2008.10月
2000年 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月

TOPページへ

■10月28日(火)

ちょっと出かけまして、あるところで待合室にいましたら、元巨人軍の柴田選手に会いました。そして、帰りに目黒の駅ビルで名取裕子に会いました。二度あることは三度ある、駅ビルの4階に上がったら名前は忘れちゃったのですがタレントさんにも会いました。
有名人によく会う日でした。

僕にはたまにこんな日があるんです。たとえば本を読んでいて感動したりすると、その翌日に著者に会うなんてことは一度や二度ではありません。
その最たるものは、テレビでキューバ音楽の巨匠ブエナビスタソシアルクラブのコンバイセクンドさんに感動していたら、本人が実際に来店してお買上下さるなんていうウソのようなこともありました。

僕の勝手な考えなんですが、どんなことでも“気にしている”と目の前に現れるんだなぁ〜なんて思うんです。そんなことってありませんか?


■10月27日(月)

今日は決して良い天気ではありませんでしたが、そこそこ晴れていました。ところが、夕方5時くらいになると突然入道雲が発達してきまして・・・・。どうしてこの季節に、この時間に入道雲が?って思ったので、デジカメに撮ったのがこの写真です。
        
街路灯も電気がついています。
で、それから30分ほどしたら雷とともにどしゃ降りです。ビックリしました。これじゃ夏ですよね。やっぱり気象は完全におかしくなっていますね。

ついでに言いますと、当店のお客様はOLの方が多いので夕方から大雨だとまったく売れないんです。恨めしいです。


■10月26日(日)

開店早々に、どこからかガンガンと音が聞こえてきます。50mほど離れたところでどこかの政党のおじさんが大音量で何だかわからないことを叫んでいます。もちろん、誰も聞いていません。
しばらくしたら、今度は店頭で若い夫婦がマラソンの時にサングラスをかけるべきかどうか言い争っています。
人には、言いたいことがいろいろあるんだなぁ〜って思いました。

僕もこうして日記を書いていますが、これは言いたいことがあるとかいう主張みたいなことはなくて、ただ何となく書いているわけで・・・・。
ただ、ときどきズル休みをすると「どうしたの?」みたいに、心配して下さるメールをいただくので、「達者ですよ〜」ということも兼ねて書いています。


■10月25日(土)

一日中曇っていましたが、時たま雲の裏側に太陽のシルエットだけが覗いていました。
いつもはまぶしくて見ることのない太陽ですが、よく見ると案外小さいんですね。季節とか時間とかがあるんでしょうが、今日見た太陽は月と同じくらいの大きさでした。  このように「案外○○でした」っていうの、みなさんにもありませんか?あくまでも僕の印象ですが・・・・。
「小沢民主党代表って、案外背が高いんですね」
「雪男の足って、案外小さいんですね」
「パフィーって、案外歌が上手いんですね」

泰葉は、思った通り馬鹿ですが。


■10月24日(金)

来月の14日から3日間は、商店街のワゴンセールです。
このワゴンセールっていうイベントは、いろいろと説明しなくてもだいたいのことはわかるので実にシンプルです。
ワゴンで売られるモノが安かったり面白かったり珍しかったりすれば、それで成功します。そうでなければ失敗します。
お客様はどこに行こうが自由だし、当然ワゴンセールに来たくなければ来ないわけで・・・・。だから、前回のワゴンセールがどうだったかということが結構重要ということになります。今年は、どうなるのかなぁ〜?

僕は時々思うんですが、お台場とかでやるイベントは、ちゃんとしたイベント会社が企画して、タレントとかも使ってマスコミでもバンバン宣伝して「準備100点満点」でやりますよね。いわゆる完璧ってやつです。
でもね、タレントさんなんかで人気があるのって、完璧な人よりも「ちょっとズレてる」人なんですよ。
今度のワゴンセールが、その人気タレントのようだとは言いませんが、完璧じゃないことでも、好意的に見て下されば少しは面白さはあると思います。


■10月23日(木)

