2005.3月
過去の日記帳
2000年 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月
これと言って特長のないHPなので・・・、と思って書き始めた日記ですが、近ごろでは、この日記が私の生活の節目になりました。
定期的に読んでいただいている方には、私の毎日が手に取る様に?おわかりになるのではないでしょうか。

pun
長女が、小学4年生の時に創ったキャラクター「プン」です。
いろいろな脇役なんかもあって、面白いです。
お暇な時に画像をクリックして下さい。

子供の発想って大人ではとても思いつかないと言うか、
忘れてしまったというのか・・・・。
これが私です。
この日記をスタートした頃に家内が吹きだしながら
描きました。
でも、私はあの頃は82kgありましたが、
あまりにも呼吸が苦しくなったのでダイエットしました。
で、今は67〜68kgを行ったり来たりです。
TOPページへ

■3月31日 0:35

ありゃりゃりゃ・・・・・。楽天のことです。初戦こそ勝ちましたが、その後は4連敗。多くの評論家の予想通り100敗ペースになりました。驚きました。まだ始まったばかりなのでどうなるかわかりませんが、私はまさかプロ野球で100敗もするチームが現実に現れるなんて信じられませんが・・・・・。今年のプロ野球の興味が増えました。勝てば”楽天”負ければ”転落”です。
ところで、サッカーの方はバーレーンに勝ったようです。得点はバーレーンの選手がご親切に入れてくれた様で・・・・・。私は、6チャンネルで昔の歌謡曲を見ていたのでリアルタイムでは見ていませんでしたが、ニュースで知りました。そう言えば昔、ブラジルだかアルゼンチンのチームで同じようなことがあった時に、殺されちゃったことがありましたがバーレーンではそんなことないでしょうね。心配だったら、日本で保護してあげなければいけません。


■3月29日 23:20

朝から東京中を駆け回りました。まずは、銀座です。このところ定期的に観察している銀座ですが、今日は四丁目を中心に見ました。私の印象ですが、このところの銀座の重心は四丁目から日本橋の方に少しずれてきている様に感じます。銀座の後は、日本銀行に行きました。目的は、店のプレゼントに使うボールペンやシャープペンを見に行きました。これがそうです。

ボディの中に旧札を刻んだものが入っています。もちろん書き味は同じですが、何となく心が騒ぐ気がします。日銀の後は、東京大学に行きました。目的は同じです。東大のノートやレポート用紙、便せん、論文用紙も買ってきました。お客様に感想を伺ってから、何かの機会にプレゼントしようと思います。最後は、青山のケーキ屋さん「ピエールエルメ」に行きました。それはそれはおしゃれなお店で、まるで宝石屋さんのようなディスプレイにうっとりしました。そうそう、青山はすごい混んでいました。このところ、いわゆる大人の街に人が増え、渋谷や新宿あたりは減っているようです。

■3月28日 1:35

頭痛は少し残りまして、昼過ぎまで寝ました。でも、幸いにひどくはならず13時頃には、いつものように店に出ました。頭痛がなくなるというのは私にとって本当に嬉しいことですが、子供達や家内にとっても私以上に嬉しいことのようです。私に限らず、家族が病気というのは生活を曇らせますね。

話は変わります。
当店の隣の東急ストアの前でおじいちゃんとおばあちゃんが自転車の後輪に荷物を結ぶゴムのロープをからめてしまい困っていました。見ていた私は、出入り口をふさぐように作業をしている二人を「他人の迷惑も考えられない人だから手伝うのはよそう。」と思って遠くから見ていました。そうしたら、おじいちゃんが入り口をふさいでいることに気がついて自転車を邪魔にならないところに移動して作業し始めました。そこで、私が「どうしたんですか?お手伝いしましょうか?」と声をかけると、車輪にぐるぐるにからんだゴムを絶望的な顔で見ながら「ありがとうございます。もう、このまま押して帰りますから・・・」とおっしゃるので「ちょっとやらせて下さい」と言ってペンチとドライバーでなおしてあげました。
そうしたら、おじいちゃんとおばあちゃんはとても喜んでくれて、お礼にと言ってリンゴまでいただきました。
損得勘定を言うつもりはありませんが、困っている人を手伝うと喜ばれるんですね。困っている人が欲しがっているのが「ニーズ」なんですね。これが本当のニーズなんです。ところがどこの店とは書きませんが、店の外に商品を山積みして歩行者の邪魔をして、無神経な呼び込みをしている駄菓子屋は、お客様のニーズなんか考えたことがないんでしょう。消防自動車や救急車がその店のせいで止まってしまうこともしばしばです。この店にとってお客様のニーズは「安けりゃいいんだろ!」ということだけでしょう。一つの街の一つの出来事でした。

