他愛もないことを毎日書き続けています。
  過去の日記帳  
2000年  11月 12月
2001年   1月 2月 3月 4月 5月  6月 7月 8月 9月  10月 11月 12月
2002年   1月 2月 3月 4月  5月 6月  7月  8月 9月 10月 11月 12月
2003年   1月 2月 3月  4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月

ただ今、小学4年生の娘が創ったキャラ
クター「プン」です。
いろいろな脇役なんかもあって、
面白いです。
お暇な時に画像をクリックして下さい。

子供の発想って大人ではとても思い
つかないと言うか、忘れてしまったと
いうのか・・・・。
これが私です。
この日記をスタートした頃に家内が吹きだしながら描きました。
でも、私はあの頃は82kgありましたが、あまりにも呼吸が苦しくなったのでダイエットしました。
で、今は67〜68kgを行ったり来たりです。

TOPページへ  

できるだけ毎日一品商品日記へ  11月7日スタート

11月30日0:10

せっかくのワゴンセールは雨にたたられました。担当者は頭を抱えていましたが
「誰も悪くないよ。悪いのは天気だけだよ。」と言いましたが、やはり悔しいです。
おまけに、体調を崩してしまい、関節の痛みでロボットのように歩いています。

11月29日0:20

寒風吹きすさぶ中、わいわいワゴンセールの初日でした。
あんなに沢山の人がどこからいらっしゃるのでしょう。寒さも忘れて・・・・・
とは、いきませんでしたが、初めての腕時計も沢山買っていただきました。
中には、通常10000円品まであって、お客様にはきっと喜んでいただいたと
思います。

私の隣では、このページで何度もご紹介した、久が原のパン屋さん「モンレーブ」が
世界で初めての「蒸しあんぱん」を売っています。
私も家内もダイエット中にもかかわらず何個も食べてしまいました。
そりゃ美味しいの美味しくないのって・・・・、美味しいんです。

11月28日0:10

ワゴンセールです。お近くならぜったいにおいで下さい。当店はシルバーリングを
900円均一。
ファッション時計を1000円均一で販売します。
当たり前のことですが、シルバーの指輪と腕時計を買って1900円です。
この「わいわいワゴンセール」は1994年に街路灯をリニューアルした時に
生まれたイベントです。今回で19回です。
私もスタートした時のスタッフだったので、特別な思い入れがあります。
売って儲けるというより、わざわざ来ていただいたお客様の喜んだ顔が見たいから
やります。
昨日だって、いつもより早く起きて、約束していた取引先に行きました。
久しぶりのラッシュにあって、少し気分が悪くなりましたが今は大丈夫。

11時にスタートします。その時にお会いしましょう。

11月27日0:55

ワゴンセールでは恒例になった当店のシルバーリングですが、完璧です。
買わないと損とまでは申しませんが、あなたの指が放っておきません。
私は、お客様にプレッシャーをかけるのは好きではありませんが、商品には
限りがありますので、「早い者勝ち」と書かざるを得ません。
また、今回はファッションウォッチを1000円均一で販売します。
指だけでなく手首までお任せ下さい。
シルバーの指輪が900円。腕時計が1000円。
つまり1900円で手首から先はOKです。

11月26日0:45

もしかするとこんなにワクワクしているのは初めてかもしれません。
これでも悩みはあります。きっと別の人から見れば”深刻”のたぐいの悩みだって
あります。でも、悩みを解決する楽しみが芽生えてきました。
なんでこんな気分になったかというと、たったのこれだけです。
「自分が幸せになれば、関わった人も幸せになる」たったこれだけです。
家族のためにとか、お客様のために、とかってかっこいいですが、なんだか
ピンと来ませんでした。
それが、家族やお客様が喜ぶ姿って、私にとって最高の喜びです。
私は、自分の心の中だけでできることを複雑に考えすぎていました。
私が幸せにならないことはやらない。こんなふうに考えたら簡単です。
朝が、以前よりワクワクです。

11月25日20:55

昨晩は遅く帰りましたので、更新はこんな時間になりました。
私が主宰している勉強会が最終回でした。5月にスタートした時は
知らない者どうしだった人達も、7ヶ月たってお互いの気心も知れて
協力しあい、本当に素晴らしいチームになりました。
私自身も本当に勉強になり、特に「自分自身が幸せに仕事をすること」が
最優先ということに気が着きました。

