日記帳 2003年1月
2000年11月22日に、このHPをアップして以来    毎日書き続けています。
プライベートから商店街のことなど、思うままに
書いております。
右の絵は、家内が描いた私の似顔絵です。
似てるかどうか確かめたい方は、絵を
クリックしてみて下さい。
メールはこちら

2000年  11月 12月

2001年   1月 2月 3月 4月 5月  6月 7月 8月 9月  10月 11月 12月

2002年   1月 2月 3月 4月  5月 6月  7月  8月 9月 10月 11月 12月

TOPページへ

1月31日0:40
 今月の24日にソーラー電卓の表示について書きましたが、昨日はこんなのが
 ありました。なぜだか笑っているように見えるのは私だけでしょうか?
 
 私は、ほぼ思い通りに毎日をのほほんと過ごしておりますが、それなりにやらなければ
 ならないことも少なからずあります。
 ですから、時間が余っているわけではありません。
 なのに、電卓の表示を喜んで見ているのですから、やはりのほほんなのでしょう。

 ”のほほん”と言うのは、大好きです。ぎすぎすとか、ばりばりとか、てきぱきとかは、
 私になじみません。
 私にとって”ぎすぎす””ばりばり””てきぱき”という表現は、太陽です。
 そして”のほほん”は空にぽっかり浮かぶ雲です。
 これは、太陽と雲であって、決して太陽と月の関係ではありません。

 少しばかり、ぎすぎすとした文章になりましたが・・・・・。

1月30日1:35
 私どもの商店街である一番通りの来年度イベントの企画会議でした。
 今年は、プロジェクトを組織して、できるだけフリーな立場で自由な発言の中から
 キーワードを探る作業をしました。
 メンバーの意見を差別なくポストイットに書き込み、その組み合わせで企画をするという
 やり方です。
 進み方によってはグチャグチャになりそうですが、今回はうまくいったと思います。
 決して優秀な人が一人では生まれなかった面白い企画が出来ました。

1月29日0:10
 たまたま用事があったついでに日本文具資料館に行ってみました。ビルの1階で
 30坪程度の小さなスペースでしたが、文具好きの私にとってはワクワクの場所でした。
 万年筆のコーナーでは、アンティックのウォーターマンが沢山あって暫く見とれていました。
 それともう一つ、私の記憶では日本で最初に鉛筆を使ったのは徳川家康だとばかり思っていたら
 どうやら間違いだったようです。実は、伊達政宗だそうです。写真が小さいので見にくいでしょうが
 現在の鉛筆よりかなり小さく、手帳用の鉛筆くらいの大きさです。しかも芯がすごく太い。
 デッサン用の鉛筆くらいでしょうか・・・。
  
 ウォーターマンの万年筆            一番奥が徳川家康・中が伊達政宗

1月28日0:15
 小学6年の息子が、たまたま見ていた国会中継の模様を見ました。
 「ねえパパ、みんな寝ていてもいいの?」と聞いてきました。
 答える前に、議長が寝ていた(寝ていたとしか思えない)小泉総理の名を呼びました。
 小泉総理は、私は寝てなんかいませんでしたといった感じで、
 いつものディベートゲームのような発言をしています。
 その間も、与党ばかりか野党も寝ています。
 そこで息子が絶妙のタイミングで
 「パパ、あの人達って今まで寝ていたんだから、寝言言ってるんでしょ。」だって。
 私は、もうとっくに経済問題を国会に任せるという愚かな考えは持っていませんが、
 今後は子供達の事を考えるなら、国会が今のメンバーで教育問題だけは話さないで
 欲しいと思っています。
 人間だから間違いはあります。真剣に話し合っての間違いは訂正できます。
 でも、国民のことを寝言で片付けないでほしいのです。
 国会で居眠りをしているくらい疲れている人達が、私たちの眠りを起こすほどのパワーで
 選挙演説をするのは何故なんでしょうね?
 とても息子には正常な説明ができないので、「お前は、あんな人にはなるな。」と言うのが
 精一杯です。

