2004.11月
過去の日記帳
2000年  11月 12月
2001年   1月 2月 3月 4月 5月  6月 7月 8月 9月  10月 11月 12月
2002年   1月 2月 3月 4月  5月 6月  7月  8月 9月 10月 11月 12月
2003年   1月 2月 3月  4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 12月
2004年   1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
これと言って特長のないHPなので・・・、と思って書き始めた日記ですが、近ごろでは、この日記が私の生活の節目になりました。
定期的に読んでいただいている方には、私の毎日が手に取る様に?おわかりになるのではないでしょうか。

pun
長女が、小学4年生の時に創ったキャラクター「プン」です。
いろいろな脇役なんかもあって、面白いです。
お暇な時に画像をクリックして下さい。

子供の発想って大人ではとても思いつかないと言うか、
忘れてしまったというのか・・・・。
これが私です。
この日記をスタートした頃に家内が吹きだしながら
描きました。
でも、私はあの頃は82kgありましたが、
あまりにも呼吸が苦しくなったのでダイエットしました。
で、今は67〜68kgを行ったり来たりです。
TOPページへ

11月30日 0:20
秋山仁先生の講演会に行って来ました。とても面白いのと同時に
数学の可能性の深さを感じました。
秋山先生は、相手が中学生と言うこともあって、数学だけでなく
日常や若かれし時のエピソードを交えた講演でした。
1時間半の講演を一言で言うと「やるべき時に、やるべき事をやることが
未来を拓くことになる。結果は気にするな。」と言うことでした。
息子は帰ってきてから「眠たくなって少し寝ちゃった。」と言っていました。
思い返せば、私もこれまでに大事な話をどれほど寝ていて聞き逃したことでしょう。
息子には、私が最近身につけた「メモ術」で書き留めておいたメモをレポートにして
見せてあげるつもりです。
   

話は変わります。
明日から12月です。このところのラインストーンの流行と12月という何かと
○○会が多いことが手伝って、ラインストーンのアクセサリーが売れています。
当店は、”光りモノ”は得意なので、水を得た魚というか鬼に金棒というか
お役人に研修旅行というか・・・・・すいません調子に乗りすぎました。
とにかく、良いか悪いかは皆様が判断して下さい。
 
どちらも、ピアスとネックレスのセットで1500円(税込み)です。

11月29日 0:20
皆様は数学の秋山仁先生をご存知でしょうか?
たまにテレビに出ている、頭にバンダナを巻いた髭の先生です。
本日は、息子の中学でその秋山先生の講演があります。
親も聞きに言って良いとのことなので、私は1ヶ月も前から楽しみに
しています。聞きに行くだけなのに緊張までしています。

私は、勉強は出来る方ではありませんでしたが、数学は好きでした。
(好きと、成績がよいことは別)
今は毎週、中2の息子と小学5年の娘とその友達の数学を教えています。
今のところは特に困ることなく教えられています。
ネットで数学検定の2級をやってみたら、ほとんどできました。1級は問題によっては
100点の時もありますが、苦手な三角関数と対数になるとダメです。

ついでに、勉強のことを書きますと、私は40歳くらいまで勉強のことがわかりませんでした。
面白くなかったのです。それが、54歳になる今では”知らないことを知る”ことが
何よりの楽しみです。仕事をリタイアしたらほとんどの時間を横になって暮らすつもりですが
横になって本を読んだり、ビデオで歴史のことを勉強したいと思っています。

11月28日 2:00
友人のカラオケハウスの人が、この時期には忘年会やクリスマスで
歌を唄わなければならない人に対して、一人でカラオケに来て練習してみたら
どうでしょうか?という切り口でポスターを作るというので、いつものいい加減さで
私も作りました。
    