今日は定休日だったので、28日からの「わいわいワゴンセール」の準備に
あちこち走り回っていました。
すごく良い商品が揃いました。今から待ち遠しいです。

11月24日0:40

本を読んでいるとたまに、一皮むけたような感じになることがあります。
それが、このところ皮が3枚も4枚もむけたような気がしています。
たまたま買った・・・・・というより、本の方が私の手に飛び込んできた
と言う方が正しいかもしれません。
そうなんです、大きな転機というのは案外簡単に近づいてくるように思うのです。
”ツキ”って、こんなことを言うのではないかと思います。
53歳にして、初めて仕事が大好きになりました。
もともと好きでしたが、これでも経営者の端くれなので、その気分は売上に
左右されることがありました。
今は、心から仕事が楽しく感じます。この仕事をやっていて良かったと思います。

11月23日0:10

26日に大地震が来るというので大あわてしている人がいるようです。
5月7月9月の26日に宮城や十勝沖に地震があったからだそうです。
地震もカレンダーを見ているのでしょうか?
おまけに、今度は東京というのは誰が決めたんでしょうか?
私はそれよりも、年間に6万人もの人が自殺をしてしまうことが心配です。
自殺の理由は一つではありませんが、とにかく増えていることが心配です。
少なくとも、幸せな自殺はないでしょう。
つまり、死ぬほど不幸な人が増えていることが心配なのです。
日本って、いつからこんなになったのでしょう。
私は、日本はもっともっと良くなるはずだと思っております。必ず良くなります。
世の中だの、政治だの他人のせいにしないで、まず自分が幸せになりましょう。
私も、そうします。

11月22日0:05

イチハラヒロコさんにはまっています。短い言葉の中に人生観や思いが
詰め込まれています。
言ってみれば、幕の内弁当の缶詰みたいです。

私が、特に気に入っている作品をいくつかご紹介します。
○「夢のような日々でした。鬼のようなひとでした。」
○「友達でいようとは けしからん」
○「体が目的ならなおうれしい」
○「私のことは彼にきいて。」
こんな感じです。

そこで、私もその気になって、店のコピーをイチハラ流にしました。
指輪のコーナーに
○「指が欲しがっています。」
ピアスのコーナーに
○「いくつも持っていますが これはない。」
ワゴンセール用に
○「買わずに帰ってシマッタ。」
イチハラヒロコさんのようにはいきませんが、けっこう気に入っています。

11月21日0:45

このページも4年目に入りました。この、どーでもいい日記をご覧の皆様には
心から感謝致します。

さて、つい先ほどまで友人と一緒にポスターを作っておりました。
大森の山王銀座商店街の美容室の方です。
12月13日が「美容室の日」になるって知ってました?
で、そのポスター作りです。
結構うまくできました。なにしろ一生懸命に作りましたから・・・。
と、言うのは、その彼がお土産にボージョレヌーボーを持ってきてくれたので
張り切りました。
私は、近ごろワインが好きになってしまい、毎日一本飲んでいます。
家内は「飲み過ぎよ」と言います。私も飲み過ぎと思います。
今も、気をつけて飲んでいます。ほとんどが1000円以内で買えるモノですが
今のところ、コストパフォーマンスではチリ産のワインが良いように感じます。
地球の反対側から送られてきて、六甲の水とたいして変わらない値段というのは
「チリ」を考えないといけません。

11月20日0:40

夕方、娘が近所に出来たお菓子屋さんで、なつかしいソースせんべいを
買ってきました。
私は、それを見てあることを思い出しました。

私がまだ小学校に入る前のことです。
近所の公園で遊んでいると、どこからともなく紙芝居屋さんが来ます。
当時のことですから、その紙芝居屋さんは軍服を着ていたのを覚えています。
紙芝居屋さんは、ソースせんべいや水飴などのお菓子を子供達に売ってから
紙芝居を始めます。
友達はみんな何かしらのお菓子を買いましたが、私はお金を持っていなかったので
買えませんでした。
いざ紙芝居が始まる時に、軍服の紙芝居屋さんが「買わない子は見ちゃダメ。あっち行って」
と、言って私には見せてくれませんでした。

この話には、続きがあります。
当時は、紙芝居はポピュラーでしたから、いつもの公園にやさしい紙芝居屋さんが
来ました。
その紙芝居屋さんは、私が買わなかったのに見せてくれました。
私は嬉しくて、次ぎにそのやさしい紙芝居屋さんが来た時には、親にねだって
お菓子を買いました。子供ながらにお礼のつもりでした。

さらに続きがあります。
私は、近所では影響力のある子供でした。
それからというもの、例の軍服の紙芝居屋さんが来ると、友達みんなに
「あっちに行って遊ぼうよ・・・・」と言って、公園を引き揚げたものです。