1月27日0:25
 ポストイットについて。
 これは商品名です。住友3Mの商品だったと思いますが、簡単に貼れて簡単に
 はがせる付箋です。
 私は頭がいつもボーっとしているのでメモすることが習慣になっています。
 昔はタバコの箱にも箸の袋にも何でもかんでもメモしていました。
 これはこれで役に立つのですが、バラバラになってしまい、そのメモがどこに行ったのか
 わからなくなってしまいます。
 そこで、経済キャスターの西村晃さんが推奨しているポストイットを使うようになって
 3年くらいになります。
 今ではなくてはならないツールになっています。朝、シャツのポケットにポストイットを
 入れなければ一日がスタートしません。目に付いたこと、人が言ったこと、気が着いたことを
 一項目一枚でどんどん書きます。いらない情報は夜見た時に捨てますから、無差別に書きます。
 必要なことはレポート用紙にまとめます。
 まとめると言っても、ジャンル別にまとめるわけではありません。時間別です。
 ですから、日記みたいです。
 これを、何度も何度も読み返します。
 今日も30枚くらい書きました。

1月26日13:25
 昨晩・・・と言うより今朝の4時半に帰りましたのでこの時間の更新です。
 讃岐うどんがすっかりブームになりまして、何とか言うお店が公園通りに
 出店して以来、毎日行列のようです。
 そして、原宿にも出店して、そこでも大行列です。
 うまい・安い・はやいという、牛丼屋さんのキャッチコピーを地でいくこの店が
 老若男女にうけています。
 でも、マクドナルドはいまだに業績が回復しません。
 どこが違うかというと、「健康」と「ダイエット」なのでしょうね。

1月25日1:50
 「千と千尋の神隠し」をテレビでやりました。
 ついこの間まで、日本映画の興行成績更新のニュースが頻繁にありました。
 もうテレビでやっちゃうんですね。
 これも経済活動なのでしょう。
 子供が言うには「こんなんじゃハリーポッターもすぐにテレビでやるね。」
 もちろんわが家は、その両方のビデオを買いました。
 これで良いんでしょうね。
 親として、複雑な思いです。

1月24日2:50
 つまらない話です。
 今や電卓と言えば殆どがソーラー式の電源だと思います。もちろん当店もわが家もソーラーです。
 ソーラーというのは光源がないと消えてしまいます。でもひとたび光を手に入れると
 「私は消えてなんかいませんでした。」と言わんばかりに機能します。
 でも、人間もソーラー電卓も寝起きは見苦しいものです。ほとんど正常な状態からはかけはなれています。
 電卓なんて、普段絶対に表示できないような数字がディスプレイに表示されます。
 いかにもあわてふためいたあげく、とりあえず表示したと言った数字が並びます。
 私は毎朝、オープン前の店の電気をつける時「今日はどんな表示かな?」と電卓を見ます。
 で、こんな表示でした。
 
 皆様、これと同じ表示が出来ますか?
 本当に、つまらない話で申し訳ありません。

1月23日0:40
 貴乃花が引退して国技館の空席が目立つようになったそうです。
 相撲協会にしてみれば危機的状態です。今場所は何とかそこそこで終わるでしょうが、
 来場所以降が心配です。
 流通業界にそっくりですね。一世を風靡したマクドナルドやスターバックスが赤字決算。
 西武百貨店が行き詰まり、今のところ黒字とはいえ急激な下降線のユニクロ。
 そうなんです。危機というのは、いつか突然やって来るのです。
 
 私のような者が言うのはおこがましいのですが、これからの相撲は「勝つだけの各闘技」か
 「礼儀を重んじる格闘技」かの選択でしょう。

1月22日0:10
 家内と一緒に丸ビルに行きました。一時の混雑はありませんでしたが昼時のレストランは
 混んでいました。並んで食べようとも思いましたが、今の私には時間が大事だったので
 やめました。
 並ぶくらいだったら駅の反対側の八重洲ブックセンターに行き店の本と趣味の本を買いました。
 趣味の方の本は「4本のヘミングウェイ」(万年筆の本)「さわの文具店」(文具の本)
 「「超」文章法」の3冊を買いました。
 できれば今週中に読みたいものです。とにかく私は、本という物は一気に読んでしまった方が
 よくわかるし、記憶にも残ります。

