2007.10月
2000年 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
これと言って特長のないHPなので・・・、と思って書き始めた日記ですが、近ごろでは、この日記が私の生活の節目になりました。
定期的に読んでいただいている方には、私の毎日が手に取る様に?おわかりになるのではないでしょうか。

pun
長女が、小学4年生の時に創ったキャラクター「プン」です。いろいろな脇役なんかもあって、面白いです。
お暇な時に画像をクリックして下さい。子供の発想って大人ではとても思いつかないと言うか、忘れてしまったというのか・・・・。
これが私です。
この日記をスタートした頃に家内が吹きだしながら描きました。でも、私はあの頃は82kgありましたが、
あまりにも呼吸が苦しくなったのでダイエットしました。で、今は70kgを行ったり来たりです。
TOPページへ

■10月27日(土) 0:35

僕にとって10月は鬼門です。
昨年もこの時期にこの日記をしばらくお休みしました。
どうやら、今年もしばらくお休みをしなければなりません。
去年のように再開できることを祈りながら、ちょっとだけお休みしたいと思います。

■10月24日(水) 1:45

  
青山のワタリウムで南方熊楠展があったので家内と一緒に見に行きました。
小さなスペースでしたが展示されている3フロアは、僕にとって夢の空間でした。本やテレビでしか見たことのない貴重な資料が目の前にあるんですから・・・。
家内も僕から熊楠のことはイヤというほど聞かされていますから、一緒になって喜んでくれました。
それと、展示されているメモなどを見た家内がひと言「パパは、頭の悪い熊楠ね」と言いました。
もちろん、僕にとっては“褒め言葉”

帰りに、外苑のイチョウ並木を歩きまして。とってもイイ一日でした。

■10月23日(火) 1:55

お酒を飲むときに“行きつけの店”というのがありません。
ちょっと寄って、つまみの一つも頼んでお酒をちびちびやるというのが望みなのですが、今のところありません。
できればカウンターがあって、その端に座って、たまに重い口を開く。それでもって、とっても正直で謙虚で・・・・。
そうなんです。ドラマに出てくる、例のあのキャラで飲めたらって思うんですが、全然ダメです。
僕は、そういったキャラの反対側の人間なので、夢物語というより笑い話なんですが、やってみたいんですよね。

■10月22日(月) 12:18

赤福が白い恋人みたいなことをやって、ペコちゃんがちょっと忘れられて、四角いリングの話で丸い土俵のことが忘れられるかと思ったら、また土俵のことがクローズアップで、株価が500円も下がって・・・・。
今日は、決算の最終的な数字が出まして・・・・。
良いことと言ったら、今日が結婚記念日と言うことかな。

で、あまり良いことを聞かない世の中ですが、僕が何とかすれば何とかなるのが決算くらいしかないので、お店を頑張ります。

■10月21日(日) 11:48

小さな豚をつれている人がいるんです。つまりペット。
大人気です。名前をつけちゃっているから“おいしそう”じゃなくて
“かわいい”と言われています。
若い女性に頭をなでられて「ブヒィー」って喜んでいます。
で、豚の飼い主はおじさん。
おじさんは豚に対する“かわいいぃ〜”が、自分も含まれて言われているように
とても気分が良さそうです。
あっ、おじさんは僕よりも年下かもしれない。でも、おじさん。
とても晴れていて、空も高くて、エアコンなしで、良い日です。

■10月20日(土) 11:58

大好物は沢山あります。どうも、答えるたびに違うものを言っているようです。イカの沖漬けなんかとっても美味しいです。今はこれを食べたい気分です。
でね、完全無欠の美味しいものってイヤなところが欠けているわけで、、、。
たとえばご飯みたいに。大好物になりにくい。
イカの沖漬けは、うっかりすると生臭かったり。焼肉はニンニクの臭いが残ったり。ステーキは高かったり。この、イヤなところがあって大好物になるんだと思うんですよ。
友達もけっこうそんなところがあって、どこかに臭みや苦みのある人が親友になるようです。何人か頭に浮かべると、たしかにあります。

