2004.12月
過去の日記帳
2000年  11月 12月
2001年   1月 2月 3月 4月 5月  6月 7月 8月 9月  10月 11月 12月
2002年   1月 2月 3月 4月  5月 6月  7月  8月 9月 10月 11月 12月
2003年   1月 2月 3月  4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 12月
2004年   1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
これと言って特長のないHPなので・・・、と思って書き始めた日記ですが、近ごろでは、この日記が私の生活の節目になりました。
定期的に読んでいただいている方には、私の毎日が手に取る様に?おわかりになるのではないでしょうか。

pun
長女が、小学4年生の時に創ったキャラクター「プン」です。
いろいろな脇役なんかもあって、面白いです。
お暇な時に画像をクリックして下さい。

子供の発想って大人ではとても思いつかないと言うか、
忘れてしまったというのか・・・・。
これが私です。
この日記をスタートした頃に家内が吹きだしながら
描きました。
でも、私はあの頃は82kgありましたが、
あまりにも呼吸が苦しくなったのでダイエットしました。
で、今は67〜68kgを行ったり来たりです。
TOPページへ

■12月31日 0:15
一年間どうもありがとうございました

このようなヨタ日記をご覧いただきまして、皆様の大事な時間をお使い下さいまして心より感謝致します。
大晦日にあたって、気の利いたフレーズで締めた方が良いのでしょうが、今年のことは
いやなことは忘れて、良いことは太い字で書き留めておこうと思います。

みなさま、良いお年をお迎え下さいませ。

■12月30日 0:40
今年もあと二日です。泣いても笑っても二日です。

で、あと二日でどうなるのかというと、新年です。あと二日で地球が消滅するわけでも、
支払日が来るわけでもなく、輝かしい新年が来るわけです。
楽しみです。どんな一年になるのか楽しみで楽しみで・・・・と言いながら、心のどこかで「今年こそ災害や犯罪のない一年になりますように」って祈っているのです。

それと、私よりももっと新年を祈っている方々がいます。青木、長井、波田・・・・・・・・・・・ブームというのでしょうか?あっという間にテレビを占拠したお笑い芸人達ですが、
「あんた達がテレビに出るようになったのは、面白いからでなくギャラが安いからですから・・・・残念!」

■12月29日 1:15

お餅も届きまして、お正月のお飾りもきちんとつけまして、新年の準備OKです。
玄関の扉に松の枝に注連飾りを付ける作業を小学5年の娘とやりました。
娘が「これってどんな意味があるの?」と聞くので、ありったけの知識で答えました。
「松はね、葉っぱが尖っているでしょ、そしていっぱいあるから鬼が近づけないんだよ。
尖っているから痛いし、それに、鬼って沢山あるものを数えないと入って来られないんだ。節分のお豆を沢山まくのも同じなんだよ。鬼が数え切れないんだよ。そして、注連飾りは神様がそこに来てくれる様に印をおいておくんだよ。神様、来て下さいって待つのが注連飾りなんだよ。ちょっと難しいコトバだけど依代(よりしろ)って言うんだよ」
すると娘が「へー。じゃあ、千と千尋の神隠しで龍になったハクが紙で出来た飛行機みたいなのに追いかけられたのと同じなの?」と聞くので「似ているけど違うんだよ。あの紙で出来たのは依代じゃなくて形代(かたしろ)と言って、神様のお使いだよ。」と答えました。
私の知識ではこの程度です。赤点すれすれの答だと思いますが、娘はとても感心して聞いてくれました。ほんとうに思いやりのある子供に育ちました。

ところで、本日29日はお餅を飾らないというのが一般的です。「苦持ち」と言って縁起が悪いからだそうです。
でも、私が知るところによると、29だから「福餅」と言ってわざわざ29日に飾る地域もあるそうです。記憶違いでなければ東京でも砧の方はそうだったと思います。
それと、31日に飾るのは、”一夜飾り”と言って葬儀の飾りの様なのでやらないと言うのが一般的です。
と、すると、まだお飾りをしてない方々は30日しかありませんよ。

