2008.9月
2000年 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月

TOPページへ

■9月25日(木)

向かいの花屋さんでススキを売っていました。
        
この時期にはピッタリです。子どもの頃には、あっちこっちにうるさいほど生えていたススキがこうして売られていると妙な気分になります。1260円でした。
どんなものでも商品になるんですね。
それにしても、けっこう背丈が高いので、家のどこに飾るんだろう?なんて余計な心配までしてしまいました。

■9月24日(水)

たまに行く中華屋で、最近はまっているのが「三枚肉ラーメン」です。名前の通り、豚の三枚肉が乗っているラーメンです。僕は、この手の料理が好きで、もちろん角煮も大好きです。
以前は、こうした脂身の多い肉は女性から敬遠されていたと思うんですが、数年前から「コラーゲン」という言葉が市民権を得て、女性も沢山食べるようになりました。
太ることに変わりはないと思うんですが、この時ばかりはお肌に良いコラーゲンだから、太ることは気にしないということなんでしょう。って言うか、美味しいですもんね。

バブルの頃、オヤジギャルっていうのがあって、若い女性が立ち飲みのお店や、ガード下でわいわいやっていました。ほんとうは、気取らずに安く飲みたかったんですよね。

こうして、ちょっとしたことで女性が本当は食べたかったり、行きたかったりしていたのにできなかったことができるようになるんです。

次は、どういうことが来るのかな?
お化粧かな? 

■9月22日(月)

出かけたいと思ったら、出かけた方がよいと思います。
出かけられる時には、出かけなくちゃいけません。
出かけられない時もあるんですから、出かけられる時には、出かけたいと思わなくても、出かけるようにした方がよいと思います。

最近は、特に感じています。
出かけるだけじゃないですよ。本を読みたいと思ったら、読む。勉強したいと思ったら、勉強する。遊びだってそうです。
結局は、どんなことでも、出来る時には躊躇なくやる。
その方が、身になるんだと思うんです。

学生の時は、いやいや勉強したし、文句たらたらでランニングもしましたし・・・・遊びだけは自主的にやりましたが・・・・。

今日は、臨時休業(明日は定休日ですが、臨時営業)だったので、出かけました。
で、出かけた先で新規取引に成功しました。
今日出かけなかったら、この取引はいつになったのかわかりません。

■9月21日(日)

雨が降ってきまして。だんだんと強く降ってきまして、「せっかくの日曜になんだよぉ〜」って店頭に出て空を見上げました。
雨のスタートがどこか分かりませんが、次から次へと落ちてくる雨をじっと見ていました。(暇だね〜)そうしたら、雨の方が落ちてきているのに、僕の方が上に進んでいくような錯覚に陥りました。ちょうど、電車に乗って窓の外の景色が流れるのを見て、景色の方が動いているように感じるのと同じです。
そう言えば、子どもの頃、夕立が降ると濡れることなんか気にしないで空を見ていると、自分が飛んでいくように感じたことを思い出しました。
ちょっとだけ、老荘思想とか禅とかに触れたみたいで・・・・。

そんな大げさなことじゃないか? ただ、子どもっぽかっただけですよね。

■9月20日(土)

隣が東急ストアです。ペットの犬を連れてきた人は、中に入れないので店頭の適当なところにつないでお買物をするわけです。
で、ですね。つないである犬で、白い犬がいるとしゃべるんじゃないかと思っちゃうんです。
飼い主を呼ぶ「わん、わん」が「遅いぞ」「いつまで待たせるんだ」って聞こえちゃうんです。
コマーシャルの力ですね。ある意味、洗脳に近いですね。
洗脳と言えば、一時は夜中に並んでまでてに入れようとしていたiphoneが伸び悩んでいるみたいですね。
そういえば、僕のまわりで持っている人を見たことがありません。何が良くてみんなが欲しがったんだっけ?

