娘が考えたキャラクター、プンです。
絵をクリックしてみて下さい。

日記帳 2003年8月
 2000年11月22日に、このHPをアップして以来    
毎日書き続けています。
プライベートから商店街のことなど、思うままに
書いております。
右の絵は、家内が描いた私の似顔絵です。
似てるかどうか確かめたい方は、絵を
クリックしてみて下さい。

メールはこちら

2000年  11月 12月
2001年   1月 2月 3月 4月 5月  6月 7月 8月 9月  10月 11月 12月
2002年   1月 2月 3月 4月  5月 6月  7月  8月 9月 10月 11月 12月
2003年   1月 2月 3月  4月 5月 6月 7月

TOPページへ


8月31日 0:05

えっ?これで終わりなの?じゃ、夏はあれだけだったの?それはないんじゃないの・・・。
私がまだ純粋な心を持っていた十代のころ、日比谷公園にある有名なレストランに行った時、
過去に1・2回しか食べたことがないグラタンを注文しました。
お金もあまりありませんから注文したのはグラタンだけでした。それでも、随分と贅沢をした
気持ちでした。
しばらくしてテーブルに運ばれてきたのは、ホタテ貝の殻に入った深さ1・2cm、直径12cm位の
グラタンでした。
私はビックリして、一口だけ食べてあとは残しました。
私自身とレストランの人に腹が立って、とても食べる気がしませんでした。
こういうグラタンがあることを知らなかった自分に。こういうグラタンが出てくることを「グラタンだけを
注文した少年」に伝えなかったレストランの人への抵抗でした。
本当に寂しく悲しい出来事でした。あれから40年近くたちましたが、あの時の空気の臭いまで
はっきりと覚えています。
今年の夏は、そんな夏です。「えっ?これだけなの?」です。
もっとも、我が家は気温に関係なく、色々な体験をして家族で暖かな夏を過ごしましたが・・・・・。

追:当店にも小学生がお母さんにプレゼントを探しに来たり、中学生や高校生が彼女へのプレゼントを
  探しに来たりします。
  そんな時は、”当店に来て良かった”と思っていただけるように、誠心誠意のアドバイスをします。

 

8月30日 0:55

「やったー」息子が叫びました。長かった夏休み。短かった宿題をやった日。
それでも見事にやり遂げました。
よく刑事物のドラマで、時限爆弾の配線を切ろうと額に汗して必死に作業をするそばで、
時計の針が無常に爆発の時に近づきます。時にはCMまではさんで、一秒ごとに映像が
進みます。そして、最後の一秒がカチッというところで、しばらくの沈黙です。
そこには、爆発音はなく腰を抜かす老刑事。疲労困憊で、ばったりと倒れる主人公。
やがて、誰からともなく拍手。
夏休みの宿題って、そんな感じです。

8月29日 0:05

6ヶ国協議が始まりました。日本のポイントは核問題と拉致問題です。
これはハッキリしています。
で、日本の政治はのんきに総裁選です。日本というジャンボジェット機は
操縦を猿に任せるのか狸に任せるのか・・・・・。
開いた口がふさがらなくて、おしゃべりな私が無口になりました。
選挙で投票に行くと、共犯者になったような気になります。

話は変わります。
夏休みもあと3日です。今年の夏休みは家族サービスをしました。
父親としては80点ぐらいだったと思います。
マイナスの20点は、腰が痛くなって毎日仕事が終わるとリビングで
横になってしまったことでしょうか。
私は、もともと横になるのが大好きなのですが、痛くて横になるのは
嬉しくない。
ヤンキーズの松井も、疲れがたまっているようですから、私だって少しは・・・。
でも、年頭の誓いの「暑い、寒い、疲れた、忙しいを言わない」は守っています。