で、僕のこと。
昨年、ちょっとしたことがきっかけになって「良い人っぽく」なろうみたいに思ったら、少し優しくなれて・・・・。そうしたら、いつもよりも人が集まってきてくれて。
多少疲れますが、ご機嫌良く暮らしていると親友から「つまらなくなった」と言われました。「えっ?どうして?」って思っていたら、どうやら臭みと苦みが弱くなって味が悪くなっちゃったみたいです。僕らしくなくなったってことかな?
(※:僕のことをよく知っている人は、「今でもめちゃくちゃ臭いぞ。苦いと言うより毒だ。」と言うかもしれません。)

いったい、何を書きたかったんだろう?



■10月19日(金) 1:30

一仕事終わって、お休み時間です。
webでちらっとニュースを見ていたらサルコジ仏大統領が離婚らしいです。
当然、僕はサルコジさんと会ったことがないので、報道でしか知りません。僕の知る限りのサルコジさんは品格を感じませんね。
名前も日本人にとって、それなりにユニークで・・・・。
日本人の90%くらいが「サル コジ」と文節を区切っているんじゃないでしょうか?
「サ ルコジ」とか「サルコ ジ」なんて区切る人は変わり者でしょう。
「サル コジ」だから品格がないんじゃなくて、顔なんです。
顔は心の出張所。
僕は不勉強で、現在のフランスが世界的にはどのような役割を果たしているのかわかりません。ただ、以前より影が薄くなっているように感じます。

■10月18日(木) 1:40

亀田親子が会見ですね。
ユダヤの格言を思い出します。
「嘘つきは頭が良くなければならない。」
さすがにユダヤです。
亀田親子も、その演出家も見え見えで・・・・。そうやって世の中を生きてきたんですね。

僕は、議論をすればそれなりに対応することができます。でも、絶対に負けたと思うケースがあります。
それは、物事を正直に言う人にはかないません。いつでも完敗です。
百の屁理屈よりも一つの正直の方が重いです。

今回の亀田親子に限らず、弁護士さんなどの周辺の人たちに疑問を感じています。

■10月17日(水) 12:12

昨日は、袋とかを買いに行ったついでに“焼きカレー”を食べました。テレビで何度も紹介されるたびに、一度行かなくちゃって思っていたのがやっと実現しました。カレー屋さんと言うよりも喫茶店みたいなお店で、小さなテーブルに相席で目一杯の人が詰まっているという感じです。席を共有すると言うよりも内臓まで共有している様なギューギュー状態で食べましたので、正直なところ味を覚えていないのですが、家内が言っていましたのできっと美味しかったのだと思います。
大繁盛だったので、今度はお店が大きくなってから行こうと思います。ちなみに僕が注文したのは「焼きカレーセット」(なぜか冷や奴、お新香、サラダ、焼きカレー、アイスコーヒー)で800円でした。それと、25席くらいあって、男は僕だけでした。

■10月16日(火) 2:28

朝起きたときに、つい口ずさんだ曲が一日中頭から離れないってありませんか?
その曲にほとんど支配されているようにです。
それが曲だけでなくコトバでも同じことがあるんです。

昨日の朝、あるコトバに支配されてしまいました。
そのコトバとは「良くも悪くも・・・・」です。
「良くも悪くも」の後ろにつくコトバがわからないんです。
どんなコトバをつけても、良いか悪いかになってしまうんです。
「良くも悪くも面倒見がいいんだよね。」だったら良いことだし。
「良くも悪くも紳士だよ」は良いか悪いかだし。
「良くも悪くも調子がいいし」も良くも悪くもじゃないし。
困った困った。 こんなコトバに支配された僕の脳は液状化現象を起こしています。

