2004年2月の
他愛もないことを毎日書き続けています。
  過去の日記帳  
2000年  11月 12月
2001年   1月 2月 3月 4月 5月  6月 7月 8月 9月  10月 11月 12月
2002年   1月 2月 3月 4月  5月 6月  7月  8月 9月 10月 11月 12月
2003年   1月 2月 3月  4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 12月
2004年   1月

ただ今、小学4年生の娘が創ったキャラ
クター「プン」です。
いろいろな脇役なんかもあって、
面白いです。
お暇な時に画像をクリックして下さい。

子供の発想って大人ではとても思い
つかないと言うか、忘れてしまったと
いうのか・・・・。
これが私です。
この日記をスタートした頃に家内が吹きだしながら描きました。
でも、私はあの頃は82kgありましたが、あまりにも呼吸が苦しくなったのでダイエットしました。
で、今は67〜68kgを行ったり来たりです。

TOPページへ  

商品日記へ  11月7日スタート

  2月29日 0:10

私は、あまり心配をしない質で、緊張感がないというか楽天家と言えばよいのか
そんな性格なようです。・・・なようです、と言うのは本当のところそのことすらちゃんと
考えたことがありません。
なにか問題をかかえても、まあ何とかなるよ。といった感じです。
でも、たまに何とかならないことがあります。以前はそんな時困っていました。
それがこの度めでたく極意を発見しました。困った時はぜひお試し下さい。
何とかなるよと思っても何とかならなくなったら、その時に何とかなるよと思えばよいのです。
その結果が今ですから。

  2月28日 0:05

これ、なんだと思いますか?
紙石けんです。
紙石けんと聞いて、「それってなに?」と感じる人と「なつかしい」と感じる人がいらっしゃると
思います。なつかしい人は、「へーこんなにおしゃれになったの」でしょう。
初めての人には、少し説明が必要でしょう。
紙石けんは、昭和20〜30年代に駄菓子屋さんで売っていました。10円くらいだったでしょうか。
一枚づつ手のひらに乗せて、水を少しつけてこすると泡が立ってきます。
おまけに香水のような香りがして、”素敵な気分”になったものです。
仕入に行った時に見つけて買ってきたものですから、当店で売っているわけではありません。
ただ何となくお見せしたくて・・・。

  2月27日 0:05

海までドライブに行きたいような日でした。今は寒くて強風が吹いていますが・・・・。昼間は違った。
私にとってのドライブは、行き先は海でなくてはなりません。
東京から行く海は神奈川か千葉です。どちらにしても、海に近づくと海が見える前に海の臭いが
してくるのです。潮の香りです。そのうちに時々海の一部が見えてくるんです。
もう車の窓を開けて少しねばついた風を顔面に受けながら干物やさんを横目で見ながら時速40km
くらいで走ります。
春先の海には人がいません。猫の額の浜に出て少し歩いて、波を見て・・・・・。いいですね。
昨日は、そんな気分にさせる日でした。
秋の海は、なんとなく別れを感じてしまいますが、春の海は、この先がわからないところがいいんです。
特に考えることをしない夏の前の、なんだか青春な一日でした。

  2月26日 0:35

2.26事件の日です。70年も前のことなので時代の状況は違いますが、似てもいます。
高橋是清が軍の若手将校に殺されます。高橋是清は知っていたようですね。
まさに命懸けの政治だったんですね。
政治はどんな時代でも国民のレベルと一致します。
あの時代は、国民も命懸けだったのでしょうか。命懸けでなかったとしても、もう少し
日本が好きだったのだと思います。
自衛隊が予定通りイラクに送られていますが、そのこと自体に私は大反対はしていません。
しかし、命を賭けてイラクに派遣される自衛隊の皆様は、自分の思いを言って欲しいと思います。
「バカヤロー」でも「行きたくない」でも「俺たちの気持ちをもっとわかってくれ」でもいいんです。
首相を殺すなんて物騒なことじゃなくて、道具のように使うなという気持ちを言った方がいいです。