■3月27日 2:05

いやー困りました。また頭痛です。2月に七転八倒した、あの頭痛の前兆らしき痛みが突然襲いまして・・・・。お酒は少し多いかもしれませんが、暴飲暴食はなくタバコだって一日に十数本、野菜だってちゃんと食べているのに・・・・。それと、コーラが大好きなのに毎朝乳酸飲料を飲んだり、昼食の時は牛乳だって飲んでいます。今は、鎮痛剤を飲んでおりますから痛みはおさまっていますが、頭痛持ちの方ならわかると思いますが”日ノ出の頃が痛い”んです。こうして遅くまで起きているのも、自分の体をヘトヘトにして寝ないと痛みで起きてしまうのが恐いからです。あと一時間ほどしたら寝ようと思いますが、目が覚めたら痛みがなくなっていることを祈りながら寝ます。
痛いと言えば。
サッカーのイラン戦は負けてしまったようですね。金八先生を見ていたのでわかりませんでしたが、ニュースで知りました。ワールドカップに出るには痛い敗戦だったようです。これまた、ニュースで知ったのですが、この戦いで興奮したイランの人達が5人も押しつぶされて死んでしまったようです。サッカーというスポーツは命懸けですね。

■3月26日 17:55

私はサッカーと言うよりプロ野球派です。パリーグが今日開幕しました。年間100敗すると言われている楽天が初戦を勝利しました。何はともあれ、仙台の方々には嬉しいスタートだったようです。このように新しいチームができると、やはり活性化します。ニュースを見ていても一番初めに報道されたのは西武やソフトバンクではなく楽天でした。
ところで、私は普段はJ−WAVEを聴いていますが、土曜日の番組はあまり好きでないので聞いていません。別の放送局も興味がないので、結局ラジオは聴いていません。こんな時、ライブドアとニッポン放送が知恵を絞った番組があれば、聴くんだけどな・・・・。

■3月25日 0:10

昨日はTVチャンピオンで「文具王」をやっていましたのでビデオにとって見ました。その中で、一本のボールペンは何メートルくらい書けるのか?というコーナーがありました。家内と見ながら、私は電卓をたたいて5000メートルという答をだしました。その根拠は大学ノートの1ページ当たり20cmの線が500本引けて、50ページくらい書けると仮定して5000メートルでした。と、申しますのは、私の人生でほんの短い期間だけ一生懸命に勉強したことがあります。その頃は、自分にノルマを決めて「BICのボールペンを一週間で使い切る」ということでした。日本史の勉強で、覚えるために何もかも大学ノートに書くんです。文字の上にも文字を書き、大学ノートのページは当時使っていたグリーンのインクで一杯になりました。一週間で50ページくらい書くとボールペン一本がなくなったと記憶しています。私は10週間ほど続けましたが、寝る時間がなくなるので、断念しました。
ところで、TVチャンピオンの結果は5470メートルでした。なんだか、ちょっと気分がいいです。