■9月19日(金)

テレビの旅番組やグルメ番組で“老舗”といわれるお店がでてきますね。その際に、お店の人が言うのは「材料にはこだわっています」「素材が命です」みたいなことです。
僕は、いつも感心して見ていました。見習わなくちゃ、って思ってもいました。
それが、この度の毒米の件で公表された仕入れ先企業に沢山の老舗の名がありました。
店主は揃って「だまされた。裏切られた。憤りを感じます。」って言っています。たしかに騙されたことは本当でしょうし、お気の毒です。
でも、老舗が騙されちゃっていいのかな?
こだわりって、その程度なのかな?
材料の産地まで堂々と言っている老舗が、やたらと安い米を仕入れて、おまけにカビにも気がつかなかったってことでしょ。
どうなのかな????
「国に補償しろ」みたいなことを言っている老舗もありましたが・・・・・。授業料と考えた方がいいように思うんですが・・・。対岸の火事でしょうか?

■9月18日(木)

僕は2005年から「ほぼ日手帳」を愛用しています。昨年までは、その他に数冊の手帳を併用していましたが、今年は「ほぼ日手帳」に一本化しました。プライベートも仕事もこの一冊に全て書いています。ですから、なくすと大変なことになります。スケジュールだけはケータイに入っているので他人に迷惑がかかることはありませんが、日々思ったことや感じたことも書いているので、なくなると本当に困ります。
こうした僕のような人が、今や25万人もいるようです。25万冊も売れる手帳ってこれまでにあったのかな?
僕のように、他のメーカーから乗り換えた人ももちろんいますでしょうが、手帳なんか持ったことがない人も沢山いるようです。
それと、「ほぼ日手帳」になってから、手帳に対する考え方が変わったり、書き方が変わったりした人が凄く多いというのも特長です。
そして、驚きなのが、愛用者がこの「ほぼ日手帳」を応援したり、暖かく見守ったりしていることです。誰にも頼まれないのに、商品を応援するというのは、過去にあったのかなぁ?

これも、商品だけでなく“売り方”“作り方”の巧みさでしょうか。
「買って下さい」「安いですよ〜!」って言わないで「こんな風に作ってみました。どうでしょうか?」みたいな売り方は、これからの商売の大ヒントになります。

「ほぼ日手帳」2009年版は10月頃に手元に届くと思いますが、またこのネタで書いちゃうかもしれません。

■9月15日(月)

本を読んでいたら、「自分が変わらずに、世の中に変わって欲しいと求めてもだめ」ということが書いてありました。著者は、僕のことを知っていたんじゃないかと思えるほど、ドンピシャで、ビックリするやら恥ずかしいやら、顔を赤らめてしまいました。どこで、顔を赤らめたかというと、寝ながら読んでいたのでベッドの上です。ちょうど、赤ちゃんがうんこをしたいときと同じようになっていたということです。

たしかに、このところ各方面のいやらしい話ばかりで、うんざりしていましたが、僕が嘆いているだけでは何も変わらないんですね。
僕は、これまで「悪いこと」というのをほとんどしたことがありません。“ほとんど”というのは、僕の気づかないところでやってしまっているかもしれないので、遠慮がちに書いただけです。
ただ、良いことも、ハ〜イって手を挙げるほどのこともしていません。これまでに一つか二つ良いことをしていれば、審査員に推薦されていたかもしれないのに惜しいことをしました。

だから、“今日から自分は変わるんだ”というほど軽く言えないけど、変わりたい気持ちもあるので、「変わらなくちゃ。ということを気にしながら」生きようと思うわけです。

どうも、出だしの勢いがなくなっているような気がするんですが・・・・僕っていつもこうです。だから、座右の銘は「初心忘るべからず」です。

■9月14日(日)

例えばこんなことです。
国民が、とってもきれいに作った花壇に土足で入り込んで、花は折るは、蹴散らすは、ぐちゃぐちゃにした本人達がこんなことを言っています。
「みなさん!!こんなきたない花壇でいいんですか?もっときれいにしましょう!!」
これが、総裁選です。
よくもまあ、ぬけぬけと言えるもんですよ。馬鹿じゃないの。

■9月12日(金)

大麻をやって相撲をクビになったロシアのお相撲さんが裁判を起こしましたね。「警察が許したんだから相撲協会も許していいんじゃないか、処分が重すぎる。」との論理性に欠けることを言い始めました。
これって、もしかしたらロシアではこんな調子なのかな?
普通はダメでしょ。

ただ、毒米を流通させた共犯者とも言える農水相の奴が、罪にならないとしたら・・・・・・。たしかに相撲協会の処分は重すぎですね。
両方ともクビでしょ。
相撲協会も、そうとうにダメかと思っていたけど、農水相よりはまともなのかな?

