2008.8月
2000年 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
 これと言って特長のないHPなので・・・、と思って書き始めた日記ですが、近ごろでは、この日記が私の生活の節目になりました。
定期的に読んでいただいている方には、私の毎日が手に取る様に?おわかりになるのではないでしょうか。

pun
長女が、小学4年生の時に創ったキャラクター「プン」です。いろいろな脇役なんかもあって、面白いです。
お暇な時に画像をクリックして下さい。子供の発想って大人ではとても思いつかないと言うか、忘れてしまったというのか・・・・。
これが私です。
この日記をスタートした頃に家内が吹きだしながら描きました。でも、私はあの頃は82kgありましたが、
あまりにも呼吸が苦しくなったのでダイエットしました。で、今は70kgを行ったり来たりです。
TOPページへ

■8月31日(日)

あれっ?あれあれあれ?
っていう感じでした。8月後半がこんなになるって誰が予想したでしょう?
当店の売り上げにも大きく影響が出ましたし、体調も狂いました。ビール会社やアイスクリームの会社や海の家なんかも狂ったんじゃないかな?
58年生きていますが、こんな夏は初めて経験しました。異常気象というのは30年間で初めてというのを言うそうですが、W異常気象ということですね。
当店は、8月が決算なので、明日からは新しい期に入ります。
気持ちを入れ替えて頑張ろうと思います。

■8月30日(土)

今日もまた雨。
先輩が寄ってくれました。先輩というのは6月に「ど素人寄席」と題して落語会を開催した落語研究会の先輩です。つまり、師匠。
わざわざ、その落語会のDVDを届けて下さいました。もちろん、すぐに見ました。あらためて落語のうまさと、当日の模様が蘇って夢中で見てしまいました。
僕も少しは出来るのですが、先輩と比べると・・・・・って言うか、比べることさえできませんが、うらやましくもあります。
こんなことなら、こんなに名人がすぐそばにいたのに、もっと勉強しておけばよかったと今更ながら悔やんでいるところです。
残念ながら、みなさんには見ていただくことができませんが、今日からしばらくは落語三昧です。
                

■8月29日(金)

「世の中を変える」ということ
最近、興味を持っているのがデザインです。新進のデザイナーから、大御所と言われる先生まで、毎晩webで調べたり本を読んだりして楽しく勉強しています。
その中で、デザイナーのみなさんが言っていることに「デザインで世の中を変えたい」ということがあります。
初めのうちは「何を大げさなことを言っているの?」とか「言うだけなら自由だけど・・・」なんて思っていました。
それが、だんだんと「世の中、変わるかもしれない」から、今では「絶対に変えられる」と思えるようになりました。デザインだけじゃなく、どんなことでも本気で取り組めば「世の中を変えられる」と思います。
映画を作る人も、小説家も学校の先生も、ミッキーの中の人も世の中を変えることができるんだと思います。僕のような小さな雑貨屋だって、きっと出来るんだと思います。
そりゃ、ぼけ〜っとやっていたのでは、世の中の足を引っ張るだけですが、志を持っていれば誰でもできるんだと思います。
ソフトボールの選手達や北島選手を見て、夢を持ったり頑張る気になったりした人は沢山いると思います。

■8月27日(水)

まるで梅雨の合間のような一日でした。雨が降ることが当たり前のようになっていましたから、青空がとってもありがたい気がしてしまいました。
少し前までの猛暑が続いていたころは「なるほど、地球は温暖化なんだなぁ〜」とうなずいていましたが、突然の秋の気配はどのように反応したらよいのでしょうか? 温暖化になるのか、氷河期になるのか・・・・。
今日になって8月9日に富士山の頂上で降った雹を「あっ、やっぱりあれは初冠雪でした」とか言って、正式に観測史上一番早い初冠雪を更新してしまいました。
それくらい、このところの気象状況は異例なんでしょう。

この天候って、お店にとっては困るんですよ。夏物は売れないし、秋物も売れないし、売るモノがなくなっちゃうんです。

■8月26日(火)

