2005.9月
過去の日記帳
2000年 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
これと言って特長のないHPなので・・・、と思って書き始めた日記ですが、近ごろでは、この日記が私の生活の節目になりました。
定期的に読んでいただいている方には、私の毎日が手に取る様に?おわかりになるのではないでしょうか。

pun
長女が、小学4年生の時に創ったキャラクター「プン」です。
いろいろな脇役なんかもあって、面白いです。
お暇な時に画像をクリックして下さい。

子供の発想って大人ではとても思いつかないと言うか、
忘れてしまったというのか・・・・。
これが私です。
この日記をスタートした頃に家内が吹きだしながら
描きました。
でも、私はあの頃は82kgありましたが、
あまりにも呼吸が苦しくなったのでダイエットしました。
で、今は67〜68kgを行ったり来たりです。
TOPページへ

■9月30日 0:10

 
寒さって急に来ますね。昼間は丁度良かったのですが、朝は震えました。僕はどうも体温調節が上手にできないのか、暑さにも寒さにも弱いんです。ですから急に寒くなったりすると本能的に体が冬眠の準備をしようとします。幸いに僕の体は冬眠に耐えるだけの脂肪は日常から蓄えておりますので・・・・・。そういえば、財布の中も突然寒くなります。ただ、困ったことに、こちらの方は蓄えがありませんので冬眠などできようもなく、これからやってくる冬に備えなければなりません。

■9月29日 1:10

 
気がついたら秋になっていたという感じです。朝起きるころには、無意識に寒いのか、掛け布団を頭からかぶっているようです。家内と子供たちの証言を信じると、そのようです。目が覚めた僕には寒いなんて感じはまったくなくて、自分の部屋ではクーラーを入れています。昨日も、半袖を着ていたら近所の人から「寒くないの?」とか「若いねえ」とか言われましたが、僕が店内でクーラーを入れていたことを誰も知りません。

■9月28日 1:18

 
昨日は部屋を掃除して本の整理をしたことを書きました。さっきまで仕事をしていましたが、大好きな本に囲まれてする仕事は気分が良いです。
 
左の写真は僕の背中の後ろです。右の写真は縛の右後ろです。ほとんどの本は一歩で手が届きます。まさに僕の城です。この僕の城に入ったことがある友人の数は、まだ一桁です。
実は、この部屋に入ると僕自身の内面までが見えそうで・・・・・。これって、日記帳を覗かれているみたいで恥ずかしいしイヤなんです。つまり、この部屋に入った人は家族と同じということです。そんな、部屋を長い間掃除もしないで・・・・ほんとうに部屋に申し訳なかったと思います。これからは、できるだけ整理整頓を心がけたいと思います。

■9月27日 15:35

 定休日で、何も予定を入れなかったので、少し遅くまで寝てお昼を食べてから部屋の掃除をしました。凄いホコリでした。ホコリを集めたら座布団2枚くらいはできたでしょう。それから膨大な量の本の整理もして、今終わったところです。本は作家別に集めて、それでもダメなのは捨てました。一冊ずつ手にとって並べ替えていくと、その本を読んでいたときのさまざまな思い出がよみがえり、何ともいえない気分になりました。沢木耕太郎の「一号線を北上せよ」は、家内が手術をしているの待っているあいだ中読んでいたので、この本からは病院の臭いまでしました。おかげさまで、今はみんな元気です。

■9月26日 0:50

 
昨日は台風17号の影響で一日中強風でした。特に当店の周辺はビル風もあって他の所より強くなります。
 例えばこんなことです。向かいの八百屋さんのテントは跳ね上がり、東急ストア前では自転車ドミノがギネスにせまり、無人のバギーが道を横断し、Lサイズのご婦人が体を帆にして当店の前を飛び去りました。表に出るとスーパーの袋が龍のように一気にマンションの屋上の彼方に消え去り、おじさんがずれたカツラを両手でおさえながら「やっぱりリーブ21にするんだった!」と半狂乱になっていました。
 アメリカではハリケーン「リタ」が猛威をふるい、ベルリンでは野口みずきが150cmの体で風になりました。  そんな、一日でした。

■9月25日 1:30


 ひと雨ごとに秋の装いが濃くなる今日この頃です・・・・、なんて僕のキャラに似合わないフレーズです。実は短い物語を書きまして・・・。いえ、小説とかじゃなくて、この日記と同じヨタ物語です。それでも、3日間もかけて原稿用紙67枚を書き上げました。そんなわけで、少しばかりキャラに似合わない文章を書いてみたというわけです。
 今までに3人に読んでもらいましたが、それなりの反応でした。友人の固有名詞が沢山出てくるので残念ながらこのHPで紹介はできません。で、調子に乗って次の物語の構想を考えています。こっちの方はもしかしたらご紹介できるかもしれません。年末くらいかな?それとも連載にしようかな?