■9月11日(木)

スイスで世界最大の素粒子加速実験装置が運転を始めたそうです。円周27kmのトンネルの中で光速に加速した陽子を衝突させようという実験です。それによって、宇宙の始まり直後の様子がわかるらしいです。
もちろん僕にその手の専門知識があるわけではないのですが、ちょっとしたことを思い出しました。

小学生の時に、自分の目で自分の背中を見るにはどうしたらよいか考えていて、思いついたのが巨大なレコード盤でした。
アメリカの砂漠あたりに、日本くらいの大きさのレコード盤を作って、その溝の上を乗り物に乗って光速よりも速くクルクルと回れば、自分の背中が見られるんじゃないかと思って図まで書きました。
動力は磁石です。N極とN極の反発で動かして、動いたらS極が引き寄せてを繰り返すというものでした。
今思えばリニアモーターカーみたいなことです。
それを話すと、みんなから笑われました。
摩擦とか遠心力をまったく考えていませんでしたから・・・。
僕はいつもこうなんです。
その点で、58歳になっても少しも変わっていません。

■9月10日(水)

当商店街に限らず、全国の商店街には「後継者不足」という問題が絶えません。
子どもの目から見て、親の仕事に魅力を感じないんでしょう。
その点で、政治は魅力的なんでしょうね。後継者不足どころか“後継者だらけ”
それと、芸能界も。

今回の総裁選には有名人の孫が二人もいますね。事実上二人の決戦になるのかな?
せっかくだから、もう一人の孫「DAIGO」も入れて巴戦っていうのも面白いんじゃないかな?

■9月9日(火)

1994年11月でした。それまでの街路灯が古くなったので、新しく作り直そうということで、プロジェクトができたのが、その半年前。
どうせ作るなら、デザインから何から何まで自分たちの手で作ろうじゃないかと、ない知恵を絞ってわいわいやりながらユニークな街路灯を作りました。
あれから14年。その街路灯も古くなって、この度作り替えることになりました。完成は10月です。
そんなわけで、取り壊しが始まりました。
街路灯も古くなったのですから、僕も14年の歳を重ねました。
僕は、街路灯のように作り替えるということはできないので、気分をリニューアルしようと思っているところです。
        
ちょっと淋しい気がします。街路灯が壊されることじゃなくて、みんながあのころのようじゃないことが・・・・です。

■9月8日(月)

そう言えば、昨日の雷雨で困ったのは八幡様に出ていた夜店の人たちもひどい目にあったんですよね。
僕も、子どもの頃の楽しみは、昼間は御神輿で夜は八幡様に出かけていって、お小遣いで夜店の焼きそばとかを食べることでした。
今でも子供たちが「お祭りに行って来る」というのは、イコール夜店です。

僕は、子どもの頃、夜店のソースせんべいが大好きで、ルーレットみたいなクジを回して枚数が決まるとソースを塗ってもらったせんべいを大事に食べたものです。
で、少し大人になってから、夢だったソースせんべいを1パック(100枚くらい)買ってきて、家でとんかつソースをたっぷり塗って食べたことがあるんです。
少しも美味しくなかったなぁ〜。
僕は思うんですが、「美味しい」って味だけじゃないんです。「美味しいと思う状況」なんですね。
初めてのデートで食べたハンバーグは、どんな有名店で食べるハンバーグよりもずっと美味しかった。


■9月7日(日)

突然の雷雨で、せっかくのお祭り、特に御輿の連合渡御が中止になってしまいました。見る僕たちも、担ぎ手のみなさんもがっかりでした。誰が悪いわけではないのに、あまりの悔しさに誰かを犯人に仕立て上げたくなります。
たとえば、相撲協会のせいだ!!とか、自民党のわけのわからない総裁候補が多すぎるからだ!!とか、毒米を売ってもたいした罪にならない!!とか・・・・・
みなさんもそう思いませんか?
「わたしはそんなこと思わないんですよ。あなたとは違うんです!!」って言われそうですね。

