
で、お見合いの後、用事がある方はおもむろにヘッドホンをはずして10%ほど大きな声で(音を大きくかけている人ほど声が大きくなる)何かたずねたりします。もちろん僕はできるだけニコニコと応対します。お客様に注文をつけるつもりはありませんが、コミュニケーションをとりにくいことは確かです。