■3月24日 0:40

私は、テレビの水戸黄門が大好きです。最後には必ず葵のご紋の印籠が出てきて、悪代官ややくざの親分が「へへへ・・・・・」とひれ伏すわけです。”ごくせん”の「やんくみ」が悪い奴をちょちょちょいとやっつけるのと同じです。ところで、水戸黄門の葵のご紋は徳川家の印ですが、日本の皇室の印は菊のご紋です。私は、てっきり飛鳥の時代から皇室のご紋は菊のご紋だと思っていたら、後鳥羽天皇の時代からなんですね。菊のご紋は昔からありましたが、後鳥羽天皇が大好きだったから、それ以来皇室のご紋になったようです。しかも現在の十六葉のご紋は、もっとずっと後で、戊辰戦争の時です。昔の500円札にあった岩倉具視が側近のデザイナーに依頼してデザインさせたご紋を薩長が作って「錦の御旗」として使ったことから定着したようです。意外と新しいので驚きました。
ところで、この後鳥羽天皇は鎌倉時代に権力を武士の手から皇室に戻そうと承久の乱という争いを起こして沖の島に流された人です。そうです、今NHKで放送されている「義経」にひんぱんに出てくる後白河上皇のお孫さんです。つまり平幹二郎の孫です。
先日NHKの義経を見ていて、家内に「この、後白河法皇って今の皇太子の先祖だよね。皇室はどんな気分で見てるんだろう」と言ったら、「普通は、そんな風に見ないんじゃないの?」と言われました。
ちなみに、家内は義経役の滝沢秀明の大ファンです。滝沢秀明のような美少年が大好きな家内が、私の家内でいる・・・・・・平家物語じゃないけど”世の無常”を感じます。

■3月23日 0:10

毎週楽しみに見ていた「みんな昔は子供だった」が終わりました。あらゆる面で”きれい”なドラマでした。私の曲線的な生活が、毎週火曜の22時から23時の間にこのドラマで曲線の山を迎えます。でも、極端に言えば、このドラマのおかげで私の曲線の幅が小さくなりました。つまり、曲線の谷が浅くなったということです。出来ることなら笑点のようにとは言わないまでも、水戸黄門のようにシリーズになればと祈ります。本当にすばらしいドラマを見させてもらいました。どうもありがとう。

■3月22日 0:55

あと数日で愛、地球博がスタートしますね。おそらく私は行かないと思います。このところ、テレビで紹介しているので全部とは言わないまでもだいたいのことは知っています。行かないと言っている私が書くのも変ですが、興味があるモノ・ベスト3は・・・・・。NO.1は、リニアモーターカーに乗ってみたい。NO.2は、フィギアスケートの安藤美姫がCMで乗っているトヨタの乗り物。NO.3は、トトロの時の家です。マンモスも興味はありますが、どうしても見たいと言うほどではありません。こうして考えてみると、この万博は科学技術最先端と、人間らしさの融合のようです。そして、そのどちらもが「夢」という言葉に収束するようです。

本日は、お墓参りに行きます。


■3月21日 0:10

福岡と佐賀で大きな地震がありました。今のところ一番ひどいのが博多湾の玄海島のようですが、できるだけ被害が少ないことを祈ります。私は、21歳から4年間博多におりましたので、お世話になった方も友人も沢山いらっしゃいます。電話がつながらなくて福岡の様子が詳しくわかりませんが、きっと家の中片付けをいているのでしょう。”いつか必ずやってくる大地震”がこんなにも現実に起きてしまうとショックです。今回は、震源地の位置を考えると、今話題の竹島でも大きな揺れがあったと思います。どのニュースを見ていても竹島の様子を報道しません。日本の領土なら報道しなくちゃ!!。

■3月20日 0:15

娘にとって父親(私)の仕事場は、当然店ということになります。でも、店は住まいと同じ所にありますから仕事と日常の生活をなかなか区別できないと思います。で、たまにチャンスがあれば仕入に連れて行きます。昨日も連れて行きました。バッグの問屋さんでは私が選んだ商品を、重いのに必死になって持って私についてきます。アクセサリーの問屋さんでは、細かい商品を必死で品定めをしていました。そして、最後にアクセサリーパーツのメーカーに行きました。このメーカーは、皆さんのほとんどの方がご存知のブランドの商品を作っているところです。実は、数年ぶりに顔を出しました。私たちが言った時には、どこかに出かけていた社長がしばらくすると帰ってきて、久しぶりの再会をしました。お互いの近況なんかを話しながらの仕入を見ていた娘が、帰りの車の中で「あの人、パパのこと好きだよね。」と言いました。「パパも、あの人のことが好きだからね。」と言うと「何年も来てなかったんでしょ。」・・・・・・・
そう言えば、大好きな人なのに何年も会っていない人って意外と多いことに気がつきました。
娘には、私の仕事場の別な一面を見せられた気がします。