ポールポッツって知ってますか?
イギリスの素人タレント発掘番組に出た“さえないおじさん”がオペラを歌って、あれよあれよという間にチャンピオンになった人と言えばわかるかな?
今は龍角散のCMにも出ていますね。
このポールポッツさんにはまっています。毎日、ユーチューブで何度も見ています。男性にシンデレラストーリーっていうのがあてはまるかどうかわかりませんが、まさに地でいっています。声のすばらしさももちろんですが、この人のことを見ていると、こんな言葉を思い出します。
「止まっている時計は、一日に二度合う。」
この言葉は、ただ止まっていろというんじゃなくて、一つのことをやり続けるっていうことなんですよ。続けていると、いつか必ず世間様が認めてくれるんです。

僕なんかは、時代にバタバタと振り回されて、いつでも10分遅れだから、永遠に合わないんですね。
ポールポッツさんを見ていると、つくづく感じます。


■10月22日(水)

何と言ったらいいんでしょうか?近所の洋服屋の奥さんは「こんなに暖かくちゃ、コートも何にも売れないわ。」ってこぼしています。
当店は、用意しておいたブーツがほとんど売り切れになっています。今日は、春物の新製品を選んでいました。
たしかに暖かいとは思いますが、ブーツ(全部ボア付き)は売り切れで、コートは売れない。どういうことなんでしょうか?
しかも、株価は上下しながら下がっていって、政治に期待はしてなくて、マスコミは“不景気、不景気”って言います。
でもね、働いても働いてもどうにもならないっていうほどじゃないんです。もちろん、やり方を間違っていればダメですけど・・・・。


■10月21日(火)

定休日だったので家内と街歩きをしました。以前から、しばらく行ってなかった代官山に電車で行きました。代官山アドレスを中心に半径300mくらいを歩きましたが、驚いたのは前は雑貨屋だったところがことごとく飲食店や洋服屋になっていたことです。昔からある、いわゆる老舗は変わっていませんでしたが、時勢に乗った感じのお店はみんな変わっていました。 ちょっとガッカリでした。
そんな中、老舗中の老舗「ハリウッドランチマーケット」は元気で、品揃えも良かったし、いつもながら“えっ?”って思えるほど店員さんが礼儀正しくて、とっても気分良く見させてもらいました。
ランチは中目黒に出てみようということで行ったのはいいのですが、あの街は素人が楽しむのは難しいのかもしれません。きっと穴場があるのでしょうが、普通に歩いたのではわかりませんでした。
ただ、目黒川沿いは、いかにもドラマの舞台に最適なロケーションで、臭いの伝わらないドラマにはとっても良いと思いました。

一方、当店のある武蔵小山はパルムという超大型のアーケードに頼ることが多く、まるでアリ地獄のようにパルムに集中します。
ちょっと、責任を感じます。明日は、お店を念入りに整えようと思います。


■10月20日(月)

3歳くらいのお子さんを連れたお母さんが、赤ちゃんをバギーに乗せたお母さんと立ち話をしていました。話が終わってこちらに歩いてくる時に、そのお子さんが大きな声でお母さんに言いました。
「赤ちゃんを見たら『わ〜かわいい』って言うんだよね!」
お母さんは、とっても恥ずかしそうでした。
子どもは正直です。“まわりの目”っていうのもありますが、子どものうちからそんなことを気にするよりも、正直な方がずっといいです。
僕だって子どもの時はとっても素直で正直で、人見知りで口べたで、赤面恐怖症で・・・・・ついでにやせていました。
大人になると変わるんですねぇ。


■10月19日(日)

近頃は、わからない言葉を使う人たちが増えまして・・・。いえ、外国の人じゃないですよ。
二十歳前後の女性二人が来店されました。一人が、商品を3点手に持ってどれにしようか迷っています。もしかしたら泊まっていかれるのかなと思うほど迷っています。連れの女性は、はじめは自分も興味のある商品を見ていたのですが、あまりに時間がかかるので、とうとう言いました。
「パケっちゃったら。」

どうやら、携帯のパケットからきているみたいで、まとめて買ったら?みたいなことのようです。
次から次へと新語ができるので、覚えるのが大変です。


■10月18日(土)

