2008.2月
2000年 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2008年 1月
これと言って特長のないHPなので・・・、と思って書き始めた日記ですが、近ごろでは、この日記が私の生活の節目になりました。
定期的に読んでいただいている方には、私の毎日が手に取る様に?おわかりになるのではないでしょうか。

pun
長女が、小学4年生の時に創ったキャラクター「プン」です。いろいろな脇役なんかもあって、面白いです。
お暇な時に画像をクリックして下さい。子供の発想って大人ではとても思いつかないと言うか、忘れてしまったというのか・・・・。
これが私です。
この日記をスタートした頃に家内が吹きだしながら描きました。でも、私はあの頃は82kgありましたが、
あまりにも呼吸が苦しくなったのでダイエットしました。で、今は70kgを行ったり来たりです。
TOPページへ

■2月29日(金)

閏年の2月29日ですから、オリンピックと同じで4年に一回しか来ない日です。この日に生まれた人はさぞかし嬉しいと思います。
聞くところによるとこの日に生まれた人は、誕生日を2月28日にしたり、3月のウィークエンドにしたりしているようです。それはそれで良いのでしょうが、やはり本当に生まれた日に誕生日をお祝いできるのは、さぞかし嬉しいと思います。
誕生日おめでとうございます。


■2月28日(木)

たまに時間があるとGyaoの「歌ブログ」を見ます。素人さんがカラオケで歌っているんですが、中にはとっても上手い人がいてビックリします。
さっきも、家内と一緒に見ていたら高橋真梨子の「for you・・・」を歌っている、ニックネーム「えつん」という女性を発見。これがうまいのなんの。あれくらい上手いと楽しいだろうなと思ってしまいます。一緒にカラオケに行っても自分が歌うのを忘れてどんどんリクエストしてしまうでしょうね。
おそらく歌のレッスンを受けているのだと思いますが、教える先生も教え甲斐があるでしょう。みなさんもお暇なときにご覧になってみて下さい。


■2月27日(水)

近所の本屋さんが閉店して、その後に今日別の本屋さんが開店しました。
特に欲しい本があるわけではなかったのですが、とりあえず挨拶代わりに行ってみました。開店したばかりで、まだバタバタしていましたが、僕の感想としては今度の本屋さんの方が欲しい本があったかな・・・・。
でも、昨日5冊買ったばかりだったので、ご祝儀として月刊PLAYBOYを買いました。プレイメイトもさることながら、「この人の書斎が見たい!」という特集があって、しかも「辞書に恋する」「格闘技大賞」「日産GT−R」など内容が盛り沢山で得した気分です。


■2月26日(火)

定休日なので体を休めようと思っていたのですが、どうも体と心の意見が違うようで、意見交換の結果出かけました。お店のディスプレイに使うコルク版などを買うために千鳥町の島忠というホームセンターに行きました。
広い店内に所狭しと並んでいる「モノたち」に心はウキウキ、体はヘトヘト・・・。
最近ではWebでほとんどのモノが見られるし買えます。わからないことも、だいたいのことならWebでわかります。
でも、僕だけかもしれませんが、ホームセンターに立ったときのウキウキ感ってWebにはないように思うんですよ。
実際にお店に行って、手にとってみて、あっちこっちに目をやって、欲しいと思わなかったモノまで目に入ってきて・・・・。これ全部僕の一次情報です。
ホームセンターに行ったくらいでこんなこと書くのも変ですが、今の世の中に求められているのは、もしかしたら「一次情報」なんじゃないかな?

テレビを見ていると、コメンテーターと言われる人が二次、三次、四次情報をダラダラと話すだけだからつまらないんですよ。


■2月25日(月)

朝のテレビで39才の新人歌手の木山裕策さんが紹介されました。4人のお子さんがいること。声を失うかも知れない病気を克服したこと。平井堅みたいな声。
実はまったく知らなかったのですが、これだけ聞いても応援したくなりますよね。特に紹介したチュートリアルが偶然に言った「困るくらいいい人」という評価は、なんともすばらしい表現で、今後も木山さんのキャッチにして良いと思えるくらいでした。HOMEという曲を聴きましたが、とっても良い曲でした。