娘が買ってきたソースせんべいで、こんなことを思い出しました。
ところで、やさしい紙芝居屋さんの顔は、今でも覚えていますが
軍服の方は、軍服しか覚えていません。

11月19日1:20

定休日だったので(今年はあと一日しか休みません)自由が丘に行きました。
自由が丘と言えば雑貨天国で、商売柄エキサイティングな街です。
この大好きな自由が丘にも、近ごろ街でよく見かける”ペンキのいたずら書き”が
目立つようになりました。
少年達が自分のマークを残すのだそうですが、これは犬が電柱におしっこをする
マーキングと同じ現象です。
その昔、あまりにもひどい行為にたいして「犬猫じゃあるまいし・・・・」と言ったものです。
あの、美しい街自由が丘が汚くなるのを見たくありません。
武蔵小山でも同じ現象があります。
本当に悲しい気持ちです。
私は、これらの原因は家庭から発生していると思っております。
家があって、街があって、都市や地方があって、国です。国があって世界です。
心は、誰にも邪魔されずにきれいに出来ます。

11月18日0:05

16日は、まるで夏日。17日は、木枯らし一番。
暑いんだか寒いんだかわかりません。
仕事が終わってから、28日に始まる「わいわいワゴンセール」の
立て看板を作っていました。
その後、21日に臨時総会を開くので、その打ち合わせをしていました。
みんな熱心です。・・・・・・私も熱心なんですよ。
すいません、今日もオチはありません。

11月17日0:10

以前にも書いたかもしれませんが、私はマラソンが大好きです。
ですから、東京国際女子マラソンは楽しみでした。結果は高橋尚子さんが
残念ながら2位でした。
これが、他の選手だったら堂々の2位ということになるのでしょう。
私は思うのですが、オリンピックは成績や勝ち負けではないと言いますが
勝つと嬉しいです。
アテネオリンピックの出場権は残り2人ですが、高橋尚子さんはOKでしょう。
調子が悪くてこれですから。
何よりも、記憶に新しい総選挙で言えば、比例代表のトップでしょう。
結果のわかっているビデオを応援しながら見ています。

11月16日1:05

だんだんと冬です。へなちょこな私は店で足下にストーブをつけています。
ところで、季節は雨と共にやってきます。
「ひと雨ごとに」という言葉でもわかるように、季節は雨と共にやってきます。
今降る雨は、秋を洗い流して冬のためのバージンロードを用意しています。
紅葉の秋を雪の白で覆い尽くす準備です。
東京では滅多に雪が降りませんが、北の方では真っ白な冬が始まっています。

私は、毎年冬になると感じるのですが、本当に地球は温暖化されているのでしょうか?
たしかに私が子供の頃の冬は寒かった。
だって、私たちは小学生の頃は、冬でも半ズボンでしたから・・・・。(昭和30年代)

11月15日0:20

息子が通っている中学校から職業体験学習の依頼がありました。
私どもの商店街の理事会は全員一致で承諾しました。
子供達が実際に店の仕事を通して何かを得ることが出来るなら
それを拒否する理由はありません。
しかも、こうした機会は私ども店にとっても緊張感を蘇らせる機会でもあります。
まさか、息子が私の店に来ることはないでしょうが、どんな生徒さんが来るのか
今から楽しみです。

11月14日0:05

今日は親バカ。
今住んでいる家を建てたのは6年前です。
玄関には小学1年の長男と保育園の長女の靴が、父と母と私と家内の靴の横に
原稿用紙の句読点のように並んでいました。
ついさっき、トイレに行った時に何気なく玄関を見たら、まるで船泊です。
長男の靴は家内の靴の母船のようです。
長女の靴も家内の靴と同じくらいです。
これが6年なんですね。

でも、この話にはオチがあります。
我が家は子供達の集会所です。
で、沢山の靴が玄関を占領します。そう言えば、子供達の靴を玄関に並べるために
私と家内の靴を片付けたことがあります。
息子と娘の靴は大きくなりましたが、その友達の靴はデカイ!!