のんびりの定休日でした。外は相変わらずの雨で、どこかに出かけようという気分にならなかったので、家内と娘と一緒にお昼ご飯を食べに行ったくらいです。
お昼ご飯の帰り道にあるBOOK OFFに寄りまして、一時間ほど見てまわり4冊買いました。
             
どれも100円コーナーで見つけたので、合計420円。いつもながら、これといったテーマを持って買ったわけではなく、パラパラとめくってから値段の安心感から買ってしまいます。実は、値段は安心なのですが、部屋が安心でないんです。
この日記でも何回か触れてきましたが、買った本を捨てないので部屋がミシミシと悲鳴をあげているんです。この部屋の床暖やクーラーだって半分以上は本のためにあるようなものです。
いずれ床が壊れるか、棚が落ちれば何とかすると思いますが・・・・。
僕は基本的に、やっかいなことは後回しみたいな傾向があるようです。
あっ、これは正確ではありませんでした。自分のことは後回しなのですが、誰かから頼まれたことは、割合に集中してやります。夢中になると徹夜でもやってしまいます。
今は、2件の仕事(友人の)を併行して進めていますが、これもまた自分のことよりも一生懸命なんです。
これが、性格なんですね。

■8月25日(月)

オリンピックが終わりまして、何が印象に残ったかというと、いくつかあります。
もともとあまり興味がなかった僕の印象ですから、そうとうなインパクトのあることなのだと思います。
まずは日本。
○水泳の北島選手 ○ソフトボール ○フェンシングの選手 ○バドミントンのスエマエ

外国選手
○陸上のボルト 
もっともっと沢山の人がいるのでしょうが、今の僕はこれくらいしかわかりません。
どの選手も超人ですね。

■8月24日(日)

オリンピックに世界の目が向いていたので忘れかけていましたが、アメリカでは大統領選の前哨戦が続いていたんですね。
ちょろっと見たニュースで知ったのですが、民主党の副大統領候補ってバイデンさんというんですね。
バイデンさんねえ・・・・・・・・。 漢字で書けそうですね。オバマさんも漢字で書けちゃうので、妙な親近感がわいてきちゃいますね。
一方の共和党はと言えば、マケインさん。・・・・こっちも、漢字で書けるけど「負け院」さんとなってしまうので、結果が不安ですね。
おまけに、よく見ると民主党には“かな”はない。

下らないことで、お時間を使わせちゃってごめんなさい。

■8月23日(土)

あの暑かった日には、いろいろと小言をならべ、疲れるだの何だの申しまして本当に申し訳ないと思っております。
こうして、予告もなしに秋になってしまうと、己の考えの浅さと口の軽さをおおいに反省しているところです。季節はカレンダー通りには来ないんですね。
そして、今さらながら温度というのはエネルギーなんだということを痛感します。生きるためのバイタリティはもちろんのこと、あらゆる欲や愛情すら、根元は温度なのではないかと思ってしまいます。
かろうじて昼間はアブラゼミが鳴いてくれていますが、これでどこからかコオロギでも鳴こうものなら、まちがいなく涙が出てきます。
頬をつたう涙を小指でそっとぬぐいながら、かたわらの硯に筆を落とし、幼い頃から親しんだ和歌を一首詠もうかなどと思うわけです。

・・・・・僕は思うんですが、歯の浮くような恋愛小説は、きっと秋に書かれたんでしょう。

それにしても、ほんとうにこのまま秋になってしまったら、ツクツクボウシはいつ鳴けばいいんでしょうか?