8月28日 0:05

電車の中の出来事です。
70歳くらいのご婦人が二人で乗ってきました。指定席のシルバーシートに
元気な足取りで座り、すぐに立ち話より大きな声で話し始めました。

「いいわよ。あなたも行けばいいのよ。飛行機で1時間半位なんだから。」
「そぉ?」
「あたしなんか何度も行ってるんだから・・・。ハウステンボスって言ってね、いろんな
 島があって、それぞれいろんな事やってるのよぉ。」

「へエ。」
「今度一緒に行きましょうよ。ほんとにいいんだから・・・。」
「そうぉ?どんなところなの?」
「そうね・・・。ディズニーランドをつまらなくさせたところよ。

これ、本当の話です。
近頃の芸人よりはるかに面白い会話でした。なにしろ、こんなすごい”オチ”は
滅多にあるものではありません。

8月27日 0:10

小さなお子さんをお持ちのご家庭では、夏休み最後の一週間は大変では
ないのでしょうか?
宿題です、宿題。
我が家でも、すったもんだの一日でした。息子と娘のレポートを見てあげました。
娘のテーマは、「世界の国旗」、息子のテーマは薬師寺復興に使われた大工道具
「ヤリガンナ」です。
実に深いテーマですが、子供なりの視点で上手にまとめていました。
私の仕事は、写真をプリントアウトしたり、レポートのまとめ方のアドバイスでしょうか。
それでも、一日がかりで立派なレポートができました。
実は、私は学校の時は劣等生でしたから、夏休みの宿題なんて滅多にやりませんでした。
二学期が始まって、先生からひどく叱られて、同級生からからかわれて・・・それで終わりでした。
そんなでしたから、子供達の宿題が完成するのを見ると、私が昔やり残したことを今になって
やり遂げたような気がするのです。
特に後悔はしていないのですが、レポートが出来上がった時の子供達の顔を見ると、
私がかつて経験できなかった達成感を感じます。

8月26日 0:35

今更、夏だって言われても困ります。冷夏の罪滅ぼしみたいに、ムキになって
暑くなられてもねえ。
先週は那須にいましたので、その温度差は15度くらいでしょうか。

話は変わります。
リトルリーグの武藏府中が世界一になりました。すごいですね。
私は知りませんでしたが、世界一になるのは6回目なんだそうですね。
偉い。本当に偉い。
こうしてスポーツで戦って勝つのは、本当にすがすがしいものです。

反面、現在は世界の各地で戦争や紛争が絶えません。これはイヤです。
娘は、夏休みの自由研究に「世界の国旗」を選びました。
特に、国旗に使われている色について、その意味を調べました。
各国が平和を祈り、愛を願い、自然を尊ぶ、そんな祈りを込めた国旗の元で
戦争が起きていることを不思議に感じているようです。
私も、この現状を上手に説明できません。
もしかすると、戦争の当事者も説明できないのではないしょうか?

8月25日 0:10

こんな時代でも”売れ筋”はあります。当店でも折りたたみ自転車は
すぐに品切れになるほどです。でも、残念ながらしばらく品切れ状態が
続きそうです。
それと、イヤーフックと言って、イヤリングでもなくピアスでもない、直接
耳に引っかけるタイプのアクセサリーです。
価格も500円〜980円とリーズナブルなので、品切れが続いていました。
で、やっと入荷しました。数日中に商品紹介にUPできると思います。
 
ちなみに、この商品は500円です。
すでにお店には並んでおりますので、お近くの方はお運び下さい。

先日、ご紹介致しました那須の花野果農園をリンク集に追加しました。
是非ご覧下さい。

8月24日 0:50

私は、たまに”辞書を読む”ことがあります。何か調べものをして
辞書を開くと、ついつい他のページを開いて読んでしまいます。
なにしろ知識の宝庫ですから、面白いことが沢山書いてあります。
で、こんな言葉を見つけました。
「ポコペン」
中国の言葉らしいのですが、意味は”だめだ”とか”話にならない”です。
元々は、やったことに対して見返りが少ないという意味らしいです。
と、すると、税金を納めてその使い方がでたらめな日本はポコペン。
選挙で「棄権はいけない」というので、しかたなく投票した人が、ろくな働きをしない。
政治もポコペン。
世の中、ポコペンだらけです。
でも、キリキリと腹を立てるより、あいつはどうせポコペンだと考えると楽ですね。
そう言えば、私もポコペンです。