左のは、男子トイレに、右のは女子トイレに貼ってくれるように頼みました。

どちらもWキャッチコピーで 左のは
「せめて歌だけ近づきたい」と「うらやましいぞ 平井堅!」です。
右のは
「顔もセンスも宇多田に勝った」と「あとは歌だけ!」です。
皆様はどう感じるかわかりませんが、自分では気に入っています。
春からコトバの勉強会を続けてきた成果は、それなりにあると思っています。
それなりにですが・・・・。

11月27日 1:15
今では私の動きの少ない生活のパターンとして定着している
「勉強会の後の飲み会」でした。
今回の勉強会は、商店街が春から取り組んでいるコトバの勉強会
です。勉強会のタイトルは「ことばドア」です。
講師には、私の高校時代の同級生で現役のコピーライターに
ほとんど手弁当の様に頼んでいます。
今回は8回目でもあり、これまでに勉強してきたことを活かして
自分の店のポスターやチラシを作ってきて、みんなで評価する作業でした。
みんなで調子に乗って評価している時に、講師がはさむコトバに”さすがにプロ”
とうならされます。
いつもは同級生として”お前オレ”の関係ですが、勉強会に於いては
とてつもなく大きな先生で、いつの間にか近いはずの友人が遠くに見える様になりました。
遠近両用メガネで済んでいたのに、今や遠くを見ること専用のメガネが必要になったような
ものです。

11月26日 0:50
「出る杭は打たれる」
プロ野球でさんざんに見せられたと思ったら、今度はビール会社ですか。
アサヒビールが画期的な再生を果たして、今度は我が社と頑張ってきた
サッポロにはひどい税制の変更です。
日本酒の二級酒に始まり、焼酎・発泡酒に飛び火して今度は”ビールの様な”
お酒にまで税金という名の脅迫状が届いたようです。
国会というのはいつから国民の敵になったのでしょうか?
そして、日本はいつから国民の敵を野放しにして放し飼いにしてきたのでしょうか?
2.26事件の様に惨殺というのはいけません。
でも、どうしたら良いのでしょうか?
私は、日本が大好きで、その日本が下らない奴らに好き勝手にされていることを
恥ずかしく思います。

11月25日 0:50
先日の”Dr.コトー”の件です。
その後も出来るだけコトーの気分で人と接してきましたが、どうも馴染みません。
あのキャラクターは容姿も関係するようです。私の顔でコトーのように振る舞うと
周りの人には違和感があるようです。私もそう思います。
第一、最も身近にいる子供達や家内は、コトーを演じている私に向かって
「パパはコトーというより、漁猟長の泉谷しげるの方だよ。」と吐き捨てます。
私もそう思います。
そんなわけで、少しスタンスを変えて”荒くれ者でない泉谷しげる”路線でやってみようかと
思います。
実は、今から35年ほど前に後輩のコンサートに応援に来た泉谷しげると楽屋で
話したことがあります。画面では乱暴者の泉谷も、素顔はとてもシャイな人でした。
いえ、私は楽屋ではなく画面の泉谷です。
その時に、吉田拓郎も来ていましたがとても恐かった印象があります。
楽屋で、女の人がコーラを持っていったら炭酸モノは飲まないと言ってとても
怒っていました。
でも、加藤和彦には丁寧な言葉遣いをしていました。
やっぱり加藤和彦は大御所なんです。

■11月24日 1:55
4日間のワゴンセールが終わって、いつものように反省会という名の飲み会でした。
その後、友人と二人でカラオケでした。のどがかれるほど唄って今帰りました。
つまりは、お互いの勤労に感謝しました。
体は疲れて、気分は軽いワゴンセールでした。

話は変わります。
ラミーの4色ボールペン2000が届きました。嬉しくて書かなくても良いことまで
書いています。
ところで、このボールペンが発売されたのは東京オリンピックの2年後、1966年です。
このデザイナーの名前は忘れましたが、西暦2000年まで使われることを祈って
2000というネームをつけました。機能は全て1966年のままですが、使っていて
何の問題もないどころか、これ以上の4色ボールペンを使ったことがありません。