  2月25日 1:30

K−1をテレビで見ていました。同じ人間とは思えません。強いのなんの。
小比類巻選手が日本代表になりました。私が以前から応援していた選手ですが、ここ一番で
結果を出せなかった彼が耐えて優勝です。
ここ一番で結果を出せない点で、私も同類です。
私は、各闘技が大好きでK−1は特に好きです。長い間苦しい練習に耐えて、技を磨いて
一瞬の勝負に賭けると言うのが、私と正反対だから憧れるのでしょう。
私はと言えば、高校生以来一度も鍛えたことのない筋肉と、暇にまかせて読む本で得た知識で
一瞬と言うより、一種の勝負の毎日です。

  2月24日 15:15 

昨晩も帰ったのが遅かったので更新せずに寝てしまいました。体調が40点くらいです。
本日は定休日なので朝から仕入に行って、今帰ったところです。
今回は、アクセサリーを中心に仕入れたのですが、改めて言うのも何ですが安くなりました。
ピアスにしてもヘアアクセサリーにしても、今から十数年前よりも50〜80%くらい安くなっています。
ですから、同じ数が売れても、売上は50〜80%少なくなるということです。

その割に、安くなっていない物もあります。CDなんかが典型です。ですから、逆輸入問題が発生したり
ダビング問題が発生するんです。
ブランド物もコピー商品が出回るんですね。つまり、真似るとすごく安く出来てしまうことにも
問題があるんですね。
やっぱり、価格設定が高すぎるんじゃないかな。
当店なんかでも、できるだけ安く提供しようと努力していますが、CDやブランド物はそう言った努力とは
無縁です。

  2月23日 12:05

すごい風でした。と言うより、今も時々強い風が吹いています。当店の周りはいわゆるビル風で
自転車なんてバタバタ倒れています。
季節の変わり目なんですね。

ところで、神奈川でBSEの感染牛が見つかりました。実は、私はBSEに慣れてしまったのか
これが国内10例目だとは知りませんでした。3例目くらいまでは知っていたのですが、途中を
覚えていません。慣れとは恐いものです。
自衛隊イラク派遣にしても、最初はとても注意深く見ていたものですが、その後に何度も派遣された
陸海空の皆さんをすべて覚えてはいません。
慣れちゃいけないんです。
ちゃんと見ていなければいけないことが多すぎて・・・・。
政治についても、あきれかえることが多すぎて「またかよ」という気分に慣れてしまって・・・・。

  2月22日 0:50

よくお店の壁に有名人の色紙が貼ってありますね。ほとんど勲章のような扱いになっています。
で、友人と話していたら「お前の店には誰が来たの?」と言うので思い出してみました。
1984年10月3日に開店以来けっこう沢山の有名人に来て頂きました。
なんと言っても、体が硬直するほど驚いたのは、キューバ音楽の大御所ブエナビスタソシアルクラブの
コンバイセクンドさんが別格でした。
では、思い出すままに列挙してみましょう。
飯島直子、SPEED、相原勇、ライオネル飛鳥、下田美馬、高木ブー、井上京子、アジャコング、
上野未来、オツオリ、石塚英彦、ミミ萩原、原田泰造、布施辰徳、○○くるめ(はっきりわかりません)、
大東めぐみ、まだまだいらっしゃるのでしょうが思い出せません。
それにしても、誰からもサインを戴いていません。
あ、そうそう。ジョージチャキリスからはサインを戴きました。
ちょっと、自慢話かな・・・・。

  2月21日 0:10

今日は志賀直哉と石川啄木の誕生日です。
私の中では啄木はずっと昔の人で、志賀直哉はもう少し近い人でした。
でも、違ったんです。志賀直哉が1883年生まれで啄木よりも3歳年上なんです。
みなさまには分かり切っていることかも知れませんが、私には驚きです。
このように、思いこみと現実って時として違うことがありますよね。
釈迦が孔子と10歳も年が離れていなかったことを知った時も驚きでした。
二宮金次郎がボブサップみたいに大きな人だったことを知った時も驚きでした。
このままだと、とりとめがなくなりそうなのでここらへんにします。