どの街にでも目印になるお店ってありますね。マクドナルドや吉野屋みたいなチェーン店もそうですね。たとえば渋谷のセンター街だと「駅を降りたらスクランブル交差点のところにスターバックスが見えるから、それが入口だよ」みたいに言います。
武蔵小山でもそうした目印はあります。もちろんマックやドトールもありますが、東急ストアもその一つです。当店は、「東急ストアの隣」で、簡単に道案内ができます。・・・・・・・・以前は。
ところが、数年前に東急ストアがもう一店増えまして・・・。当店の隣が「東急ストア武蔵小山店」後からできたのが「東急ストアパルム武蔵小山店」です。
A店B店みたいにしてくれれば良かったのですが、名前が似ているために目的地にたどりつけない人が沢山います。
店頭に立っていると、よく道を聞かれるのですが、その半分以上が東急ストアがらみです。
ふつう、一つの街に同じスーパーは2店出さないでしょう。


■10月16日(木)

新しい街路灯の設置が始まりました。10日ほど遅れていたので気になっていましたが、どうやら無事にできそうです。
           
数日中に灯りもつくのだと思います。
この街路灯は一番通りのシンボルのようなものですから、シンボルが新しくなって僕たちの店も気分一新で頑張らなくちゃって思います。


■10月15日(水)

半袖のTシャツの人もいれば革ジャンの人もいて、サンダルの人もいればムートンのブーツの人もいる。そんな日でした。僕も、足下にストーブを使い、それを消してエアコンをつけるという一日でした。店頭に立っていると「秋らしくなりましたね」という人と「いつまでも暖かいわね」という人がいました。
僕としては、夜寝る時にとっても気持ちよいので、良い季候ということになります。


■10月14日(火)

お墓参りの帰りに玉川高島屋に寄りました。お昼ご飯を食べた後に、母と家内とは別行動をとって、僕はあちこちの店を見て回りました。どの店もきれいで魅力的で、わくわくしながら見ました。伊東屋ではラミーのボールペンのリフィルを買ってから、30分ほどかけて店内をくまなく見させてもらいました。で、母と家内と待ち合わせをしておいた地下の食料品売場に行ったのですが、もうおせち料理の予約コーナーができていて、びっくりしました。きれいに詰められたお料理はとってもきれいで、材料も良い物を使っているんでしょうが・・・・高い!! “おせち”という冠がついていなければ、まず買わないでしょうね。 たまたま今日は、株価が1171円も上がって景気をつけてくれましたが・・・・。僕は買わないですね。って言うか、買えないです。

■10月13日(月)

当店の隣が東急ストアです。で、ちょうど当店の前あたりで「万引き」の人が捕まるんです。今日も、おじいさんが捕まっていました。見かけよりも随分とエネルギッシュに抵抗していました。
小さなバッグだけしか持っていなかったので、そんなに沢山万引きしたとは思えませんが、少なくても罪は罪。きっと出来心というやつなんでしょうが、警察も奥さんらしい人も来てしまって、この後がもめるんでしょう。
可愛そうですが、きちんと話し合って解決しなくちゃいけませんね。そうなんですよ。ほんとうにちょっとした出来心でも、その後にすごくたいへんなことが待っていることを忘れてはいけません。

■10月12日(日)

柄にもないことを書きます。
僕は毎朝晩、神仏にお祈りをします。お願い事もしますし、お礼もします。で、最近になってお願いと言うよりも「宣言」みたいなことをしています。
それは、子供たちだけでなく僕自身も、「もっと人に対して思いやりをもって接することが出来ますように」ということです。今までも、まったくなかったわけではないのですが、最近になって「全然足りないな」って思うようになりました。少なくとも、みんなの僕に対する思いやりは、僕のよりずっと沢山で・・・。
やっと気づいたものですから宣言ということになりました。人と直接向き合う時だけでなく、お店でPOPを書いたり商品を並べたりするときにも思いやりが足りなかったなぁ〜って思います。
で、すごく気をつけているんです。
そうなんです。「思いやり初心者」の僕は、今のところ気をつけないと忘れちゃうので、手のひらにマジックで書いておかないといけないくらいです。
腕立てとかだと、続けるのが苦しくなっちゃうんですが、良いことは苦しくないですね。試した訳じゃありませんが、きっと良いことは疲れないようになっているんじゃないかな? いくつか思い当たることがあります。どうでしょうか?