1月21日0:15
 今年は江戸幕府ができて400年なので、「江戸」をテーマとした番組や読み物が
 多くあります。
 私はもともと落語研究会にいた関係から江戸にはことさら興味を持っていました。
 ちなみに、私は四代目名誉会長で、二代目南風亭遊橋と申しました。初代名誉会長は
 皆さんもご存知かと思いますが、ノンフィクション作家の沢木耕太朗さんです。
 
 今年は、江戸について何回か書くことがあると思いますが、今日は江戸時代の「人口と土地」
 について書いてみます。
 江戸は、人口110万人で当時世界で一番人口の多い都市でした。当時の江戸の面積は
 今の23区より少し小さいくらいです。
 江戸の土地は70%が武家。15%が寺社。15%が町人でした。
 人口は約55万人が武家。町人が55万人といったところです。
 15%の土地に50%の人が住むのですから大変です。そんな条件から生まれたのが
 長屋です。江戸時代の長屋というと貧乏長屋と決まっていました。小さな家にみんなが寄り添って
 生きているわけです。
 実際に見たわけではないのですが、時代劇や落語から察すると、人の心は豊かだったように感じます。
 犯罪だって時代劇の1%にも満たないほど少なかったのです。
 江戸時代って、パーツを切り抜くと理想的な時代だったように感じます。
 何とか、このパーツを現代に持ち込めないでしょうか?
 ちなみに、長屋の八っあん熊さんは職人ですが、週休4日で貧しいながら食べていけたんですよ。

1月20日0:50
 大寒です。一年で一番寒い日です。旧暦と新暦の違いはあると思いますが、
 とにかくめでたいことです。
 一番寒いと言うことは、これから暖かくなると言うことです。
 寒い寒いと言って縮こまっていてはいけません。朝の来ない夜はないと言うように
 一番寒い日の後には必ず暖かい日が来るのです。
 景気もこのように考えると楽ですね。いや、ほんとにいいかもしれない。
 今が一番寒い景気です。と、言うことは、これからは暖かくなる。
 ただし、暦と違うのは、暦は全員に平等にやって来るのに、景気は個別にやって来ることです。

1月19日12:50
 昨晩は遅くまで打ち合わせがあって2時過ぎに帰ってから、たまっていた仕事をしたので
 更新がこの時間になってしまいました。
 少し前に、ダイエットをスタートしてからの習慣となっている「うどん」を食べながらテレビを
 見ていました。
 その中で、今年は日本でテレビ放送がスタートして50目なのだそうです。
 私が今年で53才ですから、ほぼテレビと同じ歳くらいです。だからかどうかはわかりませんが、
 私はテレビっ子で、テレビがなければ生きていけないほどです。毎朝新聞のテレビ欄を隅から隅まで
 目を通して、手当たり次第に録画するようにセットします。しかも夜、そのビデオをほとんど見ます。
 と、言っても必ず何かの作業をしながら見るのでちゃんと見ているわけではありません。
 近頃はBSデジタルなんかがあって(わが家にはその設備がない)ますますたいへんです。
 私は、ドラマは殆ど見ないで音楽や旅や歴史なんかを中心に見るのですが、キムタクが出るドラマは
 見ます。今日からキムタクの何とか言うドラマが始まるので楽しみです。
 ちなみに、月曜にやる松たか子が出ているドラマも見ています。たまたま見た時に坂口何とかという人が
 住んでいるマンションが気に入りました。 

1月18日0:50
 寒い日が続きましたので(今年になって公約通り「寒い」と言っていません。)
 とても暖かな一日でした。暖かいと言うことは、軽いということなんですね。
 体がちじこまない分、外に向かって広がる感じです。しかも厚着をしないので楽です。
 おまけに心まで軽い感じになります。こんな日が続くことを望みますが、そうもいかないようです。
 まあ、天候ばかりは受け入れるよりしかたがないですから・・・・。

 受け入れがたいことは、沢山あります。
 北朝鮮問題。今の景気をデフレで済ませていること。公的資金を受けていながら
 高い給料をもらっている人。人を殺したのに5年で済む人。言いっぱなしのニュースキャスター。
 そして、もっといろいろと出来るはずなのに、それが出来ていない自分。

1月17日0:20
 ダイアモンド社の「ザーゴール」という本をご存知でしょうか。
 ベストセラー本なのでタイトルくらいはご存知かも知れません。
 少しばかり厚い本なので読むのを躊躇している方もいるかも知れません。
 しかも、そのまま読むと工場の生産性の本としか受け止められないかもしれません。
 でも、私にとっては違いました。自分の店でも応用できますし、商店街でも応用できます。
 おまけに家族でも応用できます。
 近年まれに見る名著です。
 私は、ただ今「ザ・ゴール2」を読んでいます。明日あたり読み終わると思います。
 前書にも増してエキサイティングな内容にのめり込んでいます。
 それにしても、主人公のアレックス・ロゴに自分を重ね合わせてしまうのは私だけでしょうか?