あ、そうそう。石川啄木から50年後の1936年の今日、そうですあの2.26事件の5日前の今日
長嶋茂雄が生まれました。

  2月20日 0:30

例えば”東洋のナポリ”とか”柔道界の聖子ちゃん”みたいに、土地や人を例えたりします。
その点で、昨日は吉田松陰のように勉強しました。
コピーライターの友人と話をしていたのですが、言われること言われること驚きばかりで
”全部吸収してやれ”という感じでした。
いつもは、友人として四方山話をするのですが、ことコピーの話になるとさすがに格が違います。
蟻と象というより、ため息と台風ほども違います。
靴屋の時代から30年も商売をしていますが、違う目で見るとこんなにも新しいことがわかるのかと
ショックでした。

  2月19日 0:25

皆様にとって「旅の終わり」っていつでしょうか?
私にとってはまず「旅」という経験がありません。「旅行」はありますが。
旅行という点では、家に帰った時が「終わり」です。
旅行先に行って家に帰ってくることで旅行の終わりです。
でも、この感覚は世界とは違うようです。世界的には目的地に着いた時が「終わり」
なのだそうです。極端に言えば、旅先で死ねばその土地に骨を埋めるという感覚です。
やはり「旅行」ではなく「旅」ですね。
ちなみに旅行の意のトラベルは、トラブルから来ているようですが、一方トレパリウムからでも
あります。
トレパリウムとは「拷問」のことです。
「可愛い子には旅をさせろ」とは、やっぱり旅行ではなく旅のことですね。

  2月18日 0:05

定休日で特にやることもなかったので、近ごろ話題のラーメン屋さんに行きました。
恵比寿の「AFURI」です。裏通りにあるおしゃれな美容室みたいなつくりで、一見するととても
ラーメン屋さんとは思えません。
昼の混雑の直前に入ったので並ばずに座れました。
で、味は魚系のスープに極細のストレート麺であっさりしたいやみのない味でした。
私の勘では、スープに使っているのは「あご」じゃないかと思います。「あご」と言うのはトビウオの
子供で九州ではポピュラーな食材です。
あっさり味なので、食べてすぐのインパクトはありませんが、また食べに行きたいと思います。
ところで恵比寿には先日ご紹介した「香月」の他に「光麺」もあり池袋や荻窪、吉祥寺、渋谷とならぶ
ラーメン天国です。

  2月17日 0:30

毎週月曜は9時からの「プライド」を見ています。いわゆる月9(げっく)というあれです。
なにしろキムタクが主演ですから展開が悪くなるはずがない。なのに、いつの間にかのめり込んで
山場になるとちゃんと脈拍が上がって呼吸がハアハアしてくるんです。
時には、馬鹿みたいに自分と重ねてしまうことだってあるんですよ。
高木ブーがキムタクの役をやるようなものです。
ところで恋人役の竹内結子って、あのJR西日本のCMに出ている時よりずっといいですね。
美男子で生まれて、美女で生まれて・・・・そんな風に生まれると・・・・・、
そのままでうまくいくわけじゃないんです。やっぱり努力してますね。

話は変わりますが、近ごろ注目のお笑いタレント、ドランクドラゴンを見ているとホッとします。

  2月16日 0:20

現在、外は台風のような強風です。外でとめてあった自転車が風で倒れているようです。
でも、昼間は天気予報の「真冬の寒さに逆戻り」とは反対に、むしろ春らしい天候でした。
天気予報は大ハズレ。でも、外れたからと言って誰も怒らないんですよね。
寒いと言われていたのに暖かだと怒らないんです。
晴れると言って雨が降ると怒るんです。つまり、都合の良い方に外れた場合は怒らないんです。
で、経済問題です。
経済評論家の先生方は、明るい予測というのをほとんどしませんね。
あーだこーだ言って、不安材料ばかり並べます。それって、良くなると言って良くならないと
怒られるから、悪く言っているように思うのですが・・・・・。
考えてみると、あの先生方の収入って、経済問題で的中した報酬ではなく、テレビの出演料や
雑誌に書く原稿料ですもんね。

