2006.7月
2000年 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月
これと言って特長のないHPなので・・・、と思って書き始めた日記ですが、近ごろでは、この日記が私の生活の節目になりました。
定期的に読んでいただいている方には、私の毎日が手に取る様に?おわかりになるのではないでしょうか。

pun
長女が、小学4年生の時に創ったキャラクター「プン」です。いろいろな脇役なんかもあって、面白いです。
お暇な時に画像をクリックして下さい。
子供の発想って大人ではとても思いつかないと言うか、忘れてしまったというのか・・・・。
これが私です。
この日記をスタートした頃に家内が吹きだしながら描きました。でも、私はあの頃は82kgありましたが、
あまりにも呼吸が苦しくなったのでダイエットしました。で、今は70kgを行ったり来たりです。
TOPページへ

■7月31日(月) 0:40

 当店では年に数件くらいの“忘れ物”があります。傘とか買い物袋、財布なんていうのもあります。でも、昨日はとうとう“忘れ人”になるところでした。バギーに赤ちゃんを乗せた夫婦がご来店しまして・・・・。夫婦とも夢中になって商品を見ています。その時点で、赤ちゃんの存在は夫婦の中にはなかったように思います。で、案の定お買物が終わって二人で店を出て行きました。もちろん、すぐに思い出して戻ってこられましたが・・・・。

■7月30日(日) 0:20

 気がついてみたら当店の売り上げの10%くらいは外国人のお客様かもしれません。考えてみたら国際化ですよね。武蔵小山ですよ武蔵小山。たとえば僕がアメリカに行ったら、ニューヨークとかロスとかの都市に行きます。フランスでもイギリスでも中国でもそうです。武蔵小山に該当する街には行かないと思います。よほど知り合いがいるとかでなければ、外国から武蔵小山という構図はあり得ないですよ。まあ、これが国際化って言うことなんですね。

■7月29日(土) 0:05

 僕は数年前に体重が増えすぎてしまい、ダイエットを始めました。82kgの体重を4ヶ月で68kgまで減らしました。あれから4〜5年になるでしょうか。リバウンドを気にしながら、それでいて美味しいものは食べたくて・・・・。昨日の体重は71.7kgです。25日は73.1kgでした。こうして毎朝体重を量って多すぎれば調整します。僕にとって73kgがリミットで、これを越えると食べません(ワインは飲みますが)。で、だいたい71kgから73kgの間をいったりきたりです。ほんとうは68kgにしたいのですが、体力が落ちるのが怖いのと、食べたいものもありますので・・・・・。

■7月28日(金) 0:05

 2486円、47円、4893円。これはそれぞれ7月27日時点の金銀プラチナの1g当たりの価格です。昨年の安値は、それぞれ1433円、23円、2871円でした。つまり去年、金銀プラチナを買った人は2倍近い金額になったんです。これは信じられないくらいの高値ですが、歴史というモノは恐ろしいモノです。こんなのはどおってことない金額の時があったんです。今から26年前、1980年です。この年、金は6495円、銀は367円、プラチナは8240円でした。ところで、バブルっていつからいつまででしたっけ?

■7月27日(木) 0:35

 10月末に行う「第23回わいわいワゴンセール」のプロジェクトがスタートしました。まだまだ荒い企画ですが、流れとしては楽しく面白いワゴンセールにしたいというのがメンバーの一致した意見でした。もちろん僕も大賛成。いくつかの出番があるでしょうから、はりきってやろうと思います。

■7月26日(水) 0:33

 家内と娘で渋谷に行きました。その帰り道のことです。代官山を走っていて信号で止まったら、横の壁に奈良の大仏様の鼻から目にかけて大きなポスターがありました。そうしたら、娘が「あっ、これって寄生虫博物館にあった亀の半開きになった目に似てる。」と言いました。たしかに罰当たりな言葉ですが、僕は・・・・・。僕の勝手な考えですが、子供の素直な言葉を大仏様はきっと微笑んで聞いていたと思うんです。

■7月25日(火) 1:55

 昨日、店頭に立っていたらお客様が前を通って「いやねえ、ジメジメして。」とおっしゃるので「ほんとうに、いつまで梅雨を引っ張るんですかね」とお返ししました。「雨が降るとお店もたいへんでしょ」「はい。でも家庭を守る方がたいへんですよ。家内も洗濯物が乾かないって困っていますよ」「そうなのよ・・・・・・」こんな会話の後、別れ際に「だから小山っていいのよね」とおっしゃいました。何に対して「小山って・・・・・」となったのかはわかりません。僕が思ったとおりなら嬉しいんだけど。