■3月19日 0:15

竹島の件で日韓がよろしくないことになっています。悲しいことです。ニュースを見ると韓国では日本の国旗を燃やしたり、自分の体に傷をつけたりして講義しているようです。一方、小泉首相はこれと言った解決策は何も言いません。たしかに難しい問題ですが両国共に解決しようという気持ちが少しばかり欠けているように思います。ヨン様から始まった韓流ブームもギクシャクします。今年は、せっかく友好年なのですから、変なイベントをやるよりも竹島をテーマとした領土・歴史・文化などを政治だけでなくエンターテイメント・教育・民間などできちんと話し合えば良いのではないでしょうか?両国共にアジアの牽引役として、世界を驚かす様な解決方法を示したいです。

■3月18日 1:15

家内と二人してパズルにはまっています。特に、数独といって縦横が9マスづつで、計81マスの中のところどころに数字が入っていて、縦横に1〜9の数字を重ならないようにして当てはめる形式のパズルです。みなさまもチャレンジしたことがあると思いますが、けっこう時間がたつのも忘れて夢中になってしまいます。おかげで、家内と一緒にいても会話が減りました。
で、みなさまにも・・・・と思いましたが、今日のところは簡単な算数の問題を解いてみて下さい。
    □+□=□
    □−□=□
    □×□=□
 上の9個の□の中に1〜9の数字を重複しない様に入れて式を成立させて下さい。近いうちに解答をこの日記に書きます。


■3月17日 0:30

とうとうライブドアがニッポン放送の株の過半数を手に入れました。この度のすったもんだは、世のお父さんをはじめとして日本国民に○×の評論家にさせてしまったようです。私としては、ライブドアに○です。理由の一番は、株にはまったく縁のなかった私が、ほんの少しだけわかるようになりました。特に「株式会社」と「株主」の関係がよくわかりました。一言で言えば、日本の株式会社は株主を無視しすぎていたんでしょうね。事業内容(ニッポン放送の場合は番組)にも工夫の跡がありませんし、この私も十数年前までは、仕入に行く時に車の中で聞いていたのはニッポン放送でしたが、今ではJ−WAVEです。こうなったら、フジもじたばたしないでニッポン放送を見守ったらどうでしょうか?私の勘ですが、ニッポン放送はJ−WAVEくらいになるのではないでしょうか?つまり、ホリエモンが言っているようにインターネットも期待できますが実際の放送にも改革ができるように思います。

■3月16日 0:45

昨日は品川区の産業振興課に行ってきました。私どもの商店街では年間に11回のイベントを行ってきました。そのうちの10回は品川区から補助金をいただいています。いくつかの基準をクリアしないといけないのですが、その中の一つに報告書の提出があります。その担当が私というわけです。このように、商店街の仕事で出向くことは結構多くて・・・・。皆様の税金で補助をして頂くわけですから当然ですが、商店街の人達はそのことをあまり知らないんです。知っていても知らないふりをしている人もいるでしょう。ちょっと愚痴でした。

報告書を提出した後に、同じビルの中にある品川区商店街連合会の事務局に顔を出しました。そこの事務長は私が最も尊敬している方の一人が事務局長をされています。1時間以上お話しをさせていただきましたが、5分に一回は勉強になるお話しをして下さいます。年に数回しかお話しすることはありませんが、その度に「近いんだからもっと会いに行かなくちゃ」って思うのですが・・・。その方は、絶対に私のことを叱らないんです。優しい言葉で、色々な話をして下さいます。で、恥ずかしながら、聞いている時は叱られているなんて全く感じられないのに、家に帰ってから思い出すと遠回しに叱られていることに気づくんです。昨日は「柴田さんのお手並みを拝見しましょう」というコトバでした。私には、お手並みなんてないのに。