■9月24日 11:56

 昨晩は友人たちと2時までポスターづくりをしていました。もちろん飲みながら・・・。その後、すぐに寝れば良かったのですが、少したまった仕事があったものですから、ビデオに撮っておいたK−1を見ながら4時までやってしまいました。フラフラになってしまいました。で、起きるときはまだフラフラでしたが、今は大丈夫です。

■9月23日 1:25

 
みなさま昨日の午前中、アメリカの旅客機が故障して緊急着陸をしました。いつものようにテレビを見ていたら急にアメリカからライブ映像が入りまして、ビックリしました。最初の映像から40分ほどしてから、とうとう着陸しました。ところが、前輪の所からすごい炎が出て、一瞬最悪の事態を考えてしまいました。でも、最終的には無事に着陸できて、思わず拍手をしてしまいました。

 話は変わります。
 テレビの電車男が終わりました。みなさまは見ていたでしょうか?僕は、子供たちのリクエストで一緒に見ていて、いつの間にかハマってしまいました。あの、かっこわるい電車男の誠実で正直なところがエルメスとうまくいってしまうという奇跡を起こしました。これは、宝クジに3回連続で3億円が当たるようなできごとです。でも、奇跡って起きるから奇跡という言葉があるんですよね。僕には無縁でしょうが。
 いいですよね。ハッピーエンドのドラマは大好きです。ところで、電車男だったら宝クジの3億円よりもエルメスを選ぶんでしょうね。

■9月22日 0:30


 部屋の整理を始めましたが、なかなか進みません。元来、僕は整理が苦手なんです。そのくせ、モデルルームのような何もない部屋が大好きです。一年のうちで一ヶ月くらいは、捜し物をしています。今回のように、一ヶ月くらいかけて整理しても、せいぜい一週間でまたバラバラです。きっとこの部屋を3倍にしても、3週間できっとバラバラでしょう。そう言えば、僕の頭の中も部屋と同じです。こちらの方は、整理したことがないので・・・・・。

■9月21日 0:57

 先週は法事、昨日はお墓参りでした。今の僕は、とてもいい人です。ところで、いい人ついでに・・・・。10月28日から30日まで当商店街のワゴンセールです。今回が22回目です。その実行委員でもありますので新聞折り込みチラシの編集をしています。ほぼ完成しているのですが、もう少し手直しが必要です。これまでに50時間くらいかけました。こんな風に作っていることを商店街の誰も知らないんです。ですからたまに、作っていることが馬鹿馬鹿しくなるときがあります。別に褒めてもらわなくてもいいんですが・・・・・。僕が、この商店街でやる最後の仕事になるのかな? もしかすると、もう商店街って組織は必要ないように感じるときがあります。だって、お客様は商店街に買い物に来ているんじゃなくて、お店に来ているんですから・・・。この日記をご覧の商店街関係者の方は、ほんとうに商店街が必要なのかどうか考えて見て下さい。

■9月20日 1:11

 
僕が乗り物に弱いことは何度も書きました。乗り物酔いに悩んでいる人にはわかると思うのですが、乗り物酔いというのは乗り物に乗っているときばかりじゃありません。このところテレビCMで流れているのですが、パナソニックのCMです。運動会でバトンを落とした女の子をビデオで撮るというやつです。手ぶれ防止とかいうシステムだそうですが、見ている方はたまりません。ガタガタと揺れる画面を見ているだけで気持ちが悪くなります。乗り物に乗っているような気分になってしまいます。僕なんかアレを見ると食事中だとその先は食べられなくなります。悪気があって作ったCMでないことはわかりますが・・・・・・僕にとっては、ある意味、印象的なCMです。

■9月19日 1:10

 ビデオに撮っておいた「Dr.コトー診療所」を楽しみに見ています。それと、あの「女王の教室」の最終回も子供たちのリクエストで一緒に見ました。今日は物語そのものではありません。日本の子役は良くなりましたね。
 僕は昔、「クレーマークレーマー」と「ホームアローン」を見たときに、日本の子役は日米の軍事力よりも差があると感じました。それがどうでしょうか、大人顔負けの演技です。ほんとうにビックリです。見る人を楽しませるという点で、監督はまだ差があるようですが・・・。子役は国際レベルまで手の届くところにあると思います。日本の子役がハリウッドスターになるのには、さほど時間はかからないと思います。
 よく、バラエティーやニュースでネタが切れたら子供か動物を扱えばいいって言いますが、子供の力ってすごいですよね。