■10月15日(月) 14:45

高校のクラス会幹事をやっていまして・・・。二人でやっているんですが、僕が連絡を担当しています。これまでは、案内の連絡が来ると自分の都合で出欠を決めていました。ところが、いざ自分が幹事をやってみると、出席の返事が嬉しいというよりも”ありがたい”という気持ちになります。無理して予定を変更してくれる人や、クラス会を最優先してスケジュールに入れてくれる人に感謝しています。27日がクラス会なんですが、39年前に卒業して以来初めて会うクラスメイトもいます。道で会ったらきっと顔もわからないほど変わっているんでしょうが、5分も話せばすぐにあの頃になれるんだろうなぁなんて思って楽しみにしています。
反面、欠席の連絡が来るととってもがっかりで、欠席のハガキが何通も届くと「もしかしたら、在学中に僕が何か悪いことをしたのかな?」なんて思い、心配になってしまいます。まあ、そんなこんなで喜んだり心配になったりできるのも幹事をやったおかげです。
当日はみんなの元気な顔を見られればそれでいいです。

■10月14日(日) 11:58

バイオ燃料としてバイオエタノール需要が激増して、結果として大豆畑をサトウキビやトウモロコシに変えているので食べる大豆が激減。それでも、もっとバイオ燃料が欲しくてアマゾンの森林が畑になって・・・・。環境にとって良いんだか悪いんだかわかりませんね。間違いなく言えることは「環境はビジネス」ということくらいかな。その点で、ブラジルは大きなビジネスチャンスをつかんだことになります。

エネルギーの問題は永遠のテーマです。僕の知る限り、一番良いと思われるエネルギーはバックトゥーザフューチャー1の最後でドクがマーティーの家のゴミ箱から飲み残しの入った缶ビールやゴミをデロリオンの燃料とする場面がありましたが、あれがいいですね。エネルギーとゴミの問題が同時に解決できますから。

■10月13日(土) 1:40

昨日は、脳の検査のために東京女子医大病院に行きました。あとでわかったことですが。僕が病院に着く1時間ほど前に黒川紀章さんが同じ病院内で亡くなっていたんですね。ご冥福をお祈りします。
日本の誇る才能がまた一人亡くなりました。選挙では変人のようなキャラで報道されていましたが、僕は敬意をこめて見ていました。

一方、ボクシングです。
僕も一時期は、厳しい練習を続けている亀田兄弟にエールを送ることもありました。でも、最近は品のなさというか最低限の礼儀を示さないあの家族を心配していました。
僕はね、ハンカチ王子もハニカミ王子も亀田兄弟がいなかったらこれほどまで注目されなかったんじゃないかと思うんです。亀田兄弟とは反対側に住んでいますからね。内藤選手にも○○王子ってつけてあげたいけど・・・・年齢的にねぇ。

ついでですから、相撲協会。
社会保険庁と同じニオイがします。組織内の“決まり”が法律よりも優先する特殊な組織ですね。

■10月12日(金) 1:00

歳をとると頑固になるなんてことを言います。
僕の場合は、もともと頑固だったので石頭の石の種類が変わった程度です。
で、最近は自覚症状として頑固だなぁ〜と感じるようになったんです。しかも、自分のためなんかじゃなくて、他人のためになるとなおさら頑固になってしまいます。頼まれたときには当然で、頼まれないのに困っていたりすると何とかしたくなってしまいます。夢中になってしまうんです。
でも、余計なお節介の時もあるようで・・・・。そんな時は、すぐに手を引きます。これができるようになったのが、少し大人になったってことなのかな?

■10月11日(木) 12:10

過ごしやすさという点で、今頃の天候がベストです。
仕事もはかどるし、頭もまわるし、手も動きます。
一年中がこんな天候だと、ありがたみがわからなくなるので、このわずかな期間が丁度良いのかな?
そんなわけで、いつもよりも沢山の仕事を引き受けています。ほとんどの仕事は、机に向かってやる仕事ですから身体よりも頭を使うんですが、我ながら順調にこなしています。ただ困ったことに、ほとんどの仕事は報酬がないんです。
僕のまわりの人は「ちゃんと報酬を貰えばいいのに・・・」なんて言ってくれる人もいるんですが「だって、プロじゃないし。報酬なんて貰うとアイデアが自由に出なくなっちゃうよ。」というのがいつものセリフです。
何しろ、わがままな性格なので「や〜めた!」っていう言葉を奪われてしまうと、不安で不安で夜も眠れなくなってしまいます。
もちろん「や〜めた!」は、ここ数年言っていませんよ。
出かけるときに、それほどお金は使わないのに、余分に持って行くと安心するようなものです。「や〜めた! は、護身用の言葉」かな。
何はともあれ、良い天気で脳みそも調子がよいようです。