■3月15日 0:15

昨日はとても悲しい思いでテレビのニュースを見ました。あの、こぶ平が林家正蔵を襲名しました。モーニング娘。がノーベル賞を取る方が現実的な出来事です。私は高校時代に落語研究会におりまして、けっこう真面目に取り組んでいました。毎月渋谷の東横落語会にも行っていました。当時は先代の正蔵師匠が健在で独特の語り口で聞かせてくれました。正蔵と言えば先々代はたしかにこぶ平のおじいさんですが、これじゃ政治家と同じジャン。ただでさえ古典落語はお笑いブームの陰に隠れて、まともな落語をテレビで見る機会がなくなりましたが、原因は落語協会です。まともに落語も出来ないタレントを真打ちにしたと思ったら、こぶ平が正蔵だって・・・・・・。     この点だけは。。。。。笑わせてくれました。古典落語も歌舞伎もテレビのタレントに収束しそうです。放送業界は思いもかけないIT業界からの参入に危機感を少しだけ感じているようですが、古典落語の世界は世間が見えていないのでしょう。そういえば、少し前に有栖川なんとかという詐欺師が笑わせてくれましたが、こぶ平の正蔵襲名には同じ臭いがします。本当は、私はすごく怒っています。

■3月14日 0:30


小学5年の娘が私のホワイトボードに描いたモノです。なんと言えばよいのかわかりませんが、こんなデザインの包装紙や紙袋があったら面白いです。どことなく、punの人間版みたいな気がします。

■3月13日 0:45

まだ亡くなったことが信じたくないほど偉大なアーティストのレイ・チャールズをモデルとした映画が話題です。私も見に行こうと思います。今日は、レイ・チャールズの偉大さは置いておいて、苗字と名前について書きます。レイ・チャールズの映画のタイトルは「レイ」です。私は、正直言って「レイ」じゃレイ・チャールズを頭に浮かべることができません。私にとって、レイ・チャールズとフルネームで言ってくれないとわかりません。ポール・マッカートニーはポールでわかります。ジョン・レノンだってジョンでわかります。エルビス・プレスリーはエルビスでもプレスリーでもわかります。こんな、苗字と名前について考えたことが30年ほど前にあります。それは、当時フォークソングとかニューミュージックというジャンルで大人気だった吉田拓郎、井上揚水、泉谷しげる、小室等の4人がフォーライフレコードというレコード会社を作った時です。当時、私はこの4人について、吉田拓郎は「拓郎」、井上揚水は「陽水」でした。吉田さんとか井上さんではわかりませんでした。で、泉谷しげるは「泉谷」です。しげるではわかりません。そして初代社長の小室等はフルネームで言わないとわかりませんでした。どうってことない話ですが、当時一番ヒット曲を持たなかった小室等が社長になったのは、レイ・チャールズのようにフルネームで呼ばれるからだったのか?・・・・・・。でも、こんな話しも聴いています。4人で会社を作る時に誰が社長になるかという時に、4人とも辞退したので選挙で決めようということになりました。そして、選挙の結果小室等が4票を取って社長になったとか・・・・。ちなみに、当時の老舗レコード会社の人達はフォーライフレコードの販売を拒否しました。その時に販売を引き受けたのはポニーでした。そうです、ライブドアの放送業界参入を拒否しているフジサンケイグループのポニーが新規参入を受け入れたのです。

■3月12 12:21

先日散歩をしていた時のことです。西小山の商店街を歩いていたら、少し前を自転車で走っていた若い奥さんが自転車を止めました。後ろには3歳くらいの男の子が乗っていました。奥さんは子供に向かって何かをさとすように話しています。私が歩いていくと奥さんの声が聞こえてきました。「アンパーンチ!でしょ。バイキーンチ!って何よ」どうやらアンパンマン大好きの子供が、アンパンマンの決めぜりフを間違えていたようです。普段は散歩なんてしない私ですが、なんだか得した気分になりました。