■9月5日(金)

お祭りです。お飾りもつきまして、いよいよお祭りです。
      
僕はお店をやっているので、御神輿を担いだりしませんが、気持ちだけはお祭りモードなんです。
毎年、9月の第一土日がお祭りです。
この時期になると思い出すのが小学生の頃です。夏休みの宿題なんか夏休み中にはやっていなかったので、9月に入っても家であわててやっていました。ところが、お祭りで宿題なんか忘れて遊んじゃうもんですから、お祭りが終わった日曜の夜は観念するんです。明日の朝、先生に怒られる自分の姿が頭に浮かんで、ふるえながら寝たものです。

■9月4日(木)

年に2回のギフトショーに行って来ました。ビッグサイトでやるんですが、広い会場に4000ものブースがあって、のんびり見ていたら1ヶ月もかかるんじゃないかと思えるほどです。
僕の場合は、不思議なことに動物的なカンが働くのか、何かに引きつけられるままに歩いていくと・・・・あるんです。僕の探している商品を扱っているブースがあるんです。
今回も、3社と新規取引をしました。
それと、デザインに特化したコーナーでは、取引こそしませんでしたが食い入るように見させてもらって、とっても勉強になりました。
       
そして、とっても疲れました。

■9月3日(水)

ソフトボール金メダルの上野選手が、甘いモノは好きじゃないけどチョコボールは好きということを聞いたので、つい買いに行ってしまいました。♪クエッ クエッ クエッ チョコボ〜ル♪のCMでよく知っていたのですが、いつの間にか種類が多くなっていてビックリしました。
あいにく、上野選手が好きなピーナッツが入っているのがなかったので、これを買ってきました。
        
安いのに、美味しかったですよ。
この、チョコボールのようにタレントさんとか話題の人が推薦すると爆発的に売れることってありますよね。

■9月2日(火)

福田首相が突然の辞任で・・・・。
だからといって、何も変わらないんですが、一つ変わったのがテレビ番組で、ビデオ予約をしていた番組の時間がずれてしまい、実に迷惑です。
NHKのトップランナーに「しりあがり寿」さんが出るというので予約していたのに20分もずれこんでしまい、ちゃんと取れませんでした。
首相が辞めるということは、僕にとってはビデオ予約がうまくいかないということです。
陽水の「傘がない」の意味がよくわかります。

話は変わります。
毎年この時期になると注文するのが「ほぼ日手帳」です。今年で5年目になります。僕にとっては、今のところ一番使いやすいので、この手帳に決めています。これまでは一日1ページの文庫本サイズだけだったのですが、2009年版は新しくA5版が出ることになり早速これを注文しました。手元に来るのは1ヶ月後なんですが、今から書きうつすことをまとめるのが、また楽しいんですね。

■9月1日(月)


天にしてみりゃ、人間が勝手に決めた暦なんか「知るか!」ということなんですが・・・・。
昨日が8月で今日が9月なんてことはどうでも良いわけです。
それでも、昔から秋の空は高いということになっていて、今日はちゃんと高い青空です。
9月の初日に晴れてくれて、サンキューありがとねぇ〜。
ですから、僕もお礼と言っちゃ何ですが、秋なのでいつもより余計に読書しようと思うわけです。
こんな本を読んでます
     
  ほぼ日手帳公式ガイドブック
人の手帳の中を覗くのって興味があります。個性が出て面白いんです。とにかく何度見てもあきないし、参考になるところは真似をします。
     
       デザインの原形
日用品からインテリアまで、シンプルなデザインの写真と簡単な解説が書いてあるだけの本ですが、僕にとっては夏目漱石よりも面白いんです。勉強とか言えばかっこいいんですが、ただ面白いんです。
     
各界の有名人のコトバを集めた本です。尊敬する人も、そうでもない人も入っていますが、書いてあることは正しいと思います。寝る前に一日一人分を読んでいます。朝までにほとんど忘れてしまうんですが、忘れなかったモノが僕の生き方に影響するということです。
     
 12人のデザイン創造プロセス
タイトルのまんまの内容です。読み物としても、見るだけでも楽しい一冊です。