■7月24日(月) 0:05

 おかげさまでイベントは天候にも恵まれて盛況のうちに終了致しました。
 で、そのイベントでのことです。当店ではバッグを100円で販売しました。70歳を過ぎただろうと思えるおばあさんが代金を僕の手に渡してくれる時・・・・・。急に僕の手を握るんです。僕はビックリしてしまい金縛りのようになってしまいました。そうしたら「あんたは、困った時には必ず助けてくれる人が現れるよ。」と言って下さいました。手相を見ていたんですね。「じゃ、僕は幸運なんですね」と言うと「助けてもらえるんだから幸運でしょう」と言われました。そして「そう言えば、僕はいつだっていろんな人に助けられていますよ」と言いますと「あんたが、そういう人だから助けてくれる人がいるんだよ。」と言って下さいました。しばらくたってから、手を握られた時の感触が、僕がまだ小さかった頃おばあちゃんが手を握った時の感触にダブっていたように思います。

■7月23日(日) 0:48

 本日は11時から、当商店街のイベント「セールダーツ!!」です。お買い得を買って、ダーツで景品をゲットというわかやすいセールです。こんなに単純なセールですが、ここまで来るのに沢山の労力と時間をかけました。どうか、天の神様にお願いします、寒くても暗くても晴れなくても結構です、雨だけは降らせないで下さい。当店は、原価割れどころじゃない超お買い得の100円ワゴンです。

■7月22日(土) 0:40

 ついさっきまで、僕が最も尊敬している人と久しぶりに飲んでいました。その方は、品川区の商店街連合会事務局の事務局長さんで、僕は事務局長さんになる前から何かと助言をいただいている方です。その方のどこがすごいかというと、物事を大局で考えることができるということです。僕のように15°の角度からしかモノが見えない人間からすると、前後どころか、上からも下からも見ることができることに感動します。これまでも、まさか僕がそんなことできないでしょうということも、上手に優しく教えてもらって、何度も自分自身が驚かされました。そんなわけで、今も興奮しています。

■7月21日(金) 0:20

 馬鹿なお笑い芸人のおかげで欽ちゃんのゴールデンゴールズがたいへんなことになっています。これはマスコミにも責任がありますよ。台本もろくにない、いい加減な番組に、いい加減なお笑い芸人を無節操に出すから馬鹿が調子に乗るんです。テレビをすべて教育番組にしろとは言いませんが、せめて出演者は「良いことと悪いことの区別がつく人」という最低限の基準があっても良いんじゃないですか? 
 話がそれました。ゴールデンゴールズがやめる必要はまったくないと思いますが、今回の欽ちゃんの発言でゴールデンゴールズに対する注目が大きくなったことは確かです。でも、もうこの報道はやめて欲しいですね。 あっ、ついでですが、どこかの狂言をやっていた人もテレビに出さなくていいんじゃないですか? テレビっ子の僕が言っているんですから、この意見は多数派だと思いますよ。

■7月20日(木) 2:30

 昨晩は仕事が終わってから23日のイベント「セールダーツ!」の説明会でした。説明会と言うよりも決起大会、いや決起大会と言うよりも懇親会でした。焼肉屋さんで1時間半ほどやって、その後はカラオケでした。で、この時間。みんなとても元気です。このところ、僕たちの商店街は新規加盟店が増えて、各地の商店街がかかえる「空き店舗対策」とは無縁です。(今のところは) でも、おごれる者は久しからず・・・・日夜努力だけは・・・少しだけしています。そうです、一番通りは少しだけ頑張って、ちょっとイイ商店街です。

■7月19日(水) 0:15

 家族で買い物に出かけていて、19時頃車で帰ってきたところ我が家のまわりに沢山の消防車が止まっていまして・・・・。てっきり火事だと思って大あわてしましたが、煙はなくどこかが燃えた様子もなかったので一安心しました。でも、どうしてこんな騒ぎになっているのか知りたくて、駐車場から現場に向かいました。そうしたら、異臭です。異臭。何だか硫黄みたいな強い臭いが辺り一面覆い尽くして、頭が痛くなるほどです。家に帰ってみると、家の中まで臭っていまして・・・・・。数時間で臭いは消えたのですが、この臭いには必ず臭いの素があるはずです。地域を覆い尽くす臭いですから一般家庭ではないでしょう。大きな会社か、マンションあたりが臭いですね。