1月16日0:45
 商店街のイベント企画会議に出席してきました。
 私はうるさいので進行係と書記になりました。
 会長の賢さです。
 結果。私がしゃべらないとこんなにもスムーズに進むのかと思えるほど
 順調でした。
 成果は120%でした。この調子なら今年の一番通りはきっと面白くなります。
 今日は、理事会です。この調子でやりますか。

1月15日1:20
 仕入れに行ってきました。
 素晴らしい商品を仕入れることが出来ました。
 ほんのほんの一例です。
 
 これはシルバーの指輪です。500円玉と比べてもその大きさが
 おわかりになると思います。
 石は、ラブラドライトという天然石です。これは一つしかありません。
 サイズは13号です。
 私は、できるだけお客様にプレッシャーをおかけしないと言うのがモットーですが、
 この商品に限っては早い者勝ちです。
 ちなみに、価格は1300円です。
 この他にも、お買得を沢山仕入れました。お近くの方はぜひお立ち寄り下さい。

1月14日0:15
 成人の日でした。なんか変です。昭和25年生まれの私にとって、成人式は15日なのです。
 連休も結構なのですが、やはり成人式は15日です。
 連休になってから、成人式が忘れられ始めているように感じます。
 これって、私だけでしょうか?

 話は変わります。
 小学3年生の娘がデザインしたネックレスを作りました。本日から販売しています。
 
 なかなか独創的なデザインです。娘は300円で売るように言うのですが、材料費なんかを
 考えると980円になってしまいました。
 ちなみに、下の写真は私がデザインしたネックレスです。これも980円です。
 

1月13日0:45
 今から143年前の今日、咸臨丸が品川からアメリカに向けて出航しました。
 勝海舟・福沢諭吉を乗せて。
 ペリーが浦賀に来てから7年目のことです。
 あの頃の人は、やることがはやかったですね。そして勉強家でした。
 優れているものに対して、それを吸収しようという気持ちが強かったように思います。
 まさに幕末の時代です。あのころ、江戸では英語を勉強していました。大阪はオランダ語でした。
 ここら辺で、江戸と大坂の情報量の違いを感じます。

 話は変わります。
 大相撲が始まりました。そこで「ちゃんこ鍋」の話です。
 昔からちゃんこの肉は鶏肉が主流だったようです。
 その理由は、牛や豚は四つ足なので、相撲で両手をついている形なので二本足の鶏なのだそうです。
 それにしても、私は思うのですが・・・・。
 元お相撲さんのちゃんこやさんって、名前も知らないようなお相撲さんの店の方が美味しいんです。
 そりゃそうです。
 強いお相撲さんは、はやく出世するから、ちゃんこなんて作らないのです。
 ちゃんこが上手に作れるのは、いつも作っていた出世しないお相撲さんなのです。
 これも、バランスかな?

1月12日0:25
 昨日は大変な日だったんですね。
 シーザーがルビコン川を渡って、マホメットがメッカに入って、そして
 鏡開きでした。

 この、鏡開きってお供え餅を割っておしるこにして食べるんですよね。
 元々は、お供え餅の丸い形は鏡の形なんですね。
 それを刃物を使わずに割る。そして、この”割る”という言葉が武士にとって
 よろしくないと言うことで”開く”になったそうです。
 鏡開きは元々20日だったのですが、徳川三代将軍家光は20日に他界したので
 11日になったとのことです。