■8月22日(金)

タスポになってからタバコをやめたり減らした人は多いんじゃないでしょうか?
僕も、減らした口です。おまけに1000円にするなんてことになったら、やめる人はそうとう多くなるでしょう。タバコをやめる動機が値上げというのも、ちょっとばかり弱さを感じますが実行するのには強い動機にもなりますね。 僕もやめると思います。

さて、テレビの方は地デジになったらどうなるのかな? あと3年でスタートしますが、そのころはインターネットの環境も大きく進歩するでしょうから、タバコと同じようにやめる人も沢山いるかもしれません。
実際のところ、今だってどの番組も同じ使い捨て芸人が台本を読まずに出られるドタバタばかりですから見る気がしないですから、この3年間でテレビ離れは加速するでしょう。

ところで、僕は使い捨て芸人を見るとファーストフードを思い出すんですが・・・。
100円芸。

■8月21日(木)

昼過ぎに、急に友人と話したくなって電話したら、二つ返事で会う約束をしました。しかもわがままな僕に会わせて、我が家に来てもらって話しました。
何の話とかじゃなくて四方山話をしていたら、あっという間に3時間がたってしまいました。こういう時間が大好きです。もちろん、友人の優しさで実現されたものです。

そして、友人と話している間にソフトボールで金メダルを取ったことを今知りました。心から祝福したいです。ピッチャーの上野さんの力投が目立っていますが、言うまでもなく選手全員の力で勝ち取った栄冠だと思います。きっと、選手達の人生まで変えてしまうようなことなんでしょうね。

■8月20日(水)

昨日と今日は連休をさせていただきました。
休みなんだから体を休めればいいのに、貧乏性なんですね。袋や事務用品を買ったり、ついでに仕入もなんて思って、仕事をしてしまいました。
ある意味、これが僕の休みなんです。とっても良い仕入が出来ました。
ついでと言ってはなんですが、こんなインクを買いました。
             
               「iroshizuku kiri-same」 PILOT
世の中、デザインに注目されるようになっていますが、どうでしょうか? このデザインなら世界に通用しますね。しかもインクの色は日本人ならではの名前がついていて、これは「霧雨」です。真っ黒ではなく、灰色でもなく霧雨です。
早速、友人からプレゼントされたガラスペンで書いてみました。落ち着きがあって目に優しい色が心まで癒してくれます。
これは「玄(くろ)」ですね。黒ではなく玄です。みなさんのまわりにある本を見てみて下さい。良い本はインクが玄ですから。真っ黒だと目が疲れるので玄いインクを使うんです。

■8月19日(火)

お相撲さんが大麻で逮捕されました。これが「まさか」と思えないのが現状です。
少なくとも僕はそう思います。相撲協会の対応は、これまでと同じでしょ。
詳しい金額はわかりませんが、相撲って国から補助金が出ているんですよね。次の総選挙の時に「相撲に補助金は必要ですか?」という投票をしてもらったらいいんじゃないでしょうか? 僕は、やめちゃってもいいと思います。一つのスポーツとして興業をしたらいいのだと思いますよ。相撲協会も親方達も力士も、資質に欠けています。“ごっつぁん精神”で甘えの構造が変わるとは思えませんね。
僕は、若手力士への暴行殺人の件以来相撲は見ていませんので、相撲のことを見るのはニュースの時だけです。それだけなのに、けっこう事件が絶えないんですね。
少なくとも、国技と呼ぶのはやめましょう。

■8月18日(月)

求人の新聞折り込みで、近所にパン屋さんができるらしくて募集していました。
オープンは6月。・・・・・6月になってもパン屋さんはできません。
また、折り込みが入りまして、オープンは7月。・・・・7月になってもできません。
またまた、折り込みが入りまして、オープンは8月。・・・やっぱりできません。
またまたまた、折り込みが入りまして、オープンは9月。
よく読んでみたら、募集しているのは「パン職人」
ええええええ〜?
それじゃ、コンサートやるのに歌手を募集しているみたいじゃん。

もっとも、近所にはセルオブレというおいしいパン屋さんがあるので、どこかが出店しても後悔するだけだと思うんですが・・・。

■8月17日(日)

女子マラソンはがっかりでした。3人の代表のうちに2人が故障者ということですよね。補欠っていましたよね。それなのに、野口が欠場すると決まっても準備していなかったからという理由で欠場のまま。じゃ、補欠って名前だけなの?
挙げ句のはてに、土佐は故障のまま出て棄権です。
なんだかスッキリしませんね。勝つとか負けるとかの話じゃなくて、あと少しで選ばれなかった選手はどう思って見ていたのかな?