8月23日 0:15

休み明けに、たまたま別の商店街からイベントの相談を受けました。
私に相談するのですから、よほど困っていたのでしょう。
理由はどうあれ、相談されるとそれなりにプレッシャーはありますが、
同時に嬉しくもあります。
私でも役に立てることがあることが嬉しいのです。

もちろん、私の出来る限りの答を出しました。今まで、その説明をしていて
帰ったところです。
玄関を入ると、まだリビングに電気がついていました。
見ると、息子が塾の宿題をやっていました。
「まだやってるの?もういいから寝たら。」と言うと
「もう少しだから・・・・」との答です。
旅行のツケで、宿題が押せ押せになっているのですが、これも経験です。
親の私にも本当は宿題が沢山たまっています。

大人と子供の違いは、宿題を出されるのが子供。宿題を自分で見つけるのが大人かな?
頑張って達成した時の歓びは同じですが・・・・。

8月22日 1:05

4日間の夏休みが、アッという間に過ぎ去りました。
今日からは、気分を入れ替えて仕事です・・・と言いたいのですが、
実は、旅行中でも頭のどこかに”仕事”が見え隠れするんです。
ホテルのお土産コーナーを見ては、品揃えを観察したり、
従業員の応対を見ていたり、従業員数を数えては採算性を想像したり・・・
ですから、気分を入れ替えてというより、気分をシフトアップさせてといったところです。

8月21日 0:05

毎年、夏は那須に行きます。その点で皇室と同じですが、同じ点は
それだけです。
今回は、雨続きで予定していたテニスも出来ず困ったあげく、ホテルで
何気なく手に取ったパンフレットにはトウモロコシや野菜を収穫できるという
農園のものでした。
この手のパンフは、いつも疑ってかかるのですが、今回は何故か行ってみました。
行ってみたところどうでしょう、子供達だけでなく私たち夫婦も想い出になる経験を
させていただきました。
その農園は「花野果農園」http://www.HANAYAKA.com
代表の延原さんは東京の保険会社を定年退職してから、現役中に那須に別荘を
持っていらっしゃり、そんな関係で農家の方から農地を長期で借りて始めたのが
今から6年前。今では15000坪の農園にはトウモロコシをはじめタバコ、大根
トマト、キュウリ、ナス、キャベツなどあらゆる野菜が無農薬で栽培されています。
農業はまったく無経験の延原代表は、さぞかし大変な苦労をなさったと思いますが
そんなことは一言も口に出さずに、にこにこしながら説明をして下さいました。

延原さんご夫妻です。奥様もとても良い方で子供達もすっかり甘えさせていただきました。
ふかしたトウモロコシや白菜の漬け物をご馳走になりました。
そりゃ美味しいのなんの・・・・。
この農園の野菜は一流ホテルやレストランでも引っ張りだこです。
延原さんの説明をうかがいながら、最近話題になっている、企業を退職した人がその後の人生の道がわからないといった問題を解決する最高のモデルだと確信致しました。
いきいきとしてるんです。
年に3回も、農業の勉強に外国に行かれるそうです。
一面のトウモロコシ畑は素晴らしいものでした。
しかも、ここのトウモロコシは「アマエンボー」という品種で、生のまま食べられます。甘えのない栽培でなくては、こんなに甘く美味しく安全なトウモロコシはできません。
いきいきととした人が育てると、何でもいきいきとします。
一見、モダン建築を思わせるこの光景は、ハウスの中で乾燥させているタバコの葉です。
感動的なワンショットです。
ぜひ上記のHPをご覧になってみて下さい。