ついでに・・・
カラオケで平井堅の「瞳をとじて」をキーのままで唄ったら、サビのところで七面鳥の声に
なり、平原綾香の「ジュピター」もキーのままでやったら・・・・・、一つくらい下げれば何とか
なりそうでした。    おそらく勘違いでしょうが・・・・。
大変酔っているので、明朝はこの日記の記憶はないでしょう。
近ごろは、お酒を飲んでいなくても記憶がおぼつきません。
このHPのアクセスが10万になるのが早いか、私の記憶がなくなるのが早いか・・・。

11月23日 1:20
あと2週間ほどすると私の手帳は2005年版に切り替わります。と、言っても
年内は今年の手帳と併用するので2冊を持ち歩くことになります。
近ごろでは手帳の活用法やメモの取り方がちょっとした流行ですが、私も
例外でなく10冊くらい読みました。
で、2005年版の手帳は4色ボールペンで書くことにしました。
一般的なことは黒で、
仕事のことはブルーで
重要なことや強調したいことは赤で
私のことはグリーンで書くことにしました。
そして、やらなければいけないことにはメモの頭に□のマークを
会議は△マーク、人と会う場合でこちらから行く場合は○、相手が来る場合は●です。
このところシュミレーションしていましたが、随分と整理が出来る様になりました。

話を戻しまして、4色ボールペンの件ですが、形から入る私としては
ラミー4色ボールペン2000をネットで買いました。本日届くと思います。
何だかワクワクします。わいわいワゴンセールの最終日にワクワクですから
わいわいワクワクです。

11月22日 0:10
あと1ヶ月ほどでクリスマスです。と言いますのは、毎日寝床で読んでいる
本(世界の情勢について書いてある本)にこんな事が書いてありました。
よく、外国のクリスマスというと七面鳥の料理を思い出しますが、ポーランドのことが
書いてありました。
ポーランドのクリスマスの魚は、何だと思いますか?
鯉ですよ鯉。
鯉が日本の魚とは思っていませんが、まさかポーランドで鯉とはビックリでした。
一方、日本のクリスマスはチキンとケーキがポピュラーかな。
それと、鯉ではなく”恋”でしょうか。

11月21日 0:45
ワゴンセール初日は天候に恵まれ沢山のお客様に来ていただきました。
ありがたいことです。で、足が棒です。
4日間の初日が終わったばかりだというのに、体が重いのなんの・・・・。
少し前にお風呂に入りました。一ヶ月ぶりくらいに湯舟に入ったでしょうか。
すっかりとふやけて、体の芯が温泉マークのようにふにゃふにゃになっています。
私は、通常はシャワーだけです。友人にそのことを話すと「汚いな、あっち行け。
第一、風呂に入らないと疲れが取れないだろ。」などと言われます。
この友人のコトバはいくつか間違いがあります。
1.私はシャワーだけでも、人一倍念入りに洗うので汚いどころか、その友人よりは
  きっときれいです。
2.「あっち行け」については、私より汚い友人の方が、あっちに行かなければなりませんが
  私は優しいことと、友人が少ないので友人をあっちにはやりません。
3.私は、お風呂にはいるとドッと疲れます。いや、違いますね、疲れていることに気がつくと
  言った方が正しいかもしれません。
そんなわけで、たいへん疲れています。

■11月20日 0:10
このHPの誕生日です。2000年の11月20日に開設しました。
最近は、商品情報をお休みしていますがこの日記だけは毎日書き続けています。
もともと、長い間日記を書いているのでさほど苦にはなりませんが、この日記は
「今日の自分」をそのまま書いていて、しかも公開していますので
初めての経験でした。
こうして4年間が過ぎて、振り返ってみると、この日記を書こうとしたきっかけは
インターネットで商品を売ろうとすると、お客様からその店がどんな店で、どんな人が
経営しているのかわからないので、だったら毎日日記を書いて「私はこんな事を考えて、
こんなことをやっています。」といったことを知っていただこうというものでした。
ところが、こうして4年間たった今は商品を紹介していない。
変な話です。
商品を紹介していない大きな原因は、私どもの様な雑貨屋は色々なところから気に入った商品を
少しずつ仕入れて店を作ります。ですから、HPで紹介してもお問い合わせをいただいた頃には
品切れと言うことが何度もありました。
それで、やめていたというのが大きな原因です。
でも先日、私の友人が私の店を「フューチャーショックは雑貨屋です。種類もサイズも豊富ではありません。
今買わないともう買えませんよっていう店でしょ。」というアドバイスをくれました。
何だかとても気分が軽くなって・・・・・。
できれば、遅ればせながら12月中には商品情報を再開したいと思っております。