  2月15日 0:15

今年になってから、雲ひとつない青空の日が多いですね。商売をやっている者にとってはありがたいことです。
で、青について。
色としての青は、さわやかなイメージがありますが、少し理屈っぽく言うとそればかりではないように感じます。
青って”手の届かない遠く”のイメージがあるんです。
青空って、遠くから見ていると青空なんですが、でもどこまで近づいても遠くなんです。手が届かないんです。
青春って、青春の時にはわからないんですよね。青春に手が届かなくなってから青春がわかるんです。
こんな言葉をご存知ですか?
「人には二度の誕生がある。一度は母親から生まれる時の誕生。二度目は青春。でも、どちらの誕生も
覚えていない。」
さて、最後に幸せの青い鳥です。やっぱり手の届かないところにある青い鳥を探すんですね。
青って、少しだけ注目するとこんな話になります。
いえ、私がそう思うだけです。

皆様のバレンタインデーが、青いバレンタインデーでなかったことをお祈りします。

  2月14日 0:05

バレンタインデーです。今年は土曜日なので義理チョコが少なくなるのだそうです。
チョコレート屋さんと、義理チョコ頼みの方々には辛いバレンタインデーですね。
当店は、女性のモノが多いのでバレンタインデーよりもホワイトデーの方が忙しくなります。
何はともあれ、それぞれのバレンタインデーです。GOOD LUCK。

  2月13日 0:15

立春とはよく言ったものでです。立春以来、少しづつ春らしくなってきました。
私は、昔は季節に好き嫌いがありましたが、歳のせいか近ごろでは季節毎に喜びを感じられる
ようになりました。
で、春ですが・・・・。春はいろいろがスタートする印象です。「新」という冠がつくことが多いです。
新入学、新社会人・・・・・そして新芽。何だか生まれることばかりで力が出てきますね。
まだまだ寒い日もあるでしょうが、寒い日があるから暖かい日が嬉しいんですね。
本日も、オチがなくてすいません。

  2月12日 0:10

「いつまでもあると思うな親と金」という言葉があります。これに牛丼を加えなければいけません。
なか卯、すき家に続いて吉野家からも牛丼が消えました。
考えてみると、私はこれまでに吉野家の牛丼を食べたのは5〜6回でしょうか。
その度に”美味しい”と思って食べました。いつでも食べられると思うから吉野家の前を素通りしてきました。
今思えば惜しいことをしました。
何時になるかわかりませんが、吉野家の牛丼が再開したらすぐに食べに行くことにします。
そう言えば、やはりいつでも食べられると思って、本物のもんじゃ焼きを食べたことがありません。
いつでも行けると思って、東京タワーも2度しか登っていません。
そして、いつでも出来ると思って、一度も親孝行をしていません。

  2月11日 3:30

今までへなちょこライブをやっていました。ライブと言っても半分は”流し”みたいに人が歌いたい曲を
伴奏するといった感じです。ギターの弦を硬いのにしたために指がこんなになってしまいました。

変な写真ですが、左手の指です。中指から小指まで白くタコになってしまいました。
6時間くらいギターを弾いていたでしょうか。
指先が痛くてしょうがなかったのですが、楽しかった。
子供のようにはしゃぎました。

  2月10日 1:10


皆様、この車をご存知ですか?私が20代のころ一世を風靡した日産の車です。
サニーのエンジンを使ったチェリークーペです。
友人が乗ってきたので写真を撮りました。あの名車、ロータスヨーロッパを彷彿とさせるデザインは
今でも古さを感じません。
私も、今でこそファミリーを優先してミニバンに乗っていますが、20代の頃はトヨタのカリーナを
チューンしてスピードを競った(暴走族ではありません)ものです。
武蔵小山の我が家から浜名湖まで1時間50分で行ったことがあります。
久しぶりにドキドキする車を見て、血が騒ぎました。