■7月18日(火) 0:20

 気がついてみたら、とても気になる人が病気だったんですね。いえ、家族じゃないんです。第一、家族だったら“気がついてみたら”じゃないですから・・・・・。
 王監督と忌野清志郎さんです。普段は特に気にもしていない二人ですが、よく考えてみると日本にとっては、とても大事な人なんですよね。二人とも代わりの人がいませんもんね。
 ニュースでは、王監督の手術は成功したようですし・・・・・。どうかどうか、二人とも元気に復帰してくれることを心から祈ります。
 気がついてみたら、僕は二人とも好きだったんです。この二人はブラウン管の中の人ですが、もしかしたら僕には自分が気がついていない大事な人がいるのかもしれないと思うと、もっと目を開かないといけないなって思います。

■7月17日(月) 0:20

 どうしたんだろう。僕はあまり無理をしないので疲れるということは滅多にないのですが、先週はとても疲れました。体じゃなくて精神的に疲れました。やっぱり一番は気温なのかな?思いもかけない気温は体力よりも精神を痛めつけるように感じます。そんなわけで、今日はこれだけ。

■7月16日(日) 0:30


 いやー、すごい雷雨でした。天地創造を思わせる雷は、聞こえると言うより揺れるという言葉がピッタリなほどの激しいものでした。前の道を、東南アジア風の女性が大声で知らない言葉を発しながら走り去り、一方通行を逆送してきた車が危うく出会い頭に衝突しそうになり、なぜか甚平を着た個人タクシーの運転手はあわててメーターを“自家使用”に切り替え、後部座席のお坊さんは手を合わせていました。少女は「カミナリはダメ!」と叫びながらお母さんの手を引き、少年は何を思ったか両手をはなして自転車で雨をかき分けて突き進んでいました。(これ、全部ほんとの話)
 アーケードの角に位置する、当店の本店では突然の雨に次々と売れる500円の傘に歓喜の雄叫びをあげ、僕はというとビッショリとぬれた自転車の二人乗りの男女に「これは、むしろ良いのかな・・」などと天使の笑顔で見送りました。
 やがて30分もすると、ぬれた道路がなかったらあんな雷雨があったことが嘘のように鎮まりました。
こりゃ太古の時代、雷を恐れた人達が神の仕業だと思っても当然だったでしょう。梅雨明けのころ雷雨の後、田が豊かに実ることを考えれば“雨”と“田”で雷になるのと同時に“神なり”と感じたのでしょう。


■7月15日(土) 11:50

 昨日は特異日でした。開店してすぐに、高校時代の友人が二人で訪ねてきまして・・・・。一人は数年ぶり、もう一人はこの武蔵小山でかねてからの夢だった店を始めようとしています。僕と同級生ですから、ちょうど定年後に起業しようというのに似ています。僕は、こうした前向きな話は大好きなので三人でランチを食べながら話しました。もちろん店がオープンするまで彼を手伝いますよ。そのうちに、この店のことをこの日記でご紹介できると思います。
 その後一時間もたたないうちに靴のメーカーさんが来まして・・・・。彼も取引先というより友人です。秋物の靴についてあーだこーだ言いながら2時間ほど話しました。
 そして入れ替わりに、主に東南アジアの商品を扱う商社の社長が来まして・・・。彼も友人です。彼は仕事の話ではなく、パソコンの使い方を聞きに来ました。彼はどの国に行っても言葉に不自由しないほどの達人だし、40年近くも外国に行ったり来たりなので、いろいろと教えてもらうばかりなのですが、パソコンだけは僕が教えます。
 で、最後はおととい草むしりの件でご紹介したモンレーブの大塚さんです。20時〜23時半までパソコンを教えまして(ビールを飲みながら)、その後は2時半までワインを飲みながらあれこれと話しました。
 結局、10時間くらい友人と話した事になります。こりゃ特異日です。