そんなわけで、今年の那須は素晴らしい那須でした。

8月17日 0:05

お知らせ 日記を数日間お休みさせていただきます。

降りますね。神様が私たちに忍耐の具合を計っているような天候です。
せっかくのお盆休みに、雨ばかりでうんざりのところ「大停電よりいいだろ」とか
「じゃ、イギリスやフランスみたいに熱波の方が良いの?」みたいに、難題を
押しつけられているようです。
たしかに、大停電や熱波よりは良いかも知れませんが、降りすぎです。
長い一生の中で、特別な時期を過ごしているのだと思います。

話は変わります。
雨が多かったので、体を動かすことが少なく、頭を使う時間が増えました。
で、こんな柄にも合わないことを考えました。
私のような者でも、考えることはあります。なにしろ単純なものですから
生まれながらに、あれこれ考える機能を備えていません。
反面、滅多に考えないから、考えた時は夢中になります。
夢中になると、そればかりになり、息をすることも忘れることもあります。
疲れて倒れる時も、自分が夢中に向かっている道に、前に向かって倒れたいと
思います。

8月16日 0:05

終戦記念日で、アメリカでは大停電で、東京は2日間も雨が降り続き、
何とか言うコンピュータウイルスが世界を騒がせ、長男が始めて料理を
作りました。

家内の手助けはあったものの、このスパゲティーはお金が取れます。
とても美味しく食べました。

8月15日 0:15

世界各地で新記録の天候です。ヨーロッパの高温は驚きです。
ロンドンが39.1度、スイスではそれまでの最高気温39度を大きく上回り
41.2度だそうです。ここまで来ると、日本は正常な部類に入れなければなりません。
ちょっと雨が降って、少し気温が低いくらいです。
考えてみると、このところ「異常気象」という言葉を聞かない年がなくなりました。
年中異常です。平年より2度低いとか、3度高いとか言って、異常気象だと言います。
南極の氷が溶けるとか、氷河期になるだとか、おおげさなことを言っていますが
もっと簡単に「暑い」とか「涼しい」とかでいいんじゃないでしょうか?
私たちは、外から家に入る時は30度以上の所から24度くらいの所に入るわけです。
その逆もあります。そんな過酷な生活にもビクともしないのですから、あんまり異常異常と
騒がない方が良いと思うのですが・・・。

8月14日 0:05

私はA4版のレポート用紙を使っています。一度に20冊くらい買っても
すぐになくなってしまいます。
プリンターにも通常A4版の紙がセットされています。
従って、ファイルやバインダーもA版がほとんどです。
こうしてA版になったのは、ここ数年のことです。きっかけは役所の書類と
パソコンの初期設定に準じたからかと思います。

このA版と、昔からあるB版は、一昔前のビデオのベータとVHSみたいです。
きっと、最後にはB版がなくなるのでしょうね。
A版はドイツからスタートした国際標準規格です。
一方、B版は日本独自の規格です。詳しくはわかりませんが、きっと浮世絵とか
瓦版とかふすまや屏風はB版何かも・・・・。

集に2回、子供達に勉強を教えていますが、子供達のノートや学校のプリントは
ほとんどがB版なんです。
それと、裁判関係もB版です。
”変える”ことが苦手か、嫌いかわかりませんが、数少ないB版がはばをきかせているのが
学校と裁判です。
そして、もう一つ。私ども商店が作る「新聞折り込みチラシ」です。
変わらない。変えられない。変えるかどうか気にしたことがない。

A版、B版どちらでも良いのですが・・・・・。

8月13日 1:30

天気予報では雨とのことだったのですが、起きてみたら降ってない。
で、思い立って家族で江ノ島と鎌倉に行きました。
江ノ島には、以前から子供達に海辺で焼いて食べる”サザエ”とか”蛤”を
食べさせてあげるのが目的でした。美味しく食べた後、海に入ろうと言うことで
鎌倉まで戻りました。
ところが、ちょうど夜に花火大会があると言うことで駐車場が見つかりません。
たまに見つかっても「今日は花火大会なので、7000円です。」とのことです。
1.2時間泳ぐのに、そんな高いお金は払いたくないと思っていたところに
白いビキニの愛想の良い女の人が「5時までに出られるのでしたら駐車できますよ」
との事なので、そこに入りました。
海に出ようとすると、そのビキニさんが「海の家をお使いになるなら、すぐそばの
ベッカムの写真がついているところで、駐車券を見せて頂くとお安くなりますので
どうぞご利用下さい」と声をかけてくれました。
そりゃ、もうサービスがなくたってそこに決めました。
で、家族4人で3100円で利用できました。綺麗な施設で、感じの良い人ばかりで
おまけに帰りには、化粧品セット入りのポーチを3つももらいました。
ビキニさんに感謝です。楽しい一日でした。