1月11日1:10
 夢で見ました。とても変な話なので、いつものヨタ話と思って下さい。

 オーストラリアだかニュージーランドに大量の鯨が海岸に打ち上げられました。
 ボランティアの方々が献身的に一頭一頭丁寧に海に戻してあげている光景が
 テレビのニュースに流れていました。
 もちろん、日本でもありますしアメリカでも世界中で同じ光景が見られます。
 その度に、学者先生が「原因はわからない」と言います。
 わからないはずなのに、ビールスが原因とか、地磁気の異変とか、わからないという
 前提のもとに持論を並べます。
 そこで、私も持論です。
 もちろん私は素人です。夢で見たままに書きます。
 実は、鯨の中で「このまま海にいるよりも、陸に上がりたい」というグループができて、
 どうなるかわからないけど、とにかく上がってみようということで海岸に上がってみたら
 人間が海に戻してしまう。
 頼むからほっておいて欲しいと思っているのに、海に戻されてしまう。
 これじゃ鯨は進化できないじゃん。
 何万年か後に、人間に進化した鯨が、美しい地球を作るかも知れないのに・・・・・。
 これは夢です。

1月10日2:45
 商店街の新年会でした。19時から始まって今帰りました。
 新年会は、例年通りつつがなく終わり、二次会では酔った勢いでカラオケ三昧。
 そして、毎年のことですが「どうしたら商店街が盛り上がるか?」について
 数人が残って話し合いました。
 話し合ったと言うより、自分自分が言いたいことを言ったという方が正確かもしれません。
 従って、話している内容は理路整然と言うわけにはいきません。
 でも、それでいいんです。
 話している温度が大事なのです。エネルギーです。このエネルギーがなくなると
 商店街はダメになります。商店街がダメになるとお客様には不便をかけるし
 危険も増えます。商店街というのは、ダメになると住宅地にはならないのです。
 駅から近いのに住宅にならずに、汚く危険になっていきます。
 今年は、始まったばかりですが、一番通りは何かやれそうな熱さでした。

 話は変わります。
 年初に、4つの誓いを立てましたが、今のところ守っています。
 ですから、例年より寒さを感じません。
 

1月9日0:30
 始業式でした。子供達は、冬休み中なまった体を引きずって学校に行き
 すぐに帰ってきました。
 「ちょっと近くまで来たものですから・・・」って感じで学校に行って、友達と
 遊ぶ約束をして帰ってきたわけです。
 で、わが家は幕末の尊皇攘夷派がどこかの家に集まって議論を戦わせたように
 大勢の子供達であふれかえりました。
 小学校6年生というと、声変わりが済んだ子と、まだの子がいて、話している声を聞くと
 低い声から高い声まで様々で、ゴスペラーズよりも遙かに広い音域です。
 でも、遊び方や言っていることは大差なく、そんなことがホッとします。

 本日は、私の商店街の新年会です。昨年までは、商店街の会長をしていた関係で
 あちこちの新年会に出席していたのですが、今年はこれ一つです。
 しかも、たいへん楽な立場で出席できます。4年ぶりのことです。

 

1月8日0:40
 新年にあたって、大宮の氷川神社にお参りに行って来ました。
 氷川様は関東の一宮です。従って、関東一円を守って下さっているのです。
 と、わかった風なことを言っていますが、実は初めてです。
 氷川様にお参りするのは初めてです。
 お札には毎日手を合わせていたのですが、実際にお参りしたのは初めてです。
 その感想は、まさに”鎮座ましましていることがありがたい”です。
 神様が居ないはずがないと感じさせる説得力があります。
 しかも、私のように初めての人間も、毎日お参りしている人も包み込む
 静かさです。
 
 日本人ですねエ。

1月7日17:15
 滋賀県の何とか言う小学校のすったもんだは何なのでしょう?
 色々と事情はあるのでしょうが、約束を破ってはいけません。
 町長側にも住民側にも言い分はあるのでしょうが、だいたい約束を
 破る側が悪いと見た方がよいでしょう。
 それにしても、校舎が問題になっているのですが、小学生のことは
 どこにいってしまったのでしょう。
 お粗末ですよね。

1月6日0:10
 数字のマジックです。
 コンビニで40歳以上の利用が33%になったそうです。そこでその世代を
 ターゲットにした戦略を考えるそうです。
 12年前は20%だったそうです。
 ついうっかり考えると、この12年で13%アップしたように思ってしまいますが、
 それは違うんですよね。
 33(%)−20(%)じゃないんです。
 33(%)÷20(%)なんですよね。
 従って、65%アップです。