11月19日 0:40
大発見です。私は長い間、日記を書いています。日記に最初に書くのは
その日の天候です。晴れとか曇りとか、雨のち曇りなんかもあります。
実は、私は”曇り”と”晴れ”の文字を書くのが苦手です。
そこで、昨日大発見です。
曇りは雲の形、晴れは太陽の形、雨は傘の絵を描くと、見た目もわかりやすく
書くのも半分以下の時間で描けます。これは、私にとって大発見です。
この発見は、今から20年ほど前に”自分のおへそが中心から2cmほどずれている”
ことを発見して以来の大発見です。

ところで、私の大発見でこれまでに一番の大発見は、今から37年前の高校生の時です。
たまたま鏡を見ていたら、たっぷりとした顔に証拠のように小さくついている口が目に止まりました。
「変な口」と思ってしばらく見ていたら、大発見をしました。
その発見とは「口というのは、下あごしか動いていないこと」を発見したのです。
ショックでした。その時は、何度も何度も口を動かしてなんとか上あごが動かないものかと
試してみました。
口をパクパクさせるという印象は、上下のあごが動いているように感じませんか?
あの時は、「これじゃ、腹話術の人形じゃん。えっ、オレってあの変な顔の人形と同じなの?」
本当にショックでした。そして、しばらくの間、女の子と話す時にぎごちなかったことを思い出します。
当時の私は、落語研究会の会長でしたから、結構深刻な問題でした。

昨日の日記に傘の絵を描いていて、自分の中にあった記憶の引き出しを開けてみました。
明日は、大事なワゴンセールですから、神様お願いですから太陽の絵を描かせて下さい。

11月18日 0:05
野口英世は来るのですが樋口一葉がまだです。あっ、お色直しの福沢諭吉も
来ています。ただ、福沢さんに関しては新旧混ぜても数が少ない。
商売的には、福沢さんが増えることが一番なのですが・・・・・。

この4月に税込み表示になってから10円玉、100円玉、5000円札は減ります。
ところが、銀行での両替が有料になって不愉快な思いをしています。
銀行の役割がどんどんと減ってきています。消費者金融が躍進するのも当然ですね。

話は変わります。
20日からは、私どもの商店街恒例の「わいわいワゴンセール」です。
当店は、シルバーリングを900円均一。オシャレな靴を1000円(通常3900円)均一で
販売します。
お近くの方は、ぜひお越し下さい。

11月17日 0:05
「ザ・ホテル」(ジェフリー・ロビンソン著 文春文庫)を読み始めました。
と、言ってもこの本は2001年6月に一度読んだモノですが、悲しいほど
覚えていません。その点で新鮮な気持ちで読んでいます。
ロンドンの一流ホテル「クラリッジホテル」の総支配人を中心にホテルで働く
いろいろな人達のことを書いた本です。
近ごろでは、日本でも少しは知られる様になったコンシェリュジュについても
かなり詳しく書いてあって面白い本です。
このコンシェリュジュの世界的ネットワークである「レ・クレドールインターナショナル」
というのがあります。1929年に発足し現在37ヶ国4000人が所属しています。
日本はと言うと、ぐっと遅くて1997年に参加して、まだ21人しか所属していません。
日本が世界に遅れているモノの一つでしょう。