8月12日 1:40

性善説、性悪説というのがあります。
これは、人によって別れるところです。
人間は、生まれながらに善いのか悪いのかということですが、
これを、「人間は、善いことがわかるのか?」というふうに考えました。
こう考えると、私は「善いことはわかる」と思うのです。
調べたわけではありませんが、ほとんどの人は「善いことはわかる」と
思います。
ただし、善いことがわかることと、善いことをするということが、
直接結びつかないんです。
私たちは、悪いことをしないように教えられてきたので、善いことをするのが
照れくさいとでもいうのでしょうか。
私は、未だにお年寄りの手を引いたことがありません。
ふと、そんなことを思いました。

話は変わります。
私がリビングに行くと、娘がリビングの隅にマガジンラックや椅子などで
囲いを作って、中にぴょこんと座っていました。
「何してるの?」と聞くと
「一人住まい。」と答えました。
その後、仕事が終わってリビングにもどると、今度は囲いはきれいに片付けられていて
娘は横になってテレビを見ていました。
「家はどうしたの?」と聞くと
「同居」と答えました。
子供の発想は面白いです。

8月11日 0:15

台風一過、絵に描いたような青空でした。そんなわけで夜空も澄み切って・・・。

家内の実家から電話で「東の空に火星が見えるわよ。」
「そうですか。見えるんですよね。目が悪くても見えそうですか?」
「私でも見えるから。火星かどうかわからないけでね。」
そんな会話の後、子供達と一緒に屋上に出て見たところ、たしかに東の空に
火星らしき大きな星が見えました。娘に
「火星って、地球の隣の星なんだよ。」と言うと、
「うっそー。火星人いるの?」
「どうかな。いるかもしれないね。」
まるで、”となりのトトロ”のお父さんみたいに優等生の返事をしました。

考えてみると、火星が火星と呼ばれるようになってから、最も地球に接近しているんですね。
そして、こんな風に星をテーマに話が出来るなんて、滅多にあるもんじゃありません。

そうそう、私の雑学では、火星にはオリンポス山という火山があって、すそのは東京から岡山くらいあって
高さは26kmだそうです。

8月10日 0:05

直径60mm、厚さ3mm、純度92.5%以上のシルバー、6g以上の金で
メッキ。
これがオリンピックの金メダルを作る上での決まりです。
原価にすると2万円程度でしょうか。
このメダルのために、何年間も厳しい練習と、自己管理と、集中力に加えて
才能と幸運が重なると金メダルが自分のものになります。
でも、プロではないのです。スポーツとは、それほど厳しい世界です。
一方、お笑いの世界です。
テツアンドトモ、はなわ、ゲッツとか言ってる人(覚える気にならない)などは
プロなんですかね?
私も落語研究会に所属しておりましたので・・・・・。
あっ、そう。って感じです。
前述の芸人さん達が、来年「あの人は今」にならないことを・・・。
特に、祈りません。