あっ、今地震がありました。


■3月11日 1:10

国会議員がやっちゃいました。あらららら・・・・、強制猥褻です。しかも、六本木で・・・・。いけませんね。小泉総理は「普通の人だっていけないのに、国会議員がやるのはもっといけないね」というコメント。この場合、私は国会議員でないから”普通の人”です。えっ?何だって?国会議員は普通の人より犯罪は起こさないとでも言ってるの?何を考えているのでしょう?  単純に犯罪率だけを取ったって国会議員の方が高いと思うよ。でも、だからといって私はもう怒ったりしません。せめて、国会議員の皆さんには一日も早く”普通の人”になって欲しいと願ってやみません。

話は変わります。
昨日、お客様から受け取った代金に、この100円玉が入っていました。「お客様、この100円玉を使ってもいいんですか?」とお聞きしたら、良いとのことです。早速、私は手持ちの100円玉と交換しました。
 
この日記をご覧の皆様の中には、左側100円玉を見たことない方もいらっしゃるのではないでしょうか?昭和33年の100円玉です。あのころの日本は活力がありました。チャレンジ精神に満ちていました。敗戦後13年目のことです。バブルが崩壊して16年くらいかな?そろそろ、国民が一丸になってチャレンジしても良い頃だと思います。

■3月10日 0:15


世の中ウンチクブームです。誰も知らないようなことをスラスラと話すと「すごいなー」と感心します。
たまに鼻につく人はいますが・・・・。
で、今日はその反対で裏ウンチクとでも言うのでしょうか、そこまで知らないのも「すごいなー」という話です。以前知り合いの女の子は、ウニはお寿司屋さんにあるあの状態で海にいるのだと思っていました。ここまで知らないと笑うどころか親が小さな子供に教えるように図に書いて説明してあげました。ついでですが、その女の子は鯛が池にはいないことを知って腰を抜かしていました。なぜこんなことを書くのかと申しますと、私も同じような経験があるからです。中華屋さんにキクラゲってありますでしょ。あれはクラゲだと思っていました。つい数年前までそう思っていました。インドマグロはマグロですし、手長ザルはサルですし、犯罪者は犯罪を犯した者なのでキクラゲはキ(黄色いのが料理によって黒くなっていると思っていました)のクラゲだと思っていたと言うわけです。おかげさまで、そのことは誰にも話さなかったので腰を抜かすこともありませんでしたが・・・・。当店の向かいの八百屋さんで1袋100円で売っていたので、こんなことを思い出しました。


■3月9日 0:05

定休日だったので武蔵小山周辺を歩きました。半径1km位をくまなく見てまわりました。実は、武蔵小山で店を構えているのに武蔵小山をちゃんと知らないと恥ずかしいので・・・・。で、見たこともない路地なんかも見てまわり、色々と発見もしました。しかも、これだけでは足りなくて学校から帰った娘を連れて目黒にも行きました。駅ビルだけじゃなく駅周辺もきちんと見てまわりました。
で、権之助坂でこんなお店を発見しました。
          
間口は2mもないかもしれません。奥行きだって3mくらいのビルです。自動車と比較していただければ想像できますでしょ。よく、間口が狭くて奥行きが深い家のことを「鰻の寝床」なんていう表現をします。実は、このビルは「鰻屋」さんです。鰻の寝床とはこのことです。もっとも、ここの鰻は立ったまま寝ているようです。私も35年前は予備校生でして、ほんの短い期間だけ勉強したことがあります。いや、ほんとうに短い期間ですが、高田馬場にある予備校に通う時によく電車の中で立ったまま寝たものです。この鰻屋さんもきっと一生懸命なのでしょう。今日は、こうして日記のネタにしてしまったので、今度食べに行きたいと思います。


■3月8日 1:10

久しぶりに暖かな一日でした。あまりの暖かさに、私が卵だったらヒヨコにかえるところでした。
今日は、もっと暖かくなるようです。何はともあれ、私にとっては暖かくなることは本当に嬉しいことです。
前書きはここらへんにして・・・・今から70年前の今日、渋谷駅に行ったことがない人でも知っている「忠犬ハチ公」が亡くなった日です。動物の関わる物語は時として、人間の物語よりも感動を呼ぶものです。私も、以前上野でハチ公の剥製を目の前にして、何とも言えない気分になったものです。そんな清い気分になる今日が、よりによってあの高木ブーの誕生日でもあります。以前、当店に高木ブーが来ました。テレビで見るのとは別人でした。・・・・・・ただ、別人とだけ書いておきましょう。