  2月9日 0:05

2月9日は、語呂合わせで「フクの日」です。この”フク”は服のことでもあり、ふぐのことでもあります。
服はともかく、ふぐは大好物です。と言っても、何回も食べたわけではないので大好物と言って良いのか
わかりませんがとにかく好きです。
私は、21歳から4年間博多に住んでおりました。高級食材のふぐも九州では手の届かない食べ物では
なかったものですから、安月給でも食べたい時には食べることが出来ました。
特に鍋が大好きです。
で、東京に戻って28年。まだ10回も食べていません。フクの日の今日もきっと食べないでしょう。
一生懸命に働いて(私にはなぜか一生懸命という言葉が似合いません)フクの日には必ずふぐを
食べに行かれるようになりたいものです。

  2月8日 0:05

私は普段胸のポケットに数本のペンをさしています。手帳に書くためのペンや走り書きをするためや
その時によってペンを替えます。
最近は(と言っても、数日で替えてしまいますが)手帳用にパイロットのキャップレス、走り書きや
メモ用にドクターグリップの新製品を使っています。ドクターグリップは新しいAインクというとても
素晴らしい書き味のインクで、パワータンク以来の発明だと思います。

気がつけば、2本ともパイロットの製品です。パイロットの万年筆は完成度が高いのですが
私にとっては欠点があります。
買ってすぐに書き良くならないのです。使いこなしていくうちにだんだんと書き良くなります。
で、このキャップレスもまだひっかかりがあって書きにくい状態です。特に手帳用の細字ですから
よけいです。本当に書き良くなるのは、来年の今頃でしょうか・・・。
それにしても、万年筆をキャップレスにする技術と発想には驚きです。

  2月7日 0:40

武蔵小山のガイドブックを作るとしたら、表紙はきっと駅前のモニュメントを含めたパルムアーケードの
ファサードになるでしょう。それほどに武蔵小山と言えばアーケードです。出来た当時は東洋一とまで
言われたアーケードです。現在ではもっと大きなアーケードが地方都市に出来ていますから規模に
おいては一番ではありません。
でも、大規模アーケードの中では最も通行量が多いのではないでしょうか。不景気不景気と言われても
人通りだけは多いんです。
以前、九州の友人が2月の人通りの少ない時に武蔵小山に来て「祭りでもしとると?」と聞いたほどです。
商店街にシャッターが閉まったままのお店が増える中、ありがたいことです。
私どもの商店街は、そのアーケードと交差しています。人通りでは比べものになりませんが、なにしろ
すぐそばまで沢山の人が来ているのですから・・・・。
そこで、いろいろなイベントを企画するんです。3月には朝市があります。

  2月6日 0:25

「風が吹けば桶屋が儲かる」という言葉をご存知だと思います。
江戸時代は風が吹くと砂が舞います。砂が目に入って目の悪い人が増えます。
目の悪い人は外に出ないで、家の中で三味線を弾きます。三味線は猫の革を使うので猫が減ります。
猫が減ると鼠が増えます。鼠は桶をかじるので桶屋が儲かるということです。

この度のBSEと鳥インフルエンザで、初めはアジアの鳥が輸入禁止になったのでブラジルが
大喜びです。でも、みんなが鳥そのものを敬遠するので豚が大人気です。
で、その豚はどこから来るのかというとデンマークです。
つまり、BSEと鳥インフルエンザという風が吹けばデンマークが儲かるということです。

今から2000年ほど昔、キリストと弟子達で最後の晩餐がありました。ミケランジェロの壁画が
ミラノのサンタマリアデレグラッツェ教会にあります。
”なか卯”に続いて”すき家”からも牛丼が消えました。いよいよ”吉野屋”のXデーです。
日本で最後の牛丼を食べるのは誰でしょう?