話は変わります。
僕は雑誌の「ブレーン」と「PEN」は定期購読しています。その他に、文房具関係の雑誌もほとんど買いますね。
いつもは近所の本屋さんで買うのですが、この手の本は分類が難しいようで、たまに売場が変わっちゃうんです。パソコン関係のところにあったり、模型とかSLみたいなところにあったりです。アマゾンで買えば探すわずらわしさはなくなるのですが、一応中を見てから買いたいので本屋さんに行きます。
近所の本屋さんは、それでも考えて並べているようで、以前月刊プレイボーイで書斎の特集があった時にPENの隣にあったのにはちょっと感動しました。

■8月16日(土)

もうUターンラッシュだって。ご苦労様です。

毎年、一匹や二匹はいるんですが、向かいの電柱でアブラゼミが鳴いていました。樹液なんかないのに、どうして鳴いているんでしょう?
それにしても、アブラゼミはアブラゼミの鳴き声です。正確には鳴いているんじゃないんですが、どれも同じ音です。
人間は、平井堅やSMAPの中井君みたいに、いろんな声があるのに・・・・・。

話は変わります。
僕は、比較的沢山の本を読むほうですが、全体的には活字離れをくい止めることはできないようです。でも、文庫本は売上が落ちていないのだそうです。
僕も、同じ本で文庫化されていたら文庫本を買っています。
反面、凄い落ち込みなのが漫画本やコミックだそうです。原因はケータイ。
そういえば、電車に乗るとわかるのですが、みんなケータイに夢中でマンガを読んでいませんね。

■8月15日(金)

昨日58.59円が今日は53.23円。
これ、シルバーの1gあたりの価格です。先月の15日には72.03円でした。
どこまで上がるんだろうと思っていたシルバーの価格が暴落と言ってもいいくらいの値下がりです。もともと、産出量が少なくなったために値上がりをしていたのではなく、原油と同様にどこかのお金持ちが投機のために値上がりしていたのですから、この値下がりはお金に換えてきたということでしょう。
きっと、大損をしたお金持ちもいたんでしょう。
当店としては、あまりの高騰のために商品の供給が不足していたので、大歓迎です。

話は変わります。
今日は、終戦記念日でした。高校の時の日本史の先生が「8月15日は終戦記念日ではありません。敗戦記念日です。」と言っていたのを思い出します。

■8月13日(水)

今日が帰省ラッシュのピークだそうです。
今年はガソリンが値上がりして渋滞も少ないとのことだったのですが、やはり渋滞はありますね。僕はこの土地で生まれたし、家内もここから歩いて5分くらいのところで生まれましたので、特に帰省というのはないのですが、どちらかが違う土地の出身ならやはり帰省しますよね。なつかしいし、楽しいし、少し疲れるかもしれませんが久しぶりに実家の方々と会って話すのはとっても大事なことだと思います。
せめてこの時期くらいは帰省に限って高速料金を無料にするくらいの、気の利いた配慮をすればいいのに・・・・。

ところで、日本には二十四節気、七十二候というのがありますね。
今日13日は38番目の候で「寒蝉鳴」(ひぐらしなく)といって、このころからヒグラシが鳴くのだそうです。つまり秋の足音が聞こえてくるということですね。
それにしても日本というのは繊細な国です。一年365日を5日単位で季節の移ろいを表しているんですからね。ヒグラシが鳴けば、そこで一首詠んで・・・・。
こういう文化が消えていくことを嘆いているんじゃなくて、せっかくこういう文化があるのだから日常に取り入れたいなと思ったりするんです。

■8月12日(火)