■9月18日 1:30


 毎朝、だいたい同じ時間に店を開けます。だいたい同じ手順で開けていると、店の前をだいたい同じ人が歩きます。何人かと「おはようございます」と挨拶をします。これが当店のスタートになります。このように挨拶をする方の中には、歩くのを補助するバギーみたいなのを押しながら、5cmずつ歩くご老人(女性)がいます。僕のような若輩者にも、きちんと挨拶を下さいます。
 近くの治療所に通っているのですが、本当にゆっくりとしか歩けません。そんな毎日のことを書こうとしているのではありません。そのご婦人がお化粧をしている日があるんです。お化粧と言っても主に口紅だけですが・・・・。僕は、これが嬉しいんです。曲がりなりにも女性のお手伝いをする仕事をしていますので、女性が何歳になっても何かの日にはお化粧をするということが嬉しいんです。

■9月17日 1:48

 
実は僕がすっかりはまったDr.コトー診療所が再放送になりまして・・・・。もちろんビデオに撮りました。もちろんすべてです。全部で11話くらいだったと思います。ついさっきまで4話までを一気に見ました。もちろん10ccくらいの涙と一緒にです。こういう物語が良いです。近頃は記憶にも残らないいいかげんな番組が多いので、なおさらです。僕は、見終わってから“見て良かった”っていうのがいいんです。見たんだか見なかったんだかわからない番組は、時間の無駄だと思うんです。僕も、大人なんだから番組名は書きませんが・・・・。

■9月16日 12:35

 
お昼のニュースを見ていたら、秋葉原で日本最大の家電の店がオープンして、その秋葉原で警察官を装って女性にスプレーのようなモノを吹き付けた奴がいて、滋賀では装っていない本物の警察官が取調中に女性にわいせつな行為をして、東京では迷子になっていた3匹の子豚が飼い主に戻りました。そして、最後のニュースではニューオリンズでした。ニューオリンズは怖いです。ハリケーンよりも、何かというとすぐに暴徒と化す人の方が怖いです。
 
 一方、武蔵小山は大丈夫です。

■9月15日 0:45

 
「亀梨君てお母さん似だよね。絶対にそうだよね。」突然家内が言いました。亀梨君ってあのKAT・TUNの亀梨君のことです。僕が「お母さんなんて知ってるの?」と聞くと「知らないわよ」と平気な顔で言い返します。「じゃ、わからないじゃん。」と言うと「あの顔は絶対にお母さん似よ。わかるんだから。」と自信たっぷりです。逆らうと怖いので「そうかもな。」と言っておきました。そしたら次に「木村佳乃がお父さん似とは知らなかったわ。」と言いました。「どうして知ってるの?」と聞くと「それは本人が言ってたのよ」と言いました。家内はとても勘が良いんです。ハイ。

■9月14日 12:30

 
粉飾決算なんて言葉はなじみがありませんでしたが、カネボウの件でテレビではこの言葉が溢れています。公認会計士が関わっているらしいのですが、どうしてなんでしょうね。公認会計士と言えば僕なんかの頭じゃ千回生まれ変わっても合格しないような難しい試験に合格しないと資格をもらえないんでしょ。せっかく資格を取ったんだから真面目に仕事すれば収入だって一般の人よりも多くなるでしょうに。元は取れると思うんですよ。欲張りになっちゃうんですかね。何かの本で読んだんですが、日本じゃ会社が公認会計士を雇うのですが、アメリカじゃ株主が雇うんですってね。考えてみれば、公認会計士って会社が雇えば粉飾決算はやりやすいですね。

■9月13日 19:25

 
8月末が決算だったので棚卸しの最終結果を出していました。だいたい予定通りの数字でした。僕が、「見るだけで涙が出るモノ」は地球儀で見る日本と決算書です。日本の大きさは変わりませんが、決算書は早く「見るだけで笑いが止まらなくなるモノ」になって欲しいです。

■9月12日 0:05

 
選挙結果がだいたい決まったようです。僕にとっては、喜ぶべきことでもなく、悲しむべきことでもありません。特に感情が動かないというのが正直なところです。どこが勝とうが、自分の身と自分の家族は自分で守ることに気持ちは変わりません。