すいません。私は靴屋もやっていますので・・・・・。

11月13日0:10

私はメガネを5本くらい持っていますが、普段はいつも同じ物を着けています。
でも、あまりにもレンズにキズがついたので買い換えました。

上がこれまでのメガネ。下が新しいメガネです。
家内は「う゛・・・・似合ってるよ。慣れればね。」
息子は「いいじゃん。いいよ。」
娘は「えっ、これからずっとそれなの?」
これが家族の反応です。
私は、気に入っています。

11月12日0:10

ほんとうに久しぶりに図書館に行きました。
「野鳥の四季」「古書街を歩く」「爆笑新聞」「人を動かすコトバ」「星の王子様」
の5冊を借りてきました。
3週間後に返すのですが、私はこの本を3週間かけて読むのではありません。
手元に置いておいて、バラバラにパラパラとめくります。そして最後の3日間くらいで
一気に読みます。
読むときは一気です。
自分の本なら、赤の色鉛筆でやたらに線を引きますが、借りた本は気になったところに
ポストイットをつけて、覚えたいところは書き写します。
で、人に話します。話すとさらに覚えます。
これが、私のへなちょこ読書法です。

11月11日0:30

イラストレーターというソフトの勉強をしています。
ついさっきまで、友人の家で教えてもらっていました。友人はコピーライターで
このソフトの専門家です。
2時間ほど教えてもらって、だいたいの使い方はわかりましたが、
教えてもらっている途中でちょこっと言うコツみたいなモノがさすがにプロです。
たしか昔、古文の授業で「何ごとにも先達あらま欲しき」という言葉を思い出しました。
「習うより慣れろ」と言いますが「習ってから慣れろ」の方が現実的ですね。

私は、落語研究会におりましたが、芸事の世界では”守・破・離”という言葉があります。
守は、師匠の芸を真似て守ることです。
破は、同じように出来たら、その枠を破って発展させることです。
離は、試行錯誤して自分の芸にすることです。
パソコンのソフトなんて言うといかにも最先端みたいですが、中身は芸事と同じなんですね。

11月10日0:15

テレビでは、どのチャンネルでも選挙特報です。まるで大晦日の”行く年来る年”
みたいに同じことをやっています。
私は思うのですが、選挙の情報は一つのチャンネルに集約して、他のチャンネルでは
趣向を凝らした番組を流せば良いと思うのです。
投票率を見るよりも、視聴者が家にいながらどのチャンネルを選択するかの方が
本当の関心度がわかると思います。

私はと申しますと、せっかくの日曜日に、突然雨が降ってしまい、その方が
残念でした。

11月9日0:50

いよいよ投票日です。候補者の方達はさぞかし眠れない夜を過ごしている
ことでしょう。
その緊張感は、当事者でない私でも感じるモノがあります。
もう何もできないんですから。有権者が全てを決めるのをただただ待つだけです。
予測は出来ますが、結果が出るまでは気が気ではないでしょう。
緊張感から来るストレスは、私どものような凡人には想像を超えるものでしょう。
ですから、当選後にたいしたことが出来なくても、文句を言ってはいけないのでしょう。

そう言えば、候補者が大きな声で「最後の頑張りをしています」と言っていました。
選挙中に頑張ってしまったので、議員になっても頑張れないのもわかるような・・・・。

11月8日12:38

2日連続で飲みに行きました。3時過ぎに帰ったので、そのままバタン
で、この時間に更新しております。
不動前(当店のある武蔵小山の隣の駅)にできた居酒屋が美味しいというので
行ったのですが、その店に「不況」なんてありませんでした。
次から次ぎにお客さんが入ってきて、常に満席です。
薩摩料理が中心ですが、沖縄料理や水戸納豆や讃岐うどんなんかもあって
満足でした。
そうそう、従業員の人も良かったです。
近ごろは、ファーストフードやチェーン店の居酒屋が軒並み苦戦していますが
ちゃんとやれば、満席になるんですね。
良い気分で出てから、カラオケに行って3時というわけです。

11月7日3:05

今まで飲んでいました。商店街の人と3人です。
一人はお寺のご住職で商店街の副会長でもあります。あまり沢山は
話さないのですが、さすがにポツリと言う言葉には重さがあります。
もう一人は、久が原のパンの名店モンレーブの社長です。
話しているだけでパンが焼けるほどの熱がある人です。
今時の商店街には滅多にいない二人が、私につき合ってくれました。
二人とも朝が早いのに・・・・。
会社員の皆さんも学生さんも飲む機会はあるでしょうが、飲み終わってから
余韻の残る人と飲めるというのは嬉しいことです。
興奮して、まだしばらくは眠れないでしょう。

11月6日1:25

私は落語研究会に入っておりましたので、それなりに「間(ま)」が気になります。
人と話していても間が合わないと、話していることが苦痛になります。
それは、人との話だけでなくテレビを見ていてもラジオでも同じです。
本を読んでいても、間が合わないと読むのが苦痛になります。
実は、このところの天候の間が合いません。
雨が降るのはしかたがないので、それはそれでいいんです。
降り方が半端なんです。まるで、バラエティーに出てくる芸人のようです。
そして、ニュース番組を任されているキャスターのようです。