■7月14日(金) 1:11

 ジダンの件でマスコミは盛り上がっています。どうしてこんなに簡単なことがわからないんですかね。
 スポーツにはルールがあります。ルールを破ればペナルティーです。ジダンはルールを破ったので退場でした。これは正しい。(ただしジダンの時だけビデオ判定というのはフェアじゃない。マテラッツィがジダンのユニフォームをつかんでいるのは反則なので、ビデオ判定でペナルティーでなければならない。)
 ここで重要なのは、どんなスポーツのルールでも、その国の法律の下に位置づけられるということです。例えば、ピッチで殺人すればレッドカードではなく殺人犯です。
 ジダンが本当にルールを犯してまで暴力に訴えるほどの侮辱を受けたなら、サッカーのルールでは解決できないでしょ。
 こんなことを、いつまでも時間をかる必要はないでしょう。
 何かというと、スポーツを神聖なものとして考えるから、こんなに簡単な問題が解決しないんです。どんなに高給取りの選手でも法の下では平等でないと・・・・。
 
 次回のワールドカップは南アフリカでしょ。世界中でジダンの件に費やす費用を、アフリカの子供たちのために使ったら、何人が助かるんでしょうね。
 テレビ局も、寄付ばかり集めてないで、自分の姿勢も考えるべきです。

■7月13日(木) 14:55

 昨晩は会議の後に飲みに行きまして、遅くなってしまいましたので、こんな時間の更新です。それにしても、暑いです。梅雨明けはまだだそうですが、こやもう夏本番ですね。
         
 これは、数時間前の写真です。7月23日に行うイベントの会場予定地で、雑草がこんなにも伸びてしまったので刈っているところです。しかも、雑草を刈っているのは当商店街の会員ではありません。かといって、業者の方でもありません。
 今は久が原と馬込で東京一美味しいパンを売っている「モンレーブ」の社長(大塚さん)です。一番通りで以前お店をやっていた関係で、今は手弁当でオブザーバーをやってくれています。その彼が休みをとって、こんな仕事をかって出てくれています。ほんとうに頭が下がります。
 どんなことにも真剣で、夢と熱を持ったイイ男です。
 こんな社長のもとでパンの修行を積んだお弟子さんが、8月に当店の4軒隣りにパン屋さん「セル オ ブレ」をオープンします。お弟子さんと数回話をしましたがとても性格の良い女性です。パンの腕は社長のお墨付きですから絶対です。
 炎天下でこんなイヤな仕事をニコニコとやってくれる大塚さんに報いるためにも、オープンするお弟子さんには出来ることは何でもやって返さないとと思っています。
 これも、“ご恩送り”です。

■7月12日(水) 0:40

 僕は文房具が大好きで、ことに筆記用具には特別な思いがあります。
 近頃、文房具特集とか万年筆特集のような雑誌が増えてきました。
 で、記事によると第三次万年筆ブームが来ているようです。第一次は1920年代(さすがにこれは知らない。)第二次は1960年代(大橋巨泉がパイロットのCMをやっていたころかな)そして今です。
 と、言っても今のブームは二極化で、一つは(ステイタス+万年筆を持つ自分が好き)という高級万年筆派。もう一つは、(100円ショップでも売っている簡単な万年筆)です。
 もちろん僕は、両方持っています。持っているし使っています。僕にとって最高の筆記具は万年筆と鉛筆です。手に優しいんですよね。でも、携帯するにはどちらも問題があるんです。万年筆は落としてペン先を傷めるのがいやで、鉛筆は芯の先が丸くなるので鉛筆削りを持ち歩かなければならない。(ファーバーカステルならキャップに鉛筆削りが付いていますが)
 
 いつも、この調子なんです。文房具のことになるとあとさきがわからなくなって、いつまでも書いてしまうんです。
 僕は、文房具がテーマだったら、原稿用紙100枚なら書けるかな・・・・。

■7月11日(火) 0:55

 僕にとっては、とっくに興味が無くなったワールドカップでとんでもないことが起きましたね。僕の知っている数少ない外国人選手のジダンがやってくれました。すごい頭突きだったですね。それにしても、サッカーの場合は乱闘でも手は使わないんですね。
 ニュースでは誰もがそろって「暴力はいけません。」「何を言われても我慢しなくちゃ」と言っています。
 へえ〜。サッカーは暴力はいけないんだ。だったら、今回のワールドカップは延べ1000人はレッドカードでしょ。しかもジダンの時だけビデオ判定だって?
 別に僕はジダンの味方でも何でもないけど、審判の判定がいいかげんです。これほどまでルールが守られていないスポーツはプロレスくらいです。
 ジダンだけにビデオ判定するのはフェアじゃないです。ビデオなんだから、さかのぼってすべてのプレーを判定しなければいけないんじゃないかな?
 それにしても、あの頭突きはすごかった。