■2月23日(土)

凄い風でした。この土地に50年以上も住んでいますが、台風以外でこんなに強い風は初めてでした。
自転車が倒れると言うよりも吹き飛ばされ、近所の洋服屋さんの商品は道路に散乱していました。お腹あたりを帆のようにした太めのおじさんは、前に進めなくなり放っておくと風化して遺跡になってしまうほどでした。
そんな大変なときに、よりによってはしご車2台を含む十数台の消防車が次々と走ってきて、当店のすぐそばで止まりました。
ビックリでしたよ。なにしろこの風で火事だったらどこまで広がるか分からないので、一瞬あたりが凍りつきました。
幸い、誤報だったようで事なきを得ましたがとんでもない一日でした。
       
あっ、それとせっかくきれいに掃除した店内は砂場状態になってしまったので、明日は一日大掃除です。


■2月22日(金)

         
店内から見ていたら入口のガラスが汚れていたので開店早々に掃除しました。店の前は車が多いので汚れてしまうんです。
グラスターを使ってきれいに掃除しました。その分、雑巾は真っ黒に汚れました。で、店内からガラスを見ると想像していたよりもきれいになっていないんです。僕は目が悪いのでガラスをよく見ると、すごく曇っていたんです。急いで内側もグラスターできれいに磨きました。見違えるようにきれいになって大満足です。
ただ、それだけのことです。こんな、ただそれだけのことが・・・・・。

汚れていたのは「外側」。それだけでなく「内側」は曇っていた。
両面をきれいにしないと透き通らない。汚れているのは外ばかりだと思っていたのに。


■2月21日(木)

今月は毒月間でしょうか?
今度は、アメリカの人工衛星が大量のヒドラジンとかいう毒を乗せたまま落っこちてくるというのでミサイルで爆破したとのこと。毒の行方はこれから発表されるらしいです。ヒドラジン、メタミドホス、ジグロルボス、ホレート、イージス、・・・・?ありゃりゃりゃ、難しすぎてわからなくなってしまいました。
いずれにしても、今のところ僕たちにできることは「自衛」しかないようです。
この毒たち。どれも本当のことを知っている人が本当のことを話してくれれば再発を防げるんですが・・・・。


■2月20日(水)

暖かかったですね。最高気温が11.2℃で、3月上旬の気温だったそうです。なるほど暖かいわけだと喜んでいて・・・・ふと思ったら「3月上旬って2週間後じゃん」ということに気がつきました。
3月というと僕の感覚では春です。春と言えば暖かい。ですから、うっかり喜んでしまったのですが、もう十日もしないで春なんですね。今年は雪も沢山降って寒かったので、春はずっと先かと思っていたらすぐそこまで来ていたんですね。


■2月19日(火)

仕入に行くと時間がないものですから、食事は「立ち食いそば」を食べることが多くなります。それが習慣になってくると無性に立ち食いそばを食べたくなります。
で、以前品川駅の「駅ナカ」で妙に賑わっている立ち食いそばを見かけたのを思い出して食べに行きました。
13時くらいに行ったのですが、やはり行列でした。5分ほど待って食べてみたところ、僕にとっては普通でした。

品川駅に行ったのには、もう一つ理由がありまして・・・。丸善が出店しているので「万年筆物語」というメモ帳を買いました。
文庫本の大きさで147円です。中は夏目漱石が使っていた原稿用紙をモチーフとしていて、なかなか味わいのあるメモ帳です。
これはと言うときに使いたいメモ帳です。
  


■2月18日(月)

まだマクロなど一部の機能がダメですがエクセルが使えるようになりました。このまま閉じてしまうのはエクセルに対して不義理なような気がしましたので、テストがてら使ってみました。
さしあたって何をしたらと思ってみたら、毎日記録している体重と血圧を表にしてみてはと思い、やってみました。
で、1月からをグラフにしてみたら・・・・・「なんと変化のない」
変化がないということは良いことなんです。実に良いことなんです。
体重は66kgをはさんで+−1kgくらいで、血圧は全体的には高めですが、やはり変化はありません。
まあ、エクセルも問題なく機能したようで良かったです。


■2月17日(日)