■12月28日 0:20

小学生の頃、夏休みの宿題は8月28日くらいから始めていた私は、その後だんだんと改心をしてなるべく早くから始める様になりました。でも、これだけはどうしても治りません。
年賀状です。ついさっきまで書いていました。まだ終わっていないので、この後にも書きますし、本日の午前中も書くと思います。

ところで、スマトラ地震はどこまで被害が広がるのでしょうか?今のところ正確な情報がないのでわかりませんが、ニュースでは2万人近い人が亡くなったとか・・・・。
マグニチュード9.0は、1900年以来4番目の大きな地震だそうです。
天災というのは、誰かに文句を言おうにも言えなくて、政府の対応の不備を指摘しても取り返しがつかなくて、なんともやりきれない気分で一杯です。

■12月27日 0:55


商店街の仕事の後に友人と今まで飲んでいました。
12月というのは、何かと体力を消耗することが多くて、ふらふらです。もう少し、楽な
12月のハズでしたが、残りの5日間を健康で過ごすことに注意したいと思います。

で、今日は「おやすみなさい」

■12月26日 0:20
お酒

昨年の11月から、ほぼ毎日赤ワインを一日一本飲んできました。もちろん、何とか言う難しいワインは数本しか飲んでいません。
いつも飲んでいるのは一本千円以下のワインです。
私の様な”ただのワイン好き”は、芸能人やスポーツ選手の様な難しいウンチクは言えませんが、少なくとも自分に合うワインの味はわかります。
きっと、あの有名人よりも味については、私の方がわかると思いますよ。
なにしろ、20年前に食べたラーメンの味を覚えていますから・・・・・。

で、今はワインでなくウイスキーを飲んでいます。以前いただいた、50年モノのオールドパーです。これは美味しいです。口に入るたびにふるえがくるほどの味です。
このところ、みんなで飲む時以外では飲まなかったウイスキーですが、美味しいのは美味しいです。

■12月25日 1:25
プレゼント

昨日は、店を閉めてから家族でケーキを食べて紅茶を飲んでクリスマスを祝いました。
揃って「メリークリスマス」と言ってから、美味しくいただきました。
そこで私が、子供達に「パパが小学生の頃は、メリークリスマスなんて言わなくて”クリスマスおめでとう”って言ったんだよ」というと、子供達は笑っていました。
おまけに家内や母までが「そんなこと言ったことないわ」と笑っていました。

ついでに、昔話です。私が10歳のクリスマスの日のことです、2歳上の姉が「300円出しなさい」と言って、私からお金を取りあげました。3歳下の弟からは200円取りました。で、姉が480円足して980円の化粧ポーチを買ってきました。
兄弟が母に贈った初めてのクリスマスプレゼントでした。
受け取った母が泣き出したのには驚きましたが、あの時に初めて”人は嬉しくても泣くんだ”ということを知りました。

話は戻ります。昨日ケーキをいつになく一番に食べ終えた娘が小鼻をふくらませながら
母と家内と息子と私にプレゼントをくれました。一月のお小遣いより高額だったと思います。色々と考えたあげくに平等なプレゼントに決めたようです。
それが、これです。
     
消すことが出来るマーカーです。
そうです、あの時の母の様に涙が出そうになりました。
息子はと言うと、このところ目覚めた音楽に投資がかさみ、金欠病なことはわかっているので「お金が貯まったらシャープペンを買ってね」と言ったら、へこんでいた顔が晴れました。
やはり、クリスマスは特別の日です。

■12月24日 0:58

クリスマスイブ

もともと日本に於いてクリスマスというイベントは輸入品だったのですが、日本産のバブルが崩壊した頃からクリスマスがどんどんと普通の日になっています。
昨日も天皇誕生日という、いかにも日本的な日にクリスマスという西洋のイベントが馴染まなくなっているのか、一昔前のような”プレゼントを抱えた人々”は見ませんでした。当店の場合は、それでもお客様の25%くらいはプレゼントでしたが・・・・・。
当店の隣は作業服屋さんと東急ストア、向かいは八百屋さんとカラオケ屋さん。
しいて言えばカラオケ屋さんくらいがクリスマスと関わりがあると言ったところです。