話は変わります。
日本にも地震や台風で大きな被害があります。被災者の皆様は思いもかけない被害の中でも、救援物資を争って奪い合うということはありません。反面、ハリケーンカトリーナの被災地は無法地帯です。アメリカだけではありません。世界各地の被災地での混乱ぶりを見るにつけ、日本人はまだ大丈夫だと思います。この日本人の振る舞いは、政治が作ったモノではないと思います。その昔、日本人の道徳の規準は太陽でした。「お天道様が見ている。」「お天道様に顔向けができない。」政治じゃないんです。


■9月11日 0:45

 まずはじめに。本日は都合により臨時休業致します。

 
当店は女性のお客様が90%以上です。25歳を中心に中学生から主婦の方々にご利用いただいております。もちろんお母さんとお嬢さんが一緒においでになることも珍しくありません。で、月に1〜2回困ったり、驚いたり、迷ったりすることがあります。と、いうのは親子なのか姉妹なのかわからないことがあります。これは、お嬢さんが大人っぽいと言うよりもお母さんが若く見えるのだと思います。お化粧だって服装だって、きっとお嬢さんと同じ店で買っているのだと思います。とにかくお母さんが若い。これは良いことだと思いますよ。女性が自分の美を年齢であきらめない世の中になるというのは良いことです。

■9月10日 1:05

 アサヒビールの調査で「一度で良いから、お酒を飲み交わしたい歴史上の人物は?」の結果は1〜3位は男女ともに1位坂本龍馬、2位織田信長、3位聖徳太子でした。この結果を僕が知る前に家内が同じ質問をしました。僕は、考えました。歴史上尊敬する人はいますが、一緒に飲むとなると話は別です。僕が出した答えは、1位空海、2位源義経、3位徳川家康でした。その他ランダムに聖徳太子、上杉鷹山、河井継之助、井原西鶴、法然、秦河勝、・・・・。まだまだいるのでしょうが時間がなかったもので・・・。で、僕は自分が尊敬している吉田松陰や南方熊楠を選びませんでした。なぜ選ばなかったかというと、楽しくなさそうなんです。結局僕ってわがままだから、どんなに尊敬している人でも自分のペースを崩されるのがイヤなんです。いえ、イヤというより怖いんです。きっと、吉田松陰と飲んだら「それはすばらしい!やってみましょう。」と言われるのが怖い。南方熊楠と飲んだら「一方的に世界の民話や万ごとを聞かされそうで。」・・・・・。本当はイヤじゃないんですが、飲むときくらいは楽に飲みたいですから・・・。そう言えば、僕も気をつけなければいけません。

■9月9日 0:45

 
♪伊東に行くならハトヤ、電話はヨイフロ♪  僕が子供の頃に聞いた初めての電話番号の語呂合わせです。近頃では保険会社や健康食品の会社の語呂合わせが盛んです。117117イイナイイナ。♪ここはニンニク健康家族♪みたいにです。ところが、僕の耳にはどんな電話番号でもみんな「やずや、やずや」って聞こえてしまいます。すごいインパクトです。

■9月8日 1:35

 
一つの台風がこんなにも長く日本に被害を及ぼすのは僕の記憶にはないように思います。それに被害も重大です。特に九州は僕が30年以上前に靴のセールスで担当していましたので自分の故郷が被害を受けているようで、本当に心配しました。いえ、自分の関わった地域だけが心配というわけではないのですが、どうしても心が平等になれません。それでも、55年も生きていると各地に知り合いがおりまして、今この時間は北海道でしょうか。札幌にも函館にも帯広にも・・・・・・。やっぱり、日本中誰一人でも理不尽な被害がないことを祈ります。

■9月7日 0:45

 年に二回のギフトショーに行って来ました。おそらく世界最大のギフトショーかもしれません。とにかく会場の大きさは異常に大きくて・・・・。まともに見ていたら一ヶ月くらいかかるでしょうか。その会場を数時間でまわるには、それなりの覚悟が必要です。少し大げさですが、100キロマラソンに挑戦する丸山弁護士の心境です。しかも、これと思った商品を0.1秒で見極める感性と直感が必要です。そんなわけで、今はヘトヘトです。じゃ、僕がそんな離れ業ができているのかというと、できないから小さな店をやっています。それでも、2社と取引しました。