■3月7日 0:25

私は音楽が大好きです。クラシックだって聴きます。私は、数あるクラシックの中で一番好きなのは、ラヴェル作曲のボレロです。聴いていると体の中の血液が沸騰してくるようです。本日は、フランスの大作曲家ラヴェルの誕生日です。今から130年前です。日本に初めての鉄道が開通してから3年後のことです。一口にクラシックと言ってもバッハは1685年生まれですからラヴェルよりも190年も先輩です。(ちなみにバッハも3月生まれ)と、すると今から100年もするとミーシャもオレンジレンジもクラシック?

■3月6日 0:05

我が家では、まだおひな様を片付けていません。いえ、娘が嫁ぐのを遅らせようなんて思っているわけではありません。第一、片付けるのが遅いと嫁ぐのが遅くなるという文献は見あたらないようです。この話を家内に話したところ「私はわかるよ。片づけができないような親の元で育った娘は躾が出来ていないから結婚できないんだと思うよ。」と言いました。私としてはウンチクを話したつもりでしたが、一本取られました。

■3月5日 0:55

なにげないコトバが人生に大きく影響したりすることってありますよね。私にもいくつかありますが、今日はその一つを書いてみます。
当店は1984年10月3日のオープンです。当時は古着とアンティックと駄菓子屋さんのおもちゃという、当時としてはユニークなスタートをしました。もともとは靴屋なので、このすべての分野で素人でした。
ですから古着とアンティックは大阪の先生の指導で仕入をしていました。で、駄菓子屋さんのおもちゃは自分で勉強をしてルートを開発しました。オープンして一ヶ月が過ぎた頃、駄菓子屋さんの問屋が蔵前にあるというので、わずかなお金を持って仕入に行きました。何時間も見てまわって、一軒の小さなお店に入りました。3坪くらいだったでしょうか。昔よく見かけたタバコ屋さんの様に、おばあちゃんが店番をしていて、「おもちゃの指輪を仕入れたいんですけど、売っていただけますか?」と言ったら、「どんなのが欲しいのかな?」と静かに答えてくれました。私は、どんなの?と言われてもわかりませんので小さな箱をいくつも開けてもらって、結局3000円くらいの仕入をしたと記憶しています。
自分としては、たった3000円の仕入で随分と時間をかけてしまったので、おばあちゃんに申し訳なくて「これだけしか買えなくてごめんなさい。」と言ったら、おばあちゃんは神様の様な優しい声で
「あんたは面倒見がいいからきっとうまくいくよ」と言いながら明治時代からあるような伝票を書いていました。その問屋さんとは何度か取引をした後、当店の品揃えの関係で行かなくなりました。
でも、今でも「あんたは面倒見がいいからきっとうまくいくよ。」のコトバ覚えています。
その後、何度もその問屋さんに顔を出そうと思ったのですが、何しろ20年前のことですから、”もしかしたら、あのおばあちゃんに会えないかもしれない”というのが恐くて・・・・。


■3月4日 0:40

西武の堤義明が逮捕された日に、ホリエモンは外国人記者クラブで会見を開き、ニッポン放送の社員はライブドアの傘下に入ることに反対の意思表明をしました。笑っちゃう日でした。笑わせてもらった順位は以下の通りです。
1位 ニッポン放送の社員
2位 堤義明
3位 ホリエモン
では、3位のホリエモンから・・・・・  ホリエモンは随分と精力的に活動しているようですが、必死の作戦でしょうね。結果がどうなるかわかりませんが、なぜかホリエモンに可能性を感じているのは私だけでしょうか?  2位の堤義明の逮捕は、いずれ来ることはわかっていた日が、たまたまひな祭りの日ということだったのでしょう。  1位のニッポン放送の社員は吉本もついて行けないほどのギャグをやってくれます。ほんとうに笑えます。ライブドアには反対でフジ産経グループになっていたいとのこと。本当は、もっと簡単な動機なのに・・・・・。社員の皆さんは、これまでより厳しくなったり、給料が下がったりすることに反対しているだけでしょ。そんな時に「リスナーの気持ち」なんて、耳当たりの良いことばで逃げるのは情けないことです。ニッポン放送の皆さんはフジであろうがライブドアであろうが、自分達の口からくるしまぐれに出た「リスナーの気持ち」を考えてお仕事に励むべきでしょう。