私どもの商店街と隣接している商店街(日本でも有数に大きな商店街、パルム)のケーキ屋さんはアルバイトの女の子が数人で大きな声で「ケーキいかがですかア・・・・美味しいですヨ・・・・」と必死に呼び込んでいました。
前を通る人は見向きもしませんでした。
でも、私は”頑張っているなア。”と思い横目で見ながら通り過ぎました。
一番右の女の子が一番だと思いました。(こんな所にも速読の効果はあるようです)

■12月23日 1:10
お手軽番組

毎年この時期になると、テレビが特別番組ばかりになります。特別番組は、それはそれで良かったんです。でも、良かったのは昔の話。
どのチャンネルでも同じタレントが同じ事をやっていて、しかも一部のタレントが掛け持ちしているので、当然のごとく台本なんか覚えられない。
で、結果として、渋谷のセンター街あたりにいる方々と大差ない”しゃべり”で無駄な時間を浪費するだけ。これじゃ国会と同じですよ。
我が家は大画面テレビですが、悲しいことに液晶でもプラズマでもありません。
アテネオリンピックを機会に、大型の薄いテレビを買った皆様は、そのテレビで何をご覧になっているのでしょう?

商売柄、色々なところでリニューアルオープンとか新規オープンを見てきましたが、お店は新しくなったのに、品揃えも接客も何も変わっていなくてすぐに飽きられるのに、
恐ろしいほど似ています。

■12月22日 1:35
年内の集まりごと

お勤めをされている方々は、忘年会やらクリスマス会やらで、毎晩集まりごとが多いかと思います。私も数年前まではけっこう沢山の会に参加していました。
と、言ってもその会の発起人はたいてい私でしたが・・・・・。
私にとって、年内最後の集まりごとから今帰ったところです。1月も今のところ2日間しか予定を入れておりませんので、体の楽な年末年始になりそうです。
私の年代になると、色々な方面の方々とのつき合いもあって、毎日の様にあちこちの会に参加するようですが、本当に大変だなと思います。
やはり、お酒も沢山飲むでしょうし、人間関係でも苦労するでしょうし・・・・。
どうか皆様、お身体に気をつけて下さい。

本日も、オチがなくてすいません。

■12月21日 0:30
夜警

毎年この時期になると一日だけですが町会の夜警に参加します。22時に集合して24時までの間に40分くらいずつ2度のパトロールをします。
なにせ年に一度なのでパトロールしながら町会の方々と話をするのも年に一度です。
今回は、同じ町会から出ている区会議員と一緒にまわりながら話していたら、ほとんど毎日パトロールしているそうです。「いろんな人と話ができるし、毎日行っても暖かく受け入れてくれるから、義務感とかじゃなく楽しくやってます。」とのことです。
この、区会議員は私よりも8歳年下なのですが、その心がけに心底感動しました。
反面、たったの一度だって参加しない町会員も沢山いるそうです。

おかげさまで例年よりもずっと暖かく、気分も暖かく、参加して良かったと思います。

■12月20日 1:20

私の後ろで、誰かがカウントダウンをしている音が聞こえそうです。そして31日に”ゆく年くる年”でどこかのありがたいお寺の鐘がボーンと鳴ると2005年です。
私にとって、架空の未来であった21世紀になって5年目です。
そろそろ21世紀の生き方なんかが出ても良いかと思うのですが、なにせ政治家の先生方が、希望を持って生きることを罪悪に思っているものですから、いつになっても生活スタイルは昭和のままです。いや、昭和・大正・明治のどの時代にも、政治の中に「国民」というのが含まれていました。

子供達にニュースの説明ができません。大きな会社は法律を破ってでたらめなことをやるし、政治家の先生は自分が何をやっているのかわかる能力がないし・・・。
私が子供達に言えることは「約束は守りなさい」ということだけです。