まずはこれをご覧下さい。
                
デッサン用の芯ホルダーです。芯の太さは5mmくらい。やたらに太いです。
僕は、デッサンするわけではないのですが、白い紙にこれで書くと「書くことのストレス」が少なくなって、その分アイデアが出やすくなります。
芯が太い割に、意外と細い線も書けるし、何より“折れない”ことが嬉しくて、早速やりかけの企画を書きました。
芯ホルダーが1260円、芯削りが840円、替え芯が6本で1050円、合計3150円。
この金額で企画が楽しく書けるなら安い投資です。
今日は、夜ふかししそうです。

■8月11日(月)

Googleストリートビューを見たんです。スゴイの一言です。
どうやって写真を撮ったのかわかりませんが、よくもまあこんなことを思いついて、実践したものです。しかも、タダで見られるんですから、とんでもない会社です。
当店だって店頭どころか建物の屋上まで見えて、しかも空も・・・・。
ついつい、銀座とか渋谷、原宿とかも見てしまいました。
僕は、もともと地図を見るのが好きなので、時間にゆとりがあったら日本中だけでなく世界中を見てみたいです。

■8月10日(日)

昨日よりももっと多く、秋が混ざっていました。持病の神経痛が痛かったので「降るな」と思っていたら、夕方から遠くの空で大きな音がしてきました。
てっきり雷だと思って、雨よけの対策を始めようとしたら、どうやら東京湾の花火の音だったようです。
でも、これが聞こえるということは空気が湿っているということで・・・・・。案の定、閉店の30分ほど前から降り始めました。
やはり、神経痛は正しい。

話は変わります。
結構沢山持っている万年筆の中で、普段使っている20本くらいにインクを入れました。一本一本メンテナンスをしながら入れるのですが、これが何とも言えない時間なんです。
骨董を磨いたり、盆栽を手入れする気持ちがよくわかります。僕の場合はコレクターではなく、全部使うので万年筆に限らず持っている筆記具は全部道具です。10円の鉛筆もモンブランの万年筆も同じように大事に使っています。

■8月9日(土)

毎日暑いです。暑いですが、今日の暑さには5%くらい秋が混ざっていたように感じます。
まずはオリンピックは無事に始まり、ロシアはグルジアに侵攻しました。たしかに、オリンピックと政治は別なんですね。でも、普通はやらないでしょ。戦争は。
世界って、仲良くないんですね。
僕にだって友達がいますが、いつも相手のことを先に考えるんですよ。僕は、それが友達だと思うんです。でも、世界はそうじゃない。自分のことしか考えない。
ウルルンとかで、外国に行くと例外なくいい人ばかりで・・・・・。そりゃ、番組の構成上そのようにできているのかもしれませんが、少なくとも個人レベルではそんなにすてたもんじゃないはずです。
「国」になるとおかしくなっちゃう。

■8月7日(木)

新しいティッシュの箱を開けると、なぜか安心します。最初の一枚は苦労するんですが、ぎっしり詰まったティッシュはいいですね。
きっと貧乏性なんでしょう。
ティッシュだけじゃないんですよ。ガソリンが満タンになっていると機嫌がいいし、いつもより車が軽く走るように感じます。万年筆のインクも同じです。
プリンターのインクも交換すると、とっても安心します。おまけに、“買い置き”なんか当たり前です。
そんな性格なので仕入をして、とっても気に入っている商品は売れて減ってくると淋しくなっちゃうんです。気をつけないと、すぐに在庫オーバーになるんです。
そうそう、シャープペンシルの芯は50ケースくらいストックしています。

■8月6日(水)

お店にいると、たまにびっくりすることがあります。
お客様が靴を見ていらっしゃいまして・・・・。どの靴でも似合いそうな女性です。
そのお客様のケータイが鳴りました。
その着メロが尺八だったんです。時代劇で深編み笠の浪人が吹いているみたいな、すごい重々しい音色だったので、腰を抜かしてしまいました。

■8月5日(火)