■3月3日 0:45

東京23区では、歩いて7分以内に必ずコンビニがあるそうです。本屋さんがなくても、お蕎麦屋さんがなくてもコンビニはあるようになりました。”街”を考える時、「これがないとまずいでしょ」というお店はケンタッキーフライドチキン・マクドナルド・モスバーガー・ミスタードーナッツ・ドトールコーヒー・スターバックス・和民・牛角あたりでしょうか?武蔵小山にはスタバと牛角がありません。で、最近はオリジン弁当もその仲間に入ってきたと思ったら、当店のすぐそばに一日にオープンしました。大変繁盛しています。昨日は、早速食べてみました。なかなか美味しいです。おまけに安い。おまけに24時間営業。周辺の食堂はもとよりコンビニもマクドナルドも、近所の「くいしん坊万歳」も影響があるでしょう。

話は変わります。
3月3日です。ひな祭りであることはどなたでもご存知でしょう。ひな祭りであると同時に、あの桜田門外で井伊直弼が暗殺された日でもあります。1860年のことです。時代劇なんかで何度か見ましたが、当日は雪が降っていたようです。3月の雪です。ヘエーなんて思っていたら、東京でも本日の夜あたりから大雪になるそうですね。井伊直弼は勝手に条約を結んでしまったので殺されましたが、昨日は十分な議論もなしに予算案がイカサマサイコロ博打よりもいい加減に決まってしまいました。何事もなければよいのですが・・・・。雪が降るようですし・・・・・・。そういえば2.26事件の日も雪でしたね。

■3月2日 1:10

娘の同級生が出演しているという動機で見始めた、毎週火曜日の22時からフジテレビでやっている「みんな昔は子供だった」に夢中です。何に夢中かと言われるとちゃんと言えませんが、なぜだか自分も昔持っていた気分を思い出す様な・・・・・。いや、本当は自分が持っていなければならないのに、子供の頃から持っていなければいけないことはわかっていたのに、50年以上怠けていたことを見せてくれているからかもしれません。
○素直に生きること   
○ことばがきれいなこと   
○人がお金に優先しているところ
○人の話をちゃんと聞くところ   
○思いやりが溢れているところ
○物は必要最小限なのにみんなが幸せなところ
○悩みに、ちゃんと向かい合うところ
○力を合わせるところ
○そして、自分にないものばかりなところ
ちょっと病気になったことも原因かもしれませんが、もっとちゃんと暮らしてみようなんて思っている自分が信じられません。   


■3月1日 1:40


今日から3月です。特に理由はありませんが嬉しくなります。もしかすると自分の中に3月は何かが始まるような気がしているのかもしれません。でも、何かが始まると言っても、必ずしも良いこととは限らないのに嬉しくなると言うのは、きっと私は楽天家なのでしょう。

ついさっきまで、私が主宰する勉強会に出席していました。どんな勉強会かというと・・・・変な勉強会です。ザッと申しますと、私どもの様な商人が営業をするには様々な制約を内に秘めながら続けております。特にお金の制約は身震いがするモノです。それでも、イヤイヤ商売をしている人は案外少ないと感じています。もちろん私も・・・・・。でも、もし制約がないところで商売をしたらどうなるのか?なんて夢の様なことも考えるわけです。そこで、メンバー10名がそれぞれ頭の中に理想の店を持ってみようという勉強会です。今回で2回目ですが、すでに頭の中に描いた店が現実の店に反映されたお店も出てきています。
こんな事が起きるのも、3月だからでしょうか?