今日は何と言っても東京マラソンでしょう。昨年の第一回は賛否両論だったのですが、やっぱり良かったと思います。僕は、もともと大賛成でしたが、多くの人がテレビで見たり、実際に沿道で応援したりだったのでしょう。街も、いつもより人が少なかったように感じました。
中でも、スタートは壮観でした。3万人以上の人が一斉にスタートする様は、地球の自転に影響するのではないかと思えるほどでした。
今もビデオを見ています。

話は変わります。
お店の前を、あの曙がレオタードみたいなのを着て歩いていました。何かの撮影だったようですが、ただただ大きかったです。
渋谷のハチ公前で待ち合わせるのには便利そうでした。


■2月16日(土)

困った困った、ほんとうに困りました。もう、100回くらい独り言で「困った」を言っています。どうも、僕のミスでエクセルもワードもアウトルックも使えなくなってしまいました。アウトルックは手帳があるのでなんとかなります。ワードも一太郎があるのでどうにかなります。でも、エクセルはデータもありますし、毎日の作業ができなくなってしまい、困っています。
パソコンに詳しい人ならどうにかするのでしょうが、僕はまったくだめなんです。HPを持っているくせに何もわからなくて、いつも友人にセッティングしてもらったり、教えてもらったりしているので、こんな時には手も足も出ません。
困った困った。


■2月14日(木)

妙なことから話題になってしまった「蘇民祭」は無事に終わったようですね。
で、髭と胸毛の佐藤さんは今朝から各テレビ局に出てコメントを求められていました。それにしても佐藤さんの対応は立派でした。
一連の騒ぎで佐藤さんはさぞかし不愉快だっただろうに、口から出る言葉は「終わりよければすべてよし」でした。そしてみなさんに感謝するとまで言っていました。僕には到底できないことです。ほんとうに立派でした。
インタビューの最後に「やっと平成20年が始まります」と言った言葉が、マスコミを含めJRや騒ぎ立てた人たちに対する重たい言葉として感じました。
祭りの世話役として、ほんとうにふさわしい人だと思います。
まだまだ、日本にはこういう人がいるんですね。嬉しくなります。


■2月13日(水)

バイオ燃料1リットル作るのに、石油を1リットル近く使うとのこと。
ハイブリッドの車は確かに二酸化炭素を減らす効果はありますが、その分ガソリン車を減らさないと、結局二酸化炭素は増え続けるとのこと。
なんだか納得できない気がします。
それでも、環境問題は取り組まなければならない問題で・・・。誰かがやるのを批判したってしかたがない。自分の出来ることは何かを考えて、小さなことからでも始めないといけない。
僕も、それなりに気をつけています。最近特に感じているのは「食べ物」です。食べ物を残さないというのは昔から言われてきましたが、ゴミを見ていると食べ物の割合って案外多いんですね。それに、食べ物を大事に食べることを習慣としたら、きっとどんなことでも大事にするような気がするんです。


■2月12日(火)

定休日だったので自由が丘に行きました。大好きな街です。
単に雑貨を見るだけなら代官山でも渋谷でも下北沢でもいいんですが、街自体が好きなのは自由が丘です。好きな雑貨を好きな街で見ることは、この上ない楽しみです。今日は、南口を中心に見たのですが、中でもFrancfrancは大好きです。お店に入ったとたんにまるで母親の胎内にいるような安心感のようなものがわいてきます。ワクワクするお店は沢山あるのですが、安心感がわくお店はFrancfrancだけですね。30分ほど見ていたら脳みそまでがクリーンになった気がします。

で、昼食は同じく自由が丘に行くとよく行くイタリアンのバッボ・アンジェロで食べました。前菜からパスタ、ピザ、デザート、コーヒーが笑っちゃうほど美味しいんです。カンカンに怒っている人でもバッボ・アンジェロに連れて行けば、おそらく笑いながら楽しく話ができるんじゃないかと思えるほどです。つまり、幸せになれるお店です。みなさまも、ぜひ行ってみて下さい。
        


       

■2月10日(日)