 この手の数字マジックって他にもあります。
 マスコミがこぞって「売れない時代」と言っていますが、これも間違いです。
 当店でも、スーパーでも販売点数は増えているのです。
 ただ、価格が安くなった分、売上につながらないだけなのです。
 「売れない時代」ではなく「売上が増えにくい時代」なのです。
 マスコミって、言ったら言いっぱなし。フォローなんか考えていませんからね。
 
 私は時々こんな事を考えます。
 徳川家康やシーザーやナポレオンよりも、この一般市民の私の方が
 良い暮らしをして居るんじゃないかと・・・・。
 

1月5日0:40
 娘がスケッチ帳にマグカップやアクセサリーの絵を描き始めまして・・・・。
 「何描いているの?」と聞くと、「フューチャーショックで売るものを描いてるんだよ」
 「へー、可愛いね」と言うと「これちゃんと作ってよ。」
 「これ全部作らないといけないの?」と言うと「だってないじゃん。」という答でした。
 
 この「だってないじゃん。」という言葉は、多くのお客様が感じていることなんですよね。
 お客様は、欲しいモノがあったら買いたいんですよね。
 でも、買いに行っても「だってないじゃん。」なんです。

 娘から、さらに追い打ちです。「フューチャーショックのマークってなあに?」
 「特にないよ。」と言うと「何で作らないの?じゃ私が作ってあげる。」ですって。

1月4日0:15
 子供達に書き初めを教えました。悪筆の私なのですが、幸いにも私が小学校の時に
 褒められた「希望の朝」という字がテーマだったので、結構うまく教えられました。
 それにしても、あまりにも長い間習字なんかやらなかったので、はじめは字になりませんでした。
 でも、水泳や自転車と同じで、長い間やっていなくても体が覚えているのですね。
 ・・・・あまり偉そうなことは言えませんが。

 いよいよ本日から営業です。三が日ゆっくりと休ませていただいたので、たっぷりと
 充電できました。バッテリーは若干劣化していますが、高性能なので・・・。バッテリーは、です。

1月3日0:19
 今年もお墓参りに行って、家内の実家に行って、子供達と遊んで・・・。
 同じです。何年も同じです。お正月はいつもこうです。
 当店は4日からの営業も同じです。そして、例年お客様に喜んでいただいている
 「開運御縁玉」もご用意致しました。ただし、今年の開運御縁玉は違います。
 なにしろ一番通りにある朗惺寺のご住職が直々に銭洗い弁天に行って、心を込めて
 洗ってきて下さった5円玉です。
 御利益も200%です。

1月2日0:20
 元旦は、毎年判で押したような平穏で幸せな一日でした。
 朝は遅くに起きて、昼近くにお雑煮を食べて、近くの氏神様「三谷八幡」に
 初詣に行き、子供達のリクエストでトイザらスです。
 すべてがコピーのような一日でした。ただ一つを除いて・・・・。
 いつもなら、トイザらスであれこれと欲しいものだらけで選ぶのがたいへんな息子が
 「欲しいものがないよ。パパ、本じゃダメ?」と言うのです。
 もちろん、娘に前から欲しがっていたテニスラケットを買って・・・、と、私がビリヤードゲームの
 ソフトを買って本屋に向かいました。
 息子は、ハリーポッターくらいの厚い本を2冊買いました。
 
 それにしても、元旦から営業しているお店が多いですね。お客様の便利性を考えると
 元旦の営業は当然なのかも知れませんね。
 
1月元旦1:10
 皆様、明けましておめでとうございます。
 皆様にとりまして、本年が最良の年になりますよう、心より
 お祈り申し上げます。

 私は、新年を迎えるにあたりいくつかの誓いをたてました。
 誓いと言うくらいですから、必ず守るつもりでおります。
 1.正直に生きる。
 2.自分を主体に考えない。
 3.あきらめない
 4.「暑い」「寒い」「疲れた」「忙しい」を言わない

 これがたいへんなことなのか、簡単なことなのかわかりませんが、
 守るつもりでいますし、このどれもが自分にはなかったことです。
 まだスタートしたばかりですが、きっと出来ると思っております。
 
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。