国民が、外敵から身を守ると言うよりも、権力から身を守らなければならない時代のようです。
ちょうど、フランス革命前夜のようです。

■12月19日 1:10
クリスマスということで・・・・。

当店では、私どもの商店街の協賛をいただいて12月22日から26日の期間中に
1000円以上お買い上げのお客様に、メモ用紙ではステイタスと言われる「ロルバーン」の手帳をプレゼントします。
家内が愛用しておりまして、私も横目で”うらやましいなと思っていたモノです。
やはりプレゼントの基本は、大好きなモノをプレゼントすることでしょう。

そんなわけで、昨日は銀座の伊東屋に行き、ロルバーンを100%買い占めました。
黒山のお客さん達も、店員さんも目を白黒させていました。
こんなに素晴らしいモノをプレゼントできると思うと、私の方がワクワクします。  

■12月18日 1:10
「タイコメ」って知っていますか?

皆さんは、回文って知っていると思います。「竹藪焼けた」みたいに上から読んでも下から読んでも同じになる文章のことです。
「タイコメ」は、上から読んだ時と、下から読んだ時が違う文章のことです。
なーんだ、そんなの当たり前ジャン。と言うかも知れませんが、下からも読める文章って滅多に有りませんよ。
元々の由来はあるのですが、18禁の文章なのでココでは書きませんが、江戸時代の戯作者が熱中していたそうです。
で、ここまで紹介して何も書かないのは誠実ではないので、いくつか紹介します。
それと、少しくらいは”いけない”文章も期待しているでしょうから・・・・・。

「どれ、携帯電話か」を後ろから読むと「買わんでいたいけれど」となります。
「舞いおりた降る雪に憩いし仲」は「悲しい恋に消ゆる二人を今」となります。
「ウホ、あの娘カルイ、できるね」は「寝る気でいるのか、このアホウ」となります。

回文ばかりが注目されていますが「タイコメ」も、よほどコトバに精通していないと書けません。これからも、コトバの勉強を続けたいと思います。

■12月17日 0:15

   
ただ今、3冊の手帳を使っています。毎年この時期はこんな感じです。3冊とも同じ事を書くこともありますし、違うことも書きます。
ちょうど、季節の変わり目に次の季節の臭いがするみたいに、この時期は来年の臭いを探りながら書きます。
左のが、今年一年書いてきた手帳です。今年は手帳の使い方がわかった元年という感じで、ボルドーワインのインクで書いています。けっこうぎっしりです。
真ん中が、来年の手帳です。初めて使う能率手帳です。ラミーの4色ボールペンで色を使い分けて使い始めています。
右の文庫本のサイズのが、ほぼ日手帳です。ココには感性重視で書きます。肌で感じたこと、じたばたした感情の上下、ピンときたアイドル、美味しい食べ物などをスカイブルーのインクで書きます。
今や、手帳主義の柴田です。

■12月16日 0:15

友人のコピーライターに講師をお願いして、私どもの商店街で勉強会を続けていることは、何度か書きました。
このところ、毎回宿題が出まして・・・・・明日が期限です。飲み会続きでしたので、まだ
できていません。まだ出来ていないと言うよりも、できないかもしれません。
新年のチラシを作ることが宿題なのですが、いわゆる「謹賀新年」とか「あけましておめでとうございます」的なフレーズは使ってはいけないという条件が付いています。
ちょうど、愛していると言わずに愛していることを伝えるようなことです。

ハッキリ言って、私は口は達者な方なのですが、コトバは知らないのです。ですから、今から24時間は拷問の様な時間になりそうです。
でも、約束は守る私ですから、出来はともかく全力は尽くして仕上げます。

■12月15日 2:15

いつもの飲み仲間がカラオケに集まって「生ギターで唄う会」でした。今帰ったところです。一昨日と同じように、楽しい仲間で飲んだり唄ったりは本当に楽しい時間で、できれば”おかわり”したい一日でした。

年内のお楽しみ会はこれが最後です。この後は、仕事仕事。

話は変わります。
渋谷のロフトに行って、糸井重里の手帳「ほぼ日手帳」を買いました。
ほんとうに痒いところに手が届くといった手帳で、昨今の手帳ブームのトップランナーと言っても良い手帳です。
皆様も、お近くのロフトに行く事があったら、ぜひサンプルを見てみて下さい。
この手帳を使うと、一年が物語になりますよ。
なぜ、ロフトなのかと言うと、この手帳はロフトでしか買えないんです。