「あ〜寒い寒い」とか「あ〜あ、いやだいやだ」みたいに同じ言葉を二度繰り返すことがありますね。
これって、すごく寒く感じたり、すごくいやそうだと感じたりしますね。

僕の勘なんですが、この二度繰り返す言葉が流行る気がするんです。根拠はないんですが、強いて言えば世の中が複雑になったから簡単なことや親しみのあることが受け入れやすくなるような気がするんです。
たとえば、激安というよりも「安い安い」とか、「うれしいうれしい」「楽しい楽しい」とかが流行る気がします。
まあ、当たったからどうということもないし、はずれたから責任をとるわけでもないのですが・・・・。


■2月9日(土)

僕は文房具が大好きです。特に筆記具は大好きで、数百本持っているでしょうか。書き味としては万年筆が最高なんですが、落としてペン先がダメになるのがこわくて日常的にはボールペンを使います。(万年筆の次は鉛筆なんですが・・・)
このボールペンというのは、その日の調子で手になじむモノが変わります。それでもお気に入りというのはあるもので、今はuniのJETSTREAMが最高です。今までは単色しか売ってなかったので黒とブルーを使い分けていたのですが、先日3色が発売されたので早速買いました。
日記もこれで書いています。ボールペンだけは値段と書き味が比例してないので、こうした安いモノでもお気に入りになります。

            
そうそう、企画とかアイデア出しの時には万年筆とフエルトペンで、スゴイ勢いで書きます。それと、手紙を書くのは絶対に万年筆です。



■2月8日(金)

家内のお供でスーパーとかにも行くんです。と、言ってもイヤイヤじゃなくて、好きなんです。沢山の商品を見ているだけで楽しくなります。
お菓子とか調味料とか見ているとワクワクしてきます。
で、最近は冷凍食品の所にお客さんがいないんです。冷凍食品の前はガラガラで、寒くてガタガタで・・・・。
あれの影響でしょうね。はっきりわかっているメーカー以外も手を出しませんね。おまけに、冷凍食品だけじゃなくあちこちで産地を見ている人が多いこと多いこと。

結局、情報が信用できないから疑わしいものは買わない。疑わしくなくても、ほかに食べるものがあるから買わない。そんなところでしょう。これが世の中の流れなんですよね。
今の流れは、社会保険庁はダメ。税金は絶対に正しく使われない。相撲界はデタラメ。中国の食べ物は危険。まだまだありますが、みなさんと同じでしょうから・・・。


■2月7日(木)

今日も撮っておいたビデオを見ています。三匹が斬る、水戸黄門、鞍馬天狗、交渉人・・・・。どれもうすめていないので見ます。
ほとんどの番組はワイドショーもニュースも含めて、10分程度の内容をカルピスよりもうすめているので、味がうすくて見ません。

ところで、アメリカの大統領候補ですが、ヒラリーさんとオバマさんがイイ勝負しています。共和党の方はマケインさんですから、どうも勝ちそうな気がしなくて。
冗談はともかく、ヒラリーさんとオバマさんは日本にとってどうなのかというのが伝わってきませんね。どうも、うすまりすぎてわからない。


■2月6日(水)

捜しているるときには見つからない。お金が欲しいときには貸してくれない。国が混迷しているときにはリーダーが無能。
同じように、雪の降る日にエアコンが壊れました。ですから寒い。
なかなかうまくいきません。


■2月5日(火)

何もしませんでした。年に2回のギフトショーだったのですが、僕の都合で行くのを我慢しました。そんなわけで、途中家内のお供でスーパーに買い物に行ったくらいであとは家にいました。何もしないと言っても、少しくらいは考えたり作ったりもしたので寝ていた訳じゃないんですが、僕の印象として“何もしない”一日でした。
おかげさまで、だいぶ疲れも取れて体が楽になりました。

そうそう、40分くらいBOOK OFFに行きました。本当は1〜2時間見ていたかったんですが、お店に入るなりすぐにトイレに行きたくなり、我慢できたのが40分ということです。本屋さんに行くとトイレに行きたくなるのは僕だけじゃないようですが、なぜなんでしょうね?
僕の場合、特にひどいようです。本棚にある本を見ていると「何故この本を買ったんだろう?」という本があります。買った動機が思い出せない本がけっこうあるんです。これらは、だいたいトイレのせいです。トイレに行きたくて冷静さを失い、ちゃんと考えずに買ってしまったというのが原因のようです。つまり動機はトイレ。