この、コンシェリュジュのサービスが私たち小売店にも要求される様になってきています。
そんな理由で以前読んだこの本を思い出してまた読み始めたのですが、読む目的が
違うと、同じ本でも違う本の様に感じるのは面白いものです。

11月16日 1:40
4月からスタートした勉強会の最終日でした。
9名のメンバーとオブザーバー1名で総仕上げでした。
その成果は、誰あろう主宰した私が一番勉強をさせてもらいました。
主宰者がどんなでも、メンバーがしっかりしていればうまくいくモノです。
会社だって同じですよね。社長だけ頑張ったって良い会社は出来ません。
メンバーやスタッフに恵まれるというのは、ある意味「運」もあると思います。
この「運」というのは、当てずっぽうにやってたまたま当たるという「運」ではなく・・・。

もともと「運が良い」と言うのは、自分の体を運ぶことなんです。
自分の殻に閉じこもってないで、いろいろな場面に自分の体や心を運ぶことなんです。
そうです、外国に行って初めて日本を知るようなものです。

そんなこんなで、来年早々に次の勉強会をスタートさせます。
きっと、申し分のないメンバーになると思います。勘ですが・・・・・。

11月15日 0:58
昨日の今日ですから・・・・。コトー先生の様に振る舞ってみました。
自己採点では70点くらい出来ました。私にしてみれば上々の出来です。
まずは、感情むき出しに怒らないと言う点では100点でした。
常に相手を第一に考える点では50点でした。
少しだけ、”いい人”でした。

いい人ついでに、話は変わります。
以前テレビで見たのですが、タイの修行僧の話です。
仏教は、この辛い娑婆でひたすら自分を磨き、無の境地に至って悟ることが
プロセスです。
タイの修行僧も、毎朝お寺から出て町中を托鉢してまわります。お鉢の中に
町の人がお米や果物などを入れてくれます。
そんな風景は、みなさまもご覧になっていると思います。
テレビの修行僧がこんなことを言いました。
「私はこうして毎日修行を重ねています。少しも辛いとかは感じません。
でも、毎朝町に托鉢に出るとその日にいただいた食べ物を”美味しそうだな”
と思ってしまうことがあります。私は、まだまだ修行が足りません。」でした。
仏教の世界では、美味しいと思う気持ちも煩悩なんですね。

私も、100回くらい生まれ変わったら、いつかは托鉢というものをやってみたいと
思います。
もう少し、いい人気分を続けてみようと思います。

11月14日 0:45
突然ですが、皆様はテレビドラマの「Dr.コトー診療所」をご覧になったことは
ありますか?
私は、以前からこのドラマのことは知っていましたが、この度の特別番組を
見るまでは見たことがありませんでした。
感動と言うよりもショックです。こんなにいい人達ばかりのドラマは
見たことがなかったので・・・・・。
まずは、コトー先生の人間性にショックでした。どんな人にも誠実で
いつでも平穏な心を持って、的確な判断力と行動力。そして、常に反省を
忘れない。私の半端な部分を見せてくれたようです。
こんな生き方をしたいです。出来ないかもしれないけど、心がけようと思います。
で、家内にそれを話したら「話し方まで真似しなくていいよ」と言われました。

それと、時任三郎の息子役の剛洋(たけひろ)君は、奇跡的にすばらしい子役ですね。
あんなに素晴らしい目をした子供が日本にいたことを嬉しく思います。

これまで見ていなかったことが、もったいないと思うと同時に、出来れば再放送か
続編を見たいと思います。
久しぶりに、きれいな心で眠れます。

11月13日 0:30
外交というのは難しいモノです。中国の原子力潜水艦が日本の領海を侵犯し、
日本人をさんざん誘拐した国は罪の意識がない。だからといって、すぐに喧嘩という
わけにはいかない。
日本にどんな戦略があるのかわかりませんが、この状況においてたった一言
言わせていただければ、”この国ほど、政治に期待していない国はないのではないでしょうか”

話は変わります。
スポーツで「あいちゃん」と言えば、卓球の福原愛ちゃんですが、このところは女子ゴルフの
宮里藍ちゃんが凄いです。プロになったばかりでもう1億円です。大変な努力と、才能の結果でしょう。
ところで、仕事をしていてテレビの画面を見ずに藍ちゃんインタビューを聞いていると
谷亮子に間違えるほど声や話のイントネーションが似ています。
皆さんは、そう思いませんか?