私は、能率手帳とほぼ日手帳の二つで、時間管理と人生管理をします。

■12月14日 0:17


毎年この時期になると漢検から発表される、今年一年を表す漢字は「災」だそうです。
子供達とニュースを見ていたら清水寺の貫首が太い筆で大きく一気に書いているところが映りました。
娘はすかさず「あれって、ヘタじゃない?」と言いました。私も、あまり上手だとは思いませんでしたが、カメラがひいて文字だけを写しだしたら、さすがでした。
なんと力強い字でしょう・・・・・・。「災が力強くてどうすんだ!」とツッコミを入れたくなりますが、なるほど文字の意味を感じる文字とはこのことでした。
ちなみに、2番目が「韓」で3番目は「震」でした。
ぜひとも来年は「楽」になって欲しいです。  いえ、野球のことではありません。

12月13日 12:15

昨晩は勉強会の打ち上げでした。メンバー3人で構成した即席のグループのライブで
5曲披露しました。聞いている7名は、初めは苦痛に顔をゆがめていましたが、終わり頃になると人間関係重視のメンバーのことですから、ちゃんと拍手をしてくれました。
とても良い人達です。
その後、「あの程度なら、自分でも出来る」と思ったメンバー達が我も我もで、私たちのギター伴奏で気分良く歌っていました。

でも、さすがに勉強会のメンバーですから午前0時を過ぎた頃からは、仕事のことや店作りのことなど激論が交わされ、いつしか2時をまわってしまいました。
で、こんな時間の更新と言うことです。

そうそう、荏原町の「やまこ飯店」でやったのですが、次から次ぎに運ばれてくるお料理は、どれも個性的でとても美味しくいただきました。
ちなみに、「やまこ飯店」では年末年始の大小宴会は、日によってはまだ予約が出来るようです。

12月12日 0:45
本日から、クリスマスプレゼント用のポスターを貼ります。家内と一緒に、あれこれと考えながら作りました。
もちろん、カッコイイポスターだって出来ますが、それじゃあFUTURE−SHOCKらしくないし、あまり汚いのもどうかと思うのでこんなのを作りました。
          
大好きな人へのプレゼント・家族へのプレゼント・純な気持ちでプレゼント・エビ鯛期待のプレゼント・今後のこともあるのでプレゼント・もしかしたら・・のプレゼント・
そして私へプレゼントというポスターです。
動機はともかく、プレゼントというのは贈る方も贈られる方も嬉しいものです。

12月11日 1:20
イギリスに留学中の姪から、子供達にプレゼントが届きました。あのハリーポッターの国からハリーポッターのカレンダーとテディベアでした。
メールによると、けっこうギリギリでやりくりしているのに、散財をさせてしまいました。
私は、世の中の動きがまったくわからない部分を持っておりまして、このプレゼントをいつもの郵便屋さんが届けてくれたことにビックリしました。
請求書や、我が家の子供達に勉強を勧めてくれる塾のDMや、親切にもお金を貸してくれるという金融業のお誘いと一緒に届けられました。

実は、私も家内も外国からプレゼントが届くという経験がありませんので、あまりにもあっけない届き方に驚きました。
それにしても、プレゼントというのは本当に嬉しいものです。
当店でも、そろそろクリスマスプレゼントを買われる方がいらしてくれます。女性は上手に選んで買って行かれます。
一方、男性は・・・・・と言っても、この場合は少年です。プレゼントなんか初めてだし、何を選んで良いのかわからない上に予算だって限られている。
で、もじもじとしながら他のお客様の視線を避ける様に店内をあっちに行ったりこっちを見たりしています。
こんな私でも、そんな時期がありましたので少年の気持ちはよくわかります。
で、絶妙のタイミングで声をかけます。おそらく少年の父親よりも私の方が年上でしょう。そんな私が「彼女にプレゼント?」と聞くと「い、いえ。」と答える少年を無性に応援したくなります。
これから2週間ほど手元に置いておいて、プレゼントを渡す時のシュミレーションを何度もするのでしょう。いいな
がんばれ、少年!!