8月9日 0:25

缶詰について

私が子供の頃は、今考えると他愛もない夢を持っていました。
例えば、お腹一杯焼き鳥を食べてみたいとか
いつでもジュースやサイダーが入った冷蔵庫のある家に住みたいだとか
缶詰を思い切り食べたいとか・・・です。
で、家内が私の大好物のミカンの缶詰を買っておいてくれました。
家内どころか子供達も、私が美味しそうに食べているのを首をかしげて
見ていました。
私は、ミカンだけでなく桃もパイナップルもサクランボも缶詰の方が好きです。
それどころか、鰯だってサンマだって鯨だって缶詰が好きです。
妻は、いやがります。
でも、缶詰が好きなんです。きっと、思った通りの味だからなのかもしれません。
大当たりはないけど、ハズレがない。
皆様も、缶詰の美味しさを思い出して下さい。
そう、缶詰は”思い出す味”なんです。

8月8日 1:45

八月八日。末広がりの八が重なって、何か良いことがありそうな日です。
しかも大安。良いことがあるに決まっている。
そんな日になって欲しい。

昨日は、娘の夏休みの自由研究で「国旗」を調べたいというので、一緒に
ネットでいろいろと調べました。
いやー、知らない国の多いこと多いこと。一度も聞いたことがない国が沢山ありました。
で、子供の発想って面白いんです。
「国旗は色々な色で出来ているので、どの色が一番多いか調べてみる」とのことでした。
その後、その色の意味を調べるそうです。
ちなみに、一番使われている色は赤でした。
みなさん、二番目に使われている色は何色だと思いますか?

8月7日 0:10

いよいよ夏の甲子園です。かつてよりスター選手がなくなったこともあり
最近ではあまり興味がありませんでしたが、今回は違います。
都立雪が谷高校です。近いことと、私も卓球の対校試合に行ったこともあり
大変身近な学校です。
そうですね、昔甲子園をわかせた徳島の池田高校以来の”判官贔屓”とでも
言うのでしょうか・・・。
しかも、初戦がPL高校ですよね。
舞台が出来たって感じです。
それにしても、夏の甲子園で雪が谷が熱戦というのもドラマを感じます。
暑いんだか寒いんだか・・・・。
冷静な試合を・・・・。ビデオにとって見ます。

日比谷公園が開園100周年ということで色々な屋台を集めるイベントを始めました。
4日間で4万人の集客を予定しているとのことです。
と、すると一日で1万人ですよね。
手前味噌で申し訳ありませんが、先日一番通りで行った夜店市は、わずか3時間で
数千人の集客でした。

8月6日 0:10

久しぶりに銀座に出ました。母と娘と家内と一緒です。息子はクラブ。
先日行った渋谷とは違います。昔感じた”銀座は大人の街”などという形容は
ふさわしくないと思いますが、渋谷にあふれる汚く危険な臭いがありませんね。
そして何より”ゆっくり見たい店”が多いです。
で、最初に文房具の伊東屋に行きました。
 
ちょうど開催中の世界の文具のコーナーを見てから、ペリカーノの習字用の万年筆を
買いました。すごい書き味です。数万円する万年筆にも引けを取らない書き味で
1300円です。
それと昨日、卓球用具の専門店を取り上げましたが、今日はお箸の専門店です。
「夏野」という店です。店内の所狭しと並んだ箸は壮観です。
ここまで専門化すると、価格も大事ですが価格競争じゃないんです。
 
あっ、そうそう、箸の長さって親指と人差し指を開いた長さの1.5倍だそうです。

8月5日 0:13

今年の夏休みは、できるだけ子供との時間を大事にしています。
昨日は、息子と卓球のユニフォームを買いに渋谷に行きました。卓球は
マイナーなスポーツなので、卓球用具を専門的に取り扱っているお店は
一店しかありません。「国際卓球」という会社なのですが、何と私が卓球をやっていた
37年前から、卓球と言えば国際卓球でした。
卓球に絞り込んだお店は、今のようにインターネットが普及した時代には
商圏が日本中になり、その存在が大きくなっているようです。
私たちが行った時も、地方発送の荷物を梱包していました。
マイナーなスポーツだって、徹底的に専門化をはかると商売になるんですね。
そう言えば、昔テレビで「楊枝の専門店」を見たことがあります。
こうした専門店は、私どものように何を扱っても良い雑貨屋とは反対側にある業態のように
思います。
でも、同じ事もあるんですよ。
どちらも、この商売が好きなんだと思いますよ。