■10月11日(土)

晴れて曇って雨が降る。無風、南風、北風。一日で全部の天候を披露したような日でした。お店の方も、雨よけのテントを出して、引っ込めて、日除けとしてテントを出して引っ込めて。しまいには商品が飛ばないように押さえて、店内に移動させて・・・・。そういう意味で忙しい一日でした。
よく山の天気は変わりやすいと言いますがこんな感じなのかな? 僕は、山よりも海派なので、天気が変わるような山に登ったことがありません。少し高い山に登って、今日のように急に暗くなって雨が降ってきたら不安になるでしょうね。僕のような臆病者は「早く帰ろう〜よ〜」ってなっちゃうでしょう。
ただ、こんな天気みたいな人は知っていますよ・・・・・・。

昔の僕です。
まわりの人たちには、ほんとうに迷惑をかけたと思っています。中には「昔じゃなくて、今もだろ〜!」って言う人がいるらしいですが・・・。


■10月10日(金)

今日もまた円高が進み、株価は最安値を更新しました。
当店では、昨日の日記に書いたとおりのことがおきました。と、言うのは、発注しておいた商品が入荷したのですが、単価280円で発注しておいたのに、円高のために250円で入荷です。もちろん、当店でもその分安く販売しますので、お客様にとっても良いことになります。
このようにすれば、僕たち一般庶民にとっても円高の恩恵があるわけです。この一年間さんざん騒いだ輸入品の値上げだって、円高の分安くすればいいのに、多くの業者は値上げの時のように速やかに値下げしないんですよ。これは金融危機とは違って、人間性の問題なんです。
大豆や小麦の輸入業者さん、さあ、どうするのかな?


■10月9日(木)

円高・・・と言うより、ドル安が進んで、各メディアは学者さんのコメントを求めています。で、どのコメンテーターも、まるで吉本の芸人のように素人と変わらないコメントを長々と言っていますが、解決策はゼロ。
この度の、アメリカ発の金融危機で一番喜んでいるのはコメンテーターですね。コメントバブルです。
それと、当店の取引先は輸入業者が多いので、円高になると輸入価格が下がるので、やりようによってはチャンスなんじゃないかな?
もちろん、マスコミにあおられて不景気気分がまん延すれば困るでしょうが、メディアがいつものように脳天気な番組だけやっていれば大丈夫だと思いますよ。どんなことでも、過剰反応が一番いけないんです。
どんな時代でも、勤勉に働くことが一番です。為替がどうとか、円高がどうとか言う前に、だまって真面目にやっていれば大丈夫だと思うんです。


■10月8日(水)
ずっと昔のことです。パリの街を一人で歩いていて疲れちゃったのでベンチで休んでいたら、やはり一人で歩いていた日本人に声をかけられました。10分ほど話しただけですっかり意気投合して、半日ほどあっちこっち一緒に歩き、食事をしてから別れました。外国で会う日本人は、とても他人とは思えなかったことを思い出します。
それと、やはり昔のことですが、新幹線の浜松駅のホームで当店の袋を持っている人を見かけた時も、とても他人とは思えませんでした。

そして、昨日今日と日本人が4人もノーベル賞を受賞しました。やはり他人とは思えない喜びです。暗いことばかりの日本で、なんと嬉しいことでしょう。みなさん、一朝一夕で成し遂げたことでないことは容易に想像できます。こうして、努力は必ず報われるのだということを、もっともっと報道して欲しいです。
お馬鹿キャラも結構だけど、天才の話もいいです。

ただ、ちょっと俗っぽいことを言いますが、こうした業績を残した方々がお城のような家に住んでいないのが気になります。だって、これからもどんどんこうした天才が育つには、それなりの夢もあった方がいいのかな?なんて・・・・。


■10月7日(火)
定休日だったのでお墓参りに行った後、渋谷に寄りました。久しぶりに行った渋谷は“大人”が多くなっていて驚きました。僕の場合は、完全に大人に分類されるわけで、とっても居心地が良く、買い物にも熱が入りました。
お世話になっている方のプレゼントを買うことが目的だったんですが、ロフトで丁度良いモノが見つかり、しかも“ほぼ日手帳”のコーナーもあったので一緒に買いました。
このところ、年を追うごとに手帳に対する関心が増しているようで、手帳に関した本も沢山出版されています。それに比例してロフトの手帳コーナーも年々大きくなって、今や伊東屋に匹敵するほどです。とっても良いことです。