似ていると言えば、天皇陛下と永六輔さんの声も似ています。

11月12日 0:05
万年筆は沢山持っています。そのほとんどは中字か太字で、手帳なんかに
使う細字は3本しか持っていませんでした。
で、気軽に使える安いのを買いました。
    
ラミーのサファリというモデルです。2本買ってブルーブラックとライトブルーの
インクを入れました。
通常は1本3675円なのですが、ネットで買うと2625円です。
5000円以下だと送料がかかるので2本買いました。
高級万年筆の様なスムーズな書き味ではありませんが満足しています。

近ごろでは、読書をする人が減ったばかりでなく、文字を書かなくなりました。
私も、こうしてパソコンで沢山の文字を打ち込みますが、同時に沢山の文字を
書きます。メモや日記やレポートを書くのですが、本当は筆記具に触れていたいから
書いているというのもまんざら外れていないかもしれません。
今日もこれから、レポート用紙に向かいます。

11月11日 1:10
自分でもつくずくタフだなと思います。昨日はカラオケ、本日は今まで友人と
ギターを持ってきてジャンジャンやっていました。
私が主宰する勉強会の打ち上げで、メンバーに無理矢理聞かせるための
練習です。
やる方も大変ですが、聞く方はもっと大変なので、選曲は5曲にしました。
当日、皆さんが5曲も聞いてくれるかどうか不安です。

とてもいい人ばかりなので、きっと我慢してくれるでしょう。

■11月10日 2:05
カラオケです、カラオケ。以前私の商店街にいた人を中心に、いつもの仲間で
カラオケでした。こんなに楽しいことが毎日続くとバカになってしまいそうに
なるほどです。
みんな本当は分別ある人ばかりなのですが、この時ばかりは「場」を盛り上げることに
全勢力を傾けます。みんなの顔色を見ながらのボケは、吉本の半端な芸人では
到底無理な芸当を簡単にやってのける連中です。
だから、楽しいのですが・・・・。本当に楽しかった。

実は、本日もあります。別の人達ですがやはり私の仲間です。
3人でギターを持ち寄って音合わせをします。今からワクワクしています。
1回の練習ですぐに本番になると思います。どうなるかわかりませんが
音合わせが楽しみです。

11月9日 1:15
今までNHKで慶応大学の清水教授が開発した電気自動車の番組をやっていました。
正直なところ、私は電気自動車がここまで進んでいることを知りませんでした。
加速はポルシェより速く、一度の充電で300kmも走る。
まだ、安全性やコストの面で問題はあるでしょうが、これだっていずれは
解消するでしょう。
私は電気自動車というのは、電気で自動車が走るということが、地球規模で
大変革をもたらすだろうと思っています。電気自動車開発には数万、数十万の
技術が必要でしょう。しかし、これをすべてものにすれば世界は変わります。
電池一つとっても、電気自動車で開発された高性能の電池を携帯電話に使えば
充電のいらない携帯電話が実現するでしょう。
地球環境に対する夢は、私などが書く必要もないでしょう。

でも、世界情勢に対する夢もあると思うのです。
イラクをはじめとして中東地域の戦争に石油というエネルギーが大きく関わってきたことは
みなさんと考えは同じだと思います。誰だって人が死ぬ戦争はイヤです。
それなのに戦争が終わらないのは、そこにある石油だと思います。
石油は化学繊維や薬品に使い、新しいエネルギーは日本が開発したら
それこそ、世界の日本になれるのだと思います。
そんな風に感じました。