昨日は、店を開ける前に自由ヶ丘に行きました。子どもが借りてきたDVDを返却するためです。9時半頃に着いて、返却BOXに入れて、せっかくだからお店を見ていこうと思いあっちこっち行ってみたんですがどこも開いていません。ほとんどの店は11時開店なんですね。
お茶でも飲んで待っていようと思ったんですが、そういうお店もあまりないんですね。
以前、午後7時くらいに行った時にも人はまばらだったので、自由ヶ丘は11時から19時までの街なんですね。
結局、昨日は開店を待たずに帰ってきました。

考えてみると、当店も10時半がオープンですから50歩100歩ですが、開店を待つ身になってみると「遅すぎだぞ!!」ですね。

どんなことでもそうですが、相手の身になって考えると、いつものことに疑問が生まれますね。この、疑問が良いお店になるドアなんでしょう。

■8月3日(日)

夏休みも3分の1が過ぎました。世の中としては「美白」のはずなんですが、今年は例年よりも”こんがり”の人が多いような気がします。
実際には、紫外線を受けすぎては健康に良くないのでしょうが、”こんがり”は健康的に見えます。僕は好きです。暑くて、晴れの日が多いですからね。
後でちゃんとケアすればいいんじゃないでしょうか? ダメなのかな?

■8月2日(土)

毎年、この時期になると品川区一斉に「打ち水」をやるんです。みんなで、お風呂の水とかクーラーの水とかをためておいて一斉にまくんです。そうすると気温が2℃下がることになっています。とってもエコな運動なんです。
              
水をまき終わったら、水を飲みます。
最近はまっているのがこれです。メーカー名とか知らないんですが、きっかけはボトルがこうなので買ってみたら、けっこう飲みやすくてはまりました。
                     
おまけに39円なんですよ。「いったいどこの国の飲み物なんだ!!!」っていう感じでしょ。

■8月1日(金)

電話で一方的に勧誘してくる業者は、悪徳業者です。少なくとも僕はそう思っています。子供たちにもそのように話しています。
時間もかまわず、無遠慮に電話をかけてくる無神経さには腹が立ちます。
中にはテレビでCMを流している業者もありますが、やはり悪徳業者です。
そりゃ、万に一つくらいは悪徳と言うほどでもない業者もあるんでしょうが、僕は悪徳と思っています。
たとえば、どろんこの中に食べ物を落とした時に、普通は拾って食べないでしょ。中には、病気にならない程度の汚れかもしれないけど、子供たちにも「拾って食べるな」と言うでしょ。それと同じです。汚いモノは食べない。

今日は、一方的にある議員からFAXが入りました。開店の2時間も前です。本当に迷惑なことです。
おまけに、開店後には電話もきました。選挙が近いと思って、自分の利益だけのために迷惑なFAXと電話をかけてきたわけです。
悪徳議員です。
こんな本を読んでます
        
          立花隆秘書日記
どうすればあんなに沢山の本を読めるのか?というほど山のような蔵書を、通称ネコビルという仕事場に押し込んで日々執筆に励んでいる立花隆さんの秘書のお話です。読む前から「立花隆は変人なんだろうな」ということは想像していましたが、意外にも子どもっぽかったり、プレッシャーを感じていたりで、人間味のあるところが紹介されています。
それと、著者の佐々木さんの文章のうまさにもビックリでした。才能のある人のまわりには、才能のある人が集まるんですね。
        
         企業力とデザイン
羊羹の虎屋など9社を、デザインというキーワードでまとめた本です。
このところ、こうしたデザインの本にはまっていまして、小説よりもドラマチックで感動して読んでいます。今まで特に気にしていなかったことや、デザインだと思ってもいなかったことまで、作られる過程やひらめきを感じるたびに「おー」とか声を出して喜んでいます。
        
          デザイナーと道具
写真では小さく見えますが、ファッション雑誌くらいの大きさです。グラフィックデザイナーの佐藤卓さんがまとめたもので、デザイナーが普段使っている筆記用具がひたすら紹介されています。筆記具・デザインが大好きな僕のためにあるような本です。
ちなみに、佐藤卓さんの道具はロットリングの製図用シャープペンシル0.5mmです。
もちろん、僕は持っています。ついでに、0.35mmも持っています。