で、明日は東京女子医大病院で脳を検査します。

■10月10日(水) 1:35

銀座に東急ハンズが出来たので見に行ってきました。全体的な印象は、好きです。ところどころに“やっつけ”はありましたが、渋谷より疲れないのがいいです。
で、6階のフロアがステーショナリーで、特にじっくり見させてもらいました。
これも僕の印象ですが、あれはステーショナリーに詳しくない人が作った売り場です。必要な商品はおさえていますが、伊東屋がある銀座の売り場としては独自性に欠けているように感じました。

で、筆記用具のコーナーで中二の娘と試し書きをしていたら・・・・・。
僕は、試し書きをするときに「品川区」と書いてみます。これで書き味がわかります。僕がいつものように試し書きをしていたら、横で娘も試し書きをしていました。
娘は「あいだみつを」と書いていました。

■10月9日(火) 2:02

僕は商店街以外で店を持ったことがありません。
っていうか、僕が仕事を始めてから37年になりますが、途中4年間商社に勤めた以外は家業を継いだので、ずっと商店街と関わってきました。
ですから、店と商店街はイコールみたいに思ってきました。もしかすると、店よりも商店街が大事なんて考えることもあるほどです。

それが、ちょっと心境の変化って言うんでしょうか、商店街から少し距離をおいてみようかと思うようになりました。
商店街が嫌いになったとか、またその逆でもありません。
あまりにも長いこと商店街に関わってきたので、見えないことが増えすぎて本質がわからなくなったようです。

見えなくなったら、見えるところを探す。そんなところでしょうか?

■10月8日(月) 1:45

ひょんなことから、お店の前で昔話をすることになりまして・・・・。
で、僕がまだ幼稚園にも通っていなかった頃の話をしました。
「ここを馬が歩いていたんだよ。車なんか滅多に通らなくて・・・。
そして空なんか365度見渡せて・・・・・」
一年かよ!! っていうツッコミがありそうなミスをしてしまいました。

■10月7日(日) 1:20

昨日は、晴れていたと思ったら急に暗くなって、そして突然雨が降ったり、また晴れたり・・・。いかにもこの時期らしい天気でした。
いつものようにふき掃除をして、雑巾をバケツで洗ったときに、この秋初めて“水が冷たい”って感じました。
僕のモミジのような手が、きゅーって小さくなって、その後にほんのりとピンク色に染まりました。
夏が終われば秋になって、やがて冬になることは当たり前なんですが「僕の秋」「僕の冬」っていうのがあるんです。
その点で、昨日は秋でした。

■10月6日(土) 1:10

東京のタクシーが値上がりするようです。
僕は少し前までタクシー派でしたが、最近ではできるだけ電車を使いましから、さほど打撃ではありません。
そもそも、なぜ電車派になったかというと、金額の問題ではなく“Suica”です。切符を買っているうちに電車が発車してしまうこともなく、小銭を探すこともないので便利です。ほんの少しは、健康のためっていうのもあるんですが。
それにしても、タクシーは規制緩和とはいっても、自分で料金を決めることができないんですね。また、規制緩和がタクシー会社の経営を難しくしているんですね。
どうせなら金額も自由に決められるようにした方がいいんじゃないかな?
そうしたら、今回の値上げもなかったんじゃないかな。


■10月5日(金) 11:53

床屋さんに行く時間がとれなくて・・・。1時間か、せいぜい1時間半なのですが床屋さんの営業時間内にこの時間がなかなかとれません。21時から3時までなら、わりと時間がとれるのですが、そうもいかなくて。この時間帯で営業してくれるとありがたいのですが・・・。
で、やっとさっき行ってきました。開店前に行って、店は家内に開けてもらいました。