■7月10日(月) 1:15

 プロ野球がスタートしたこの春。堀内監督にブーイングをしていた人たちは原監督のもと勝ち続けるジャイアンツに「もう一度、応援してみようか。」と思いました。

 森総理にブーイングをしていた人たちは予想に反して小泉内閣が発足して「ライオンハート」なんていうSMAPみたいなメルマガがスタートして「もう一度、信じてみようか。」と思っていました。

 その結果、プロ野球は低迷しフジテレビは放映しなくなり、ライオンハートは迷惑メールに属しました。
 僕は、パソコンの「お気に入り」にしておいたプロ野球を削除し、テレビで政治をやっているとチャンネルを変えるか音を消すことになりました。

 ありゃりゃりゃりゃ・・・・。こんなこと書いていたら、今日は小泉孝太郎の誕生日だって。
 と、納豆の日。
 テレビで見る小泉孝太郎のキャラは、ほぼ決定したので”納豆の日”について。
 これは、単なるゴロです。ナットウ=7 10です。
 そう言えば昔、日本史で「納豆でオナラ」=710年奈良に都を移す。を、思い出しました。
日本も、遷都を考えなくちゃいけないのかな? ここままじゃ、いけないことはわかっているんですが・・・・。

■7月9日(日) 0:05

 当店の向かいの八百屋さんはとっても面白い人です。一日のうち5時間くらいは歌っています。で、歌っていない時は大きな声で呼び込みをしています。
 昨日は、突然
 「お父さんが来ますよ〜」と言ったかと思うと、すぐに「おじいさんが来ますよ〜」「おばあさんが来ますよ〜」と言っています。前を歩いているお客様もキョトンとしてあたりを見ています。そしたら次に「お盆ですよ〜。お父さんが来ましたよ〜。おじいさんもおばあさんも来ましたよ〜」と言いだしました。

 もしかしたら、八百屋さんには見えているのかもしれません・・・・。来ているのが・・・・・・。

■7月8日(土) 0:20

 ISOTに行ってきました。体調が完璧ではなかったので、薬を持ちながら会場を歩き回りました。途中、仕事と趣味が重なってウキウキとしてしまいましたが、そこはこれでもプロなので肝心なところはおさえてきました。今から楽しみです。

 所で、ISOTはビッグサイトでやっているのですが、ビッグサイトに限らず展示会場ってどうして食べ物が美味しくないのに高いのでしょうか?
 晴海にしても幕張にしてもビッグサイトにしても、街からは隔離された立地ですから、食事をしようと思ってら会場内で食べるしかありません。
 これって、刑務所に入っている人にカップヌードルを500円で売るようなものです。会場内で食べ物を売っている人たちに言いたいです。
 「あなた方は、同じもので渋谷で勝負できますか?」と。

■7月7日(金) 0:05

 本日は年に一度のISOT(国際文具・紙製品展)に行きます。当店は雑貨屋なので、どんな物でも扱えます。文具は僕の趣味でもありますので、普通の人よりは詳しいのですが、こと文具業界についてはあまり知りません。以前から当店のラインナップに文具を加える計画がありましたが、なまじ自分が詳しいために中途半端はできなくて、今日まで来てしまいました。今回のISOTで、おおよその品揃えを決めようと思っております。
 面白い物というよりも、自分で使ってみて良かった物を揃えるつもりです。もちろん、高価な万年筆も置きたいのですが、今回はコストパフォーマンスを優先します。ラミーサファリやペリカーノジュニアなどの万年筆などヨーロッパの筆記具やノートを見つけたいと思います。
 友人には「あまり趣味に走らない方がいいよ。」と忠告されていますので、一人の消費者として見てこようと思います。

■7月6日(木) 0:10

 閉店後に商店街主催の「POP勉強会」に行っていました。僕なんかが教える側なので知れていますが、それでも知っている人が知らない人に教えるというのは、ごく自然な流れです。パソコンを使ってやっていますが、僕は僕で詳しい人から教えてもらってから、それを教えているわけです。技術的にはこのような流れでOKなのですが、センスということになると別で、きっと僕の方が教えてもらう立場になりそうです。こんなふうに協力し合って出来る環境が、商店街の活性化につながるのだと思います。
   