■2月3日(日)

思っていたよりも雪がひどくて、一旦は店を開けたのですが雪が吹き込んできてしまい、夕方には閉店してしまいました。
          
せっかくの日曜日だったので、とっても残念ですし、なによりもお客様に申し訳ありませんでした。

話は変わります。
メタミドホスの件です。こんな難しい薬品の名前は、こんな事件でもなければ一生聞くことがなかったんでしょう。中国の食品会社は、工場内には原因はないと会見しましたが、24時間以上も誰も工場内に入れないで・・・・・この会見はないでしょう。まあ、本当の原因はまだわかっていないので、僕たちは「自衛」しなければならないわけです。今回の件だけでなく、自分の判断で行動しなければならないことが、凄く増えてきました。


■2月2日(土)

今から数時間後には雪が降ってくるんだそうです。おかげさまで、今僕がパソコンに向かっている部屋は床暖とエアコンが付いていて、しかも小さな部屋なので、暖かく仕事をしています。ありがたいことです。

さて、このところはこれまでにたまりにたまった書類とか名刺を整理しているんですが、これが大変なんです。
何が大変って、僕の無精の結果なのですが、あっちこっちに沢山の書類が整理されないままに積み上げられていたので、いざまとめてみると捨てるものばかりで・・・・・。名刺なんかは2冊の名刺ホルダーが1ページになってしまいました。
まあ、パソコンのおかげもあってこうした結果になるんですが、すべてを整理するにはまだ2週間くらいかかりそうです。
そうそう、整理法の本も何冊もあったので整理しました。なんのこっちゃ?


■2月1日(金)


2月ですね。2月は一番短い月だから、お給料の人は得ですね。そして、節分や連休やバレンタインなどがあって、それなりに面白い月です。まあ、受験生の方々には、落ち着き先が決まるまでは心配でしょうが、それも良い結果になれば素晴らしい月になりますね。
まだまだ、寒いですが僕も体に気をつけて頑張ろうと思います。

ところで、この時計はどうでしょうか?
         
シンプルで、けっこうイイと思いませんか?ベルトとかは合皮なんですが、1500円なら納得以上でしょう?
こんな本を読んでます

「方法序説」
デカルトの有名な著書ですね。僕にとっては荷が重すぎる本ですが、厚さがうすかったので買いました。いざ読んでみるとやっぱり難しい。それでも、わからないなりに一気に読んでみました。結果的にはほとんどわからなかったのですが、江戸時代にこんなことをすでに考えている人がいたことには驚きでした。

「京都文具探訪」
京都の古くからある文房具屋さんをまわって、なつかしい文具や看板などを紹介している本です。興味のない人には退屈な本でしょうが、僕には宝の山です。って言うか、僕が探訪したい。

「知識ゼロからの手帳術」
手帳に関する本は沢山持っていますが、この本はわかりやすさという点で最高だと思います。何しろ島耕作の著者が書いていますので、自分が島耕作になったような気になります。

「世界の表情密着取材」
商社マンが実際に現地で経験したことや見てきたことを書いてあるので旅行を前提とした本よりも日常がわかって面白いです。この本も、BOOKOFFで100円でした。

「モノの名前大図鑑」
ダイアモンドのてっぺんの平らな部分の名前を知っていますか?
「テーブル」って言うんだそうです。こんなふうにいろいろな名前ばかりが書いてある本です。これが案外役に立つんですよ。

「ケルト/装飾的思考」
何だか難しそうなタイトルなのですが、僕はこの柄を見るために買いました。それと、以前からケルトには興味を持っていて一石二鳥とでも申しましょうか・・・。芸能人なんかが喜んで身につけているシルバーのブランド「クロムハーツ」のデザインはこの本の中に沢山あります。

「文房具さんぽ」
単なる僕の趣味だからと言う訳じゃなく、この手の本店売上を読んでいるとアイデアがわいてくるんです。1時間くらいで読んでしまって、それを何度も繰り返すんです。この、繰り返し読むというのが僕には向いているようで3時間かけて1回読むよりもずっといいです。