12月10日 1:05
再生医療について

一昨日だったと思いますが、「再生医療」という耳慣れない医療の特集をやっていました。手術にしても、これまでのように患部を除去するだけでなく、患部に周辺の機能を再生する細胞を投与して、元の体に戻していくという医療です。
SFの世界にしかないような医療が始まっていることに愕然としました。
テレビ画面からは、心臓に重大な欠陥を持った患者が手術を受けて、それまで機能していなかった血管が順調に再生されている模様が流れていました。
その患者さんにとって、またご家族にとっては奇跡の回復です。

私は、医療に関してはまったくの素人なので、的はずれなことを書くのかも知れませんが、この再生医療が進むと、世界的に問題となっている「クローン」が飛躍的に現実味を増します。
国家元首が癌になれば、その部分だけ再生すればよいし、ノーベル賞受賞者なんかが病気になれば、人類のためと言って、再生する。
極論を言えば、人類最大の恐怖である「死」を克服する日が近くなっています。

当然、こんなことにも市場が生まれます。再生医療の市場規模は48兆円だそうです。
日本の国家予算の半分以上です。
生きると言うことにこれほどまでの市場が生まれ、
反面、子が親を親が子を、見ず知らずの人が見ず知らずの人を、そして自分自身を、
割り箸をポキッと折るように殺してしまう・・・・・。
どちらも、人間であることが不思議です。

12月9日 0:50
約束について

こんな私でも、世間並みに友人がいます。いますと言うより、いてくれます。
私の様な取り柄のない人間にも、たった一つだけ自信を持って言えることがあります。
それは、「約束を守る」ということです。約束したことは必ず守ります。待ち合わせだってぜったいに遅れませんし、頼まれたことは必ず守ります。
人間に必要なモノのトップに約束があると思います。愛だとか、心だとかに優先して約束があると思います。
ですから、友人に限らず誰に対しても約束を守ることを要求します。
平気で約束を破る人とは、二度と約束をしません。大人のつき合いもあるので、まったく会わないということはありませんが、約束はしません。
どこかの食品会社で、平気で約束を守らなければ、我が家の食卓からその会社の製品は消えます。どこかのデパートで嘘が有れば、そのデパートには行きません。
同じように、政治は約束を守らないので信用しませんし、投票にも行きません。
また、同じようにこの度の横田めぐみさんの件でも、もともと約束を平気で破る国のことですから、少しも驚きません。嘘つきが嘘をついたということです。
ユダヤの格言に「嘘つきは頭が良くなければならない」というのがあります。
嘘をつくと、その嘘に嘘を重ねて、また嘘をつくので、必ずつじつまが合わなくなってしまいます。嘘をついて、嘘をつき通せるくらいの頭があったら、嘘なんかつきませんよ。

ちなみに、このHPをご覧になって商品を注文して下さる方がいらっしゃいます。
電話かメールでのご注文ですが、私は1〜2回のやりとりで商品を先に送ってしまいます。友人にそのことを話すと「大丈夫なの?踏み倒されないの?」と言いますが、これまでにたったの一度もそんなことはありません。
私は、こんな関係が素晴らしいと思いますし、世界中がこんな関係であればどんなにすばらしい世界になるのだろうと思います。
夕方のニュースで横田めぐみさんのご両親の会見を見ていて、こんなことを書きたくなりました。

12月8日 0:05
曽我さんの家族が4人揃って念願の佐渡に到着しました。本当に良かったと思います。私は会見でジェンキンスさんのことばがひどく心にしみました。
「人生の最終章のスタート」というようなニュアンスでした。私の主観ですが、印象よりも以外に若い64歳という年齢の人が「人生の最終章・・・」と言うところが痛いです。
私に置き換えると、私の最終章は10年後と言うことになります。
普通の人達に比べて、激動と言っていいこれまでの人生が、このことばとして表現されたのでしょうが、辛いですね。
せめて、これまでを”前半”これからを”後半”という気持ちで、家族の幸せな時間を過ごしていただきたいと思います。