8月4日 0:12

夏休みと言っても、息子にとっては”休み”ではない一日でした。
モーニング娘並のスケジュールです。
10:30〜12:30 スイミング
13:00〜14:25 宿題(多いんです)
14:30〜18:35 卓球クラブ
18:35〜18:49 食事
18:50〜22:07 塾
毎日こうではありませんが、分刻みのスケジュールでくたくただと思います。

一方、私は毎日をのんびりと、マイペースで過ごしています。

8月3日 0:25

小学4年の娘が突然「私は昔の人になりたいな・・・・」というので、
「いつごろの昔なの?」と聞くと、「原始だよ、原始。原始人だよ。」
「原始人になって何するの?」と聞くと、「木の実を食べたり、チョウチョだっているし、
花もいっぱいあるし・・・・・」
たしかに小学生が考える原始時代はユートピアのようです。望むことが何でも叶う
原始時代なのでしょう。
随分と昔に、私にもユートピアがあったように思います。もっとも、私のユートピアは
家に冷蔵庫があって、いつでも冷たいジュースが飲めることでした。自分が自動車を
持つなんて言うことは、ユートピアの外にありました。
でも、ユートピアって言葉自体がユートピアですね。
リスクを考えずに夢を見ると言うことは、清いことだと思います。
娘に思い出させられました。
ですから「原始時代は、危険なことだって多かったんだよ。」とは言わずに
「そうだね」と返事しました。

本当は、私は百科辞典のようになりたいんです。
と、同時に「なれるはずない。」と思っているんです。
時間を作って、百科辞典を通読しようと思ったこともあるのですが、まだスタート
できません。もしかすると、インターネットを知らなかったらスタートしていたかも
しれません。
考えてみれば、こんな事を考えていられる今は、ユートピアの入り口かもしれません。

8月2日 0:05

広島の平和記念公園の折り鶴14万羽に火をつけた馬鹿者がいましたね。
ほんとうにひどいことをするものです。先日行った渋谷でも汚い落書きが私の気持ちを
暗くさせました。でも、落書きする人も絶対に落書きをしてはいけないところにはやらないと
思っていました。歴史的に価値のあるところとか、みんなが心のより所としている物には
落書きをしないという、髪の毛の先ほどの良心が残っているものと信じていました。
広島の事件は、私の希望を完全に打ち消しました。なんと言うことでしょう?
犯人には、一羽一羽心を込めて折り鶴を折ることを義務づけるべきです。
そして、今後20年間、平和記念公園の清掃をさせなければなりません。
平和を祈り、被爆者を偲んで訪れる人々に接して、自分がやった罪がどんなことだったのか
考えるべきです。
怒りよりも、悲しさばかりが残った事件でした。

8月1日 0:10

 とうとう梅雨明けしないまま8月になってしまいました。真夏日だって
31日に滑り込みで一日増えても、7月は3日間です。やはりこの天候は
特殊なんでしょうね。
 特殊という点では、最近興味を持って読んでいるのが「数学」の本ですが、
数学の世界では数学特有の解釈や考え方があります。
例えば、直線は曲線の特殊な形と言うことになります。
また、「変わらない」と言うことは「変わる」ということの特殊な形と見ます。
いかにも数学的ですが、私たちか日常的に生活の重要な部分を占めている経済も
実は数学的に見ることが出来ます。
 ずっと変わらずに売れ続けると思っていた会社が赤字になったりするのも、
変わらないことが特殊な例だったことを実感させます。

 話は変わります。娘が突然描き始めた絵です。絵の題名は「フォーエバー」です。
いえ、正確には「パパ、永遠って英語で何て言うの?」と聞くので「フォーエバーだよ。」と
と答えたら「うんうん」とうなずいていたので、きっとフォーエバーだと思うだけです。
             
 帽子をかぶった人が雲の上に立っているような絵です。左上は虹みたいです。
なんだかホッとする絵です。