ところで僕が出かけている頃、皇居のお堀で泳いでいた馬鹿なスペイン人がいたようですが、どこかに障害があるなら治してあげないと可愛そうです。
■10月6日(月)
スターバックスだからスタバ。八百屋の長兵衛だから八百長。短くしちゃうのは、今も昔も変わりません。しかも、八百長の場合は意味までくっついちゃう。
そうです。例の相撲の騒動です。証拠を出せとか堅いことを言わなければ、八百長はあるでしょ。僕のまわりでは当たり前のことですが・・・・。それでも、裁判となるとややこしいことになるんでしょうね。これで証拠でも出てきたら、偽証罪だらけになりますね。

このように、証拠はないけどみんながそうだと思っていることってけっこう沢山あります。業者からお金を貰っているお役所の人。歳をごまかしているアイドル。口パクの歌手。カツラの役者。
でも、裁判までいくのって滅多にないですよね。そうですよね、訴える側が偽証になっちゃいますから・・・・。その点で、相撲協会の方々も、もう少し分別をもった方が・・・・・・。いけないいけない、まだ証拠がないんだった。

■10月5日(日)
日曜日としては9週連続の雨です。天に小言を言うわけにいかないので、せめて日曜だけは避けていただけないものかと、お願いしたいところです。

話は変わります。
その昔・・・・・・そうですねぇ、鎌倉時代くらいかな? 人々は極楽浄土を夢見ていたわけです。僕なんかも、なんとなく極楽浄土というのは、大変良いところなのだろうという程度に感じていました。きっと、当時の人は、その時点で夢のようなことが叶うところが極楽浄土のイメージだったのでしょう。好きなモノを好きなだけ食べられるとか、病気が治っちゃうとか、きれいな家に住めるとか・・・・・。
どうなんでしょう? 今は、これらはほとんどの人が叶っちゃっているんじゃないのかな?(鎌倉時代のレベルなら) おまけに、テレビや自動車やエアコンや鎌倉時代では“極楽以上”の生活をしているわけです。
ですから、ほんとうはもっと“ありがたい”と思わなくちゃいけないんですよね。
今日の天気なんかは、どおってことなくて、政治がどうのとかテレビがどうのとか、色の安全がどうのとか言うよりも先に、今の時代をありがたがらないといけないんです。 文句を言うのは、その後の方がいろいろがうまくいくように感じるようになりました。


■10月4日(土)

突然のズル休みでした。何人もの方から「具合が悪いんじゃないか」といった内容のメールをいただき、大変申し訳なく思っております。
若干、調子が悪かったことはありますが、お店にも出ていたし普段通り生活していました。
もともと、几帳面な性格でもないし、だいいちこれまでこの日記が続いてきたことの方が異例ということです。
今後も、こんな感じでゆる〜く続けて行きます。

話は変わります。
今日は10月4日なので「いわしの日」なのだそうです。鰯は脳の活性化に良くて、しかも中性脂肪にも良いそうで、僕のために泳いでいてくれたようなものです。以前はよく食べたのですが、最近はすっかり忘れていました。早速、家内に買いに行ってもらおうと思います。バナナのように売り切れてはいないでしょうから・・・・。

      
写真を失敗した訳じゃないんですよ。これ、今の一番通りです。街路灯をリニューアルするために、これまでのを全部撤去したから田舎の商店街みたいになっています。
みんな「暗い暗い」とブーブー言っていますが、僕はまんざらイヤでもないんです。もちろん、お客様の安全を考えると明るい方がイイに決まっていますが、たまに暗くなるとお店の違う顔が見られてイイと思うんです。ディスプレイとかも気になって、チェックしているんですよ。
この景色も、一週間程度のことですから、僕なりに満喫しようと思っています。
こんな本を読んでます
    
     「成功の実現」
これも中村天風の本です。「盛大な人生」と同じく、勉強になります。400ページ以上の厚い本ですが、これも一日か二日で読み終わりそうです。
    
       「盛大な人生」
凄いタイトルでしょ。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、中村天風(てんぷう)という方の講演をまとめたものです。1876年に生まれた方で、各界の著名人が師と仰いだ方です。この本は、16年前に一度読んで、とっても救われました。今の僕の人格は、この本がなかったら30点は減点されると思います。1万円なので気軽に買える本ではありませんが、読み終わると10万円でもきっと買うだろうと思えます。今、読み返したい心境なので、本棚から引っ張り出しました。