昨日は定休日だったので家族で銀座に行きました。今年最後の銀座でしょう。もちろん視察が目的です。
一番の圧巻は松屋デパートの交差点です。4つの角はオープンしたばかりのシャネルを初めとしてルイヴィトン、カルティエ、KOMATUだったかな・・。そしてすぐそこにティファニーです。
同伴でお姉さんを連れたお父さんには恐怖の交差点になりそうですね。
で、その結果、同伴さんは裏道を歩くようになる。そして裏道の店に思わぬ恩恵があったりして・・・・。

12月7日 2:00
ライブに向けて

12日のライブに向けてギターの練習をしていました。まだ腱鞘炎が治っていないので痛いのなんの・・・。コードを押さえる左手が腱鞘炎なので痛くて痛くて。
これって、痔の人が乗馬をやっているようなものです。
「だったらやめておけばいいのに。」と言われそうですが、それがやめないんです。
好きなことは、痛くたってやめないのです。
それよりも、12日に歌を聴かされる人の痛みや苦痛を考えると、腱鞘炎なんか痛みのうちに入りません。

12月6日 0:40
夏日ですよ、夏日。

南半球でもあるまいし、12月に夏日とは驚きです。半袖の人が沢山いたし、何より驚いたのは空には入道雲でした。
   
暖かいと言うより、暑いという一日でした。この暑さには仮面ライダーも困っていました。と、言いますのは当店の隣りに「文化ホール」という名のホールがあります。
文化ホールと言うだけあって、文化的に使われています。
リトルリーグのお楽しみ会や、ダンスが得意な人達が集まって踊ったり、時には詩吟の会なんかもあって「ギャーギヤー・・・」って声が聞こえる時があります。
その文化ホールで仮面ライダーショーがありました。
やはり、中からギャーギヤー・・・という声が聞こえてきました。この仮面ライダーというのはテレビ画面からは素晴らしい動きが伝わってきますが、実際に見るとテレビで頑張りすぎたのかヨタヨタでした。
風通しの悪いゴムで出来た仮面ライダーの皮を着て、視界の悪い仮面をかぶって、昨日の暑さです。たまに、子供達にペタペタとたたかれても、係の人に手を引かれながらふらふらとするだけです。文化ホールにあがる階段でも踏み外してギャー・・・。
地球を救ってくれる仮面ライダーのためにも、温暖化を防がなければ、仮面ライダーの方がまいってしまいます。

12月5日 0:45
初めての腱鞘炎

困りました。生まれて初めて腱鞘炎になったようです。と、言っても病院の診断ではなく周りの人達の診断です。とにかく、左手首と親指の付け根が痛いのです。
なぜ困っているかと言えば、12日と14日にギターを弾くことになっています。6日にも練習があります。どうしましょう。

でも、その反面私は少しだけ喜んでもいます。なぜって、腱鞘炎って何かを夢中にやっていた結果になる病気だと思っているからです。
職人さんのタコみたいに思っているので・・・・・。勲章みたいな気がしていました。
で、考えてみました。左手で何をやったのか考えてみましたが、思い当たるのは一つしかありません。もしもそれなら恥ずかしい限りです。
それというのは、リビングで横になってテレビを見ている時に、いつも左手で頭を支えて見ています。時々右手に替えるのですが、どうやら私の頭が大きいせいかもしれません。いやー痛いものです。こうしてキーボードを打っていても、角度によって痛い時があります。困りました。そして私の頭のデカさを痛感しています。

12月4日 2:00
「年内最後」について

この時期になると、年内最後とうい冠のついた集まりが多くなります。昨日は、年内最後の理事会でした。この後、私は年内最後の集まりが5〜6回予定されています。
何かと忙しくなる12月ですが、こんな時に限って風邪気味です。
いや、正確に言うと、風邪と健康の間をあっちにいったりこっちに来たりです。
今は、風邪の方が勝っています。
そんなわけで、おやすみなさい。