11月8日 0:10
火曜日が定休日なのですが、本日は臨時休業です。
お台場に行って来ようと思います。家族サービスもあるのですが
主な目的は”店を見ること”です。
私のように昔からの商店街で店を構えていると、お台場の様に
人工的に作られた街で商売をする人の動きが気になります。
色々な資本が入って作り上げられた街ですが、個々の資本が
全体としてのイメージを無視すると街は崩壊します。
こんな危うさは、本当はどの街にもあるのですが、忘れているんです。
忘れているどころか、気がつかないといった方が良いのかも知れません。
別々の資本が街を維持して発展させようとする緊張感に触れたくて行きます。
そこには、ご近所さんとかといった風情はまったくありませんが、それでも街です。
そして、お客様も近所から来るわけではないので、私たちよりもずっと努力をして
遠くから来てもらうんです。
まあ、難しいことよりも単純にお客として見てこようと思います。

11月7日 0:45
プロ野球のパリーグが大騒動です。ダイエーに続いて西武もですね。
トランプのポーカーで言うと4枚を替えると言った感じかな?
来シーズンまでにはなんとかおさまるのでしょうが、そんなことより
日本のプロ野球そのものに、もっと大きな問題点があるんじゃないでしょうか?
私は難しい球団経営はわかりませんが、マーケティングは少しくらいわかります。
私だったら、5年計画でターゲットを子供に絞って戦略を考えますけどね。
子供達が「大きくなったらプロ野球選手になるんだ。」と言ってくれるような
”あこがれ”作りをしますけどね。

そんな時に、西武は200億円ですか・・・・・。毎年大きな赤字を出している球団が
200億円ですか・・・・。優勝したから200億円なのかな?
私から見れば、西武は優勝したけど旬じゃない。これじゃライブドアだって買わないでしょう。
素人の私が変なことを言うかもしれませんが、球団を売却するのではなくリースにしたら
良いと思います。
ダメかな?

11月6日 17:40
懲りないと言うのか・・・・。昨晩は商店街の会議の後、仲間と飲んでいて
帰ったのは2時過ぎていました。
いつものことですが、会議が終わると誰からともなく「ちょっと行く?」って感じで
声がかかります。「ちょっとだけね。昨日も遅かったからさア」
こんな感じで、飲み始めるのが23時半くらいからです。
で、話は盛り上がりいつも遅くなります。
おまけに、仕事がたまっていたものですから、こんな時間の更新です。
なんだか、私の行動パターンがあまりにも単純なので、この文章を
ハンコにでもしましょうか。
おかげさまで、体は丈夫なので・・・・。

11月5日 1:35
当店は、アンティークのアクセサリーや帽子なんかを扱っておりますので「古物商」
の免許が必要です。古物商は一年に一回だけ講習を受けます。
この講習は義務ではないのですが、古物の取り扱いは意外と犯罪につながることが
多いので、私は必ず出席します。出席率は10%くらいです。
昨日、出席したのですが、申し訳ないのですが退屈でした。
ただひとつ驚いたことがありました。
私が所属する荏原警察の管内では、犯罪数が昨年に比べて12.9%も減少している
とのことです。全国的に犯罪が激増している昨今では、印象としてこの地域も増えているのだと
思っていました。
私は、犯罪が減っていると聞いて、なんだかとても嬉しく思ってしまいました。
でも、一つだけ増えているのが自転車の盗難です。
自転車というのは、泥棒と言うより”ちょっと拝借”といった感じで盗むことが多いのでしょうが
盗まれた人は大変な迷惑です。
何はともあれ、武蔵小山だけでなく日本全体の犯罪が減少することを祈ります。