■7月5日(水) 0:30

 お盆より少し早いお墓参りに行きました。毎月必ずお墓参りに行きます。そして、必ず帰りには玉川高島屋に寄ります。ここは、ファッションという点では先端とは言えませんが、堅実で継続的な集客を見事なまでに実現しています。
 僕は、行くたびに勉強をして帰ります。僕の目には、よそのショッピングセンターやファッションビルに比べてガツガツした競争ではない”落ち着き”を感じます。

 話は変わります。
 当店が所属する商店街、一番通りのホームページをリニューアルしました。
 僕は、こうしてホームページを開設していますが、パソコンのことはからっきしで、友人の助けがなければ何も出来ません。
 それなのに、何の因果か僕が商店街の”情報・広報部長”なのでホームページビルダーのマニュアル本を読みながら必死に作りました。是非ご覧下さい。

■7月4日(火) 0:10

 昨日、TBS「はなまるマーケット」の制作の方が来ました。7月14日に放送の「武蔵小山特集」で放映するので・・・・ということでした。主旨としては「この商店街にこんなに安い物がありました。」という、いつもの(商店街=安い物)的な内容でしたので、僕は「テレビっていつもこうですよね。もっと違う視点で商店街を見てもらえませんでしょうかね?」と、言いました。そうしたら、制作の方は「もう決まっていますので・・・すいません。何か一品でも目玉商品は出ませんか?」と言いました。
 で、僕は「それじゃ、テレビを見た人はいつでもそんな目玉があるように思いますよね。それじゃ嘘をついているみたいだから・・・・・。僕の店はこの番組にはなじまないと思いますよ。それでも良いならまた話を聞きますよ。」と言っておきました。

 一番通りは7月23日に「セールダーツ!」というイベントがあります。当店は、その日はワゴンでバッグを100円で限定販売します。
    
 でもねえ、7月14日のはなまるマーケットには間に合いませんから・・・・。

■7月3日(月) 1:25

 武蔵小山駅が地下駅になりました。毎日武蔵小山に通っている当商店街の会長がやってくれました。会長は横浜から通っているので、今までは目黒線は洗足駅までが地下でした。そんなこともあり地上にあるべき武蔵小山を待って乗っていたところ、気がついたら一つ先の不動前駅だったとのことです。つまりは、きれいになった武蔵小山駅に気づかずに乗り越してしまったということです。
 これって、自分の彼女が内緒で整形をして、いつもの場所で待ち合わせをしていたら、あまりにキレイになったので気がつかなかったという展開に似ています。
 まあ、彼女にしても駅にしてもキレイになることは良いことです。

 ただ、お年寄りなんかは、想い出が詰まっているのは昔の駅ですし、彼氏は整形前の彼女の中に想い出があるんですよね。

■7月2日(日) 2:30

 武蔵小山にとっては半世紀に一度くらいに特別な日です。今、この時間に目黒線が地上の線路から地下の線路に移され、本日の始発は武蔵小山は地下駅になっています。
 好奇心旺盛な81歳の母は1時頃まで工事を見に行っていましたが、母が子供の頃からの線路が無くなることに多少の感傷があったようです。それでも、仕事もありますので帰ってきました。すごい多くの人たちが見に来ているとのことです。
 
■7月1日(土) 1:02

 昨日は東京女子医大に行きました。昨年から通っていますが、定期検診のようなものです。あっ、脳のことです。40年以上も頭痛に悩んでおりましたが、どうやら決まりのようです。原因はヘルペスウィルスみたいです。
 これも初めは仮説でした。
 「原因がヘルペスだったら、この方法で治るから試してみましょう。」という一言から始まりました。そして、この一年検証してわかってきました。
 そこで、昨日先生から新たな仮説を聞きました。
 「柴田さん。サナダムシって知っていますでしょ。人の体からサナダムシがいなくなってからヘルペスウィルスが原因の頭痛が増えているんです。アレルギーもそうなんです。サナダムシがウィルスを喰っていたんじゃないかと思うんですよ。」
 仮説ですよ。仮説。体の中の生態系が崩れた結果、生まれた病気やアレルギーがあるというのも一理あります。
 だからといって、僕の体の中にサナダムシを入れようとは思いませんが。