12月3日 0:25
食べ物の話です。
もしかしたら、この日記に同じようなことを書いたかもしれません。書いたかもしれませんが、たまにこんな気分になるので書きます。

皆様は、生まれた時からレタスがありましたか?私が生まれた時にはありませんでした。セロリもグレープフルーツもありませんでしたし、パプリカなんてとんでもない。
今日は、そんな話です。
私が予備校に通っている頃、友人に連れて行かれて初めて焼肉を食べました。35年も前のことです。「こんなに美味しいモノがこの世にあるなんて信じられない」と思いました。
高校3年生の時に初めてピラフを食べた時は、チャーハンとの違いがわかりませんでした。21歳の時に九州で初めて豚骨ラーメンを食べた時には、美味しいとかまずいとかでなく驚きながら食べました。

で、初めてのコーラの話です。
小学5年生だったと思います。なぜ行ったのかは思い出せませんが、奥多摩の小河内ダムに家族で行きました。家族で出かけるというのは年に1.2回ですから、その時ばかりは、わりとわがままが通りました。
売店で何でも好きな飲み物を選んで良いというので、見たことのない”コーラ”という飲み物を選びました。その頃の缶は今のコーヒー飲料のような細い缶で、しかも缶の脇に穴を開ける鉄の爪みたいなのが着いていて、飲む穴と空気が入る穴の2カ所を開けるのです。穴の大きさは50円玉の穴より少し大きめだったでしょうか。
私が、好奇心で選んだコーラという飲み物は、小さな穴から泡が中心に味のある液体が口の中に入ってきました。それまでに飲んだ、どんな飲み物とも違う不思議な味でしたが、私にとっては夢の様な飲み物でした。美味しかったなー・・・。
あの日は、3本買ってもらいました。1本30円くらいだったのかな?
次ぎに飲んだのは中学生だったと思います。そして、お金持ちになれば、いつでもコーラが飲めるのかなと思っていました。

私にとって、コーラとはそんな飲み物です。毎朝開店と同時に飲んでいます。ただ、このところコカコーラよりペプシの方が美味しく感じます。

12月2日 0:10
安倍なつみさんが、詩の盗作問題で紅白歌合戦を辞退するようですね。何もそこまで思いつめなくてもいいのに・・・。もともとタレント本を、本当にタレントが書いているなんて思っている人がいるのでしょうか?
しかも、Aikoなんかの歌詞で、見え見えの盗作ですから可愛いモノです。
むしろ、出版社に盗作のチェック機能がなかったことの方が驚きです。
とは言っても、安倍なつみさんにも罪はあるので、懺悔として”モーニング娘。”に戻って活性化を図るというのがいいのかな?

ところで皆様は、大晦日はどのチャンネルを見るのでしょうか?やはり、紅白歌合戦ですか?それとも格闘技ですか?エンタですか?

12月1日 0:55
12月ですね。一年の締めくくりの月であると同時に、こんなに”プレゼント”が似合う月はありません。
バレンタインもそうですが、バレンタインのプレゼントは個性が足りない。それとバレンタインの場合、贈る人が限られている。
12月のプレゼントとは、クリスマスのことなのですが、贈る相手が、気分の重い軽いはあっても日本人の苦手なプレゼントが身近ですね。
私は、そうですね・・・・10人くらいに贈るのかな。

話は変わります。
12月だというのに暖かいです。私は寒いのも暑いのも苦手なので、12月が暖かいというのはありがたいことです。でも、今は地球の歴史の中で最も急激に気候が変化しているようです。
白亜紀とかジュラ紀とか、とんでもない長い時間をかけて変化してきた地球がピコピコと警戒信号を出しているようです。
急激な変化と言えば、私がこの雑貨屋を始めたのは1984年10月3日です。20年がたちました。
若い女性だけではありませんが、沢山の若い女性がお客様として来てくれました。
この20年でスタイルが急激に変化しています。
頭が小さい。足が長い。ほとんどの人が可愛い。センスも良い。当店で売っている帽子を試着する時でもタレント並みのかぶり方をします。
この急激な変化は、地球以上かもしれません。