■9月6日 1:58

 
9月6日です。この日には特別な思いがありまして・・・・・。と言っても、みなさまには馬鹿なようなことです。僕の誕生日が6月9日なので、子供の頃から9月6日が自分にとって何か変わる日のように感じていただけのことです。
 ついさっき、勉強会とその後の飲み会から帰ったところです。帰ってすぐにメールをチェックして、その後インターネットを見ましたら、台風14号が勢力を保ちながら北上しているとのことです。進路に当たる方々には、被害がないことを祈ります。それと、台風は勢力を保って欲しくありませんが、勉強会で感じられた興奮とかやる気の勢力は衰えて欲しくないのです。なかなか都合良くいきません。


■9月5日 0:15

 
お祭りは無事に終了しました。途中心配な雨が降りましたが、肝心な時間には雨もやみました。さすがに神様です。
 ところで、毎年感じるんですがお祭りが終わった後に必ず「淋しい風」が一吹きするのですが、今年はなぜか感じませんでした。この歳になって大人になっちゃったのかな?


■9月4日 0:05

 
昨日からお祭りです。大好きなお囃子の音が聞こえるとわくわくします。血が騒ぐというのか血が濃くなると言うのか・・・・。なんだか嬉しくなります。
 ところが今年のお祭りは選挙中です。お囃子とは正反対な気分にさせる選挙のスピーカーにはあきれます。候補者の皆さんは自分の名前を連呼していますが、そんなことより一緒になって御神輿をかついだ方が好感が持てると思うのですが・・・。
 ところで、僕なんかでも学級委員になったことがあります。皆さんが同じかどうかわかりませんが、僕の時は理由はともかく推薦でした。推薦された人は、しかたなく選挙されて、正しいと言う字を書かれて、めでたくもなく学級委員です。そして、妙に責任なんか持たされて、それでも少しは応えたいと思って・・・・。
 そうそう、あの頃って棄権なんてありませんでした。僕はあの時、女の子に一票を入れました。
 今回の選挙ですが、こんなことです。僕はニンジンとフキがどうしても食べられません。何度もチャレンジしたのですが、どうしても食べられません。

■9月3日 2:10

 
昨日は、朝6時起きで東京女子医大病院に頭痛の原因が何であったのか結果を聞きに行きました。結果は前回と同じでウィルスが原因であることが、ほぼ確定されました。とにもかくにも脳自体に欠陥がなかったことは、想定される範囲で最良の結果でした。
 原因がウィルスであるなら、ウィルスを殺す薬を飲んで頭痛をなくすという、きわめて論理的な方法で治療をしました。
 診察が終わって、診察室を出るときに先生が「じゃ、頑張って下さい」という声をかけて下さいました。何だか「お大事に」と言われるよりも、いかにもウィルスと戦っている感じで、思わず心の中で「ハイ!頑張ります」と答えてしまいました。
 
 ところで、近頃の病院の会計は自動会計機にカードを差し込むと「○○円です」と機械の声がして、お金を入れると「カードと領収書をお取り下さい」と言います。そして、最後に「お大事に」と言ってくれます。僕の隣で会計をしていた老紳士が、機械の「お大事に」という声に「どうもありがとう」と返事をしていました。


■9月2日 0:10

 
少しだけ涼しくなってきたと思ったら、また暑くなりました。そこで一句。
      残暑でも 財布の中は クールビズ
 
 ところで、選挙がまっただ中でテレビでも選挙一色です。そりゃ日本の一大事ですから・・・・。一応、郵政民営化が大きなテーマになっています。特に民営化になると郵便事業が弱体化することを懸念している人が多いようです。で、私の所にも郵政民営化に賛成する候補者からハガキが届きます。もちろん反対の候補者からも・・・・・。

 さらに、ところで。以前特別番組で見た「Drコトー診療所」が再放送になりまして、もちろんビデオにとって見ています。僕は、コトー先生みたいに優しくなりたいんだけど、優しくなりたい気持ちが足りないのか、優しいという属性を持っていないのか、あと数回生まれ変わらないといけないのか・・・・・?今のところは、自分から積極的に悪いことをしないというところでしょうか。

9月1日 0:10

 ついさっきまでワゴンセールの打ち合わせをしていました。ワゴンセールは10月28日〜30日の3日間です。ワゴンでお買い得品を販売することは当たり前として、その他に3日間の日替わり企画があります。例えば2日目の29日は「入札」があります。人気のデジカメやHHDDVDレコーダー、電動アシスト自転車、羽毛布団、防災グッズをお客様に入札していただきます。これは面白いですよ。欲しかった商品が思いもかけない価格で手に入るかもしれません。約2ヶ月後ですが、数ヶ月前から企画を始めました。一人でも多くのお客様に喜んでいただけるよう、これからも準備します。