11月4日 0:05
アメリカの大統領選がほぼ決まったようですね。
私はどっちでも良かったので、結果だけを情報として知りたかっただけです。
ところが、投票が終わっても結果がなかなか出ません。
発展途上国では良くあることですが、今どき開票とその結果ですったもんだする
アメリカは、やはり発展途上国なのかな?
貿易なんかを見ると、発展途上国は農作物や畜産物などを輸出して工業製品を輸入します。
その点でも、アメリカは発展途上国のそれと同じです。
歴史的に見ると、まだまだ若い国ですから思慮深さに欠けて、力が余っているので
力で解決しようとします。私にも、そんな時期がありました。
私が若気のいたりで道をはずしそうになった時には、必ず家族や友人が教えてくれました。
アメリカには、見返りを求めないで教えてくれる家族や友人がいないんです。
力とお金がらみの友人ばかりなんです。ですから「金の切れ目が縁の切れ目」。

そうそう、ブッシュさんって58歳なんですね。もっと上かと思っていました。
と、言うことは、初めて大統領になった時は54歳だったんだア・・・・・今の私と同い年。
ちょっと、ショック。

11月3日 0:30
定休日だったので、以前から一度行きたいと思っていた築地に行ってきました。
前の道は通っていましたから、外からの眺めは知っていましたが実際に行ってみて
その賑わいには驚きました。
よく似た場所としては上野のアメ横がありますが、ハッキリと違いがありました。
アメ横が「安いよー、お買得だよー」と呼び込みで必死なのに比べて、
築地は「天然物だよ、どこどこの鮎だよ」のように商品説明をしていました。
それと、これは私の主観なのですが、築地の方が商品に安心感があります。
本物を売っている感じがしました。ですから、安い店を探すというより、良いモノを
買おうという目で探している人が多い様に感じました。
そりゃ、お客様達は街で買うより安いことを前提にしているのでしょうが、老舗の玉子焼き
だとか、海苔やお茶も飛ぶように売れていました。
「安さだけじゃなく、ちゃんとしたモノを」という気分が”今”なのだということを勉強してきました。
    
あっ、それと以前から一度食べてみたかった「井上」のラーメン(600円)を食べました。
ラーメンの味は、抜群に美味しかったというより、夢中で食べてしまったという感じです。
次から次へとお客様が来るので、次から次へと作ります。そんな風に次から次へと作る過程で
出来上がった必然の美味しさを感じました。
ちなみに、私は歩道ではなく車道で食べました。
築地は、江戸時代から毎日が活力に満ちあふれているところです。商店街の人は、もっと見に行けば
良いのに。

11月2日 0:05
今から何十年か前のことです。
接客態度が悪い代表は、タクシードライバーと国鉄職員とお役所の職員でした。
今ではどうでしょうか?
みなさんすっかり良くなって、ホテルマンと大差ないほど感じが良くなりました。
個人差はあるものの、職業による差はなくなってきました。  ただ一つを除いて。

その一つとは・・・・・。私の経験から言うのですが・・・・・。
みなさま、感じの良い新聞の勧誘員に出会ったことがありますか?
昨日も二人来ました。どちらも無礼で・・・・。当店は、読売新聞、産経新聞、日経流通の
3紙をとっていますが、もうそろそろ新聞はいらないかなとも思っています。
年間に10万円もかける価値を感じなくなりました。
無礼な勧誘員が来るたびに感じます。
どのくらい無礼かと言えば、どこかの新聞社の会長だった人と、どこかのテレビ局の会長と
同じくらい無礼です。

11月1日 0:05
新札が出ます。野口英世と樋口一葉が新顔です。
私の記憶では、女性のお札は神功皇后以来二人目だったと
思います。間違ったらごめんなさい。
新札が当店のレジに入るのはいつなのかな?実は、今回の
新札については、いつの間にか発行されてしまう感じで、あまり
よく知りません。おまけに、どこかの国では既に偽札を作っているとかいう
記事なんかもあったりして・・・・・。
いや、実際にお客様から受け取っても、本物と偽物の区別が出来る人なんて
いないんじゃないでしょうか?特に、私なんか樋口一葉のかわりに与謝野晶子に
なっていてもわかりません。野口英世がチャップリンになっていてもわかりません。
できれば、この次の次くらいでは、誰でも知っている人にしていただきたいかな。
長嶋さんとか。