  2月5日 0:25

鳥インフルエンザが心配ですね。ベトナムでは10人目の死亡者が出ました。
昨年のSARSの時のようです。正確な感染ルートがわからないのも不安です。
人間よりはるかに長い歴史を持つウィルスは、すごい進化をし続けているのでしょうね。
世界中で人間同士がすったもんだしている間に、ウィルスはマイペースで進化し続けているんです。
でも人類の歴史で、人が人を殺すよりウィルスが人を殺す方が多かった年ってなかったと思うんです。
そう考えると、ふるえるほど恐い鳥インフルエンザより、人の方が恐いんだ・・・・・。
そう言えば、夜遅くに変える時なんか、悪い奴に注意はしますがインフルエンザに注意なんかしませんからね。

BSEで牛はダメ。インフルエンザで鳥はダメ。こんな風に食べられるものが一つ一つなくなると
鯨の時みたいになるのかな・・・・。

  2月4日 0:25

家内と一緒に渋谷を見てまわりました。東急ハンズはいつもながら賑わっていました。
いつからか覚えていませんが、ロフトに寄ることはなくなりました。久しぶりに宇宙百貨を
覗き、パルコも見ました。どこも勉強になりますが、やはり苦戦しているようですね。
ところで、ちょっとした現象に気が着きました。あの有名なラーメン屋さんのどこもに行列が
見られなかったことです。並んででも食べたかったラーメンが並ばずに食べられるようになったという
ことです。
だからと言うわけではないのですが、夕食は家族で恵比寿のラーメン屋さん「香月」に行きました。
5人で行って、やはり並ばずに食べられました。味が落ちたわけではないのに・・・・。
ただ5人で5000円以上というのは、今や高いのかもしれませんね。

  2月3日 0:30

節分の夜に恵方に向かって太巻き寿司を黙って食べると幸せになれるという行事が
東京でも少し定着し始めたようです。
東京でもと書いたのは、以前から関西では習慣的に行われてきたようです。
私は、昨年知りました。
で、今日は「のりまきの日」です。1987年に全国海苔組合が制定しました。
これって、チョコレート屋さんが企画したバレンタインデーみたいですね。
でも、太巻き寿司を食べると幸せになるだけでは、少し弱いですね。
節分というのは、旧暦で言えば一年で最後の日(今で言えば大晦日)ですから、
一年最後の日に一番大事な人と太巻きを食べながら、新しい一年が幸せな一年になるように
お祈りしながら食べると言う方がいいかな。

  2月2日 0:50

53歳のこの年にまさか今更数学の勉強をやるとは夢にも思いませんでした。
以前から子供達に数学を教えていたのですが、先日中学一年の息子が数学検定の4級に
合格してしまい、私も飛び上がるほど嬉しかったのですがついついはずみで「中学3年までに
1級にチャレンジしよう」と言ってしまいました。
口は災いの元とはまさにこのことです。
で、勉強するハメになりました。3級まではOKですが2級以上はもう一度やり直さなければ
教えることができないと思います。
実は、私は大学受験に失敗して予備校に2年間通いました。ですから、受験のテクニックは
知っていますが、学力が伴いません。
まあ、どこまでできるかわかりませんが、ここは父親のプライドの見せ所として諦めずに勉強しようと
思います。

  2月1日 0:10               

このところ読んでいる山本一力さんの作品は、例外なく心が豊かになります。
登場人物のほとんどに極悪人が出てきません。それどころかほとんどの人が
どこか弱いところを持っているものの、芯が一本通っていて魅力的な人ばかりです。
叶わぬこととはいえ、私は江戸時代の生活に憧れています。
7冊目を読んでいるところですが、すべて松平定信の寛政の改革の前後が舞台です。
私にとっては現在と重なってしかたがありません。
ただなんとなく、時代が大きく変わる前夜である点で共通していると思います。