話は変わります。
忘れもしない昨年の今日です。人生で一番大きなショックがありました。それによって、生き方までが変わってしまい、この一年間は別人の人生じゃないかと思えるほどです。ひどく疲れたし、反省もしたし、とても言葉だけでは言い表せません。なにしろこのショックを、悪かったこととして受け止めるのか、良かったこととして受け止めるのかすら判断がつきません。
ただ、僕の考え方は、すべて良いこととして生きなければ人生がつまらなくなってしまうので、いつでも“起きたことは正しい”っていうことを自分でも他人にも話しているので、そのようにしています。
今日は、良い区切りなので、今日から少し肩の力を抜いて生きようと思っています。

■10月4日(木) 15:05

向かいの花屋さんでコスモスの鉢を売っています。秋桜と書いてコスモスは、さだまさしの歌で知りましたが、花の形は最近知りました。たしかに“薄紅のコスモスが秋の日に”のとおりです。30くらいある鉢にはキタテハ(蝶の種類)が何匹も群がっています。中に一匹だけモンキチョウが混ざって飛んでいます。
僕は、花の名前はほとんど知りませんが、チョウチョの名前はほとんど知っています。
知識が偏っているんです。先日も、往復ハガキを書く機会がありまして、家内に「どっちに相手の住所を書けばいいの?」って聞いてバカにされました。

あっ、話を戻します。
花って、なんとなくザッと見ているときれいなんですが、よ〜く見てると変です。全体からすると花が大きすぎる様に感じてしまいます。種を継続させるために目立たないといけないからなんでしょうが、花としてみれば辛いことなんでしょう。僕の顔の所にトラックのタイヤを乗せているようなもんですからね。人間は、言葉を覚えたので花みたいに顔を大きくする必要もないし、猿みたいに力を見せつけなくてもいいし・・・・。僕なんか、もしも言葉がなかったら、絶滅してしまうんでしょう。ただ、他の人よりも顔が大きいのは、少し言葉がおぼつかないのかもしれません。

どうして、コスモスの話からこうなっちゃうのかな????

■10月3日(水) 12:16

クリスマスとかヴァレンタインデーとかお祭りとかは、楽しみにしていますよね。もちろんお誕生日とか、少しハードルを低くして七夕や父の日も楽しみです。
でも、ハロウィンはどうなんでしょう? ハロウィンでカボチャはわかるんですが、それ以上の想像力がわかないんです。たまにテレビなんかで仮装の人たちを見ますが、どう見てもワクワクしてこないんですよね。お店(当店はやっていません)では、それなりにハロウィンディスプレイをしているんですが、生活に入り込んできません。
僕は思うんですが、西洋のハロウィンをそのまま持ってきても定着しないと思うんですよ。正装をする日にしたらどうかな? 男女ともに正装をする日になれば、その後の想像力が働くと思うんです。
ホテルのディナーであったり、オペラかなんかに行ったり・・・・。


■10月2日(火) 14:53

昨晩は、っていうか今朝早くに寝て起きてからすぐにお墓参りに行きました。
運転していても途中眠くて眠くて困りました。
帰りにいつものように玉川高島屋に寄って、今帰ったところです。濃いコーヒーを飲みながら、ビデオにとっておいたAチーム見ながら、竹内まりやの音楽を聴きながら、と相変わらずの“ながら”でこれを書いています。
まあ、疲れちゃったので少し寝ることにします。

■10月1日(月) 11:55

当店の店頭で女性が二人で話していました。一人は50代くらいの女性で地元の方だと思います。もう一人は、その方の姪と思われる人で武蔵小山を案内してもらっている風です。で、その二人が当店を指さして
「ねっ、可愛いでしょ。」
「ほんとだぁ〜。可愛い。」
「でね、安いのよぉ〜。心配になっちゃうわよ。」
「ほんとに安いね。」
と、ここまでは良かったのですが、最後に
「なかなかつぶれないのよ〜」
だって。

当店は10月3日で24年目に入ります。
なかなかつぶれませんよ。