で、今は雨がちゃんと降っているのでOKです。
雨の日は、酔っぱらいが大声で騒ぎません。

11月5日0:05

21歳から24歳まで家業の靴屋の修行で九州は博多におりました。
その時に福岡体育館クラブという実業団の卓球チームに所属しておりました。
高校でやっていた卓球くらいしかスポーツを知らなかったので、チームの人に
お願いをして入れてもらいました。
すぐにラケットを買いに行きました・・・・。それ以来です。
31年ぶりにラケットのラバーを買いました。(ラケットは当時のままです。)
もちろん、息子とやるためです。
思いの外、上達している息子に、そんなに簡単に抜かれてたまるかという気分からです。
道具は揃いました。少しだけ思い出せば、けっこう出来ると思います。

11月4日1:30

忘れっぽくなったからではなく、それなりに気にしていることもありますので、
最近ではメモをとることが多くなりました。
今までは胸のポケットにポストイットを入れていました。どんどん書いて別の
ノートに写したり貼り付けたりします。A5版のノートはポストイットが2列に貼れるので
便利です。
でも、そのノートはバッグや机にあるので持ち歩いてはいません。
で、最近はポストイットの他に小さなメモ帳を持ち歩いています。
なかなか気に入ったのがなかったのですが、大きさ・形・センス・価格の面でどれも
ダメでしたが、やっと見つけました。
なんと、100円ショップにありました。2冊で100円のこの商品はすばらしい。
実に使いやすいです。紙の質には目をつぶって、その他の面は申し分ありません。
気に入ったので15冊ストックしています。

ちなみに、最近はA4版のレポート用紙も100円ショップのです。

11月3日0:05

私が初めて外国に行ったのは1980年でした。当時は靴の仕事をしておりましたので
靴の勉強でボローニアの展示会がメインの旅行でした。
最初に降り立ったのはニューヨークです。
映画でしか見たことがないニューヨークの第一印象はというと「なんて車椅子が多いんだろう」
ということでした。
日本で言えば銀座あたりに車椅子の人が目立つといった感じです。
当時の私は、「ニューヨークは犯罪が多いので、こんなに車椅子が多いんだ」と思っていました。

でも、最近は日本でも車椅子は珍しくありません。
そうなんです、日本も車椅子の人が街に簡単に出られる街になり始めたんです。
と言うことは、アメリカよりも20年も遅れていたんです。
もしも、自分が車椅子の生活をしていたら・・・・・・、と考えると
きっと電車には乗れないし、コンビニで雑誌も買えないし、実は当店にも入れません。

社会を考えるとき、高速道路を無料にするということを看板にするのは、それはそれで
魅力ですが、犯罪を減らしたり、教育レベルをあげたりするものではありません。
と、すると、・・・・・?????!!!!!。

11月2日1:10

当店ではずっとBGMにJ−WAVEを流していました。流し始めた頃は
まだJ−WAVEもメジャーではなかったので良かったのですが、最近では
向かいの八百屋さんまでが演歌のテープの合間にJ−WAVEを流しています。
時には、当店の音と八百屋さんの音が重なって、道路の真ん中に立つと何とも言えない
響きで聞こえることがあります。
当店は、それでも個性を売っているお店なのでBGMだってそうでなければいけないことを
忘れていました。
で、先週からBGMに竹内まりやのCDを流していました。そしたら、いつもより売上が良いんです。
そして、昨日は家内のリクエストで(リクエストと言っても、あくまでも当店の個性で選びました。)
AIKOのCDに変えました。
そうしたら、ちゃんと結果に現れます。
モノが売れなくなった時代。モノが余っている時代。
モノだけをアピールしても売れないのは当然。
BGMを忘れていたことにひどく反省しています。

11月1日0:30

家内が突然、「ねえパパ、どうしよう。カレンダーがあと2枚だよ・・・」
と言いました。
11月は、そんな月なんです。今年が終わるまでに、あと2ヶ月なんです。
つまり、残りを実感する月なんです。
でも、今年が終わっても来年が来ないわけではないことは百も承知です。
そうなんですね。あと2ヶ月という感覚は「もっと色々と出来たはずなのに」という
ことです。

この感覚は、一年という単位だけでなく、これまでの半生にもあてはまります。
自分はもっともっと出来たはずだ、とかです。
新しい月に入ったのに、しょぼくてすいません。